6563158 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

こんな頃 New! ラビットらむさん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

【半沢直樹(2020年版… ショコラ425さん

晩ごはんと今年の花火 okadaiマミーさん

コロナ感染症の対策… miki285さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008年07月20日
XML
カテゴリ:2008年ドラマ
責められても恨まれても仕方がないのじゃ


家定の薨去を知り、悲しみに暮れる篤姫だったが、
義母である天寿院も側室・お志賀の方も、まだ誰も
その事を知らされずにいた。


しかし、お志賀は、何か感づいている。


風邪で伏せっていると言う事にしていた篤姫の元に
お志賀が見舞いにやってくる。


お尋ねしたい事がございます。



上様の事か・・・


・・・そなたが思っている通りじゃ。




私は、ずっと案じておりました。

お身体の丈夫でない上さまが、頻繁に公務にお就きになり、
どんなにお疲れであろうかと。

頻繁にお渡りがありながら、なぜ公方様の身体の悪いことに
お気づきにならなかったのですか。


お恨み申し上げます。




止めどなく涙を流す、お志賀。

取り乱す天寿院。



女たちは、皆、ぶつける所のない悲しみに暮れるしかなかった。




ご落飾の日は、生まれ変わる日とお思い下さいませ。


幾島は、落飾の日まで、自ら篤姫の世話係を申し出た。



そちは、いつまでも側にいてくれるな?



篤姫のか細い声に応えられない幾島・・。




御台さまには本日より天璋院さまとなられましたhana4



   hana2  hana2



女達それぞれの嘆きがあり、

家定の回想シーンはほとんどないのに、
先週よりも悲しみを誘われた。


こんなにも、多くの女たちから思われた家定。

妻、母、側室、と立場は違っても、
どんなに、みんな真剣に家定を愛してきた事か。



お志賀は、

公方様に愛されたのに、いつまでもお嘆きになっている
御台さまは贅沢


と言って、大奥を去っていった。



そうして、大奥の時代は一幕閉じたのだ。


次は、ここは、次期将軍・家茂の大奥となる。

そして、表では大老・井伊が新たな政治を行おうとしている。


時代は混沌として行く。。。

篤姫は、休んではいられない。



そなたがどう考えようと、私は上さまの意志を無下にはできぬ。


井伊直弼との対峙は続いていく。




天璋院篤姫(上)新装版

天璋院篤姫(下)新装版


天璋院篤姫と大奥の女たちの謎



トラックバックは承認制です。即時反映はされません。ご了承下さい






最終更新日  2008年07月20日 21時28分35秒
[2008年ドラマ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.