000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

やればできる?! New! ラビットらむさん

ホテルの夕食は素晴… okadaiマミーさん

【エール】第19週(10… ショコラ425さん

スマホゲーム 新三… 099さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年06月21日
XML
カテゴリ:2009年ドラマ
そなたは田舎者だと思うておったが、ただ者ではないの。
みなが噂しておるぞ。

そなたが上杉の主のようじゃと。



倒れてしまった景勝の名代として、大名家との会見に
顔を出していた兼続だったが、その人柄が皆に認められ
景勝よりも兼続の方が主のようだと言われるようになっていた。


秀吉も兼続を家臣として欲しがり、手を仕掛けてきた。


北条から逃げ出した初音を助ける代わりに家臣になれ、と
弟である幸村に言わせてきたのである。

それでも初音を守るために悩む兼続だったが、


今が上杉の大事な時。


と言う石田に全てを託す事となった。


明日の茶会で、大衆の前で秀吉はおぬしを家臣として
所望して来るだろう。



と石田は言った。


景勝は、兼続の思うようにせよ、と言ったが
兼続には上杉を離れる気は毛頭無かった。



もしも、私が関白殿下にあまりの無礼を働いた時は、
私の首1つでお納め下さいませ。



そういう兼続に景勝は清々しく笑った。



兼続。
これは戦じゃな。

ならば案ずるな。
戦ならば、わしの方がおぬしよりも上じゃ。





  hana1 hana1



ほんと。。。

これって大河ドラマ?asease


ただの時代劇だよね~雫


さっきまで真田の手裏剣がバンバン飛んでたのに、
部屋の外で初音を守る兼続の所には何1つ飛んでこないし~asease



みなは、お前の何を買いかぶっておるのかのう。


と、景勝は言っていたけれども、ほんと、何でそんなに人気者なん?



利休と対峙する景勝の静かな威厳には
ちょっと感動したけど。。。。。



はぁ。。。。。
脱落気味です。。。。。。asease





天地人(上(天の巻))新装版


天地人(中(地の巻))新装版


天地人(下(人の巻))新装版



この一冊で義と愛の戦国武将直江兼続がわかる!




現在、トラバやコメントのお返しがヒジョウ~に遅れております。すいません~。








最終更新日  2009年06月21日 20時56分48秒
[2009年ドラマ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.