2021年10月14日

前年最下位からの逆襲

カテゴリ:スポーツ関連
プロ野球のシーズンも大詰めです。
今年は、セ・パ両リーグとも前年最下位のチームが首位に立っています。

セ・リーグはヤクルトに優勝マジックが点灯しています。
2年連続最下位だったヤクルトですが、四番の村上選手の成長に新外国人の活躍など、強力打線がチームを勢い付けています。

これまで弱体と言われた投手陣も、高卒2年目の奥川投手が9勝と、エース小川投手と同じ勝ち星をあげています。
今の勢いからすると、このまま優勝へ突っ走りそうです。

そしてパ・リーグはオリックスとロッテの激しい首位争いが続いています。
夏場頃からどちらかが首位に立ち、このままマジック点灯か、と思われたところで、もう一方の逆襲があり、まだ混戦状態です。

オリックスは2014年に2位になっていますが、それ以降は6年連続Bクラスです。
昨年も2年連続最下位となり、西村監督はシーズン途中で休養しています。

今年もそのパターンかと思われましたが、中嶋監督が若手を積極的に起用して、育ててきました。
こちらは絶対エース山本投手が17勝をあげ、高卒2年目の宮城投手が12勝をあげています。

打撃陣も主砲の吉田正尚選手の怪我での離脱が痛いですが、杉本選手、宗選手、紅林選手など、二軍から這い上がってきた選手が活躍しています。
イメージとは違いますが、かつての近鉄いてまえ打線のような元気さを感じます。

この両チームにいえるのは、若手が台頭してきて、チームが活性化しているということです。
やはり、次を担う若手を大きく育てるということは、難しいですがとても大切なことです。

パ・リーグの今日のオリックス・ロッテ戦は今シーズンの天王山といえるでしょう。
何と、どちらにもマジック点灯の可能性があります。

若手が活躍してチームが勢い付く、私の組織でもそうしたいと思います。
そして、中日ドラゴンズも頑張って欲しいです。






TWITTER

最終更新日  2021年10月15日 21時23分46秒
コメント(0) | コメントを書く
[スポーツ関連] カテゴリの最新記事