6219164 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

即位の礼正殿の儀 New! ラビットらむさん

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

秋ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

今日のダンナ弁当と… New! okadaiマミーさん

劇場鑑賞「フッド:… BROOKさん

第58回愛媛マラソン ひろっちゃん☆さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年11月30日
XML
カテゴリ:2006年ドラマ
医学の常識なんて覆せばええじゃろ。
ワシらはずっと、そうやって来た。
違うか。先生。
hana4

和田の力強い言葉が、コトーゆかりの手術を決心させた。

医学の常識。
末期ガン。末期とは何なのだろう。末期とは誰が決めるのだろう。

人間の生きる力って凄い。
命って、本当に凄い。


ゆかりは、助かった。
ガンは消えた。

命の不思議さに命の大きさにコトーは打ちのめされる。
自分が歩んできた医学と言う道よりも大きな、生きたいと言う命の力。


ゆかりが助かって、本当に良かった。
あんなに可愛いチカちゃんを残して逝く事にならなくて
本当に良かった。

コトーは、医学に頼って、末期の宣告をした事をゆかりに詫びるが。。。

ゆかりが言うように、詫びる必要はないと思う。

だって、コトーを信じているから、ゆかりは治ったんだもの。

ゆかりの命の力は、1人で得た物ではなくて、
コトーを信じる力と家族の支えから出来た物だと思う。

この力、彩佳にもあげる事が出来れば。。。hane


hana2

このストーリー、原作では、早い段階で出てきているんですよね。
しかも、原作ではこの患者はゆかりさんではありません。

「Dr.コトー」は原作も面白いけれども、原作の方は
人と人との繋がりを描くよりも、もっとモロに「医療物」で、
結構突飛な話もあったりして「漫画」と言う感じなのです。

このエピソードを、ゆかりに持ってくるとは思いませんでした。

しかも、ちゃんとこのドラマに合うように演出して練ってある。
本当に優秀なドラマだと思います。





・Dr.コトー診療所 2006 第7話






最終更新日  2006年12月01日 00時51分07秒
[2006年ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.