6179240 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

ケアマネージャー New! ラビットらむさん

刑事7人(5) 第… New! レベル999さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

丹後ウルトラマラソン ひろっちゃん☆さん

今夜の晩ごはん&敬老… okadaiマミーさん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2005年12月07日
XML
カテゴリ:2005年ドラマ
春が来た
誰もが心はずませる季節なのに
正直いって今の私には
養護学校のコンクリートの壁が
目の前に立ちふさがっているように見える
hane


初めて入る養護学校
母・潮香と別れる場面で、弱く手を振る亜也
門を出て、涙ぐむ潮香を見て、母として私の心も痛い。

全然違う話で申し訳ないのですけど。。。

子供を初めて幼稚園バスで送り出した時の事を
何となく思い出した。
子供はさっさと乗り込んでバスの窓から手を振っていたけれども、
私は何だか不安で。。。寂しくて、
バスが去ってからポロポロ泣きました。

ましてや、亜也の場合は養護学校への編入であり、
納得して転校したとは言え、新しい門出と言うには辛すぎる。
ただ、寂しいだけ、では済まない。
これから養護学校で長く時を過ごし、家族から離れて暮らす
障害の進んでいく娘。
潮香の不安と寂しさはどれほどの物だっただろう

そして、亜也も。
不安を押し殺して、笑顔で母に手を振る。

同室は、同病の少女明日美
これは実際にもそうだったのでしょうか。
確かに、同じ病気の人と同室であれば色々と相談できる事も
あるだろうけれども、明日美亜也よりも症状が進んでいる。
明日美の側にいる限り、亜也はいつも「将来の自分の姿」
向き合っていなくてはならない。
これは、酷な事だと思うんだけど。。。

「今が楽しいだけじゃいられない。彼女の将来まで背負う覚悟があるのか」
と父に諭され、軽く反発を覚えていた遥斗も、亜也を雨に濡らせてしまい、
潮香にも諭されて、初めて、甘い気持ちでは亜也と付き合えない事を知る。


「お前が話す事は、どんなにゆっくりでも聞く。
お前が歩くならどんなにゆっくりでも、一緒に歩く。

俺はお前の事が
好き。」

ここで決心がつきました

今日は、このシーンで亜也と一緒に嬉しくて泣いた。

亜也は、一人じゃないんだね。hane

水野医師の言葉を思い出す亜也
「伝えたいと言う気持ちをあきらめないで、ゆっくりでもいいから話す」

これからは、ゆっくり、ゆっくり伝えて行く


人は過去に生きるものにあらず。
今できることをやればいいのです!
hana3






最終更新日  2005年12月08日 01時29分56秒
[2005年ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.