6657167 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

連続テレビ小説『お… New! レベル999さん

松本潤さん、23年大… New! ショコラ425さん

自動車保険 New! ラビットらむさん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

孫娘は絵本が大好き! okadaiマミーさん

勝手にびわ湖健康マ… ひろっちゃん☆さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008年03月15日
XML
カテゴリ:2008年ドラマ
先生、火はスゴイよ!

火はちょっと水をかけても消えないよ
火はゴーゴーぱちぱち音がするよ
でも白い水をかけたらすぐ消えて。。。



賢人は火事で火について勉強した


でも
大好きな規子先生を泣かせちゃったhana4



タイムマシーンがあったら昨日に戻りたいよ
そして秘密基地にライターを持って行っちゃダメって言うよ
ロウソクに火をつけちゃダメって言うよ

みんなとずっと仲良くできるように。。。



賢人は、初めて「取り返しのつかない事」を学んだ。
友達のいない寂しさも。



賢人の母、あおいは、転校を決意する。


今ね、温かい気持ちだよ。
だからね、賢人。前へ進もう。
hane



なぜ宇宙の形を知りたいのか、と問う賢人加賀美教授は言う。

ただ知りたいからです。

良い評価を得るためでもお金を得るためでもなく
ただの好奇心だ。

だから少年よ。

大事にしなくてはならない。

キミを支えてくれる人を。
もっと好奇心を追求できるように。

どんな天才もどんな人間も決して独りぼっちでは
生きていけないのだから。
hane


この天才も、賢人に出会った事で、少し周りが見えてきたみたい。


親でもないのに、たくさんの子供を教える事ができる。
尊敬するよ。
教育は第2の母だ。
hana4


加賀美先生の顔が輝く。


毎朝、校旗を上げるのに苦労していた校長先生とみんなのために
賢人は、自動で旗が上がる機械を設置して去っていった。

みんなを幸せにするマシン第一号。



私が恐いのは子供たちが好奇心を失うことです。
何にも感じなくなることです。

大人だって、考えて悩んでそうやって前に進むから
人生には意味があるんです。

わたしたちは子供を心から信じる心を持てば、
誰だってきっとエジソンの母になれるんです!



規子先生の叫びが保護者にも先生たちにも届く。


天才を育てるかどうかが問題じゃないんだよね。

規子先生が育てたいのは、子供の好奇心。
大事な何かを失わないで大人になる事。


結局は。。。

先生!ボク、お隣の小学校で受け入れ拒否されました!

レミちゃんのママがいっ~ぱい署名を集めたから
お隣の小学校でも、そのお隣の小学校でも
受け入れ拒否されたよ。


レミちゃんのママ。。。
自分で時分の首を絞めてしまいました。雫
思わぬ活躍をしちゃったね。。。asease



いつか私たちは彼を育てた事を誇りに思う日が来るかも知れない。

花房くん。
お帰りなさい!
hane


  hana1  hana1


賢人くんが、文部小学校に戻れて本当に良かった。さくら

この一言に尽きる最終回でした。


結局このドラマは教師を含む大人の成長を描いたストーリー

だったんだ、と思う。

だって、子供達は何も変わらない。
最初から子供達は素直にある物を受け入れ、
好奇心いっぱいの姿を見せてくれただけなんだもの。

ドラマの中で右往左往していたのは常に大人達だった。


それは、視聴者も。


たぶん、どんどん視聴率が下がっていったこのドラマ。asease
ドラマブロガーさんたちも回を追うごとにレビューを書かなくなり、
トラバ数も悲しい限り。雫

一因は、賢人くん「どうして?どうして?
のウザさにあったみたい。

この「どうして」に学校が振り回され、
結局賢人中心に学校が回っていく事
許されない思いを抱いた視聴者は多かったに違いない。

その声を代弁したのが、レミちゃんのママたち
保護者軍団である。

視聴者はドラマを見るのを止めればいいわけだが、
レミちゃんのママたちはクラスにあの子がいるわけだから
逃げる事も出来なかったワケで。。。

そして署名活動など始めてしまったのです。asease雫


ドラマでは、レミちゃんのママは初めから滑稽に
悪役っぽく描かれているので、見ている方も不快だが、
実際にああ言う子が自分の子供のクラスにいてみないと
その時、自分はどうするか解らない。

学校の情報と言うのは断片的にしか保護者に入って来ないので、
すごい悪童がいるから署名して欲しい、と言われたら
してしまうかも知れない。
自分の子供が火事に巻き込まれたら、
学校に乗り込んでしまうかも知れない。

自分の子供ならば、どんなに悪行を行っても
とりあえず信じてみたい、庇いたいと思うのが親心。
しかし、他人の子供の悪行を許せるほど心は広くない。
親とは、そんな物である。



このドラマは、そんな現実を充分踏まえた上で
作られている「あくまでも創作物」である。


現代の教育では、個人の好奇心を育てる事は難しい。
学校はカリキュラムに沿った教育課程をとりあえずは
終えなくてはならないから。

「ある一個人」の好奇心のために
授業が遅れる事は、確かに好ましくない事だ。


規子先生も、ドラマ中できちんと言っている。


「私は賢人くんも他の子供達も大切だ」と。


学校の授業は画一的で面白味がない。

例えば、歴史の授業は年号と出来事を流すだけ。
これでは歴史に興味を持てる人間を育てる事は難しい。


では学校教育は何の意味もないのか、と言うと
実はそうなのかも知れない。

ある程度の基礎学力を付けたら、後は、自分で
興味を掘り下げて研究していく。。。
と言うのが本当の勉強だろう。

科学者になりたい人間に古文の解読は必要ない。
古典文学研究者になりたい人に微分・積分は必要ない。


個人的な研究は大学まで待て、と言われたら
なるほどその通りなんだけど、そこに行き着くまでに
教わる知識に余計な物が多すぎる気がする。

つまり、高校過程に余計な知識を詰め込む授業が多すぎる。

と言う事になるが、では日本の教育は進歩していないのか
と言えば、実はそうでもない。


現代、どの県でも「総合科高校」と言う物が増えている。
自分が特に興味ある物を、普通科高校よりも多く学ぶ事が出来る。

自分が学生だった頃には無かった事だ。
これは大きな進歩だと思う。

また、小中学校では「総合科」と言う授業が出来ている。
これからは高学年になるに従って、選択授業も増えていく
事になるだろう。

アメリカで行われているというギフテック教育なる物には
ほど遠いけれども、日本も少しは進歩しているのである。

それに伴って、受験と言う物の体制も段々変わってくるだろう。

何十年後かは解らないけれども。



だから、賢人くんが生まれてくるのは、ちょっと早すぎたかも知れない。

規子先生が、これからどうやって2組の好奇心を育て、
なおかつ、学年で終わらせなくてはならない過程も進めていくのか、
これは大いに興味ある所だが、ドラマはここで切れている。

つまり、ドラマは問題提起だけして終わった事になる。


こういう事に解決は難しいから。
どんな子供も同じように教育課程を終わらせ、
しかも、どんな子供の個性や好奇心も潰さない教育。


それは、どんな物だろう。

それが実現すれば、日本は素晴らしい国になるに違いない。


教育委員会・織田部長は最後に

私が日本の教育を変えて見せます。

と言って去っていった。


期待してますhana4


ともあれ、3ヶ月間、毎週暖かい気持ちにしてくれた
このドラマが私は大好きだった。ハート(手書き)

惹きつけるスピード。笑いと涙を盛り込んだ展開。
大森美香さんの才能は、やはり健在だ。


規子先生と賢人くん親子の未来に幸あれ。
みんなを幸せにするマシーン、早く見てみたいな。
hane



トラックバックは承認制です。即時反映はされません。ご了承ください。






最終更新日  2008年03月15日 11時55分30秒
[2008年ドラマ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.