6076283 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

今夜の晩ごはん&今… New! okadaiマミーさん

池上彰 New! ラビットらむさん

今日の収穫 (6月… BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

隠岐の島ウルトラマ… ひろっちゃん☆さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年03月14日
XML
カテゴリ:2010年ドラマ
安政七年。

弥太郎は藩の金を芸者に使い込み、お役ご免となって
長崎から土佐に戻ってきた。

この年、江戸では桜田門外の変が起こり、水戸の浪士たちの手によって
大老・井伊直弼が暗殺され、土佐では、山内容堂の蟄居が解ける。


幕府が帝を蔑ろにして、異国を受け入れた報いじゃ!
水戸の浪士たちと同じ刀で、わしらも世の中を
ひっくり返すことが出来るぜよ!


武市の言葉で、道場は沸き立った。

もう上士に従う必要のない時代がやって来る。

皆、上士、下士の身分が崩壊する日が身近に来た事を感じていた。


その様子を見ていた龍馬は武市に意見する。


武市さんが今やろうとしている事は、吉田さまを辞めさせる
っちゅう事ですか?

誰か上士に喧嘩を売る者が出たら、どうするがですか?



そんな中、事件が起きた。

武市の門弟・池田虎之進が、弟を上士に殺された事を怒り、
上士を斬り殺したのだ。


武市の門弟たちは、道場に池田を匿って立て籠もり、
上士は下士と戦うつもりで集まり、両者は一触即発の状態になる。


武市は道場に集まった門弟たちを止めるが、いきり立った以蔵たちに

上士に怯む事はないと言ったのは先生です!
わしらが水戸浪士と同じ刀を持ちようがは、この日のためじゃ!



と言われてしまい、一言も返せない。


龍馬は、道場に乗り込んでいき、自分が丸腰で
上士と話しをつける、と出ていった。


上士側では、吉田東洋がいきり立つ上士たちを諫めていた。

頭を冷やせ。下士どもは捨て身じゃ。
いきなり乗り込んでいったら、斬り合いになるだけじゃ。



そこへ乗り込んでいった龍馬と東洋は対面する。


このままでは、土佐が真っ二つに別れて殺し合いになるがです。
御公儀に知れたら藩はお取り潰しになります。
それでも、良いと言われるがですか?



東洋は、後藤象二郎を武市と会わせ、事態は上士下士ともお咎め無し。
ただし、池田虎之進は切腹させる事で決着した。


龍馬は姪に語る。


世の中には思うようにいかん事が山のようにあるがじゃ。

わしは、腹を切れ言われても嬉しゅうないがじゃ。
死んだら、終わりぞ。



武市は龍馬を訪ね、自分たちの仲間に入れ、と説得する。


土佐中の下士を一つにまとめて、一代勢力を作るがぜよ。


武市さんは、異国から日本を追い出すと言いながら、
やっている事は吉田さまとの喧嘩じゃ。



喧嘩をせんと、世の中を変える事は無理だがじゃ。



一方、丸腰で上士の中に乗り込んだ龍馬は吉田東洋にも見込まれた。

自分の下で使ってやるから登城しろ、と言う。

それは、つまり上士として取り立てられると言う事だった。


龍馬は、すぐに返答できず、返事を保留にする。



ここは土佐じゃ。わしが産まれ育った所じゃ。

けんど、わしの居場所が無くなって行くような気がするがぜよ。





   hana1 hana1


熱っぽい時代である。

日本が変わろうとしている中で、その一員になろう、自らが国を変えよう、と
多くの若者が夢見た時代。

その夢は果たして正しい道だったのか。
沸騰する中にいる者には周りが見えなかったに違いない。


土佐勤王党

の文字に高揚する若者たち。

「新選組!」を思い出す。

彼らは、これから自分たちが行く道は、国に命を捧げる道だと
信じて歩み出す。


土佐は龍馬の故郷だというのに、龍馬には居場所がない。

武市の周りに集まる者たちが、正しい事をやっているとは
思えない龍馬。

しかし、彼らを見捨てる事はできない龍馬。


切羽詰まった展開に、息詰まりそうな回だった。


「紀行」で語られた、吉田東洋の道場「文武館」。

跡地は県立武道館となり、今も多くの子ども達が剣道を学んでいると言う。


その様子を見ていて、何だか悲しくなってしまう。

かつて、この地で剣を学んだ若者の多くが命を断たれていっただろう。


今の日本に向上心はない。
しかし、平和はある。



  龍馬伝(1)


  龍馬伝


  NHK大河 龍馬伝 前編


  坂本龍馬その偽りと真実




最近livedoorブログさんに度々トラバが飛びません。

ご了承くださいませ~








最終更新日  2010年03月14日 22時03分24秒
[2010年ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.