154375 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

第1学区 学級日誌

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


けんこん1st

Calendar

Comments

ヒガシ@ いつも御世話になっています。 別館ヒガシ日記が、TBなど何時も世話に…
けんこん1st@ Re:Re:安物園芸でローズマリー(03/26) とんとかいもさん> はじめまして&コメ…
とんとかいも@ Re:安物園芸でローズマリー はじめまして、とんとかいもと申します。 …
けんこん1st@ Re[1]:安物園芸でローズマリー(03/26) 幸せ発明発見工房2010さん> はじめまし…
幸せ発明発見工房2010@ Re:安物園芸でローズマリー(03/26) はじめまして ローズマリーはお肉料理な…

Headline News

Category

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2009.05.12
XML
カテゴリ:試写会
 「スター・トレック」のジャパンプレミアに行ってきた。会場は新宿ミラノで、コマ劇場の前の広場は黒い大きなテントが張られてて、周りには人がいっぱいいるけど、中がどうなってるのかわからず。相方さんが昼休みに座席指定券を交換しにいってくれたので、ゆっくり会場入りして、劇場のスクリーンに映し出されたテントの中を見ながら夕食。テントの中は最初は暗くてどうなってるかわからなかったんだけど、しばらくしてからテントが取り去られて、USSエンタープライズ号の模型とゲストが出現、観客と写真を撮ったりサインしたりしてレッドカーペットを歩くのをまったり眺めて開演を待つ。ザカリー・クイントはなんだか作り物みたいな顔で、昨日「HEROES」を見たばっかりだから、フレンドリーに写真を撮る姿がうすら怖くてしょうがない(笑)。ゲストにはなぜかチャン・ツィイーだの眞鍋かおりだのセロだのもいて、劇場に入ってくるのかどうか待ってたんだけど、ゲストの皆さんが客席にきたかどうかは結局よくわからず。あ、LiLiCoさんは目立つから客席にきたのが見えたなー。
 舞台挨拶はクリス・ペプラーが司会で、J.J.エイブラムス監督、クリス・パイン(カーク)、ザカリー・クイント(スポック)、カール・アーバン(Dr.マッコイ)、ジョン・チョウ(スールー)、エリック・バナ(ネロ)、プロデューサーのブライアン・パークが登壇。カール・アーバンはLotRのエオメル効果か、黄色い声援が一際大きかったかな。メモを読みながら日本語で長々と挨拶してた。「前に日本に来た時は小さな映画(LotRのことだよね)のキャンペーンだった」みたいなことを言って、クリス・ペプラーに「本当に小さな映画だった」とか突っ込まれて、カールがクリスに殴りかかりに行くようなコント(?)もあり。なんかテンション高いなー。ザカリー・クイントはにこやかなのにやっぱり怖い(笑)。レナード・ニモイとの共演について聞かれてたけど、つーか、レナード・ニモイが出るの?マジでっ!!!???とそこで私一人で大感動(笑)。
 映画のほうは、テレビ版「スタートレック」のリ・イマジネーションとかで、宇宙艦隊の一員だった父を亡くして無鉄砲に育ったカークが宇宙艦隊に志願して、艦隊を付け狙う謎の男ネオと戦い、USSエンタープライズの船長になるまでの話、かな。X-MENのエグゼビアさんが艦長をやってるような時代のスタートレックは見たことないけど、初期のスタートレックは20年くらい前に深夜に放送してたのをビデオに録って見てたから知ってるのよね。「パトカー・アダム30」のウイリアム・シャトナーが出てるって言うだけの理由で(^_^)ゞ。その時代のクルーたちの若き日の姿が見られるのがもう楽しくて仕方ない♪クリス・パインのカークは、そのうち矢島正明の声が似合うようになったりアダム30に乗ったりしそうな気はしないけど、それでも制服を着ると感動を覚えますわ♪私が知ってる役名は「ミスター加藤」とか「ウラ中尉」とか「ミスター・チャーリー」とか、日本用にアレンジされた名前のほうだから、「スールー」とか「ウフーラ」とか「スコッティ」とか言われるとついつい頭の中で昔の名前に変換してみちゃったりして(笑)。ああ、ウラ中尉がまだ少尉だよ~とかね。昔のストーリーなんかは覚えてないけど、変な怪獣が出てきたりするのも宇宙大作戦ぽい感じがするなー。Dr.マッコイが飛ぶのが嫌いなんて設定は知らなかったから、そういうところは新鮮だしね。チェコフの訛りっぷりもかわいい。それより何よりスポックがハマりすぎ。HEROES検定にザカリー・クイントがこの映画版で演じる役を答える問題があって、見た目からしてスポックに決まってんじゃんと答えたら正解だったのよね(笑)。それにレナード・ニモイまで出てきちゃー、カークの影が薄いったらないわ(笑)。カークとスポックの信頼関係だとか、それぞれの葛藤なんかも描かれたりして、しかもそこかしこにユーモアもちりばめられていて、トレッキー心をくすぐる面白い映画でした♪♪






Last updated  2009.05.24 23:29:30
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.