6218486 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

秋ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

憂鬱 New! ラビットらむさん

今日のダンナ弁当と… New! okadaiマミーさん

劇場鑑賞「フッド:… BROOKさん

第58回愛媛マラソン ひろっちゃん☆さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008年07月26日
XML
カテゴリ:2008年ドラマ
道を切り開くのは自分自身だ。

勝って先生の気持ちに応えよう!
hana4


川藤の不在を御子柴は川藤に成り代わることで
埋めようとしていた。



安仁屋は助骨が折れている脇腹が痛くて
動くことができない。


御子柴は、安仁屋を一度下がらせようとするが
安仁屋は下がらない。



オレは自分が使い物にならないと思ったら、

・・・その時は、その時は・・・自分で下がる!




試合会場に詰める予定だと言う医師は、
安仁屋の状態を知り、下がらせようとするが
川藤は、痛み止めの注射を打ってやってくれ
と食い下がる。



あいつらが生まれて初めて口にした夢。


生まれて初めて味わう、
生きてるっていう実感なんです。

あいつらは、今を生きているんです!




フルスイングは一回だけ。
全力投球も、ここぞと言う時だけ。



医師の言葉により、二子学メンバーは、
川藤が試合会場の外にいる事を知る。



先生は、やっぱり近くにいた!




全てを賭けた8回表。

桧山の代わりに打席に入った若菜は
ヒットを打つ。


誰もが、賭けていた8回最後の打席。

安仁屋は一度だけと言われたフルスイングをファウルで終えた。



もう、ダメだ。

と、みんながあきらめた時、


メンバーは、ベンチにいる川藤を見つける。



いつもの笑顔・・・


オレの言葉で、お前たちの力になれるなら
いくらでも、側にいる。

立ち直るのはお前たち自身なんだ。

オレがいてもいなくても。





9回表
3点差

2アウト満塁




最後の打席に立った御子柴。


緊張とプレッシャーで、球を選ぶこともできない。


メンバーの目が、御子柴を見ている。

そして、川藤も・・・


何もかも

御子柴から始まった。




立ち直るのは、頑張るのは、誰の力でもない。自分自身。

道を切り開くのは、自信と勇気!



バットを握り直す御子柴。


江夏が投げる。
ストレート。


球がバットのど真ん中に当たったその瞬間

御子柴は、思い切りバットを振った。



   hana1



逆転勝利。
目黒川に勝ったその後。


川藤は高野連との約束通り、ニコガクを去っていった。

次の試合、安仁屋は、ついに出場できないほど悪化し、
川藤も安仁屋もいないニコガクはコールド負け。


メンバーの夏は終わった。


高野連では緊急審査会が開かれたが、
ほとんどの理事がニコガクの処分に反対し、
メンバーには、次の夏が出来た。


ただ、川藤が、そこにいないだけ。



夢、希望、自信と勇気。
抱えられないほど
たくさんの宝物を先生から貰ったから。


だから俺達はきっと大丈夫。




でも、ある日


メンバーは練習の帰りに、

グラウンドに立つ誰かの後ろ姿を見つけた。



それは、みんなが、待って待って待ち望んだ

その人だった。



お前たちは、まだ夢の途中だ!


その人の笑顔は変わらなかったhana4



   hana1  hana1




色々、書こうと思ったんですが。。。

何だか、進みません。


ただ、今は寂しさでいっぱいです。


だから、この記事は、後々追記しようと思ってます。

それは、読んで頂かなくても構いません。
書くことは自己満足です。


こんな大きな感動の前で、私ごときが何語言葉を追記しても、
このドラマの評価は何も変わりません。



毎週毎週、バカみたいに泣いてました。
だって、勝手に泣けるんです。

ベタだとは解っているのですが、
感動に持っていく演出と脚本が上手すぎます。


最終回の試合は「セーラー服と機関銃」のラスト何話かを
何故か思い出してしまった。


ボロボロなのに、立ち向かっていく気力。

切羽詰まった人間の特攻に近い物を感じました。


川藤の笑顔を見る時のメンバーの顔が
いつもいつも切なくて。

この子たちは(役者は立派な大人ですが雫)この監督に
何を求めているんだろう。


川藤の笑顔を追う、メンバーたちの目は
常に子供のようだった。

愛情と安心感。

人間、誰でも、求める物の行き着くところは
そんな物なのかも知れません。



不安で寂しい高校生達が、初めて感じた
安心感、頼もしさ、愛情、希望、そして夢。


それをくれたのは川藤先生だった。


彼らは、本当に全身で川藤が好きなのだ。


そして、それを全身で表現してきた
このドラマの役者さんたちは、
本当に素晴らしいです!


この俳優達じゃなければ、このドラマの成功は無かったでしょう。

俳優、演出、脚本

何が欠けても、ここまでの物にはならなかったと思います。



後で、追記する、とか書いて、結構長く書いたな。。。私asease



じゃ、最後に。


イッチー最高!!ピンクハート




秋にSPがあるそうな。
散々中断されたドラマだったから、
秋までくらい待てそうな気がする。

それまで休みだと思えば。。。。。。


また会おう。ニコガク野球部。


私は、このドラマが心から好きです!
hane






【予約】GReeeeN/キセキ(初回限定盤)(DVD付)




【送料無料】 ROOKIES(ルーキーズ) 表 BOX(3枚組) 【オリコンチャート調査店】





トラックバックは承認制です。即時反映はされません。ご了承下さい






最終更新日  2008年07月28日 03時02分15秒
[2008年ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.