150160 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

佳(けい) の部屋

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


佳(けい)

Freepage List

Recent Posts

2006.03.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


一昨日の新聞。




「日本の借入金が800兆円に突破した!」・・・とか

「一人当たりの借入金の額が636万円!」だとか・・・。





どーでしょね?


ヽ(´~`;)ウーン





ところで、家計の金融資産は1500兆円突破。


(@_@;)





さて、あなたは何を想像しますか?





イマジン(想像してみよう)。その1





たとえば、国があなたの家だとしよう・・・。

あなたは家族の一人・・・。




家は800兆円を超える借金がある。

家を建てたり、子供を大学出したりしたもんね・・・。

国は、いや実家は、借金苦。

道楽息子もいるもんねぇ~。




しかし、家族全員の貯金は合計すると1500兆円を超える。

家族全員で、家の借金を返そうと意見一致したら・・・

借金は返せるよね。

(国を救える)




違うかい?



しかし

家族全員が、そんなに稀篤な子供達のハズはないよね。

・・・きっと。・・・残念。^^;





ははは。





イマジン!(想像してみよう)その2





国には800兆円を超える借金がある。

日本の国民は、そんな事、発表されたって、ピンとこない。

そして、どーせ、返せる訳がないと思ってる。

しかし、どーだろ?

国が造幣して(紙幣を印刷して作って)何気に返したら、どーなる!?

マスコミにも公表しない・・・そんな状態で・・・。

・・・


借金はなくなる。

そして、何も変わらない。

不況脱出策「造幣論」




秘密裏に行われれ、マスコミが騒がなければ、きっと、何も変わらない。





造幣とは、ある意味「打ち出の小槌」である。





国にとって、大切なのは

1.資源と

2.企業力(生産力とノウハウ)と

3.国民の知能レベルの高さなのだ。




これさえ、しっかりしていれば、国は衰退することはない。

(戦争さえなければ!)




だから、


1.資源を大切に、一次産業を保護し

2.生産力が画期的にアップした日本企業の体力を落とさないように、
  公共工事を増やしたり、内需を拡大して
  企業の筋力を落とさないようにして

3.アホな「ゆとり教育」で子供の脳ミソと人間性を腐らせないように
  (ハッキリ言って、韓国にも中国にも負けるかもよぉー)



しなきゃ、いけないのよ。




何故、政府が、そーゆー論議にならんのか、不思議な佳さんなのでした。





Imagine all the people living life in peace
(人々が平和に暮らすことを想像しよう)




私見でしたけど、

続く。









Last updated  2006.03.27 09:09:28
コメント(10) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.