6289535 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

ドラマホリック!『… New! レベル999さん

東山三十六峰トレイ… New! ひろっちゃん☆さん

久しぶりだね New! ラビットらむさん

今夜の晩ごはん&眼底… New! okadaiマミーさん

今日の収穫(12月… BROOKさん

秋ドラマ最終回予定… ショコラ425さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008年03月24日
XML
カテゴリ:2008年ドラマ
ここにいて。

ずっと恐がって避けていたこの場所に。

幸せの真ん中に。

あなたは誰の手も決して離さない人だから。
ここにいるのに誰より相応しい人なの。
hana4


自分が父親ではないと聞かされてしまったと、
戻ってきた美桜
自分を認めてくれた安西院長

そして町の人たちと


愛する人たちに囲まれた誕生会。



英治によって

安西は孤独から救われた。
は無償の愛を認める事となった。
美桜の父は助かった。
美桜は許された。



決して誰の手も離さない人


そんな英治自身も救われた最終回。


そこには、英治が関わってきた
たくさんの人たちの手があった。hane



 hana1 hana1


オスカー・ワイルド「幸福の王子」と言う童話をご存知ですか?


ある町に身体は金箔で包まれ、
目には宝石をはめられ、鉛の心臓を持った
王子の像があった。

美しい王子の像は町の人たちの誇りだった。

ある日、一羽のツバメが像の足元で休んでいると
王子の像は大粒の涙をこぼしていた。

遠くに見える不幸な人たちを救って上げたい、と言う。

ツバメは王子の使いとなり、不幸な人々の元に
宝石で出来た王子の目玉や身体についた金箔を剥がして
持っていく事になった。

王子の像は、不幸な人々を救うために
目は宝石を失って空洞に、身体は金箔が剥げて
ボロボロになっていった。

町の心ない人々は醜い王子の像を倒し、
身体は溶かされてしまった。



こんな話です。


直哉を救うために、またお金を差し出してしまった英治
先週、彼を見たときに、この童話を思い出した。


自分はどうなっても、他人のために


こんな英治を見るに忍びない思いでいっぱいでした。

そして、ついには美桜のために
に本当の事を話してしまう。


どうして?

自分は何も得る物がなくても、この人はそれでいいのか。



神山じゃないけど、有り得なさにイライラした。


だから自分の幸せは二の次かと思うような英治が、
美桜の事は、ひたすら求めていたのに救われる。


俺は貴女を愛してる

 愛してる 
  愛してる


世界に一輪しかない。その花を摘みにきました。



でも、これも彼自身のためでもあるけれども
美桜のためでもあるのよね。。。asease



そんな英治の人柄が報われたように思えた
誕生パーティの場面。

泣けました。


こんな人が救われない最終回は、あってはならない物だから。


「幸福の王子」は、ラスト、使いとなってくれたツバメと
共に、神さまの国で幸せに暮らします。

自分の身を削って人に尽くした王子が
この世では全く報われず
割れた鉛の心臓の姿になってから
初めて神に救われる。

と言う、私には納得できない童話だったのですが、

英治くんは、この世で充分報われたようなので
良しとしましょう。



しかし、そもそもこのドラマ中だけで言えば、英治の不幸は
全てルリ美桜によって持たらされた物であり。。。
その辺は何だかな~。。。asepiyo


自分勝手な女達に振り回されたドラマって気がします。


男性視聴者は、どうなんでしょうね。。。
このドラマ、ブログ巡りをしていると
圧倒的に男性視聴者の方が評価が高いんですが。。。


自分が別れた女が知らない内に勝手に子供を産んで

「私の勝ちよ」

って。。。aopiyo


女である私から見れば、ホラーのごとく
恐い女にしか思えませんasease



最終回はお見事でしたが、ここに辿り着くまでの
様々な納得行かない筋書きに


野島伸司は何処を目指し始めたのか?


と不安になるドラマではありました。


最終回が良かっただけに、もしかしたら連ドラを止めて
「世紀末の詩」のような短編を続けるとか、
単発ドラマ専門で行くとか。。。

野島さんは、その方が良い物が書けるのでは

と、感じてしまったドラマでした。



1月期ドラマの統括、UP終わってます。よろしければご覧ださい


4月期ドラマの予定と展望もUP終わってます。よろしければご覧ださいハート(手書き)



トラックバックは承認制です。即時反映はされません。ご了承下さい。






最終更新日  2008年03月26日 23時18分27秒
[2008年ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.