5300965 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
http://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
http://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。
お待ちしております

カテゴリ

楽天プロフィール


くう☆☆さん

映画・ドラマLOVE

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
映画  ドラマ 

バックナンバー

お気に入りブログ

オトナの土ドラ『犯… New! レベル999さん

自分のメンテナンス New! ラビットらむさん

今夜の晩ごはん&今日… New! okadaiマミーさん

今日の収穫 (5月… New! BROOKさん

ネタバレ【ひよっこ… ショコラ425さん

ナイトフォックス ひろっちゃん☆さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008年10月24日
XML
カテゴリ:2008年ドラマ
シーは、まだ小さいから。
まだ何も知らないから。
せめて今日だけは眠らせておいてあげたいんです。

流星なんて見に行かなければ良かった。
流星なんて・・・




あの事件があった日には、確かに柏原に信頼を寄せていたのに
功一は、いつから刑事を拒むようになったのか。。。

それは、自分たち自身の手で復讐を、と言う強い思いから?



横須賀で犯人の目撃情報が出たから、
泰輔に確認してほしい、と言う柏原の申し出を
功一は断る。



犯人が捕まったら、裁判になる。

弁護士とか検事とか何の関係も無いヤツらが割って入る。
俺達は裁判所の端っこで黙って見てるだけだ。

殺すどころか殴る事もできない。




うんざりだよ!いい加減、忘れたいんだよ!

普通のヤツらと何が違うんだよ。
親殺されたら、笑っちゃいけないのかよ。

遺族は笑っちゃいけないのか。
遺族は女引っかけちゃいけないのか。

いつまで遺族なんだよ。
いつまで遺族って言われなきゃなんないんだよ!




悪いヤツが平気で生きているなんて許せない。


と言う静奈の言葉を受けて、兄妹は競馬場やバーを探すが、
結局、犯人と思われる男を見つける事は出来なかった。



夜、功一の店にまた、ハヤシライス男がやってきた。

酔いつぶれながら、ちゃんとしたハヤシライスが食べたいと言う。



功一は、思い出す。

子供の頃、父に教えて貰ったハヤシライスの作り方を。

父のノートを見ながら、一から作ってみる。


昔、自分が作ったハヤシライスをみんなで食べた。

家族全員で食べた。

母と父と弟と妹が、みんな「美味しい」と笑ってくれたhana4


今、作ったハヤシライスを弟と妹に食べさせて、
功一は、そんな時の事を思い出していた。



   hana1  hana1



先週よりも、もっと激しく現在のシーンと子供時代が入り乱れる。


「詐欺パート」はポストイット高山に対する復讐。
なんと、前編雫


高山に対する静奈のメールや、軽い笑いを織り交ぜながら、
あの事件の翌日の事が語られる。


辛い辛い話だけど、気が付くと、現在の笑いのシーンに持って行かれる。


だから、決してドヨンと暗くはならない。
しかし、過去の事も決して忘れさせてはくれない。


過去にどんなに辛い事があったって、
今生き続ける人間は笑う事もあるし、仕事もするし、
メールもするし、食べるし、作るし。。。。


そうやって暮らしていかなくてはならないんだ。


ストーリーの作りは、まさに、捨てられない過去を持ち、
そんな不安定な人生を生きてきた3人の姿その物のよう。



ハヤシライスを父と作るシーンが、唯一、
功一の幸せな昔の思い出が語られるシーンだった。


店の外から、ハヤシライスを作る功一を見守る柏原。


このハヤシライスを本当に食べたいと思っているのは
柏原かも知れない。。。



幸せだった昔を思い出させるような明るいオープニングが好き。
子供の頃の自分たちと現在がリンクする映像。

嵐の歌はクドカン作品によく似合う。





トラックバックは承認制です。即時反映はされません。ご了承下さい。






最終更新日  2008年10月24日 23時54分03秒
コメント(32) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.