491723 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

経理は地味だが役に立つ~毎日更新予定 現役経理部長の奮闘日記~

経理は地味だが役に立つ~毎日更新予定 現役経理部長の奮闘日記~

PR

全139件 (139件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

海外

2022年07月28日
XML
テーマ:海外生活(7590)
カテゴリ:海外
先日、大学院の同級生が当社のベトナム現地法人を訪問されました。
色々なご縁で、今回の訪問が実現しました。

ベトナム現地法人は、設立から3年になります。
私は設立以来、非常勤取締役を務めています。

取締役会や株主総会への出席はもちろん、設立から現在に至るまでの、様々な経営課題に対応してきました。
特に本社経理の立場もあるので、事業計画の策定支援や、資金面での支援に、関係者と共同で対応してきました。

現地法人のCEOは、日本からの出向者です。
多くの企業がそうでしょうが、現地トップを日本から派遣する場合、営業系や技術系の方が多いです。

管理系の業務については専門でない方がほとんどですので、日本から応援します。
とは言え、現地の国内法などには私も明るくないので、共同での対応となります。

私がかつて上海に駐在していた時は、トップが技術・営業のエキスパートでしたので、私はトップを支える管理系の責任者でした。
トップに思う存分、ご自身の得意なジャンルで仕事をしていただけるよう、面倒な仕事は全て引き受けるつもりでやっていました。

そのマインドは今も変わらず、日本から現地を支援するスタイルで仕事をしています。
ベトナムでは取締役なので、営業面の状況も詳しく聞きながら、業績を上げられるように皆で頑張っています。

今回は、以前に同級生と会食をしていて、今度ベトナム出張に行く、という話になったことがきっかけです。
その場ですぐにCEOに連絡して、面談を設定していただきました。

偶然ですが同級生が取引関係にある企業に勤めているので、今回の実現になりました。
後で双方から様子を聞きましたが、有意義な時間だったようで、何よりです。

上海駐在時代には、本当に多くの方にお世話になりました。
今、海外現地法人支援という形で、その時のお返しが出来ればと思っています。






最終更新日  2022年07月28日 18時12分34秒
コメント(0) | コメントを書く


2022年07月02日
テーマ:海外生活(7590)
カテゴリ:海外
上海に単身赴任をしていたのは、もう15年ほど前になります。
一人で住んでいましたので、休日はいつも単独行動になるのは当然です。

当時、ほぼ毎週土曜日に行く焼き鳥屋さんがありました。
最初の頃はアパートメントホテル住まいでしたが、そこから歩いて10分ぐらいの場所にありました。

住む部屋が見つかった後も、バスで2区間ぐらいでしたので、よく土曜日の夕方に行っていました。
日本人の男性が経営していて、年齢は私よりも少し若いぐらいの方でした。

その方は厨房で焼き鳥を焼いていましたが、その他のスタッフは皆中国人でした。
料理人も、ホール係も、皆日本語を話せる人でした。

当時、日本人駐在員には一番メジャーな無料タウン誌の「上海ジャピオン」が、毎週金曜日発行でした。
そのため、土曜日には必ずお店で読むことが出来ました。

これを読むことが一つの目的で、よくこのお店に通っていました。
その他にも、「Walker上海」や「concierge」など、いくつかのタウン誌も置いてありました。

そして、日本のNHK BS放送をTVで放送していました。
これを見るのも楽しみでした。

確か、生ビール飲み放題があり、いつもこれを頼んでいました。
そして、焼き鳥や焼きたらこは必ず食べ、2時間ぐらい過ごしてから、キムチ味噌ラーメンなどで締めるのが恒例でした。

いつも一人でカウンターに座って飲んでいましたが、そういう駐在員がたくさんいました。
平日は複数の人と飲む機会が多かったので、週末はゆっくり一人で飲んで、くつろいで過ごすのがルーティンでした。

あの頑張っていた日本人経営者の男性は、今どうしているのでしょうか。
そしてよく行っていたあのお店は、5〜6年前に上海に行った時には、もうありませんでした。

お店の名前もなかなか思い出せませんでしたが、色々調べてみて思い出しました。
「麺酒房」という焼き鳥屋さんでした。

懐かしい上海の週末の思い出です。






最終更新日  2022年07月02日 07時59分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年06月11日
テーマ:海外生活(7590)
カテゴリ:海外
昨夜は仕事を終えてから、久しぶりに上海同窓会に行きました。
2005年前後に、上海に会社と工場を作った時、一緒に奮闘した先輩方お2人と久しぶりに再会しました。

コロナ禍になる前は、1〜2年に一度くらいのペースでしたが、お会いしていました。
それからなかなか会えませんでしたが、今回、実に久しぶりにお会いすることが出来ました。

上海に深く関わっているメンバーですので、やはり場所は中国料理店です。
当然ながら私が幹事なので、よく知っているお店をチョイスしました。

18時半前にお店に行くと、既にお2人とも来ていました。
久しぶりの再会を祝して、まずはビール(先輩お一人は昔から烏龍茶)で乾杯しました。

それからは、出てくる料理を愉しみながら、会話が弾みます。
やはりお会いするのが久しぶりなので、この2年あまりの近況報告をしながら、会話を楽しみます。

私も振り返ってみると、この2年間で大学院に入学して修了したり、仕事も立場が変わったり、体制も大きく変わったりと、ずいぶん色々ありました。
そんな話をしながら、色々とアドバイスもしていただきました。

お2人とも私より10歳ほど先輩なので、60代半ば過ぎです。
様々な経験をされているだけに、アドバイスのお言葉が心に沁みます。

そして、少しは昔話になります。
上海で頑張っていた時の話になり、私がWeChatで繋がっている当時の中国人メンバーに電話をしてみました。

するとすぐに繋がり、懐かしい声が聞こえてきました。
3人で電話を替わりながら話して、とても盛り上がりました。

本当に人の縁とはありがたいものです。
ビールに紹興酒にハイボールと飲み、楽しく過ごすことが出来ました。

またの再会を約束して別れました。
日々忙しくて大変ですが、あの時のことを思い出し、またパワーアップして頑張りたいと思います。






最終更新日  2022年06月11日 15時44分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年06月01日
テーマ:海外生活(7590)
カテゴリ:海外
上海で2ヶ月以上続いていたロックダウンが、ようやく解除されました。
今日、6月1日の午前0時から、ようやく自由に外出出来るようになりました。

中国はゼロコロナ政策で、コロナの感染者を限りなく減らそうと、厳しい制限を課していました。
テレビなどでも上海の街の様子をよく流していましたが、本当に人の姿が見られませんでした。

もちろん映像ではそういう所を撮るのでしょうが、実際に人は自由に外出出来ない状況でした。
現地にいる友人がSNSによく上げていましたが、会社にも行けず、学校も完全リモート授業だそうです。

体育の授業もパソコンの前で身体を動かすようです。
食料も配給で、色々なものが配られていました。

上海では1日から公共交通機関の運行が再開され、スーパーや百貨店なども客の数を上限の75%に制限したうえで営業が認められます。
その一方で、飲食店内での食事が依然禁止されるほか、バスや地下鉄を利用する際に72時間以内の陰性証明が必要となるなど、依然として制限は続きます。

このロックダウンで、世界中に影響が広がりました。
生産や物流がストップし、様々なものの供給が遅れました。

私の部署もとある設備を発注していますが、入荷日が未定になっています。
上海の企業との取引もありますが、停滞したままです。

上海駐在時代に毎週楽しみにしていた日本人向けのタウン誌は、ずっと休刊が続いているようです。
SNSで、今週も休刊しますという投稿が、毎週金曜日に上がっていました。

とりあえずはこれでロックダウンは解除されましたが、この先の状況は不透明です。
まずは早く経済活動が普通に戻って、取引も元に戻って欲しいです。

そしてまた、いつの日か上海に行ける日が来ると良いと思います。
それまでゆっくり待ちたいと思います。







最終更新日  2022年06月01日 18時28分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年04月19日
カテゴリ:海外
上海つながりの集まり、4人の会という会があります。
これまでも何度もお会いして、色々と盛り上がる楽しい会です。

この度、この会で私の大学院卒業祝いを実施していただきました。
私以外は皆さん大先輩の方ばかりですので、恐縮なのですが、ありがたく参加してきました。

開催が土曜日の昼ということで、これまでは大学院の授業を受けていた時間帯になります。
少しずつ昔に戻りながら、リラックスする土曜日になります。

場所は、5年前にこの会を実施した、思い出の場所です。
懐かしい場所で、楽しい歓談の機会をいただきました。

コロナ禍3年目となり、これまではたまに上海つながりの集まりがありましたが、なかなかお会いすることが出来ませんでした。
昔は40人ぐらい集まって、新年会をやったことなどもありました。

そのお店も既に閉店してしまったそうです。
そして、当時集まっていた方々も、その後色々とあるようです。

上海では誰もが知っているお店を経営されていた方は、病気をされてご苦労されているようです。
残念ながら、お亡くなりになった方もいらっしゃいます。

私も上海から帰任して、もう15年になります。
それでも、色々と話をしていると、あの当時の上海のことを懐かしく思い出します。

楽しく歓談して、お土産もいただき、とても楽しかったです。
私もお土産を持っていって良かったです。

楽しい時間を過ごせた4人の会でした。
また是非お会い出来る日を楽しみにしております。






最終更新日  2022年04月19日 18時25分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年02月25日
テーマ:ニュース(98155)
カテゴリ:海外
このブログを書き始めて、4年半ほどになります。
この3年ほどは毎日更新を続けています。

4年分ぐらいあると、その時その時でどのようなことが起きているのか、何を考えていたのか、などを振り返ることがたまにあります。
去年の今頃はどうだったのか、何をしていたのか、などを読むのは、意外と面白いものです。

コロナ前と今では、もちろん様相も大きく異なります。
コロナが国内でも始まり出して、影響が徐々に大きくなってきたのが、2年前の今頃です。

振り返ってみると、この時は二男と上海旅行に行く予定でした。
まだ幼い頃の彼の印象から大きく変化した上海を、実際に見せてあげたいと思っていました。

しかしながら、既に中国ではコロナ禍が激しくなっており、残念ながら中止しました。
その代わりにもなりませんが、羽田空港を2人で散策して過ごしたのを憶えています。

また、同じ頃にはベトナム出張を予定していましたが、これも中止になりました。
ベトナムの子会社の取締役に就任しましたが、残念ながら未だ一度も現地を訪問出来ていません。

この目で現地を見ることが出来るのは、一体いつになるのか、まだ全くわかりません。
それでも、画面越しでも現地との議論を続け、ベトナムでのビジネスは前進しています。

そして、去年の今頃は大学院の海外フィールドの授業でした。
これも現地訪問は叶わず、オンラインでのバングラデシュ研究でした。

グループのリーダーを務めることとなり、メンバーの皆と協力して、バングラデシュのことを色々と研究しました。
あの時はかなりやれた感はありましたが、今、当時の最終プレゼン資料を見ると、反省点を感じます。
これが客観的な見方なのでしょう。

たまには、過去のことを振り返ってみるのも悪くありません。
そして、ロシアのウクライナ侵攻に心を痛めています。






最終更新日  2022年02月25日 18時24分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年02月22日
テーマ:ニュース(98155)
カテゴリ:海外
台湾が日本からの輸入規制を一部緩和しました。
先日、農林水産省が発表しました。

2011年の東日本大震災、それに伴う原発事故を受けて、日本の一部地域からの食品輸入を禁止しました。
今回の規制緩和は事実上の禁輸解除と言われています。

台湾は今月8日、輸入規制を緩和する方針を発表しました。
これについていくつかの手続きを経て、21日に正式決定しました。

規制の解除は福島、茨城、栃木、群馬、千葉の5県産の食品が対象で、産地証明書などの添付を条件に輸入を認めます。
先日も、福島県知事が喜びを表すニュースが出ていました。

台湾は日本にとっても有力な輸出相手であり、福島県も同様です。
今回の規制緩和で、実に約11年ぶりに台湾への輸出が可能となります。

私の知人や前職の関係の方からも、安堵のコメントなどが出ていました。
それだけ、日本は食品の輸出入による産業が多いということになります。

かつて、食品メーカーに在籍していた時は、日本で発生したBSEにより、輸出は大きな打撃を受けました。
牛肉はもちろんのこと、牛由来原料を使用している加工食品も禁輸となり、ビーフエキスなどを使用した製品は全く輸出出来ませんでした。

また、現職でも化粧品の輸出には、同様の規制や制限があります。
それだけ輸出入ビジネスは、センシティブなビジネスだと言えます。

今回の緩和を機に、再び台湾の方々に日本産の安心、安全で美味しい食品を楽しんでいただきたいと思います。






最終更新日  2022年02月22日 18時21分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年02月15日
テーマ:ニュース(98155)
カテゴリ:海外
韓国の自動車大手の現代自動車が、日本への再進出を発表しました。
2009年12月の撤退以来、約12年振りの再進出となります。

日本で電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)の販売を始めると発表しました。
カーシェアリングで体験してもらい、ネット販売で購入してもらうという、新たな販売モデルで再進出します。

エンジン車は販売せずに、EVとFCVに特化して展開します。
一度撤退していますので、絞り込んだ尖った戦略で臨みます。

契約などの購入手続きは全てオンラインで行います。
EV販売の世界最大手のテスラのモデルを意識した、ビジネスモデルであると思います。

日本でのEVの普及率は、新車販売台数の1%にも満たない状況です。
言い換えれば、それだけ潜在市場があるということになります。

現代自動車が日本再上陸したのは、日本の電気自動車市場の未来の可能性のため、ということです。
まだまだ日本では、この分野ではトップランナーと呼べる企業はないと言っても良いと思います。
その点では、どの企業にもチャンスはあるのではないでしょうか。

そう言えば、私が上海にいた時の、会社の車が現代自動車でした。
中国で韓国の車かと思ったものです。

現代は2001年に日本に進出しましたが、販売不振で2009年末に、乗用車市場から全面撤退しました。
その後は日本でバスなど、商用車だけを販売してきました。

再進出は勇気ある決断だと思います。
これからの日本でのEV販売の動向に注目しつつ、現代自動車のニュースも、継続してウォッチしたいと思います。







最終更新日  2022年02月15日 18時13分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年01月25日
テーマ:小売業(819)
カテゴリ:海外
家電量販店大手のノジマが、マレーシアに進出しました。
マレーシアの首都であるクアラルンプールに、1号店を出店しました。

三井不動産が現地で手掛ける、三井ショッピングパーク・ららぽーとブキビンタン・シティセンターに出店しました。
ブキビンタンは、クアラルンプールの中でも賑やかな場所で、人も多く集まるエリアです。

ノジマは2019年に現地企業であるコーツ・アジアを買収していました。
このコーツ社を通じての店舗展開を図ってきましたが、ノジマブランドでのマレーシア出店は初めてになります。

日本のノジマ店舗のように、店員が顧客のニーズに合わせた接客を行う「コンサルティングセールス」を実践するということです。
これが現地でどのように受け入れられるかはわかりませんが、強みや得意な方法での展開は王道だと思います。

今回オープンするららぽーとは、日本を含めても最大規模ということです。
約400店が順次オープン予定で、ノジマのほかにもニトリがマレーシア初の店舗を出すなど、日系企業も多数出店しているそうです。

ノジマは海外出店を強化しており、これまでもカンボジアやシンガポールに店舗展開をしています。
海外でも競争環境は激しいですが、強みを活かして頑張っているようです。

家電は現地品を扱うことになるでしょうから、他店との差別化が難しいと思われます。
その点では、コンサルティングセールスは、差別化のポイントになると思います。

小売業はメーカーから仕入れた商品を販売するのが主ですので、差別化が大きなテーマです。
それが、消費者の来店動機になります。

海外での出店は大変なことが多いですが、頑張ってほしいと思います。
継続してウォッチしていきたいと思います。






最終更新日  2022年01月25日 18時13分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年01月24日
テーマ:ニュース(98155)
カテゴリ:海外
インドネシアが、ジャカルタから首都を移転することを決議しました。
インドネシアの国会で、首都移転に関する法案が可決されたそうです。

新首都は、ジャカルタから1,200キロ以上離れた東カリマンタン州の、北プナジャムパスルに整備されるということです。
2024年までに首都機能の一部移転を目指しています。

元々インドネシアでは、ジョコ・ウィドド大統領が2期目就任直後に首都移転計画を打ち出していたそうです。
これが現実的に進んでいくこととなります。

新首都には新たな名称を付すようで、その名称も決まったそうです。
インドネシア語で、群島という意味の「ヌサンタラ」となるようで、多くの候補名の中から最終的には大統領が選択したそうです。

インドネシアは、世界第3位の人口がいます。
首都ジャカルタは1,000万人以上の人がおり、慢性的な渋滞に、東南アジア特有の洪水や大気汚染に悩まされています。

どうも過去の大統領も首都移転を模索したようですが、実現できませんでした。
今回のジョコ大統領がこれを成立させました。

日本では20年ほど前に、首都機能移転の議論がありましたが、最近では全く聞かなくなりました。
東京一極集中はリスクが高いとわかっていながら、なかなか実現出来ない点は、いかにも日本らしいです。

これに比べると、インドネシアのスピード感は素晴らしいと思います。
インドネシアの未来は、明るいのではないでしょうか。






最終更新日  2022年01月24日 20時45分25秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全139件 (139件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


© Rakuten Group, Inc.