6337727 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

水曜ドラマ『知らな… New! レベル999さん

どのタイミング New! ラビットらむさん

今夜の晩ごはん&ヴォ… New! okadaiマミーさん

買いました pyuasouruさん

【麒麟がくる】第1回… ショコラ425さん

劇場鑑賞「イントゥ… BROOKさん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年03月14日
XML
カテゴリ:2009年ドラマ
金持ちになって幸せになってやるずら


柱に書いた字を見ながら、風太郎は最期の時を迎える。


頭に浮かんでくるのは、今までの人生の回想・・・・・


ではなくて、もう1つの自分が生きる世界だった。



そこそにお金のある家庭に生まれ、そこそこの小遣いを貰い、
優しい母と父と楽しくお喋りしながら過ごし。

母の病気は手術ですぐに治り、長生きし。

子供好きな父とキャッチボール。

大金が入った財布を拾った。
宏と共にお巡りさんにすぐに届ける。

父の母校の大学に合格し、そこで良い友達と出会った。
そして、茜と出会い、婚約。

口うるさいけど、美しく頼りになる姉、緑。
緑の頼りなさそうな恋人、白川とも出会う。

義父は良い人。

父と母と義父と義姉の見守る中、愛妻・茜は
風太郎の子供を産んだ。


アパートの窓から、出社する自分を手を振って見送る
妻と生まれて間もない赤ん坊。

どこにでもある風景だ。

どこにでもある、幸せな風景だ。




・・・でも、

風太郎には決して手に入れられなかった風景だ・・・



緑が見守る中、爆発は起こり、

どこからか飛んできた1円玉を残し

風太郎は塵になった。




オレは間違ってたとは思わない。
これっぽっちとも思わない。

確かにオレは人殺し。犯罪者ずら。

この腐った世界で平気な顔してヘラヘラ生きてるやつこそ狂ってる。

この世界に生きてるヤツはみんな銭ゲバずら。


死んでやるよ。

ただ、オレが死んでも、オレみたいなヤツは
どんどん湧いて出てくるずら。

そこら中、歩いてんだぜ。

銭ゲバは。




伊豆屋には、ダンボール箱に入った札束が届けられた。

「べら定食ありがとうございました。おいしかったです。」


萩野は妻子を伴ってアメリカへ手術に出掛けた。


健蔵は、1人、酒を飲む。
目の前には、酒が注がれたコップがもう1つ。



緑は、建ったばかりの墓に
あの時飛んできた1円玉を放った。


その表情は、泣いているのか、蔑んでいるのか
恨んでいるのか・・・



   ほら。銭ずら。




     hana1  hana1



突然のホームドラマ。。。

異次元ハッピードラマの展開に、目が白黒。。。


なんつー最終回だ!
エヴァンゲリオンかっっっ!?(・・・が理解出来る人いるだろうか雫



長い長いニセ回想シーンの間、ずっと何と思う事もなく
見ていたけれども。。。。。



それが終わった後の風太郎の長い悶絶ぶりに、
いつ爆発するのだろうかと、ずっと耳を塞いでしまった。

死刑囚の最期は、あんな感じなんだろうか。

いつになったら訪れるのか分からない恐怖の時間を
風太郎と共有してしまった気がする。



そして、静かな爆発。

恐かった。。。


結局、伊豆屋に金を出した風太郎。
萩野の妻も救った風太郎。

事情を知らなければ、まるで救世主のようだ。


でも、そこには、たくさんの罪が隠れている。

それを知っているのは、緑と、父・健蔵だけ。


そして

風太郎は後悔もせずに死んでいった。

最期の独白が風太郎らしい。



前半を全部、風太郎の妄想に使い、
残りの半分で、信じられないほど引き込まれる
今までの出来事の回収と独白。


こんな最終回、見たこと無い!



統括感想は。。。特にしません。


ただ、風太郎を演じた松山ケンイチの怪演と

後半から風太郎との対決を見事な緊張感で見せた
緑役のミムラの素晴らしい演技に

今は拍手。




ただいま試験的にトラバを即時反映させています。いずれ承認制に戻すかもです。ご了承下さい






最終更新日  2009年03月14日 22時34分08秒
[2009年ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.