6374693 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

帯ドラマ劇場『やす… New! レベル999さん

バレちゃった New! ラビットらむさん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

昨夜の晩ごはん&ダン… okadaiマミーさん

2/18(火)実施:メ… 楽天ブログスタッフさん

レオパード柄 カシ… か ず さ かさん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年11月10日
XML
カテゴリ:2006年ドラマ
私は信用できると思いますが

。。。き、金造さん~!信用しちゃダメだよ~!
黒木なんて初めから怪しさ満点じゃん。。。
asease

あの部下も。。。何で1人で来るんだか。。。
もっと上に話してパトカー総動員で来れば、みんな一緒に
お縄にできたのに。。。


と、突っ込みたい所はいっぱいあるけれども。。。aopiyo



そういう話じゃないんだな。

やっぱり、このドラマはリメイクなわけで
だから、ラストまで多分、映画や原作と同じなわけで
(と言っても、もうどっちも忘れちゃったけど)

1人ずつ死んでいっちゃうのかな、と言う予想通り。

だいたい、オープニングが全てのストーリーを
すでに語っている。


だから、このドラマは、ただリメイクぶりを楽しむだけの物なんだ。


先日、たまたまCSで昔の「セーラー服と機関銃」をやっていたのですが、
頭の触りの部分で眠くなってしまい、最後まで見る事もできませんでした。

古い映画だから仕方ないけど、なんかストーリーに抑揚もなく、
セリフも詰まらなくて、名作って感じじゃなかった気がします。

それに、比べると、ドラマの方はやっぱり面白い。

演出も役者さんの魅力も生きているし。

そういう見方をするしかない、あと2回

ただ、目高組の行方と堤さんのカッコ良さを見守る事にします。aopika




・セーラー服と機関銃 第4話






最終更新日  2006年11月11日 03時03分45秒
[2006年ドラマ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.