5339107 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
http://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
http://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。
お待ちしております

カテゴリ

楽天プロフィール


くう☆☆さん

映画・ドラマLOVE

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
映画  ドラマ 

バックナンバー

お気に入りブログ

【おんな城主直虎】… New! ショコラ425さん

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

ひよっこ 第73回 New! レベル999さん

今夜の晩ごはん&ど… New! okadaiマミーさん

機種変更 汗 New! ラビットらむさん

寂光院 ひろっちゃん☆さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008年09月07日
XML
カテゴリ:2008年ドラマ
薩摩藩主、島津久光さまが千を超える軍を率いて
出立されたそうでございます。




ついに、薩摩は京へ上った。

が、御所では岩倉具視などに
薩摩ごときが何しに来たのか、と失笑を買う。

当面は京の警護を。

と、申しつかり、動きの取れない苛立ちの中で
有馬達は突出を謀る。

大久保の説得も失敗し、結局、有馬たちは上意によって成敗された。


寺田屋事件の勃発である。



有馬たちが事を起こしたのは幸いであった。


怪訝な顔をして見つめる帯刀に久光は言う。


薩摩の覚悟を朝廷に指し示す事が出来たゆえじゃ。



この事件により、朝廷を守ったと言う事で、
薩摩は公に認められる事になった。

久光の事を信用できなくなった帯刀だったが、
実は、全て有馬は事を察して行動していたのだった。



今こそ我らの命、薩摩に捧げん。


寺田屋事件は茶番だったと言う事・・・。

有馬の覚悟を知った帯刀は、薩摩のために、久光のために
共に江戸へ向かう決心を固める。



一方、大奥にもとうに話は伝わり、篤姫は
本寿院や庭田らから薩摩の回し者のように責められていた。



薩摩は天璋院さまの生まれ故郷であり、
信じるに足ると思います。

しかしながら、外様にあるまじき行いは許せませぬ。




天璋院さまと薩摩の間に密かに謀があるのでは・・・


天璋院にお尋ねになれば?




老中や和宮の話を聞く内に、家茂にも疑いの気持ちが芽生えてくる。



元々、母上が江戸にお越しになったのも
一橋慶喜を推すため。
先だって一橋を許したのも手回しが良すぎるのでは・・・


いえ、私の考えではなく、老中などがそう申しますので・・・



それは老中ではなく、貴方の考えでは?


寂しく家茂の元を去っていく天璋院。



その日、天璋院は薩摩から持ってきた物、
思い出の品を庭で焼いた。


ご乱心


と聞き、家茂が駆けつけたとき、天璋院は、
幾島に手渡された、薩摩の父からの掛け軸を
焼こうとしている所だった。


少女時代の自分を見守り続けてくれた、
懐かしい桜島が描かれた絵巻・・・hana4



母上、お止め下さい!
私が悪かったのです。
少しでも母上を疑うような事を・・・




私は徳川の人間です!

徳川の事のみを考えて生きる。
薩摩など知らぬ。

これは、その証です!




   hana2  hana2




薩摩のために自ら謀って命を落とした有馬。

昔、大久保の家で篤姫と顔を合わせ、言葉を交わした者が。。。


大奥での中傷もさることながら、
見知った者が命を落とし、愛しい故郷が
自分を苦しめようとしている事で
どんなに天璋院が胸を痛めたか。。。


思い出の品々を焼く天璋院を見つめる和宮も
何か感じる事があった様。


ついに、ここまで来てしまった。
幕末を迎えて、大奥も平和ではいられなくなってきます。



しかし、先週からの本寿院には、ホント頭に来るわ~。。。
ドラマ的には大奥の噂話=本寿院って感じで
代弁者の役割をしているんだろうけれども、
天璋院の代わりに
「側室の出の分際で、身分違いも甚だしい!
いつまで姑面してるんだよ~!
と言ってやりたい。。。
asease





和宮様御留



和宮



和宮お側日記


大奥をゆるがせた七人の女





天璋院篤姫(上)新装版

天璋院篤姫(下)新装版


天璋院篤姫と大奥の女たちの謎



トラックバックは承認制です。即時反映はされません。ご了承下さい






最終更新日  2008年09月07日 21時46分35秒
コメント(10) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.