6254529 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

痛いけど New! ラビットらむさん

今日のダンナ弁当&久… New! okadaiマミーさん

今日の収穫 (11… BROOKさん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

食を撮影した!! chan♪♪♪さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年10月24日
XML
カテゴリ:2009年ドラマ
 
 人間は、ただ生きていればそれでいいのか!?


大変デリケートな問題に着手したもんです。。。asease
これは軽く流す事ができるドラマと違いますよ。日テレさん。


水10は、フジの「レッドシアター」を見る日と決めて、
日テレのドラマは捨ててきた私ですが、今期は大石静脚本と言う事で。。。
仕方ないので、一応録画視聴する事にしました。

もっとも、録画しちゃうと溜めちゃう傾向のある私。。。
録画すると言うことは、最初から捨ててるようなモンです。

しかし、1・2話を見てみた感じでは、とりあえず見てしまうと
言いたいことがたくさん出てきそうなドラマだ~。。。。。雫

書けるときは、まとめて感想を書くかも。。。知れないし、
面倒くさいから書かないかも。。。知れないasease



  hana2  hana2


聖修大学付属病院の産婦人科に勤務する事になった研修医・玉木は、
柊奈智を指導医として紹介された。

柊は、腕は良いらしいが、玉木に対してひと言も喋らず。
挨拶すらもせず、仕事もさせてくれず、何も教えてくれず・・・

ただ、黙々と自分の患者への処置をしているのだった。


しかも、医局がどんな状態であっても、とにかく運ばれてきた患者を
柊は全て受け入れてしまっていた。
その事で、病院付きの弁護士からもすでに注意を受けている。

柊は産婦人科(ギネ)の問題児なのだった。


双胎間輸血症候群になった、双子を妊娠した妊婦に、
胎児が危険なので帝王切開を勧める柊。
しかし、子供が2人とも元気に育つ確率は10%。
夫は、双子の死産を希望した。

しかし、柊はムキになって患者に命の大切さを説得する。


どうするかは、患者が決める事よ。
医者が先の事をあれこれ言うのは傲慢だわ。


と、産科医長の君島。


でも・・・
それって「人殺し」ですよね。


冷たく言い放つ柊。

妊婦は結局、夫と離婚してでも双子を産む、と帝王切開を受け入れた。


どんな子供でも、私の子ですから。



胎児が口唇口蓋裂と判明した患者。
胎児は女児だが、顔に障害が残ってしまう事が解った。

君島に神経質な問題だと言われたにも関わらず、
柊は普通に患者に胎児の状態を説明。

君島には「中絶するのは人殺し」と言う。


子宮外妊娠で中絶のために入院した女子高生は、柊が
独断で子宮筋腫の患者の緊急手術を受け入れたため、
待たされることに。

しかし、どちらの患者も、たまたまRH-B型の血液。
血液が足らなくなったために、手術は思うようにいかなくなり、
結果、女子高生は子宮を全摘出しなくてはならなくなってしまう。

もう二度と妊娠出来ない身体になってしまった女子高生。

しかし、柊は言う。


でも、2人とも生きています。
だから、最善です。




あまりに頑なな柊の態度に、君島は、
かつて自分が独断で緊急手術を受けたために手が足りなくて、
産まれてから一度も目を覚まさない重度障害になってしまった
子供の病室へ連れて行く。

そして、無茶な受け入れは悲劇を呼ぶのだ、と柊を説得。

しかし、柊は、その患者を見ながら言うのだった。


でも、この子は生きています。

・・・生きています。



  hana2  hana2



さて。。。デリケートな問題です。


健康に育つ確立が10%しかない胎児。
顔に障害が出る事が初めから解っている胎児。
子宮を失った女子高生。
産まれてから1度も目を覚まさない子供。



それでも、生きています。

と柊は言う。


人間は、どんな状態でも生きていればそれでいいのか


もちろん、人道的に言えば、どんな状態だって生きていれば良い、と思います。

どんな子供だって、すでに命があるのだから産むのが当たり前。


さて、貴女だったら、一生起きあがれないと
最初から解っている子供を産みますか?

産みませんか?

産まないなら人殺しです。


。。。と、このドラマの主人公は強く強く主張するのです。


まぁ、子宮全摘出になった女子高生の話は別なので、
とりあえず置いておきましょう。
(でも、血液が足りなくなったのは、明らかに柊のせいで、
これって訴えられても仕方ない話だと思うけどね。
よく「生きているから良いんだ」なんて言ってられるよね~。。。asease
患者はまだ高校生なのに。。。)


医療の進歩によって、胎児の状態と言うのは、産まれる前から
かなり把握出来るようになってきました。

しかし、障害が出る、とは解っても、障害を取り除くと言うことは
今の医学では出来ないのです。

つまり、私たちには、ただ選択の余地が与えられたと言う事になります。


どんな子供でも産むか、産まないか。


出来た命は生かしてあげたい。

しかし、障害を持った子供を育てるのは、本当に大変な事です。
身体的にも金銭的にも、精神的にも。。。

私には障害を持ったお子さんを持つ友達がいます。

彼女は始終言っている。
「この子を残して先に死ねない」と。


しかし、柊の言う事も正論です。

命は何よりも大切です。子供は母のお腹に入った時点から
すでに生を受けている。

だから。。。どんな状態だろうが産むのは当然なのです。
昔だったら、産まれてくるまでどんな子が生まれるかは
解らなかったわけなんだからね。


ただ、それを医者が患者に強要するのは、君島先生の言うとおり、
傲慢だと思うんですよ。

育てるのは産んだ親であって、あんたじゃない、って話なんですよね。



柊が、何故、あそこまで「どんな状態だろうが生きている」事に拘るのか。

ロボットみたいに無表情に「人殺し」「生きている」を繰り返すのか。

それは、これから解明されて行くのでしょう。


たぶん、今のところ視聴者の怒りやツッコミを思い切り食らってる
ドラマなんじゃないかな~。。。と2話まとめて見て思ったわけですが。。。


大石静って、そういう脚本家だと私は思ってるので。。。


最初は「はぁ?と思っても、クライマックスに向けて、
どんどん釘付けになっていく。。。と予想してます。
(そして最終回で、また「はぁ?ムカッとなるのも特徴だasease

「アフリカの夜」ほどの衝撃作をもう一度!



藤原紀香は苦手だったんですが、医者にはムリだろ、と
言う予想に反して、ハマってます。

それなりに貫禄も出てきたし、ちゃんとナチュラルなメイクで
抑えたトーンで芝居しているし。。。

もっとも、セリフが少なくてロボットみたいなのも幸いしてるのかも雫


でもさ、病院中が彼女を問題児だと思ってるのに、
何であんな医者に研修医を付けるんだろうね。

指導出来ない医者は指導医にするなよ。。。と思うけど雫


まぁ、私が指導医だとしても、今の玉木が付いたら
口きかないかもな雫

あの髪。あのヒゲ。

医者って感染に気を配らなくてはならない仕事なのに
あの毛はどうよ。。。あれってOKなんすかね。

医療従事者と食品関係の人は毛には気を配っていただきたい。。。
と私は常々思ってるので。。。雫


もっとも、上地くんはきちんと大河にも出てるし、あの容貌は
別に彼のせいじゃなくて制作側が決めた玉木のキャラなんだろうけど。


きっと、あの容貌にも何か狙いがあるんだろう。。。と信じて。。。



とりあえず、今後が楽しみな1本。



【キャスト】

柊 奈智 … 藤原紀香
玉木 聡 … 上地雄輔
桧垣涼子 … 板谷由夏
嶋えりな … 本仮屋ユイカ

藤木敦士 … 近藤芳正
須佐見 誠二郎 … 國村隼
榎原浩史 … 中村橋之助
君島紀子 … 松下由樹
瀬川一代 … 内田有紀

徳本美和子 … 西田尚美
徳本慎一 … 八嶋智人
徳本優美 … 吉田里琴






※最近、gooブログさんとlivedoorブログさんに
時々トラバが飛ばないのです。
お返しできない方は申しわけありません雫









最終更新日  2009年10月25日 02時53分26秒
[2009年ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.