493355 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ココ の ブログ

PR

フリーページ

建築家45年(1)


建築家45年(2)


建築家45年(3)


建築家45年(4)


建築家45年(5)


建築家45年(6)


建築家45年(7)


建築家45年(8)


建築家45年(9)


建築家45年(10)


建築家45年(11)


建築家45年(12)


建築家45年(13)


建築家45年(14)


建築家45年(15)


ファサード(正面の姿)


階段(螺旋階段や直通階段など)


「過ちを正すに憚(はばか)ることなかれ」


面白いブログ(1)


面白いブログ(2)


面白いブログ(3)


面白いブログ(4)


面白いブログ(5)


面白いブログ(6)


槍・穂高連峰の登山


大阪城


姫路城


五稜郭


タイトル変更(1)


タイトル変更(2)


タイトル変更(3)


タイトル変更(4)


タイトル変更(5)


宇宙の果てという考え方(1)


宇宙の果てという考え方(2)


宇宙の果てという考え方(3)


インターネット映画(1)


インターネット映画(2)


インターネット映画(3)


インターネット映画(4)


インターネット映画(5)


ネット映画(1)


ネット映画(2)


ネット映画(3)


ネット映画(4)


ネット映画(5)


考える葦(1)


考える葦(2)


考える葦(3)


考える葦(4)


考える葦(5)


飾り棚の上のココ(1)


飾り棚の上のココ(2)


飾り棚の上のココ(3)


飾り棚の上のココ(4)


飾り棚の上のココ(5)


春と夏の間(1)


春と夏の間(2)


春と夏の間(3)


春と夏の間(4)


春と夏の間(5)


春と夏の間(6)


春と夏の間(7)


頭の痛いココ(その1)


頭の痛いココ(その2)


頭の痛いココ(その3)


頭の痛いココ(その4)


グーグル・アース(1)


グーグル・アース(2)


グーグル・アース(3)


グーグル・アース(4)


グーグル・アース(5)


グーグル・アース(6)


グーグル・アース(7)


グーグル・アース(8)


グーグル・アース(9)


グーグル・アース(10)


グーグル・アース(11)


グーグル・アース(12)


繁華街(1.例えばナンバ・パークス)


繁華街(2.昼と夜の顔)


繁華街(3.人間の欲望の場として)


繁華街(4.その様々な表情)


繁華街(5.談合が消え、電子入札へ)


繁華街(6.メカジメ料を支払うシステム)


繁華街(7.そこから日本の将来を読む)


繁華街(8.文化と文明のバロメーター)


変わった形の建物(1)


変わった形の建物(2)


変わった形の建物(3)


変わった形の建物(4)


変わった形の建物(5)


変わった形の建物(6)


変わった形の建物(7)


GoogleErthによるUFO画像?(1)


GoogleEarthによるUFO画像?(2)


GoogleEarthによるUFO画像?(3)


GoogleEarthによるUFO画像?(4)


陰陽五行(1)


陰陽五行(2)


陰陽五行(3)


陰陽五行(4)


陰陽五行(5)


人生の成功(1)


人生の成功(2)


人生の成功(3)


人生の成功(4)


人生の成功(5)


危機管理(1)


危機管理(2)


危機管理(3)


危機管理(4)


危機管理(5)


危機管理(6)


危機管理(7)


寂しい人生と楽しい人生(1)


寂しい人生と楽しい人生(2)


寂しい人生と楽しい人生(3)


寂しい人生と楽しい人生(4)


寂しい人生と楽しい人生(5)


寂しい人生と楽しい人生(6)


寂しい人生と楽しい人生(7)


寂しい人生と楽しい人生(8)


庭の草花(1)


庭の草花(2)


庭の草花(3)


庭の草花(4)


庭の草花(5)


第2のガーデニングの季節(1)


第2のガーデニングの季節(2)


第2のガーデニングの季節(3)


第2のガーデニングの季節(4)


第2のガーデニングの季節(5)


言葉の重み


家族とは


癒し



メルト・ダウン(炉心溶融)


日本初、原発爆発事故から40日が過ぎて


何でも在り


目に観えない異次元世界


梅雨入り(1)


梅雨入り(2)


梅雨入り(3)


梅雨入り(4)


梅雨入り(5)


梅雨入り(6)


梅雨入り(7)


梅雨入り(8)


梅雨の晴れ間(1)


梅雨の晴れ間(2)


梅雨の晴れ間(3)


梅雨の晴れ間(4)


梅雨の晴れ間(5)


梅雨の晴れ間(6)


活性化とは?(1)


活性化とは?(2)


活性化とは?(3)


活性化とは?(4)


活性化とは?(5)


活性化とは?(6)


活性化とは?(7)


活性化とは?(8)


その後の福島第1原発(1)


その後の福島第1原発(2)


その後の福島第1原発(3)


その後の福島第1原発(4)


その後の福島第1原発(5)


その後の福島第1原発(6)


一年目の福島原発事故(1)


一年目の福島原発事故(2)


一年目の福島原発事故(3)


一年目の福島原発事故(4)


一年目の福島原発事故(5)


一年目の福島原発事故(6)


一年目の福島原発事故(7)


一年目の福島原発事故(8)


一年目の福島原発事故(9)


異常社会(1)


異常社会(2)


異常社会(3)


異常社会(4)


異常社会(5)


異常社会(6)


異常社会(7)


諦観(1)


諦観(2)


諦観(3)


諦観(4)


諦観(5)


諦観(6)


諦観(7)


諦観(8)


諦観(9)


諦観(10)


諦観(11)


諦観(12)


運転(1)


運転(2)


運転(3)


運転(4)


運転(5)


運転(6)


運転(7)


運転(8)


運転(9)


運転(10)


運転(11)


運転(12)


月例会Golf(1)


月例会Golf(2)


月例会Golf(3)


月例会Golf(4)


長生き(1)


長生き(2)


長生き(3)


長生き(4)


長生き(5)


長生き(6)


長生き(7)


長生き(8)


続 長生き(大仏殿)


居眠りをするココ(1)


居眠りをするココ(2)


居眠りをするココ(3)


居眠りをするココ(4)


居眠りをするココ(5)


居眠りをするココ(6)


居眠りをするココ(7)


居眠りをするココ(8)


リンゴ (1)


リンゴ(2)


リンゴ(3)


リンゴ(4)


リンゴ(5)


リンゴ(6)


リンゴ(7)


リンゴ(8)


明かり窓(ガラスブロック)


晩秋(1)


晩秋(2)


晩秋(3)


晩秋(4)


晩秋(5)


晩秋(6)


晩秋(7)


冬枯れの頃(1)


冬枯れの頃(2)


冬枯れの頃(3)


冬枯れの頃(4)


冬枯れの頃(5)


冬枯れの頃(6)


冬枯れの頃(7)


冬枯れの頃(8)


冬の京都(1)


冬の京都(2)


冬の京都(3)


冬の京都(4)


冬の京都(5)


冬の京都(6)


冬の京都(7)


飛翔(1)


飛翔(2)


飛翔(3)


飛翔(4)


飛翔(5)


飛翔(6)


小説「猫と女と」(1)


小説「猫と女と」(2)


小説「猫と女と」(3)


小説「猫と女と」(4)


小説「猫と女と」(5)


小説「猫と女と」(6)


小説「猫と女と」(7)


小説「猫と女と」(8)


小説「猫と女と」(9)


小説「猫と女と」(10)


小説「猫と女と」(11)


小説「猫と女と」(12)


小説「猫と女と」(13)


小説「猫と女と」(14)


小説「猫と女と」(15)


「猫と女と」(16)


「猫と女と」(17)


「猫と女と」(18)


「猫と女と」(19)


「猫と女と」(20)


「猫と女と」(21)


「猫と女と」(22)


「猫と女と」(23)


「猫と女と」(24)


「猫と女と」(25)


「猫と女と」(26)


「猫と女と」(27)


「猫と女と」(28)


「猫と女と」(29)


「猫と女と」(30)


「猫と女と」(31)


「猫と女と」(32)


全2543件 (2543件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2018/07/22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​

(1)三個の弾丸が上下に並んでいる様なUFOです。

(2)​​​​真ん中のUFOが司令塔の役割の様です。

(3)UFOの前後にフォースフィールドが観えます。

(4)空気が渦巻いている感じに観えるのがフォースフィールドです。

(5)透明部分の方が大きいUFOです。

(6)弾丸同士が上下の放電光で繋がっています。

(7)フォースフィールドは何かの文字の様にも観えます。

(8)フォースフィールドは何かのメッセージの様です。

​皆さん、ご機嫌よう!マイケルです。

 この前のアメリカのエアーポートでのUFO画像続きです。このエアーポートは別の場所か、その横でしょう。アメリカにはローカルなエアーポートが多くありますから場所が書いて無い限り何処か分かりません。が、樹木の姿から南部のフロリダかテキサスの様に観えます。弾丸の様な形のUFOですが、飛行スピードはゆっくりです。一昨年の頃は、こういった形のUFOが多く観られました。最近は円盤が主流ですから、こういった小さなUFOは啓蒙用の3Dプリンターによる一種の花電車でしょう。

 では、花電車とすれば何を主張しているのでしょう。わざわざ弾丸の様な形にしているので、最近のアメリカの銃乱射事件を表しているのかも知れません。「学校に不良少年が銃を持ち込むなら教師にも銃を持たせれば良い」という馬鹿な発言をしたトランプ大統領ですが、北朝鮮の刈り上げ小僧とトントンの頭の出来です。何処からそういう発想が生まれるのか分かりませんが、ガン協会から多額の献金を受けているので銃規制発言をしないのでしょう。しないと言うより恐ろしいのでしょう。

 もし、批判的な発言をすれば自分が暗殺されるかも知れないという恐怖心が彼の頭をパニックにするのでしょう。パニックと言えば先日の小学校の同窓会で、ある男が自分のサラリーマン時代の経験談を口角泡を飛ばしながら話していたのを想い出しました。大学を出ていない劣等感から卑屈なサラリーマン生活だったそうですが、上司が国立大学を出たエリートで何故か自分を可愛がってくれ、会議や宴会に連れて行かれたものの雲の上の人々ばかりだったので頭がパニック状態に成ったと言うのです。

 テーブルの周りの我々は微笑みながら聴いていたのですが、何回もパ二ック状態になったと言うので「〇〇君、五回もパニックという言葉が続いたので訊くが、パニックの語源を知っている?」とボクがニヤニヤしながら訊きました。「知らん」「そうか・・・。昔、パンという妖精が居てね、旅人が森の中を行くと木の上から飛び降りて脅かしたそうだ。それがパニックの語源だ」そう言うと周りがドッと笑いました。彼はキョトンとした顔をしましたが、亦、同じ話を繰り返すのです。

 周りは亦かという顔をしましたが、彼は興奮状態だったのです。半ば諦めてニヤニヤと聴くしかありません。勉強なぞしたことが無いと自慢そうに言う彼は学歴が無いのに雲の上の人々と席を同じくしたことを自慢したかったのでしょう。定年退職した彼は同窓会に出席しているのも嬉しかったのでしょう。処が、帰宅して妻にその話をすると「その人、余程、劣等感がある様ね。普通なら、そういうことは言わないのに」と訝るので「大都市の中心にある学校だったし、色々な人間が混在していたよ」

 ボクは、当時を思い出しながら小学時代の環境を説明していて、ふと思ったのです。果たして彼は本当にパニックになったのかと。同窓会の宴会を盛り上げようと思って敢えて話したとしても余り面白くも無い話です。そして、トランプが、ガン協会を批判しようものなら反発される恐怖から何も言えなかったのと同じく、彼も劣等感で終始、黙っているだけでは怖く、逆に何でもいいからと話をしたのでは無いかと。しかし、周りは彼の人生を百も承知で彼の話を聴いていた筈なのです。

 彼はその後、ボクに訊いたのです。「この同窓会で誰が一番、頭が良いと思う?」「それは、勉強が出来たり金持ちになったりとかでは無く、相手の気持や立場が分かって、それが配慮できる奴だろうな」そう言うと彼はグッと黙ってしまいました。周りも納得した顔でした。良い大学を出たとか金持ちに成ったとか自慢のし合いの会が同窓会の常なら、逆転の発想で説明しないと彼は理解できないだろうというボクなりの配慮でした。俺、お前のため口で言える同窓生なら言う必要も無かったのです。(続く)​


​​​






最終更新日  2018/07/22 12:01:15 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/07/21
カテゴリ:カテゴリ未分類


(1)是は珍しい、円盤型UFOの立っている姿です。

​​(2)​​​​​多分、このUFOは啓蒙用の花電車的なものでしょう。​

(3)太陽の光を受けて反射しています。ミラー効果を狙っているのでしょう。

(4)当然ながら、左右の観えない部分に宇宙人が乗っているのでしょう。

​​(5)​​​​単独では丸い鏡が宙に浮いている感じです。​

(6)UFOは建物の屋根の方に近づいています。

(7)右の屋根は、牧場の納屋の屋根でしょう。

(8)当然ながら、屋根の向こう側をUFOは移動しています。

(9)太陽光線がUFOを照らしています。

(10)UFOに眩しい太陽光線が当たっています。

(11)建物の屋根の続きは右手前にあります。

(12)右の建物の水切り板が、向こうの屋根に掛かっています。

​​​​皆さん、ご機嫌よう!マイケルです。

 アメリカの牧場の森からUFOが出て来て、納屋の屋根の向こうを通過しただけの画像です。只それだけのことですが、今回は円盤型UFOが水平では無く直角に立っている処が見せ場です。立っているからどういう効果があるのか考えますと、朝日を受けて太陽の光が遠くまで届いているということでしょう。照らされている被写体は何か分かりませんが、強力な光を照射されて驚いているでしょう。人が居れば、の話ですが。しかし、もしパラボラの様に窪んでいれば被写体は焼けてしまうでしょう。

 言い換えれば、医者が頭に乗せたミラーで電灯の光を患部に当てて真ん中の穴から覗く時に使う道具の様な場面です。最近は余り見掛けない光景ですが、内科医が患者の喉を覗く時によく使っていました。聴診器というのも最近は余り見掛けませんが、かつては象牙で出来た先端でした。今では肌に当てる先端は、金属の丸い小さな平板で出来ています。心音を聴くのと肺の呼吸の音(ラッセル)を聴いて肺炎かどうかを判断するのでしょう。医師も考えて観れば原始的な道具で診断していたものです。

 今の時代はコンピュータで連動して診断しますから、MRIやPETなど様々な機械が在ります。しかし、医師が知識以外に経験と研ぎ澄まされた感性で診断していた時代は昔話になりました。逆に言えば、そういう感性の優れた医師が数少なくなったということで、言い換えれば藪医者が増えたということでしょう。金儲けの為に医師になった医学生は五万と居ます。その中で、名医と言われる医師が何人生まれるかということでしょう。シュバイツアーや野口英雄の様な医師は
珍しい時代です。続く)​​​


​​​






最終更新日  2018/07/21 12:01:00 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/07/20
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​

(1)これまで何度もローカル飛行場にUFOが現れています。

(2)広い場所で交通妨害にならない場所と言えば川か飛行場でしょう。

(3)そういう場所でパフォーマンスをするUFOです。

(4)スカウトシップを使って、形を変え、、訴えるのです。

(5)自由自在に形をかえることが出来る彼らの得意技です。

(6)言葉やテレパシーでは未だ地球人には伝えにくいのでしょう。花電車が効果的です。

皆さん、ご機嫌よう!マイケルです。

​ またもや飛行場にUFOが現れ、何かの啓示をしています。前回に引き続き、矢張り耳の形をしていますから「聞いてください」ということでしょうか。現れた時期が同じ頃ですから内容的には似たものでしょうが全く同じでは能が在りませんね。多分別の内容でしょう。この前、NATO首脳会談ではトランプが浮き上がって好き勝手な訳の分からないことを言っていましたが、フランス大統領から経費の2%アップを微笑みながら拒否されていましたから、まるで馬鹿あつかいされていました。

 その後、UKのエリザベス女王との閲兵式で子供じみたことをやって意趣返ししたり、プーチン大統領との会談でも借りて来た猫の様にモジモジとしながら下心を読まれない様に冴えない表情をしていました。逆にプーチンの方はどっかりと構えて「言いたいことがあれば言いなさいよ」とでも即す様に落ち着いていましたから役者が二枚も三枚も上手でした。政治に向いていない三文役者なのに(安物の映画に出て俳優気取りでいるらしく)彼は何も分かっちゃいないのです。

 そういう困った男に世間では「馬鹿に付ける薬は無い」と諦めているようです。最初、トランプが大統領選で出た時は持ち上げていた内外の評論家も今となっては逆の評価をし始め「以前に言っていたことと違いますね」とキャスターに指摘されると「前は本当に、そう信じていたんだ」と自分の評価を落とすことを平気で言う程シドロもどろになって弁解していました。余程、お金が欲しいのでしょうね。哀れです。そういう風潮にUFOは反応して「聞く耳を持ちなさい」と諭しているのでしょう。

 アダムスキーは「人間の四官(目、鼻、耳、口)を正常に働かせないと、夫々のエゴに振り廻され、理性(心)は間違った情報で正常に働かなくなります」と何度も言っていますが、トランプの頭の中は金まみれで「何とかしなければ俺の大統領生命は終わりだ」と焦っているのでしょう。そこで天の声(つまり、民の声)を心して訊きなさいとUFO(宇宙人)は諭しているのでしょう。地球での出来事の前に現れて諭しているのに彼は一向に訊く耳を持とうとはしないのです。困ったものです。(続く)

​​
​​






最終更新日  2018/07/20 12:01:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/07/19
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​

(1)六月ですから梅雨シーズンです。しかしアメリカには梅雨はありません。  

(2)光っていますから、よく目立つ耳の形をしたUFOです。

(3)何かを聴きなさい、というメッセージなのでしょうか。


(4)電線が観えますから、かなり低い処を飛んでいるUFOです。。

皆さん、ご機嫌よう!マイケルです。

 耳の形をした様なと言いますか貝殻の様でもある形の変わったUFOです。ボクは若い頃、趣味で世界中の貝殻を収集していましたから珍しい貝は殆ど見て知っている積りですが、一枚貝の巻貝では断面がこういう風なものも在りますが、切り口を見せる貝は人工の手が入っていますから​​不自然な状態です。つまり、自然状態では見られない貝の姿ですから貝殻の様だとは言えない姿のUFOです。オマケに光っていますから矢張り耳の形で、何かを聴きなさいという暗示なのかも知れません。

 言わば補聴器の役割をする集音機の様なモノを表現しているのでしょう。昔、スエーデンのイングマール・ベルイマン監督の「野イチゴ」という映画を観て感銘し興奮したことがありました。ヨーロッパの100年程昔の学者の話です。ノーベル賞の様な有名な賞の受賞式に出かける学者が様々な昔の風景を思い浮かべながら回顧する物語だったと思うのですが、屋敷の庭で身内の食事パーティーをしている時に聴き取り難いので耳にラッパの様な集音機を当てている場面がありました。補聴器です。

 最近、ボクも耳が遠くなって補聴器を付けなければ聴き取り難いのですが、それが面倒なので携帯電話が掛かれば受話器からイヤフォーンを繋いで聞く様にしています。スマフォですと大きな音が出るそうなので買い換えても良いのですが、兎に角電話が嫌いなものですから先延ばしにしているのです。若い人なぞはスマフォが命だという人が居るぐらいですが、ボクは反対に電話が嫌いなのです。何をそんなに話すことがあるのか不思議になりますが、若い頃はそんなもなのでしょう。

 さて、老学者は補聴器を耳に当てて孫娘の甲高い声を楽しそうに聴いているのですが、今時、そういう風景は観られないものの、掌を耳に当てて人の声を聴く人がたまに居ますから最新式の補聴器でもあれば不要な場面です。しかし、100年前の時代ですから当たり前の風景だったのでしょう。ドイツのシーメンスの補聴器は性能が良いと誰かが教えてくれましたが、飛行機会社の精密機械製造が商品開発をしたのでしょう。話が反れましたが、一枚貝の貝殻は集音機の役割を果たします。

 それは、ほら貝の逆を考えれば当然のことです。ほら貝は一種の拡声器ですから集音機は逆に使う訳です。音を拡散させるか集音するかの違いですが、音は波動ですから振動を上手く捕まえるかどうかだけです。子供時分に紙コップに糸を繋いで電話ごっこをした覚えがあるでしょうが、あれと同じことです。障子に目あり、襖に耳ありというのも昔の行為です。今ではドアに耳ということでしょう。ですからひそひそ話は襖を開け広げてしたものです。誰も居ない処で話すのです。

 「野イチゴ」の話をする積りが、わき道に反れてしまいました。要は、聞く行為の暗示です。人の話をよく聞きなさいということは老人には不要な言葉に思えます。何故なら、老人は人生の殆どを見聞きして来ましたから今更、人の話なぞ聞きたくも無いのです。嫌な話なら猶更です。自分の世界に閉じこもって回顧するのが一番の慰めになっているのです。例えば、庭の木陰から陽が射して綺麗だなと想って眺めていると、その向こうで妻が誰かと浮気をしているのを目撃してしまうのです。

 その目撃は、実は昔の記憶が蘇った場面なのです。嫌なことを想い出した訳です。高が、妻が誰かと接吻していたぐらいでワーワー騒ぐ大人気ない真似は出来ない人柄のナイーブな学者なのです。決して騒がない孤高な彼は黙って人生を送って来たのです。そして有名な賞を受賞する式典に招かれるのです。本音では怒りまくりたいのでしょうが品格が許さないのです。人々はそんな彼を立派な人柄の学者に観ていますから猶更騒がず波立てないのですが、心の葛藤が今起きようとしているのです。

 とまあ、そんな映画だったと想うのですが、映画の説明をしたかった訳では無く集音機のことをUFOの耳の形から想い出しただけです。それで何を聴けというのかが問題ですが、トランプ(アメリカ国民)に語り掛けているのでしょう。では何を聴けというのでしょう。パレスチナの民の声は勿論のこと少数民族や難民が何故発生するのかという根本的な問題の声です。聞く耳を持たない人間に諄々と言い聞かせたいのでしょう。UKの婆さん相手に子供じみたやり合いなぞする暇は無いのです。(続く)
​​



​​​​






最終更新日  2018/07/19 12:00:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/07/18
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​

(1)進行方向の右側です。冬枯れの単調な山中の風景です。

(2)ハイウエイと書かれていますから車から撮ったのでしょう。

​(3)​​​​助手席に居た​奥さんが撮ったのでしょう。

(4)円盤型UFOです。車の方向と同じ左へ向かっている様です。

(5)UFOはそろそろ山の影に隠れそうです。

(6)ギリギリまでカメラで追いかけた積りが、逆にUFOから観られていた様です。

(7)UFOさん、バイバイ!

​​皆さん、ご機嫌よう!マイケルです。

 アメリカの何処かの州のハイウエイで一瞬見掛けたUFOを撮影した画像です。よく機敏に撮れたものですが、素人臭いのは仕方がありません。ご主人が運転していて奥さんが撮ったのかも知れませんが、運転中の人には難しい作業です。下手に騒ぐと事故の元になります。尤も、撮影者は、せめて振り向いて右側後ろの車窓の画像も入れてくれれば、もっと臨場感が出たのでは無いかと想いますが、それは後理屈の観察者の勝手な言い分です。クリスマス休暇を終え、帰宅途中の今年の1月のことです。

 今年の冬、日本は、異常気象で大変寒かったですね。多分アメリカもそうだったと想います。世界的現象だった様です。地球の気象も次第に狂って来た様です。原因は人間が起こしたものばかりです。核実験や戦争や車や工場の排気ガスのせいで地球は勿論、宇宙も汚染されている為と考えられます。宇宙人に言わせれば自業自得でしょうが、そのせいで彼等も被害を受けている訳ですから、この太陽系宇宙の寿命が短くなって、UFO(宇宙人の乗り物)で太陽系宇宙の惑星から脱出しているのです。

 それなのに宇宙人はUFOに乗って地球人に警告を発し、啓蒙運動に奔走しているのです。何故なら、地球人も彼らの仲間だからです。出来る限り救済したいというボランティア精神から出ている運動です。そのボランティア精神は宇宙の意識(コズミック コンシャスネス)から生まれ出ている思想です。先の大戦後、アメリカでアダムスキーがモハーベ砂漠で宇宙人(金星人)と出会い、オーソン(金星人を彼はそう名付けたのです)から学んだコズミック コンシャスネスを説き始めたのでした。

 コズミック コンシャスネスはアダムスキーの造語ですが、宇宙の意識そのものは物理学であり基本は奉仕であって、因があって結果がある合理的な理屈です。何故、奉仕がそうなのかは、宇宙の創造主がそういう風に作ったとされているのです。原子の構造から物質は成り立っているのですが、大本は磁力であり電気を発することで宇宙の運動が成り立っているのです。電気の作り方を発見した地球人はモーターや光を作り出し、磁力線で浮かべ走らせる便利なリニアモーターカーも考え出しました。

 先の大戦で使われた核爆弾は何もかも破壊してしまう恐ろしい兵器ですが、その原材料であるプルトニウムをウランから抽出する技術を人間の浅知恵が考え出し、悪魔の囁きに乗せられてヒロシマ・ナガサキに投下したアメリカは表向きは大戦を終結させる為と偽り(既にドイツは降伏していましたから)、実際は日本に勝つ為に人体実験を兼ねて使用したのでした。ですから原罪を背負ってしまったアメリカは心の底では日本に頭が上がらないのです。その反作用で傲慢になってしまった訳です。

 アメリカ・ファーストと言う大統領は無知ですから自分の言っている真の意味を理解していません。北朝鮮の核の脅しを利用して自分の大統領二期目への就任の為にシリアにサリンが在ると騙してミサイルを撃ち込むパフォーマンスをし、その有様を世界に放映して北朝鮮を押さえつけようとし、馬鹿な南北朝鮮の首脳も冬季オリンピックを利用してパフォーマンスをし板門店の芝居をしたのです。お蔭で米朝会談を実現させたものの北朝鮮は非核化の具体策を示さず朝鮮戦争終結もできずトランプは失敗しました。(続く)


​​​






最終更新日  2018/07/18 12:01:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/07/17
カテゴリ:カテゴリ未分類


(1)。

(2)。

(3)。

(4)。

(5)。

(6)。

(7)。

(8)。

(9)。​​​​​

皆さん、ご機嫌よう!マイケルです。

 一昨年でしたか、アメリカに弾丸UFOが現れアップしました。是は昨年暮の撮影ですが、再び弾丸UFOです。最近になってユーチューブに流れたものです。今回は弾丸は二発に成っています。一発は既に使ってしまったよ、とでも言うのでしょうか。未来予測で誰か重要人物が銃弾で倒れるということでしょうか。まさか、あの馬鹿トランプではないでしょうね。幾ら馬鹿でどうしようもない恥知らずでも殺すのは一寸・・・。しかし、ケネディー大統領を暗殺した影の軍団ならやり兼ねません。

 軍産勢力はロシアと対立することで金儲けをし、かつての冷戦構造の様に世界の警察として世界覇権、を狙っているのです。しかし、馬鹿トランプは二期目の大統領選目指して北朝鮮非核化を掲げパフォーマンスをしました。処が、頭が悪い上、不勉強でもあるので大失敗し大恥をかきました。それで次の手としてロシアのプーチン大統領と直談判で成績を上げようとしています。それを心良しとしない勢力は阻止したい筈です。まさかということもあり得る国ですから分かりません。(続く)







最終更新日  2018/07/18 09:13:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/07/16
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​

(1)学校の様な建物の屋上に、是から何かが現れます。

(2)右手の茶色い新校舎と向こうの旧校舎との間に注目!

(3)何やら丸いドームの様な物が観え始めました。

(4)パラボラ・アンテナでしょうか。

(5)いえ、どうも違う様です。

(6)円盤型UFOでした。

(7)電灯ポールの向こうにハッキリと観え始めました。

(8)此処まで上がると、円盤型UFOだと分かります。

(9)UFOの底板中央が光っています。

(10)電灯ポールに重なったので照明の様にも観えます。

(11)UFOは、大分、高く上がりました。

​(12)​​​​UFOは暫く停止していましたが、突然、消えました。​

​皆さん、ご機嫌よう!マイケルです。

 今年の3月末にアメリカで目撃された円盤型UFOです。割合、大きなもので、多分、母船だと思われます。わざわざ多分と言うのは、最近、スカウトシップも兼ねた中型の母船が多く出現しているからです。母船と言うからには船長が500m程度のものを指すのですが、精々100m以内しか無い母船もあるからです。母船機能というのは宇宙人が大勢乗れる宇宙船で、スカウトシップも何機か格納できるスペースがあります。無人探査機なら小さく、スペースはそれほど要しません。

 地球の人工衛星が、丁度、無人探査機程度の大きさと考えれば分かり易いと想います。スペースシャトル程度のものがスカウトシップと呼べる大きさです。地球を脱出する時は地球の引力に反発するだけのエネルギーが要ります。液体や固形の燃料を燃やしてロケット噴射する為にエネルギーが沢山要る訳です。しかし、宇宙人が乗っているUFOは燃料を燃やすロケット方式では無く、反重力装置を使っているのです。分かり易く言えば、地球の重力に反発させる磁力で反発させるだけで良いのです。

 リニアモーターカーがその理屈を利用した列車です。ロケット方式は自分で爆発させたエネルギーの一部分を利用したもので、それなら全部自分に向ければ良さそうに思えますが、そんなことをすれば爆発力の逃げ場が無くなり、機体全体が爆発して空中分解してしまいます。つまりエネルギーの極く僅かしか利用できていない訳で無駄が多いのです。偉そうに言っても地球人の能力は宇宙人の能力の数分の一も無いのです。それを物理学者達は、日夜研鑽してやっと今日の状態に至った状態なのです。

 ロシアが宇宙人からワームホールの使い方を教わったことを、この前書きました。それはワームホールを使って木星や土星まで探査チームを向かわせたユーチューブが流れたことで分かったのです。アメリカは宇宙人との約束を守らなかった為に疑念を持たれ、今でも未だ科学的な助言を宇宙人から得られないのです。NASAは嘘つきの代表の様になってしまって今やロシアの方が科学力が先を行っている感じです。今回の北朝鮮問題もアメリカの実力の無さを露呈し日本やヨーロッパを失望させました。(続く)​




​​​






最終更新日  2018/07/16 12:01:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/07/15
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​

(1)アメリカの森林で毎度お馴染みの円盤型UFOが観えました。

(2)今年の二月、卵型UFOが立って割れた途端に消えた同じ森林の様です。

(3)今回は空高く飛んで居ますから、急には消えない様です。

(4)のどかなUFO風景に観えます。

(5)只、UFOが梢の間を通り過ぎただけの話です。

(6)それだけの話とは、平凡なUFO風景だという意味です。

(7)梢から消えると、遥か彼方の空を去って行きます。

(8)つまり、​UFOもこちらのカメラを意識しているのです。

​​​​​皆さん、ご機嫌よう!マイケルです。

 UFOが現れる度に、こうして物珍し気に説明するするのも今の時代だけでしょう。無声映画が出た頃、物不思議な目で観ていた観客も、トーキー映画に変わった途端、人々はそれが当然であるかの様に感じたそうです。つまり、直ぐに人というものは慣れてしまうということです。左右、赤青のカラー眼鏡で立体映画を初めて観た時は、自分に水しぶきが掛かったと錯覚した様に、三次元の世界を実感すれば画面から列車が飛び出て来るのも轢かれる!と恐れられた様にです。知らぬが華という訳です。

 ボクは、自分自身が若い頃に巨大UFOの目撃を体験していますから今更、ユーチューブでUFO画像を数多く観ても、その裏付けが出来たという満足感だけで、驚きの気持は殆どありません。しかし、乗れるものなら乗ってみたいという願望は日に日に募って行きます。死ぬまでに経験できるかどうか分かりませんが、仮に乗れたとしても気を失うほど驚きはしないでしょう。結婚当初、妻はボクのUFO体験を半信半疑で聴いていましたが、最近では自分も見て観たいという気持ちになっています。

 京都の妹も、昔、ボクのUFO目撃を馬鹿にして信用していませんでしたが、一昨年でしたか一緒に食事した折に、自分もUFOを、結婚して30代の頃に目撃したと白状しましたから「やっと、信じられる様になったか」と言うと「前から信じていたわ」とケロリとした顔で言うのです。よう言うわ、と想いましたが、肉親ですらそんなものです。人間は、自分が経験しないことにはなかなか信用しない証拠です。しかし、オレオレ詐欺なんかに引っかかる人も「自分だけは、大丈夫」と思っているそうです。

 ですから、宇宙人が地球人に、宇宙の意識(コズミック コンシャスネス)から、早くUFOを民生用に造って他の宇宙に逃げる様に啓蒙した処で、のんびりと構えた地球人には危機感がありませんから、金儲けの話や恋愛や戦争の話にばかり夢中になって聴く耳を持ちません。四官(目、耳、鼻、口の四機能)の主張に振り回されると心(マインド:触感という脳の働き)は何を信用して良いか分からなくなります。四官のエゴに振り回された心は、理性を失っているのと同じなのです。うわの空です。

 では、どうすれば四官のエゴに振り回されずに済むか、です。ボクの場合は、呼吸法で自分の心をコントロールさせる様に日頃から訓練しています。腹いっぱい(横隔膜を一番下まで下げ)空気を鼻から肺に吸い込んで8秒間ジッと辛抱し、丹田に力(気)を集中させます。そして一挙に口から吐きだしながら、細く長く全部出してから(矢張り8秒ほど要します)亦、同じことを繰り返すのです。少ない時で10回ほど、時間があれば20回程やると心は落ち着き、平安な気持ちになります。

 血圧もそれで、ほぼ健康な状態(上が130、下が75~80)に保てます。医師に言われて毎日寝起きに血圧を測って記録していますが大体その辺りで落ち着いています。ランニングマシーンでの歩行も3分毎に時速4、5、6kmと変わる様にして30分続けています。15分ずつ2回で、と言う医師の言葉は今ではやっていません。短かすぎるからです。お蔭で体調は良いです。酒を止めているので少し頼りないですが、禁酒運動でもありませんから、たまには会食で乾杯程度はします。

 嗜好品のコーヒーはブラックで一日マグカップ3杯分は飲んでいます。牛乳もよく飲みます。お茶(グリーンティーや焙じ茶)も良いですね。年齢のせいもあるでしょう。若い頃は酒ばかり呑んでいましたから無茶でした。お蔭で一生分を中年頃には飲み尽くしたでしょう。何の自慢にも成りませんが、友人に忠告の意味で言うのですが、誰も笑って聴きません。お互い健康の話をする様になってからでは遅いのですが、老人の冷や水、いや、老婆心から言っているのです。嫌味な爺ですかね。(つづく)​​


​​






最終更新日  2018/07/15 12:00:52 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/07/14
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​​

(1)ベルギーのブリュッセルにカボチャの様なUFOが現れました。

(2)高層マンションの横です​。

​​​(3)UFOには中央に窓の様な開口部があります。​​​

(4)UFOは自転しています

(5)UFOはマンションに近づきます

(6)公営のマンションの様ですスッキリしたデザインです。

(7)自転しながら周りの様子を観察しています

(8)大分、マンションの方に近寄りました

(9)殆どマンションの向こうに隠れました

(10)拡大画像です。窓の様な開口部は透けて中が観えます​​​​​

皆さん、ご機嫌よう!マイケルです。

 ベルギーと言えば、ボクはエルキュール・ポワロというネット・ドラマの主人公を想い出します。元ベルギー警察官でしたがナチの弾圧でイギリスに亡命し、探偵業で有名に成った小男です。憎めない笑顔で人を惹きつけます。UKの作家アガサ・クリスティーの探偵小説のドラマ化です。彼女の探偵小説はコナン・ドイルのシャー「ロック・ホームズの冒険」やジョルジュ・シムノンの「警視メグレ」よりも軽く読め、日本で言えば江戸川乱歩の「明智小五郎」の様なものです。

 ベルギーを含むベネルックス三国はヨーロッパの中央に位置する三つの小国で、ドイツ語圏に属しフランス語もドイツ語同様公用語になっている自由主義を旗印にした国々です。そういう理想主義の国は平時は良いのですが、いざ戦争状態になると戦争をしている国の多大な影響を受け、下手をすると亡命せざるを得ない状態に成ることさえあります。戦争の好きな国は例えばアメリカのトランプやブッシュの様なヤクザ的な政治家で、やむを得ず受けて立つ日本やドイツは戦争に巻き込まれます。

 第二次大戦で懲りたドイツや日本は、その後は平和主義で75年ほど来ましたが、最近亦、アメリカが戦争を始めたくてウズウズしている様にキナ臭い時代に突入しそうです。ロシアもやむを得ず戦争に巻き込まれた国なのかも知れません。つまり鬼畜米英と言われた様に覇権主義を旗印に世界の警察なぞとほざく国はヤクザと変わりなく、平和主義者は大層迷惑を受けます。宇宙の意識(コズミック コンシャスネス)を謳う国は地球上では未だ存在しませんが、日本が一番それに近いでしょう。

 戦争を仕掛ける国は自分は死なないと過信している妄想国家ですからオーム真理教の様なエセ宗教団体の様なものです。科学分野に強く、倉庫の様な建物でVXガスやサリンを作り出してしまう連中です。地下鉄サリン事件では、二液性の液体をビニール袋に分別して運び、車内で混ぜ合わせ、バラ撒くことでテロを引き起こしたのです。世界はこの事件に驚愕し、世界史上二番目の凶悪事件(第一凶悪事件はご存知のアメリカが核爆弾を二発投下したヒロシマ・ナガサキ事件です)と位置付けたのでした。

 ボクは、諸悪の根源はアメリカに在ると考えて居ます。それは宇宙人も理解している様で、それに次ぐUKやイスラエルも同じ様に観ている様です。UFOの現れる回数や形(啓蒙の為に形を様々なものに変えたスカウトシップを飛ばしています)でそう判断するのですが、UKやイスラエルなぞ小さな国なのに何故?と思う人は彼らの傲慢さの実態を知らないからです。UKはアメリカの母親の様なもので、イスラエルはその放蕩息子と言えば分かり易いでしょう。血は争えないのです。

 トランプ大統領は言わば商家の番頭の様なもので、操る旦那はUKとイスラエルと言えば少しは理解し易いでしょう。スペインとUKがアフリカから黒人を奴隷としてアメリカに売り飛ばした悪徳業者ならイスラエルは悪行金貸しシャイロックです。この三役が地球人を地獄の暗闇世界に陥れた元凶なのです。闇の帝王である財閥やエネルギー業界や金融業界がUFOを恐れるのは、エネルギーが無償で無限に手にすることが出来ることを教えてくれるからです。何が何でも隠し通したい彼等なのです。(続く)


​​​​​​​​​​​






最終更新日  2018/07/18 09:13:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/07/13
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​

(1)前回に引き続き中国の上海に現れたUFOです。

(2)トップが栓抜きの様な形のビルは六本木ヒルズの森ビルだと思われます。

(3)その森ビルの横をUFOは右へ進みます。

(4)丸いボールの付いたタワーも上海のシンボルの様なものです。

(5)そのタワーの横を更に右へUFOは進みます。

(6)UFOはタワー辺りで停止し、元の方向へ戻ります。

(7)UFOは森ビルの左へ戻りました。

(8)更にUFOは左のノッポビルの方に移動します。

(9)細いノッポビルの辺りでUFOは停止し、無人探査機(子機)を発射しました。

(10)子機は下の方へ向かいます。

(11)やがて子機は母船へ戻りました。

​(12)​そして、一瞬の間に、左の彼方へ去りました。

​​​​皆さん、ご機嫌よう!マイケルです。

 前回に引き続き上海に出現したUFOですが、今回のは前回の一カ月前の今年2月のことでした。未だ冬の真っ最中で、今年の冬は地球規模で天候異変で非常に寒い冬でした。霧が発生しているのは上海の蛇行している川の水蒸気が上っている為でしょう。もう20年前になるでしょうか、上海森ビルのオープンのニュースで、屋上トップが栓抜きの様な変わった形だったので覚えています。「上海のビルラッシュを観に行きなさいよ」と友人のお兄さんに勧められたのは30年ほど前のことでした。

 友人がJETROの中国チームリーダーをしている関係で、お兄さんは観光に行ってきたそうですが、ボクは、もう40年程前にその友人が香港駐在している頃に行ったことがあったので余り気乗りしませんでした。上海銀行の香港ビルなら面白いと想ったのですが上海には建築的に面白いビルは無かったのです。UFOが観られる情報でもあれば行ったかも知れません。が、その頃はUFO情報も少なく、今ほどインターネットも発達していませんでした。その友人は大学教授になりましたが、今はもう故人です。(つづく)​


​​​​






最終更新日  2018/07/13 12:00:59 AM
コメント(0) | コメントを書く

全2543件 (2543件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

カレンダー

プロフィール


KEN-0623

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

たにの@ Re[2]:桂離宮(1)(06/17) KEN-0623さんへ お返事、ありがとうござ…
KEN-0623@ Re[1]:桂離宮(1)(06/17) たにのさんへ 大変、返事が遅くなって申…
たにの@ Re:桂離宮(1)(06/17) 増田さんのことについて、いろいろ調べて…
おいどん@ Re:最近のグーグルアースで(05/09)  ひさしぶりにココのペイジを開いてみた…
lavien10@ Re:豪華船の旅 いいですね、私小説楽しみにしております…

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.