13830039 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

♪Happy Delicious Bakery♪

July 12, 2021
XML
カテゴリ:手作りパン


昨日焼いたチョコバナナパン。


これ本にも載っていますが、上手くできる方もいらっしゃれば


上手くできない方もいて、コメントいただいたんです。


上手くできないのはだいたいは水分問題での質問が多いです。


私もこのパンをめちゃめちゃ作ってきました。


感じたことはバナナの銘柄、熟し具合、季節なんかによって左右されます。


かぼちゃパンほどの水分差はないものの、もともとねっとりした水分のバナナですから


生地がべたつきやすくなるのは否めません。


それでこの季節なら手ごねの水分やバナナの状態をお知らせできたらと思って作ってみました。





まず聞かれたことはその方は熟していないバナナを使ったとのことでした。


私も右側くらいのバナナは使ったことがあるけど若いバナナい関してはべたついた記憶がなく。


昨日は左の少しぽつぽつ出てきた方で。


どのパンにも共通して言えるのが使う粉や季節によって水分って全く同じってわけでもなく


なので新しいレシピに挑戦する時、季節が違う、粉が違うなんって時は


レシピの水分のうち5gとかもっと用心するなら10gでも別に取っておいて


捏ねながら粉ぽいなとか、生地が固いなって感じたら


バターを加える前までに水分を少しずつ足して調整してください。


少ない分には足せばよいけど、多すぎた水分に粉を足したら全く違うレシピになってしまいます。





液体がほぼほぼバナナなのでこの程度ですが、


ちゃんとパン生地になります。


私はいつもドールのバナナを使います。


このレシピを作るにあたっていろんなバナナを使いましたが


いつも同じ結果にしたいっていうのと


ちょっとお高いプレミアムバナナのがべたついた経験があって^^;





これボウルで粉類とバナナと牛乳を混ぜた画像ですが


まだ捏ねていない状態は粉っぽいです。


まだバナナがつぶれてなくて粉と混ざってないことで。

ここで牛乳全部入れちゃおうってすると


台に取り出して捏ねると意外と水分多かったってことがあるので


水分を加えるなら台にこすりつけてバターを入れる前までです。






夏はべたつきやすくなるけど、発酵が早くてパン作りの時短の季節です。






昔買ったcottaさんでお取り扱いがあったナミナミ模様が出る型で焼きました。






このパンの特徴はふわふわというよりはふわもちです。


バナナの入るパン生地なのでふわっともちっとが共存するようなパンです。


ねっちりする場合は焼きが足りなかったか、発酵がたりなかったかが原因かもしれません。


私の周りデータだけど室温、粉温が27度だったら


HBの水温は10度くらい、手捏ねは22度くらいで28度になりました。


HBはモーターの熱で生地温度が上がりやすいので冷水。


手捏ねは体温が高めなら20度でもいいかも。


そのくらい水温にも注意です。


それが上手くいったらパン作りはもっと楽しくなると思います^^




あいりおーのお店みたいなパンレシピ (TJMOOK) [ あいりおー ]






Happy Delicious Bakery にご訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
よかったらポチっと応援してくださ~い♪ぽっ




   cottaオフィシャルパートナーとして活動中です。








レシピブログさんのパンの連載更新しています。










Last updated  July 12, 2021 02:02:16 PM
[手作りパン] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.