6065023 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

父の日&バースデー… New! okadaiマミーさん

ほっといて New! ラビットらむさん

オトナの土ドラ『仮… New! レベル999さん

ネタバレ【なつぞら】第… New! ショコラ425さん

劇場鑑賞「ガールズ… BROOKさん

伊賀忍者武術大会 ひろっちゃん☆さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年02月21日
XML
カテゴリ:2010年ドラマ
どこまで息子の邪魔をしたら気が済むがぜよ!

江戸で勉学修行を初めて1年。
弥太郎の元に父が大ケガをしたと言う手紙が来た。

走れるだけ走って土佐へ帰る弥太郎。


弥次郎は一時期は瀕死の重体だったらしい。
そこには龍馬もいて甲斐甲斐しく世話をしていた。

弥次郎の怪我の原因は、庄屋の島田から殴る蹴るの
暴行を受けた事だった。

島田は田んぼの水路を全部自分の所に引き、
そのせいで村は困り果てた。

弥次郎はその事で島田に直談判に行き、事態は起きたのだった。

龍馬はその場に居合わせ弥次郎を助けた。


弥太郎は島田にお咎め無しと言う裁きを下した奉行所に駆け込んだが、
追い出されるだけ。
しかも、すでに龍馬も同じ事をしていたようだった。


龍馬は武市に相談するが

日本が外国に乗っ取られそうなこの大事な時に
そんな細んまい事で悩んでいる場合か。


と言われてしまう。

武市は江戸へ行く許可が下り、修二郎と以蔵を引き連れて
出立する予定だという。


けんど剣術修行は表向きの理由ぞ。
江戸へ入ったら、わしは各藩の攘夷派と会う。


武市は江戸へ上ったら本格的に攘夷のための
活動を始めると言う考えで凝り固まっているようだった。


島田さまは常日頃からお奉行様に付け届けをしちゅう。
岩崎さまを悪者にして何もなかったことにしようっちゅうことですわ。



饅頭屋からそう聞いた龍馬は、親戚の不正を殿様の前で
叱責したと言う吉田東洋に訴える事を考えつく。

しかし、三日三晩屋敷の前で座り込み、やっと会って貰えた吉田東洋は
龍馬と弥太郎の話に耳を傾けてはくれなかった。


わしは天才だから、何を言っても許される。

と東洋は言う。


岩崎弥太郎。
おんしは何を持っちゅう。

坂本龍馬。
おんしに何が出来る。

何の力もないもんは黙っているしか仕方ないがじゃ。
それが世の中ぜよ。



東洋の屋敷を出た弥太郎は自暴自棄になっていた。


あきらめるんか?

おまん東洋に言われた事を忘れたがか!?
わしら下士には何もできんぜよ!



そもそも、どうして自分たちに関わるのか、と聞く弥太郎に龍馬は言う。


おまんが帰ってきたからじゃ。

あれだけの強い思いで江戸へ行ったのに、
岩崎弥太郎はお父上のために帰ってきた。

あの時のおまんの泥にまみれた姿を見た時、
わしは震えが来たんじゃ。



不器用な男と龍馬に評された弥太郎は、
奉行所の門に落書きをして牢にぶち込まれた。


官以賄賂成 獄因愛憎決

「官は賄賂を持って成し、獄は愛憎持って決す」


今の自分に出来る、ささやかな復讐である。


龍馬は、再び土佐を出て江戸へ向かう。




   hana1 hana1



吉田東洋ってあんな人!?asease

もっと公平な人だと思っていた。


わしは何をしても良いんじゃ。天才だからの。


あんな事を言う人は、とても大人物とは思えない。。。


しかし、東洋の言葉は龍馬と弥太郎を奮起させる。


今のお前達に何が出来る。
もっと大きくなれ!


と言っているようにも聞こえる。


父のために自分を捨てて江戸から帰ってきた弥太郎。

父を見る瞳が子供のようだった弥太郎は、
ちょっとだけ可愛かった。


相変わらずどうしようもない父・弥次郎だが、
村のために庄屋に怒鳴りこむ正義感はあるよう。

不器用な似たもの親子。


弥次郎と弥太郎はよく似ている。

そして、弥太郎を諭す龍馬も、父・八平によく似ている。


親子の繋がりを感じる話だった。




  龍馬伝(1)


  龍馬伝


  NHK大河 龍馬伝 前編


  坂本龍馬その偽りと真実




最近livedoorブログさんに度々トラバが飛びません。

ご了承くださいませ~








最終更新日  2010年02月21日 22時22分00秒
[2010年ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.