425282 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ココ の ブログ

PR

フリーページ

建築家45年(1)


建築家45年(2)


建築家45年(3)


建築家45年(4)


建築家45年(5)


建築家45年(6)


建築家45年(7)


建築家45年(8)


建築家45年(9)


建築家45年(10)


建築家45年(11)


建築家45年(12)


建築家45年(13)


建築家45年(14)


建築家45年(15)


ファサード(正面の姿)


階段(螺旋階段や直通階段など)


「過ちを正すに憚(はばか)ることなかれ」


面白いブログ(1)


面白いブログ(2)


面白いブログ(3)


面白いブログ(4)


面白いブログ(5)


面白いブログ(6)


槍・穂高連峰の登山


大阪城


姫路城


五稜郭


タイトル変更(1)


タイトル変更(2)


タイトル変更(3)


タイトル変更(4)


タイトル変更(5)


宇宙の果てという考え方(1)


宇宙の果てという考え方(2)


宇宙の果てという考え方(3)


インターネット映画(1)


インターネット映画(2)


インターネット映画(3)


インターネット映画(4)


インターネット映画(5)


ネット映画(1)


ネット映画(2)


ネット映画(3)


ネット映画(4)


ネット映画(5)


考える葦(1)


考える葦(2)


考える葦(3)


考える葦(4)


考える葦(5)


飾り棚の上のココ(1)


飾り棚の上のココ(2)


飾り棚の上のココ(3)


飾り棚の上のココ(4)


飾り棚の上のココ(5)


春と夏の間(1)


春と夏の間(2)


春と夏の間(3)


春と夏の間(4)


春と夏の間(5)


春と夏の間(6)


春と夏の間(7)


頭の痛いココ(その1)


頭の痛いココ(その2)


頭の痛いココ(その3)


頭の痛いココ(その4)


グーグル・アース(1)


グーグル・アース(2)


グーグル・アース(3)


グーグル・アース(4)


グーグル・アース(5)


グーグル・アース(6)


グーグル・アース(7)


グーグル・アース(8)


グーグル・アース(9)


グーグル・アース(10)


グーグル・アース(11)


グーグル・アース(12)


繁華街(1.例えばナンバ・パークス)


繁華街(2.昼と夜の顔)


繁華街(3.人間の欲望の場として)


繁華街(4.その様々な表情)


繁華街(5.談合が消え、電子入札へ)


繁華街(6.メカジメ料を支払うシステム)


繁華街(7.そこから日本の将来を読む)


繁華街(8.文化と文明のバロメーター)


変わった形の建物(1)


変わった形の建物(2)


変わった形の建物(3)


変わった形の建物(4)


変わった形の建物(5)


変わった形の建物(6)


変わった形の建物(7)


GoogleErthによるUFO画像?(1)


GoogleEarthによるUFO画像?(2)


GoogleEarthによるUFO画像?(3)


GoogleEarthによるUFO画像?(4)


陰陽五行(1)


陰陽五行(2)


陰陽五行(3)


陰陽五行(4)


陰陽五行(5)


人生の成功(1)


人生の成功(2)


人生の成功(3)


人生の成功(4)


人生の成功(5)


危機管理(1)


危機管理(2)


危機管理(3)


危機管理(4)


危機管理(5)


危機管理(6)


危機管理(7)


寂しい人生と楽しい人生(1)


寂しい人生と楽しい人生(2)


寂しい人生と楽しい人生(3)


寂しい人生と楽しい人生(4)


寂しい人生と楽しい人生(5)


寂しい人生と楽しい人生(6)


寂しい人生と楽しい人生(7)


寂しい人生と楽しい人生(8)


庭の草花(1)


庭の草花(2)


庭の草花(3)


庭の草花(4)


庭の草花(5)


第2のガーデニングの季節(1)


第2のガーデニングの季節(2)


第2のガーデニングの季節(3)


第2のガーデニングの季節(4)


第2のガーデニングの季節(5)


言葉の重み


家族とは


癒し



メルト・ダウン(炉心溶融)


日本初、原発爆発事故から40日が過ぎて


何でも在り


目に観えない異次元世界


梅雨入り(1)


梅雨入り(2)


梅雨入り(3)


梅雨入り(4)


梅雨入り(5)


梅雨入り(6)


梅雨入り(7)


梅雨入り(8)


梅雨の晴れ間(1)


梅雨の晴れ間(2)


梅雨の晴れ間(3)


梅雨の晴れ間(4)


梅雨の晴れ間(5)


梅雨の晴れ間(6)


活性化とは?(1)


活性化とは?(2)


活性化とは?(3)


活性化とは?(4)


活性化とは?(5)


活性化とは?(6)


活性化とは?(7)


活性化とは?(8)


その後の福島第1原発(1)


その後の福島第1原発(2)


その後の福島第1原発(3)


その後の福島第1原発(4)


その後の福島第1原発(5)


その後の福島第1原発(6)


一年目の福島原発事故(1)


一年目の福島原発事故(2)


一年目の福島原発事故(3)


一年目の福島原発事故(4)


一年目の福島原発事故(5)


一年目の福島原発事故(6)


一年目の福島原発事故(7)


一年目の福島原発事故(8)


一年目の福島原発事故(9)


異常社会(1)


異常社会(2)


異常社会(3)


異常社会(4)


異常社会(5)


異常社会(6)


異常社会(7)


諦観(1)


諦観(2)


諦観(3)


諦観(4)


諦観(5)


諦観(6)


諦観(7)


諦観(8)


諦観(9)


諦観(10)


諦観(11)


諦観(12)


運転(1)


運転(2)


運転(3)


運転(4)


運転(5)


運転(6)


運転(7)


運転(8)


運転(9)


運転(10)


運転(11)


運転(12)


月例会Golf(1)


月例会Golf(2)


月例会Golf(3)


月例会Golf(4)


長生き(1)


長生き(2)


長生き(3)


長生き(4)


長生き(5)


長生き(6)


長生き(7)


長生き(8)


続 長生き(大仏殿)


居眠りをするココ(1)


居眠りをするココ(2)


居眠りをするココ(3)


居眠りをするココ(4)


居眠りをするココ(5)


居眠りをするココ(6)


居眠りをするココ(7)


居眠りをするココ(8)


リンゴ (1)


リンゴ(2)


リンゴ(3)


リンゴ(4)


リンゴ(5)


リンゴ(6)


リンゴ(7)


リンゴ(8)


明かり窓(ガラスブロック)


晩秋(1)


晩秋(2)


晩秋(3)


晩秋(4)


晩秋(5)


晩秋(6)


晩秋(7)


冬枯れの頃(1)


冬枯れの頃(2)


冬枯れの頃(3)


冬枯れの頃(4)


冬枯れの頃(5)


冬枯れの頃(6)


冬枯れの頃(7)


冬枯れの頃(8)


冬の京都(1)


冬の京都(2)


冬の京都(3)


冬の京都(4)


冬の京都(5)


冬の京都(6)


冬の京都(7)


飛翔(1)


飛翔(2)


飛翔(3)


飛翔(4)


飛翔(5)


飛翔(6)


小説「猫と女と」(1)


小説「猫と女と」(2)


小説「猫と女と」(3)


小説「猫と女と」(4)


小説「猫と女と」(5)


小説「猫と女と」(6)


小説「猫と女と」(7)


小説「猫と女と」(8)


小説「猫と女と」(9)


小説「猫と女と」(10)


小説「猫と女と」(11)


小説「猫と女と」(12)


小説「猫と女と」(13)


小説「猫と女と」(14)


小説「猫と女と」(15)


「猫と女と」(16)


「猫と女と」(17)


「猫と女と」(18)


「猫と女と」(19)


「猫と女と」(20)


「猫と女と」(21)


「猫と女と」(22)


「猫と女と」(23)


「猫と女と」(24)


「猫と女と」(25)


「猫と女と」(26)


「猫と女と」(27)


「猫と女と」(28)


「猫と女と」(29)


「猫と女と」(30)


「猫と女と」(31)


「猫と女と」(32)


全2090件 (2090件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017/04/30
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
AB
皆さん、ご機嫌よう!

 しぶりに面白いUFOが出て来ました。森林の上に樹木の形をしたUFO群です。画面ではバラバラで全部は入りませんでしたが数十本は浮かんでいます。樹木というものが理解できず、観たままを(上からは観えない幹を入れずに)作ったUFOの様ですが、中々綺麗なものです。カナダや北欧にはこういった平地に密集した森林があり、映画でもよく出て来ます。

 るで木の妖精の様な静かな雰囲気です。幻想的でもありますね。よく観ると皆同じ形をしています。大量生産ですから当然同じ形にした方が効率が良いのでしょうが地球人なら木と言うものは一本一本夫々形が違うものですから何処かデザインを変えるものですが、逆に全く同じにしてしまうことで迫力があり、何処か不気味な感じもします。それが狙いかも知れません。

 といえばロビンフッドを想い出します。王の圧政に対して自由人でありたいと願い対抗する人々の物語です。リーダーのロビンは言わば男のジャンヌ・ダルクの様な立場なのでしょう。冒険物語としては面白いのですが子供時分に読んだだけですから内容は忘れてしまいました。緑の妖精ではピーター・パンというのがありました。これも子供向きの物語です。

 ーター・パンという名で連想するのはパンという森の妖精です。森を行く人の前に急にパッと現れて驚かせるだけの悪戯小僧です。それで驚く様を観て喜ぶのですが、驚かされた相手は大変です。強盗や人殺しや恐ろしいものがウヨウヨ居た時代ですから驚きと恐怖で頭が混乱します。そういう状態をパニックというのです。パンから派生した言葉です。今でも似た事件は起きます。

 えば、痴漢なんかがそうですね。相手に気付かれて騒がれ、ホームから飛び降りて線路を走って逃げる中年男の後姿がニュースで何回も出て居ました。それを観て失笑しながらも早く逮捕されないものかと想ってしまいます。馬鹿なことは百も承知でやるのですから悪質でマナーも糞もありません。れっきとした犯罪です。処が女のチカンも居るのです。女の場合は余り騒ぎません。

 性は必ず被害者だと決めつけている処がおかしいのです。昔、渋谷から新宿へ行く通勤電車(山手線)でそういう若い女が居ました。女は原宿で降りるのですが何時も人の足を踏んで降りるのです。亦か、と警戒して靴をつま先立ちして裏側を女の方に向けていました。女はボクの靴を踏めずに滑って当てが外れた様でした。そして戻って来て踏み直そうとするのです。

 して矢張り靴の底が自分に向いていて踏めないのが分かると今度はボクに殴り掛かって来るのです。何の関係もない人間にそういうことをする女は多分頭がおかしいのでしょう。女の拳がボクの顔面まで来たので咄嗟に引きました。お蔭で、すれすれで当たりませんでした。大勢の人々が降りようとしている流れに逆らってそういうことをするので周りの乗客も女から離れようと逃げます。

 び女は人を押しのけて突進して来そうだったのでボクは脚を女の方へ水平に上げて構えました。女が体当たりする瞬間、触れもしないのに女は2m程飛ばされて倒れました。ボクも意外な気がしたものでした。多分、気功の力が働いたのでしょう。気功はやっていないので自分でも不思議な気持ちでした。女は床に倒れ、起き様に「チカン!」と叫んで出て行きました。

 
ても敵わない相手であると分かったのでしょう。本当の痴漢なら事件になる処ですが、誰もが観ていましたから問題にもならず相手にもしませんでした。女が車外に出たので周りはホッとした雰囲気で直ぐに亦、満員状態に戻り、電車が動き出し、明治神宮の森の風景を眺めている内に新宿に着きました。しかし、変な女が居るものです。翌日は電車のドアを一つ隣のにえました。

 ると昨日と同じ位置で同じ様に女が騒いでいました。原宿駅に着いた頃です。別の男性が怒って「何い!一緒に降りようか?」と喚いていましたから、亦、女が同じ様に足を踏んで男性に反発され、更に女が喰って掛かったのでしょう。場所を変えておいて良かったと想いました。何時も同じ行為をする女は言わば女のチカンです。男性に怒鳴られて騒ぎは直ぐに収まりました。

 識では考えられないことが起きる世の中です。それを神様が観ていてボクを助けてくれたのでしょうか。ひょっとして「宇宙の意識」がボクの行動を観て守ってくれたのだ、と今ならそう考えます。「宇宙の意識」は法則ですからボクが忠実に淡々と平常心で電車に乗って居たことが法則通りだったので、相手の邪悪なというかマイナスの力がボクの反発力に負けた訳でしょう。では亦、
マイケル





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/30 12:00:13 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/29
カテゴリ:カテゴリ未分類
AB
C
皆さん、ご機嫌よう!

 再びV字型UFOですが、今回のは少しばかり背が高い様です。北米に現れました。UFOはアメリカ大陸(南北)に現れる率が高いです。その理由は、先の大戦後、核開発をした直後、地球外生物が他の惑星にも居るのではないかと月に向かって強い電波をアメリカから発したせいです。その電波が月に当たって乱反射し宇宙に散って行き、他の惑星や別宇宙の惑星で傍受されたのでした。

 信した宇宙人(人間の先祖たちの末裔)が「地球が核の危機に陥ってSOSを発信したぞ!」と驚いて調査に来たのです。先ず、発信源の北米に来て、更に地球を廻って行ったのです。それ以来、頻繁に現れる様になり1950年代に
ピークになって、その後は徐々に減って行きました。が、60年経って再び現れる様になりました。昔は円盤型が多かったのですが最近では変わった形のものが多く観られます。

 
60年経ってよく現れる様になった理由として考えられるのは、宇宙会議(土星で行われた宇宙連合会議)にアダムスキーが科学者二名と一緒に地球代表者としてUFO母船で行ったのですが(ケネディー大統領が空軍基地まで見送りに来たそうです)会議で取り決められた約束期限が一昨年で切れたからでした。その後、ケネディーは1963年に46歳で暗殺されました(3月1日ブログ記載)

 まり「期限が過ぎたのに一体どうするつもりなのか?当時の大統領を殺して約束を果たさないのなら好きにしなさい」とでも言うのでしょうか。が、見限ったとするなら辻褄が合いません。アメリカ単独で決められる問題では無いからです。地球全体で決めないと意味を成さず、馬鹿な半島人が未だ核開発をしている現状です。トランプ大統領がそれを解決できるのでしょうか?

 れとも、未だまだ先のことで中国やロシアの出方を見極めないと決められないのが実情でしょう。そんなことよりも
アメリカは国家予算が今月中に議会を通らなければ再びデフォルト(公務員の給料未払いなどの経済破綻)になります。大統領に成って破たん状態の赤字経済では宇宙連合の約束なぞ構っていられないというのが本音でしょう。政治経済の哲学の問題だからです。

 V
字型UFOに意味があるとすれば、地球的に考えれば英語のヴィクトリーのVが浮かびます。勝利という意味ですから喜ばしい記号です。暗殺されたケネディー(移民三世)にとって決して喜ばしいことではありませんが、今では王族の居ないアメリカではアイリッシュ出身のケネディー家がロイヤル・ファミリーと呼ばれ特別視されています。同じアイリッシュ移民でもトランプとは大違いです。

 れまで変わった形のUFOを多数紹介して来ました。まだまだ新しい形の変わったUFOが現れるでしょうが、形は単なる見掛けだけの話で、その意味する処をもっと考えてみたいと想います。先ず、地球へ来る目的は既に何度も述べていますが、究極の処は「情けは人の為ならず」で、地球人の意識のレベルアップを図れば、宇宙の安定に繋がり宇宙人全体にとっても良いということでしょう。

 1955年当時はUFOという言葉すら流行っていなかった頃で、空飛ぶ円盤と呼ばれ、ワシントン上空に1,000機ものUFOが大挙して現れアメリカ人を混乱に陥れた社会状況だったのです。日本はそんなニュースなぞ知らず(敢えて報道しなかったのです)戦後10年目にして55年体制の政治基盤が安定していなかったこともあって、それどころでは無かったのでしょう。

 
の当時(昭和30年)ボクもUFOなぞ知りませんでした。小学生だったからというよりも世の中の情報は国内問題(戦後経済の立て直しや復興)で精一杯だったのです。朝鮮戦争(1925年)は経済復興の為の計画的戦争で、ロスチャイルド一派のやらせだったのです。お蔭で日本経済は息を吹き返し、以後は神武景気とか何々景気と称して社会は安定し金持ちが増え始めたのでした。 

 
石にアメリカ(ロスチャイルド)は日本に原水爆を落としたことに罪の意識を感じていたのでしょう。数十万人の大虐殺(ホロコースト)を起こし、あのユダヤ人(ロスチャイルド)がナチに毒ガスでホロコーストされた仕返しを日本にするとは考えもしなかった筈です。何がそうさせたのでしょう。トランプも半島問題が解決しなければ核も辞さないと明言し、頭が狂っている様です。

 宙人は分かっているのです。地球はその昔、宇宙連合での囚人の為の島流し惑星だったのです。流石に死刑という
人殺しは宇宙人には出来ず、地球という緑豊かな水の星で原始生活をしながら学べと罪人を運んだのでした。それが今では科学文明が自分達に近づいて核実験や核戦争を起こす段階にまでになったのです。処が、蔭で研究開発を応援したのは他ならぬ宇宙人だったのです。

 
いおい、いい加減にせい、と言いたい処です。宇宙人もご都合主義です。堕落天使というのがキリスト教にあります。彼らも人間ですから(神では無い)自分達に都合よく考えるのでしょう。馬鹿な地球人は未だそこまで悪知恵が働かないのです。賢い宇宙人は善人ぶっていますが根は悪人そのものです。が、矛盾する様ですが善も悪も無いのが宇宙の意識なのです。分かります?では亦マイケル





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/29 12:00:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/28
カテゴリ:カテゴリ未分類
A
B
C
皆さん、ご機嫌よう!

 煙によって発生している霧の向こうに薄っすらとUFOが観えます。人間にとって必要な水を滝つぼから吸い上げている場面です。新鮮な山の水が美味しいのは宇宙人も人間ですから同じなのでしょう。食べ物は宇宙食や人工栽培の野菜にしても飲料水は現地調達するということでしょう。そういえば、日本のタンカーは屋久島の水を積み込んで中東へ運んでいるということです。

 荷(からに)のタンカーでは燃料が勿体ないから、行きも帰りも満タンにして効率を上げているそうです。地球人でもそういうことをするのですから遠い宇宙の旅では必需品の筈です。しかし幾ら遠いといっても光速で行くのですから短時間の筈です。途中隕石や宇宙のゴミがあったとしてもフォースフィールドで守られながら、精々その20%のスピードにしても超高速です。

 には、ワームホールを通れば宇空間からの移動も短時間です。そもそも時間の観念が無い宇宙人のことです。それでも水の美味いことでは地球は有名なのでしょう。そう考えれば持ち帰って使うのかも知れません。この写真ではUFOの大きさは分かりませんが、河の幅ぐらいありますから数百mは在るでしょう。となれば、100m*5m*30m=15,000tのタンクがあるのでしょう。

 
球でも数万tのタンカーが移動していますから同じようなことをしているとすれば理解もできます。昔、屋久島へ新婚旅行に行きました。当時、リゾート・レジャーブームだった頃でした。其処で事業をしていた企業は今ではボートやバイク、楽器や農機具に精を出していますが、屋久島の隣の小さな島に飛行場があって小型飛行機で鹿児島飛行場に行き、ジェット機で帰って来ました。

 時はスカウトシップという名前は知りませんでしたが、小型飛行機は飛行場の上空を旋回して着陸指示を待っていました。自分が廻っているという気がせず周りの風景がパノラマ状に回って観えました。そうなればもう宇宙に溶け込んで一体化している様なものですから「宇宙の意識」そのものになった気分です。宇宙人もそういう気分で地球を観ているのでは無いかと想ったものでした。

行機は離陸時が一番気持ち悪いですが空中を飛んでいる時は地上にへばりついているのが馬鹿馬鹿しく想えるもので、そして着陸すればホッとして再度乗りたくなるものです。毎週、海外出張している商社マンなんかはバスに揺られている気分で常時眠っているのでしょう。呑みたくもない酒を乾杯しながら商談の成功を喜んでいるのでしょうが、そればかりでは飽きて来るでしょう。

 の友達のご主人がある商社の役員で、毎週の様に海外出張しているので「歳も歳やし出張ばっかりでは疲れるやろな」と言うと妻は「仕事やし仕方が無いやろ」と割り切った言い方をします。が、その奥さんとの電話では彼女に気遣って慰めている様です。幼稚園時代からの親友だそうで、夫婦間で言えないことも話しているらしく仲が良いのか姉妹の様な関係です。


 
まにボクのUFO目撃やグーグルアースのことも話すそうですが、まるでボクのことを宇宙人の様に想っている様で「ご主人がそんなやったら疲れるやろ?」と気遣うそうですが「お互い様や」と返しているとか。他人が想う程には相手のことは分からないもので、本人は何とも想っていないものです。宇宙の意識とはそういうものの様だとボクはこの頃想っているのです。では亦、マイケル





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/28 04:42:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/27
カテゴリ:カテゴリ未分類
AB
皆さん、ご機嫌よう!

 ールデンウイークですね。何処かへ遊びに行く予定でもありますか?ボクなんか、車の渋滞を考えるとイライラが嫌で出るのはもう面倒です。若い頃は、少々遠くても車で出かけましたが、渋滞には余り引っかからなかった頃でした。勿論、その頃から大渋滞はありましたが、日を変えて出かけましたからお蔭様で何とも。尤も今では日曜日のゴルフが帰りの渋滞で嫌になります。

 日のUFOは半透明の状態にした水ギョーザの様な形をしています。様々な形のUFOも単なる宇宙間の乗り物と想えば、我々の車のデザイン的なものでしょう。小さなものは母船と違ってスカウト用ですから短距離用です。それでも地球から31万km離れた月程度だったら行ける様です。アメリカが開発したUFOのTR3Bアストラなんかは近距離用なのでしょう。

 
キスタンのタリバン攻撃にTR3Bアストラを使っていましたから朝鮮半島でも使えそうなものですが敢えて出さない処をみると余り知られたくないのでしょう。何故なら、刈り上げ小僧がそれを観てぶち切れして実際に核爆弾を使うかも知れないからです。馬鹿に塗る薬は無いのです。ではパレスチナとかISに使っていないのかというと実の処、分かりませんとしか言えません。

 
言うのは、トランプ大統領がユダヤ教徒ですから仮に聖戦と称してTR3Bアストラを出して応援でもしようものなら第3次世界大戦に成り兼ねず、イスラエルが周辺国から総すかんを喰い、叩き潰されてしまうからです。娘や娘婿も同じく世界の敵になってしまうでしょう。ナチにやられたから今度はパレスチナを代わりにやっつけるという道理は絶対に通じません。

 
の太陽系宇宙はあと1万年程度しか持たないと金星人から聞いたとアダムスキーは言っていましたが、実際のところ近年の異常気象や地震などを観ると確かに太陽の極の反転異変(南北の入れ替わり)が地球にも影響を与えていることが(他の惑星も同様ですが)分かります。有史以来というよりも終末現象に近いと言われる所以です。そろそろUFO母船を造る手はずを考える時です。

 UFOはアダムスキーが金星人から聞いた話ではアメリカ以外にはロシア(ソ連)、イギリス、フランスなど数か国が既に実験的段階を終え秘密裏に持っているそうです。では何故発表しないのかというと軍事機密なのだそうです。手の内が分かってしまう(技術レベルが読まれる)からだそうです。だからこっそりとタリバン攻撃に使ってテストしていたのでしょう。

 
初、ユーチューブでそれを観た時は、ドキッとしました。いよいよ本格的な宇宙戦争時代に突入したと想ったのです。宇宙と言っても地球と月の間だけの話ですが。月には既にアメリカ、ロシアが軍事基地を造ってしまったそうですから、其処からTR3Bなんかが出撃するのでしょう。核を使わなければ宇宙人も反対はしないだろうと読んでいる様です。ですから半島問題で核に神経を尖らせているのです。

 
ダムスキーに関しては彼の全集の他にGAP(知らせる運動)機関誌がありましたから細かいことまで分かりますが、宗教では無いと断りながらもキリスト教を説いていましたから、それじゃあ名前を変えて宇宙教にでもすれば良かったのではないかと想います。「宇宙の意識」という法則が神の様な存在なのですから、それさえ理解できればテレパシーは誰にでも簡単に利用できるそうです。

 宙の意識を高めたり一体化を望むには、先ず自分の健康管理として免疫力を高めることが大事です。その為の呼吸法が書かれています。口から息を全部吐き出してから鼻から腹いっぱい吸い込むのです。そして8秒間出さずに止めたまま丹田(たんでん・へそ下三寸)に力を込め、その後、ゆっくりと細く息を吐き出すのです。その次に少し呼吸を止めてから再び同じことを繰り返します。

 
れを毎日、25回は続けることです。25回は苦しいとか辛い場合は数回に分けても良い様です。トータルして25回以上になるように心がけると自然にコツを覚えます。止めている間の秒も数えずに身体が覚えます。一種の座禅の様なものと想えば良いでしょう。想念が集中し、イメージが浮かんで来る場合もあります。最初は無我の状態でやるのが良いと言われています。では亦、マイケル





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/27 12:00:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/26
カテゴリ:カテゴリ未分類
AB
皆さん、ご機嫌よう!

 鐘を横にした様な、それとも先端に着くべきフックの代わりにスカウトシップがくっついた様な変わったUFOです。単純な形ですが分かり易いフォームです。大空を何気なくゆっくりと進んで行く姿は如何にも自信がある様に観えます。地球人なら、これを直角(90度)起こして縦にしたまま飛ばすだろうなと想ってしまいます。そうすれば見慣れた釣鐘に観えるからです。

 
信がある様に観えるのは、地球に対して水平に横向けになって悠然と飛んでいるからです。ひょっとしてUFO自体には重力は掛かっていませんから軸方向に進みながら軸を中心に回転しているのかも知れません。スカート(フランジ)部分は回転していませんから胴体の中で回転していても、黒いのでそれが分かりません。多分、母船に格納される時は縦型にするのでしょう。

 に対して同心円の立体ですから製造方法は簡単そうです。地球人はUFOを既に持っていると前に書きました。アメリカ軍のTR3Bアストラという三角形のUFOです。宇宙人から教えられて作ったにしては円盤型では無く正三角形にした処が地球人らしいと想います。アメリカは宇宙人に対抗しているのでしょう。自分達だけで作り上げたのだとでも言いたいのでしょうか。

 かし、それは違います。戦後、大挙してアメリカ(ワシントン)に現れたUFO群(1,000機も)を観たアメリカ人は驚きながらも連日の新聞報道では「宇宙人が攻めて来た!」とか「ソ連の新型戦闘機では?」とか訳の分からないコメントしか出せなかったのでした。飛行機で追いかけても追いつけず、ヒョイヒョイと交わされるので馬鹿にされたと怒るパイロットも居たそうです。

 するに2,000年も文明が遅れている地球ですから比較するにも話に成らないのです。もっと謙虚になって教えを乞うならまだしも対抗意識を持つのでは友好も平和もぶち壊しです。それでも宇宙人は寛容の心で地球人に接して来た様です。その証拠に、一度も宇宙戦争が起きて居ません。アダムスキーが亡くなって50年ほど経ちますが、彼に代わるコンタクターが居るのでしょうか?

くの超能力者が居るようですが、彼らは皆、商売にしていますから本当に平和を願うボランティアのコンタクターが現れてくれれば宇宙人との交渉も早く進むのでは、と願っているのですが、ボクには出来そうにもありません。ですから唯そう願ってUFO観察程度で終えている程度で少々恥ずかしい気持ちです。精々、自分の関係する人々に宇宙の法則を知らせることに努力するだけです。では亦、
マイケル





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/26 12:00:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/25
カテゴリ:カテゴリ未分類
ABC
皆さん、ご機嫌よう!

 
ォースフィールド(UFOのボディーを包む一種の磁場)で雲のようなガス体二(白と灰)を発しながらマンションの上空を西から東へ移動しています。方位が分かるのはマンションへの陽射しです。バルコニーのある面が照らされて全面明るいですから南側と直ぐに分かります。大体、西から東へ行くケースが何故か多いのは偏西風に乗る雲に合わせているのかも知れません。

 UFO本体は100mぐらいの一種の葉巻型です。それが先端から灰色の煙を出しながら進むので「変なの」と目撃者に思わせているのです。本体は銀色に輝いていて時々、強烈な光で瞬間輝度を増します。フォースフィールドの発生方法と何かリズム的に合わせている様で、それなりに意味があるのでしょうが、単に注意を惹くだけでしょう。AからCまで1分ぐらい掛かってゆっくり行きました。

 所はヨーロッパの外れ、ロシアです。形は葉巻型と言いましたが、少しよじれていて何か生き物くさく見せているので蒸気機関車の様に躍動感を感じさせます。無機質で無表情なUFOよりも弥次喜多のような剽軽(ひょうきん)な動きで人々の警戒心を解く努力をしているのでしょう。太陽系宇宙以外の惑星から来た田舎のお上りさんかも知れません。「これが噂の地球か」と観ているのでしょう。

 の太陽系宇宙の12個の惑星(惑星夫々の月も含みますが)に住む総人口は1,440億人だそうです。地球は60億人で一番多いのですが、アダムスキーが金星人から教えられた当時(1952年)の地球人口は30億人程度でした。その後、爆発的に地球人口が増え、30億人分を加えると1,470億人になりますが、戸籍謄本や住民票がある訳で無し統計的に何故人数が分かるのでしょう。

 分、推測で出た数字でしょう。宇宙の算数は9進法で、1+1=3だそうです。何故「2」に成らないのかの説明はアダムスキーが書いているには「1」は父親や母親をあらわし両者が加われば(合体すれば)子が生まれるので「3」に成るという三位一体の理論だそうです。ゼロという概念が無いそうです。だから地球の数学は宇宙の方程式では合わなくなって来ます。多分に哲学的です。

 球の古代遺跡文明の数式や墜落したUFOの中から発見された数式も9進法でした。9
進法で計算すれば総人口の表記法も変わって来ますが、余り意味が無いので止めておきます。奇数は陽の数字で偶数は陰の数字です。これは陰陽五行説と同じです。3という数字がキイの様です。わざわざ三位一体を持ち出す処なぞキリスト教臭いですが、仏教でも3という数字は大事な数です。

 日如来の両側にお釈迦様が居ますが、その他の観音様や神様など集めると総数は3の数で割り切れます。何もキリスト教にこだわる必要が無いのです。たまたま金星人にキリスト者が多かっただけのことで火星や木星や土星なぞは特にキリスト教を持ち出さない様です。GAPはアダムスキー奉賛会の様な団体でしたからキリスト教が多かっただけのことです。

 回、アダムスキーが金星人と初めて出会ったモハービ砂漠をグーグルアースで観ました。多分、エジプトの砂漠の様な処だろうと想っていたのでしたが岩だらけの粗っぽい石ころばかりでした。そういう場所だからこそ人目に付かずUFO(母船やスカウトシップ)が着陸出来たのでしょうが、米軍機がレーダーでUFOをキャッチして妨害していたそうです。地球人に観せたくない政治的配慮なのでしょう。

 球文明よりも遥か高度な文明を持つ神と見紛う存在を観られるということは政府転覆に繋がると恐れた様です。それはそれで意味があったと想うのですが、宇宙人も配慮が足りなかったと想います。少し考えればスカウトシップやロボットシップで事前調査は充分に出来た筈です。地球人に混じって生活を共にしているとか、バックアップの為だそうですが、どうでしょう。

 ういう疑念が出て来る以上、SF映画やTVドラマで宇宙人が高度な文明力で地球人を制圧しようとする作品が多いのも何となく理解できます。その方が興行成績があがります。恐怖やスリルを売り物にするやり方はアメリカ式です。相手も対抗するするだろうとか敵意識がある筈だという考え方はキリスト教的な発想で、現に今、キリスト教の前身のイスラエルがパレスチナを排除しようとしているのもそうです。

 
界や宇宙の平和を願い実践して行こうとするなら仏教的に「汝、人を殺めるな」という思想が必要です。だからボクはキリスト教には入信せず仏教徒になったのです。しかし、心は宇宙教そのものです。チェスよりも将棋の方が相手を生かすやり方ですからアジア人の方が宇宙的です。宇宙の法則は宇宙の成り立ちの根本ですから、矢張り銃なぞ要らない穏やかな生活が一番です。では亦、マイケル





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/25 12:01:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/24
カテゴリ:カテゴリ未分類
AB
皆さん、ご機嫌よう!

 
るでタランチュラー(南米に生息する土蜘蛛)そのものですね。南米にUFOがよく現れますからスカウト途中で見つけて捕獲し構造や性質を研究したのでしょう。最近のロボット開発でもよく観られますから開発者にとって興味がある形なのは宇宙人も人間なのだなと思ってしまいます。尤も、UFOともなれば巨大な蜘蛛です。見るからに不気味な形です。この太陽系宇宙外のものでしょう。近年は他の宇宙からのUFOが数多く地球に訪れています。地球に馴染ませる為にこういう形にしているのでしょうか。

 処が、彼らはリサーチが未だ浅く、地球人の好みや生き方を理解していない様なのです。自分達の世界での常識で考えるので、どうしても地球とは異質な見方をしてしまう様です。知らないということは何者をも恐れないもので、警戒と用心はしているでしょうが、地球での生活習慣が分からず、地球人が警戒するものでも平気でデザインしてしまうのです。この
タランチュラーなんかが良い見本です。こんなのを飛ばせば目立って反発を持たれるということが分かっていないのです。

 日の竹とんぼの様なUFOでしたら人々は「可愛い!」と笑顔で観るかも知れません。ボクなんか観たのは真四角な座布団の様な巨大UFOでした。真っ黒だったせいもあって恐怖心で慌てて窓の横の壁に身を隠してしまいましたが、先日の葉巻型UFO母船の場合ですと天空高く、ゆっくりと移動していましたから余裕を持って観ることが出来ました。形と言うものが多少影響する様です。

 て、アダムスキーが最初に金星人と出会った砂漠の風景をGAP機関誌で観て荒涼たる石ころばかりの植物の無い場所だったので期待外れで、グーグルアースで見直してみました。パロマー山から北東の方向へ
車で一日掛けて行ったモハービ砂漠ですが、本当に何もない砂漠で、ハイウエイ(66号線)が南側に東西に走っています。そこから北の山への斜面地を道の無い砂利砂漠に入って行くのです。

 ーグルアースで観ていると人工衛星から見下ろしているので
UFOから見下ろすのと同じですから、金星人がアダムスキーら5人が居るのを確認しながらゆっくりと丘の向こうへ移動して行った光景が想像できます。まるで火星の表面を観ている様な風景です。アメリカは広い国ですが、砂漠ばかりの荒れ果てた国土では道路や排水溝などのインフラに費用が掛かって仕方ないことでしょう。

 分、昔はアメリカ・インデアンが住んでいたらしい処で、廃墟の石垣や建物の塀も近くにあります。ランドクルーザーで家族ずれでピクニックに来た人の写真が添付されているので雰囲気的によくわかります。もっと北の方へ行けばネバダ砂漠やラスベガスにも行けます。アダムスキーはインスピレーションに導かれるまま此処へ来たのですが、金星人のテレパシーが作用したのでしょう。

 らUFOを観たいからといって広大な砂漠に行くなぞ無謀な小旅行です。それも1952(昭和27)年頃の大戦直後の頃です。同行者は皆、UFOの研究者や愛好家でしたからそういう条件なぞ覚悟の上だったのでしょう。米軍はソ連の新型飛行機と思って警戒して飛び回っていたそうです。だから飛行機が飛び去った隙に着陸したそうです。彼等も科学文明が2,000年も違うだけに余程注意していたのでしょう。

 の時代にグーグルアースがあれば、もっと違った形でUFOを迎えられたことでしょう。今では日本に居ながらPCのインターネットで
モハービ砂漠も観られるのです。60~65年も昔の頃と今では全く地球文明は違います。アダムスキーもこんなに早く地球文明が発達するとは考えもしなかったでしょう。彼より多少若いボクですが、PCで、そういう感想を述べるのは面白い現象です。では亦、マイケル





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/24 12:27:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/23
カテゴリ:カテゴリ未分類
A
B
皆さん、ご機嫌よう!

 日のUFOはV字型です。かつて月面裏のクレーターに着陸している同機をアップしたことがあります。但し、その時のUFOに対する気持ちが今では大幅に変わってしまいました。アダムスキー全集の読み直しとGAP機関誌のバックナンバーの見直しで新知識が増えたのと異星人(宇宙人と呼ばれる進化した状態の人間)への見方です。同じ人間でありながら実に平和で戦争も無く人種差別も無い社会を営んでいるからです。先ず貨幣という概念が無く、と言って共産主義でも無いのです。

 ダムスキーが最初に接した宇宙人が金星人であった為、キリスト教を地球に布教したせいかキリスト教の教えが随所に出て来ます。今のイスラエルに住むユダヤ人がその子孫という訳ではありません。むしろ日本人に近いと言った方が当たっているでしょう。質素で清潔、勤勉、潔さなどが金星人に似ているのと姿かたちがアジア人だからです。モンゴリアンの流れかも知れません。そういえば火星人も日本人の先祖かも知れない情報があります。火星に前方後円墳が見つかったからです。

 
球はこの太陽系宇宙の12惑星の中で一番文明の遅れている惑星とのことですが、部分的には逆に進んだ点もあって、中程度に位置するそうです。しかし宇宙連合の仲間には入っていません。故でしょう?それはモラルの問題なのだそうです。先ず人殺しをする惑星だからです。処が、かつては宇宙人も戦争をしていたそうです。金星と火星とが月で核戦争をしていた頃、ムーやアトランティスでも核戦争をしたのです。そのせいでプレート異変が起き、海底に沈没してしまったのです。

 
れで生き残った人々は原始生活からやり直しの世界に逆戻りとなって、やがてキリストの時代に入るのですが、ピラミッドやスフィンクスなどは旧約聖書の大洪水でも残っていたのです。ローマ時代以降のキリストの時代は今から精々、2,000年ほど前のことですが、日本は文明は遅れていましたが、様々な文化が生まれ、その一つとして縄文時代の遺跡が多く出て来ます。マヤ文明もモアイ像のイースター島も生き残り組です。大陸が沈んだ周辺の高地だった部分が現在の島国です。ハワイも入りますね。

 
陸が沈没して無くなる前にUFO母船で他の惑星に逃れた人々が他の惑星人として長寿社会(長老格は1,000才になる人が居るそうです)を築いて宇宙の法則通りの生き方をした為に平和で戦争も人種差別も無い社会を維持しているのです。其処へ招かれたアダムスキーは地球に帰ってから見聞録を発表するのですが地球人にとっては突拍子もないことで嘲笑の嵐に巻き込まれるのです。それでも地球に潜伏する宇宙人の応援があって彼の本で多くの隠れ信者が生まれて行くのです。

 クはキリスト者ではありません。子供時代に日曜学校に行ってクリスマスの楽しさを味わった程度でした。ボーイスカウトにも入っていましたが、仏教系(本願寺派仏光寺)の団体でした。ですからキリスト教には余り縁がありません。しかし結婚後、義父が新渡戸稲造の弟子だった関係でキリスト教を大いに勉強したそうですが、戦後は仏教徒(真言密教)に改宗したそうです。お蔭でボクも高野山に墓碑を建立することになり、毎日、仏前に水とご飯を供えて手を合わせています。

 教は精神上の問題ですが、人間が存在する最大の拠り所です。それを科学的な裏付けをもって示しているのがUFOなのです。宇宙空間を瞬時に移動する乗り物で科学の象徴だからです。科学者は総て無神論者かというとそうでは無く寧ろ敬虔な宗教信者が多く、宗派はキリストや仏教やイスラム教、ヒンズー教など様々です。宗教の原点は宇宙の中心である太陽であり宇宙の法則です。この宇宙に生きて居る限り、というよりも人間である限り、宇宙の法則からは逃れられないからです。

 こで宇宙の法則をブログで広めたいと思い、UFOを題材にして様々なUFOを紹介している訳です。尤も、50年前に巨大UFOを京都で目撃したことも大きく影響しています。更には今年の二月の満月に葉巻型UFO母船を目撃したことも大きな応援材料になっています。まさか50年ぶりにUFO母船を観るとは思いもよりませんでした。しかし、考えてみれば宇宙の法則と一体化する気持ちになれば誰でもUFOを観ることが出来るということを知って成程そういうことかと納得したのでした。

 宙の法則と一体化するということは自然を素直に受け入れ自分を合わせることです。そうすれば樹木や草花とも話ができます。テレパシーで話すのです。想念を送れば相手も応えてくれるのです。勿論、動物にも同じことが言えます。ペットなら猶更伝わり易いでしょう。その内に、見知らぬ人とテレパシーで話しかけ宇宙人と出会うかも知れません。どうもそういう気がするのです。最近は余り外出しませんが、リラクゼーションして話しかければ返事が在るやも知れません。では亦、マイケル





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/23 12:04:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/22
カテゴリ:カテゴリ未分類
AB
皆さん、ご機嫌よう!

 日のUFOはまるでトラックのタイヤの様です。円盤型が一番オーソドックスな形ですが、それがドーナツ型に成ったりした処で原理は一緒ですから、住んでいる惑星が違ったり、小宇宙が違ったりすることで形も変わるのでしょう。中には地球の小動物や昆虫を真似た形のUFOも在ります。大体、2007年頃には地球の調査は終えた様で、それ以降は余りUFOは現れなくなっていました。

 かし、最近、亦、出現が活発になり、今度はスカウトシップだけでなく母船まで多数目撃されるようになって来ました。データベースが確定したことでUFO(宇宙人)も対策方法が変わってきたのでは無いでしょうか。そう思われてなりません。つまり、地球人対策の方法が具体的に分かったので対応方法がマニュアル化されたのでしょう。核戦争が大幅に後退したことも影響している様です。

 が、北朝鮮という半島人は馬鹿の代表の様な地球人で、この期に及んでも未だ核開発をし続けているのです。それを世界から糾弾されても知らんぷりで、経済封鎖をしても隣国の中国やロシアが裏でこっそり支援しているものですから続けているのです。核を持てば世界の一流国に成れると勘違いしている処なぞ馬鹿に尾ひれがつくほど出来損ないです。馬鹿は死ななきゃ直らない、ですね。

 いに刃物という古い言葉があります。正常な理性が無い狂人に刃物を持たせれば何をするか分からず予測困難であるという意味ですが、直ちに病院へ強制入院させるのが人間社会のルールです。しかしながら、受け入れる病院が無ければどうしたものでしょう。特殊部隊が馬鹿ドンを連行して世界の晒し者にするしか無いのでしょうか。哀れなものです。宇宙人も困っているでしょう。

 宙の法則では惑星のことはその惑星に住む人間が問題解決せねばならないというルールになっていて宇宙人が命令や強制力を実施することは許されていないそうです。許さない立場に居る人(神?)は宇宙の中心に居るオールマイティーのシステム化された法則そのものなのでしょう。姿があるのか無いのか分かりませんが、そういう力を持った存在だそうです。
 
 も観たことは無いのですから存在は在っても姿は無いのかも知れません。つまり宇宙の総意ですから姿は必要ないのでしょう。しかし聖書には人間は神の形を真似たとあるそうですから仏教にしても如来は人間の形をしています。日本の神道の神様も人間の形をした宇宙のパワーの様なものです。宗教はその大本は総て同じであるというのが真実の様です。では亦、マイケル





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/22 08:53:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/21
カテゴリ:カテゴリ未分類
AB
皆さん、ご機嫌よう!

 日のUFOもこれまでに無い変わった形をしています。WというかEというか、そういう形にする必要があったのでしょうか。もう一つ変わっているのは、小型機でサーチライトで地上を照らしている点です。スカウトシップの様ですから地球を斥候(せっこう)しているのでしょう。宇宙のボーイスカウトという処でしょうか。要するに他の惑星(この太陽系の内外からの)から来て地球(地層)を調べているということは、地球に何らかの異変が生じているのでしょう。

 球の異変は地球人が毎日体験していることですから一々説明しなくても皆さんはご存知でしょう。先ず、天候異変です。原因は公害問題がマスコミによって喧伝され地球温暖化といううたい文句で世界から温暖化対策費として金を集めようとしています。実にナンセンスな想い付きです。何の根拠も示されず、都会の周辺の季節感が変わって来たことと南極の氷が溶けだしたと主張しています。

 かし、それも異変には違いないのですが、何も今初めて起きた現象では無く、太古から繰り返して来ている一部の現象であると考古学的調査で地層からデータが読み取られています。南極は元は緑の大陸だった時代があり、先ず何故氷の大陸に成ったのかを説明する必要があります。人間が南極に住んでいた証拠に、チリあたりの古代地図には正確な南極の地図が存在しているのです。

 れと、核の問題があります。太古の時代から地球では核戦争が何度も繰り返され、ムー大陸やアトランティス大陸が沈んでしまうプレートの異変があったことは既に海底の遺跡からも証明されています。アトランティスはムーの植民地で白人種が住んでいたと言われています。ムー大陸には黄色人種が住んでいて、現在の東南アジア(日本を始めとするチベット、中国、タイなど)だった処です。

 前にも書きましたが、1,500万年前のUFO母船が月面裏側のIZSAKクレーターの横(北側)でアポロ飛行士によって発見され、女性パイロットが生命維持装置に接続されてた状態で見つかったことがありました。顔は日本人の様なアジア人でした。
チベット人であったのかも知れませんが、日本人の方がDNAからしても、ムー大陸の末裔であり火星にも前方後円墳が見つかっていますから有力です。

 戦争で地軸が傾きを増し公転速度が影響を受け天候異変が起きたというのが正しい観測の様で、精々2,000年程度の歴史や文化で、50万年前に海から陸へ脊椎動物が上陸し哺乳類が生まれたとする学説なぞ推測の一端に過ぎません。学者も不甲斐ないものです。人間は宇宙人が他の宇宙から移住して来たもので、この太陽系の寿命もそろそろ終末(1万年後)に近づいているということだけの様です。 

 の大戦後、アメリカが月へ強力な電波送信をして宇宙開発の調査を開始したのを宇宙人が「地球人が核を開発してSOSを出している」と勘違いして以来、UFOが頻繁に現れる様になったのです。1960年代にはワシントン上空に数千機のUFO群が大挙して現れたことが何よりの証拠です。その時の宇宙人との約束(米ソ首脳陣)で核戦争はしないということがあったのです。

 かし、アメリカは約束の期限が切れた一昨年になっても宇宙人との約束を守らず無視したままなので、見かねたロシアが「ロシア単独で宇宙人との約束を公表する用意がある」と記者会見で言ったのを前にも書きました。米露の対立は今日も続いていますが、半分やらせに過ぎず、両替商(ロスチャイルド一派)の支配による彼らの経済構造に過ぎません。市民が立ち上がるべきです。

 だからこそ宇宙人(人間の高度に発達した種)はUFO母船で他の宇宙惑星に移住を始めているのです。地球にも立派な人々は居ますから彼らもその対象だそうです。今から移住をしないと1万年なぞ直ぐに来ます。UFOを造る方法は既に地球に伝わっています。米軍のTR3Bアストラなぞはその一つです。早くUFO母船を世界に公表すべき時代に来ているのです。では亦、
マイケル





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017/04/21 09:38:05 AM
コメント(0) | コメントを書く

全2090件 (2090件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

おいどん@ Re:最近のグーグルアースで(05/09)  ひさしぶりにココのペイジを開いてみた…
lavien10@ Re:豪華船の旅 いいですね、私小説楽しみにしております…
KEN-0623@ Re[1]:ホンと カメラも(04/30) lavien10さん >安くなって、携帯について…
lavien10@ Re:ホンと カメラも 安くなって、携帯についている時代、使い…
KEN-0623@ Re[1]:冬(32)(01/10) ジョー0114さん >庭が自分の庭らしくなっ…

ニューストピックス

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.