6343116 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

ドラマBiz『病院… New! レベル999さん

病院からの電話 New! ラビットらむさん

【麒麟がくる】第2回… New! ショコラ425さん

劇場鑑賞「キャッツ」 BROOKさん

隠岐の島ウルトラマ… ひろっちゃん☆さん

合理的な配慮に音声… 苔むさずさん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年03月21日
XML
カテゴリ:2010年ドラマ
龍馬は土佐勤王党の誓約書に血判を押した。

龍馬が仲間になった事を、以蔵や収二郎は素直に喜ぶ。

しかし、武市は言う。


おまんが勤王党へ入ったがは、わしを止めるためじゃろ。
それでもいい。
おまんは、わしにとって心を許せる唯一の人間じゃ。

わしの側にいてくれるだけで良い。



龍馬は長州へ行き、吉田松陰の一番弟子だったと言う
久坂玄瑞と言う男に会う。

攘夷とは一体何なのか、久坂に問う龍馬。

久坂は、アメリカが日本に提示している日本に不利な
条件について説明する。


幕府は無知に付け込まれたんです。
日本中の物の値段は腫れ上がり、どんどん貧しくなっている。



だから、異国を追い払わなければならない。

と聞いて、一応納得する龍馬。


日本をこんな有り様にした幕府など、もはや無用の物です。
藩など、なおさらだ。

藩を飛び出すんです。
脱藩です!

坂本さんは、松蔭先生から何を教えられたんですか?
志があるなら、実行あるのみ!
そう教えられたんじゃないんですか?

坂本さん、飛び出しましょう!
戦いましょう!



脱藩・・・

その言葉は龍馬の心に染みついた。



その頃、土佐勤王党士からせっつかれた武市は、
ついに吉田東洋の屋敷に足を運んでいた。

何度も意見書を出したのに、何故返答をくれないのかと。


東洋は、そんな武市を党士たちの前で足蹴にする。


わしは、おんしが大嫌いじゃ!

狭い了見でしか物事を考えられんきに、
自分は絶対正しいと思いこみおって・・・



東洋が去った後も、地面に伏して泣き続ける武市。



長州から戻った龍馬は、弥太郎の家に婚儀の祝いに寄っていた。


攘夷を今だに受け入れられず、土佐勤王党に馴染めない話を
弥太郎にする龍馬と、龍馬が蹴った小姓頭の地位を欲しがる弥太郎。

酔った2人の会話はまるで咬み合わない。


弥太郎。
土佐を出たいと思った事はないがか?
上士下士に縛られず自由に生きてみたいと思った事はないがか?



弥太郎は、自分は自分の出世の事にしか興味はない、と言い、
武市が東洋の元へ行き、足蹴にされた話をする。


龍馬は武市の元に駆け付けた。


武市はやけに冷静に座っていた。


こんなええ考えを、どうして今まで思いつかなかったんか・・・


呟くように言う武市。


龍馬、東洋を斬ってくれや。



   hana1 hana1


本当は武市のような人は人の上に立ってはいけなかったのかも知れない。

志は高く、頭も切れるけれども、実は小心でプライドだけは高い武市。

二番手として誰かの助言役になり、団体を支える立場に居た方が
武市は自由に動けたかも知れない。

下からは早くなにかやれとせっつかれ、上からは足蹴にされる。


自分の悪の分身を見てしまうほど、武市は壊れてしまった。

東洋を斬れ、斬れ、斬ってくれ!

叫び続ける武市を見るのが辛い。。。本当に辛い。

自分を足蹴にした東洋への憎しみは、もはや消しようがない。


東洋を崇拝するが故に、目を掛けられる龍馬を許せない後藤象二郎。

嫁を貰い、浮かれまくる弥太郎に命じるのは
理不尽な龍馬暗殺命令。

みんなが何かに取り憑かれたよう。


土佐には希望がない。


久坂玄瑞に語られた「脱藩」の二文字が龍馬の頭を支配する。




  龍馬伝(1)


  龍馬伝


  NHK大河 龍馬伝 前編


  坂本龍馬その偽りと真実




最近livedoorブログさんに度々トラバが飛びません。

ご了承くださいませ~








最終更新日  2010年03月21日 22時06分15秒
[2010年ドラマ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.