6182852 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

劇場鑑賞「HELLO WOR… New! BROOKさん

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

親子だから New! ラビットらむさん

今夜の晩ごはんは神… okadaiマミーさん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

丹後ウルトラマラソン ひろっちゃん☆さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年03月28日
XML
カテゴリ:2010年ドラマ
解った!武市さん!

わしが直接あん人に会って、腹の中を確かめて来るき。

けんど、もし、吉田さまがおかしな事を言うたら
その場で斬ります。



東洋がいる限り、自分に将来はない、と切実に迫る武市と
嘆く武市の妻を見て、龍馬はそう言うしか無かった。


一方、後藤象二郎から龍馬を殺せと毒薬を受けとった
弥太郎は途方に暮れていた。

茶店で偶然、龍馬と会った弥太郎は、龍馬の茶に
毒を混ぜるも、結局、飲ませることはできず・・・

龍馬に全てを話してしまう。

後藤象二郎の命令は、すなわち吉田東洋の命令だ、と弥太郎は言う。


上士に命じられて、虫けらが虫けらに毒を盛る。
こんなに滑稽でこんなに惨めな事があるがか。




龍馬は、その足で東洋の屋敷へ乗り込んだ。


武市は下士を束ね、今やご上士を脅かすほどになっちょります。
こんままでは土佐は真っ二つになりますの。



武市を足蹴にした事をさり気なく責め、武市を登用してやってほしい、
と東洋に頼む龍馬。


武市を足蹴にしたがは、ヤツが無能じゃき。
わしは誰よりも土佐の事を考えちょる。

武市など捨てて、わしの元に来い。



そういう東洋に、龍馬は、東洋は弥太郎に命じて
毒など盛る人ではないと思っていた
、と後藤を見る。


わしはもう、土佐だけの事を考える言うがは出来んがです。


龍馬は再び、東洋の命を断った。


沢村惣之丞から、吉村虎太郎が脱藩した話を聞き、

今やらなければ、と誘われた龍馬は激しく悩む。


坂本家では、朝餉の時に吉村の脱藩が話題になり、
もしそんな事になったら家はお取り潰し、
どんな目に遭うか解らない、と聞きながら、
龍馬は家族の話に上の空になっていった。


龍馬の様子がおかしい事を察知した兄は、龍馬の部屋を探り、
脱藩の道筋が記された地図を見つける。

動揺する家族に乙女は言うのだった。


私の知ってる龍馬は何かとてつもない物を持っている男じゃき。

やりたい事があるのに、一生道場主として
土佐に閉じこめておくのは惨いがです。

やっと見つけたがぜよ。あの子は。
自分の進むべき道を。



武市を訪ねた龍馬は、やけに冷静な武市を見る。

東洋が生きていて、ほっとした、と武市は言った。


おまんが言うとおり、考えが違うちゅうて殺すのは間違えちゅう。


武市のその様子を見て、龍馬は武市が何か手を打った事を知った。


吉田さまを殺してしもうたら、わしが知っちゅう武市さんは、
もうおらんようになってしまう。

子供の頃から一緒に遊んだわしの頼みじゃ。
お願いです。武市さん。



武市は縁側に出て、昔話を始めた。

子供の頃、すずめがいっぱい取れる方法を考えた。
しかし、その通りにしたら、すずめは餌だけ取って
全部逃げてしまった。

武市と龍馬は、逃げていくすずめを2人で見送っただけだった。


あの頃、わしらは阿呆じゃったのう。


武市は笑った。


人いうもんは、年を取るとそれなりに賢うなって、
同じように物を見る事が出来んようになる。

一緒にすずめを見送ったあん時とは、もう違うぜよ。



その夜、龍馬は脱藩の決意を固めて家へ戻った。

すると、乙女が龍馬の袴を縫っていた。

長旅に耐えられるように、と。

義母と兄嫁は龍馬のために握り飯を用意してくれていた。

兄は龍馬に家宝の名刀を用意していた。


良い刀を貰うたからと言って、むやみに抜いたらいかんぜよ。

何処へ行っても、私らは、おまんの事を思うとるき。





   hana1 hana1


本当に引き返せなくなってしまった。。。

龍馬も武市も。


子供の頃の話を笑いながらする武市の姿が痛いです。
涙が止まらなかった。


藩を抜けると言うことが、どの位に重い事なのか、
現代人の私たちには想像も付きません。

脱藩したら、どんなお咎めがあるか解らない中、
龍馬を送り出す坂本家の人たち。

最後まで温かい家族でした。


吉田東洋がついに暗殺されて、第一部が終わり。

ここから龍馬は、より困難な、けれども広い世界へと出ていく。

武市には、より狭い、暗い世界が待っている。

暗殺の嫌疑は、あの後藤象二郎によって掛けられるわけなんだ。。。

上手く伏線を撒いていたんだなぁ。。。



ドラマとは関係のない、史実の話。

このドラマでは実姉は乙女しか出ていませんが、
龍馬には3人の姉がおり、次姉に当たる人が
この脱藩騒ぎで自刃しているようです。

実際には、脱藩に気付いた兄は、龍馬が出て行けないように
剣を全て隠してしまったようで、次姉が龍馬のために
家宝の名刀を渡してやった。
この事で家に迷惑を掛けたと思った次姉は自刃したらしい。


このエピソードはドラマに入れても良いような気もしますが、
みんなで温かく送り出してやった方が、このドラマらしいかな。。。


坂本家が、金に物を言わせてお咎めから逃れたのは事実のようです。

何だかんだ言っても、藩の威信なんて、この頃には
その程度まで落ちていたって事なんでしょうね。




  龍馬伝(1)


  龍馬伝


  NHK大河 龍馬伝 前編


  坂本龍馬その偽りと真実




最近livedoorブログさんに度々トラバが飛びません。

ご了承くださいませ~








最終更新日  2010年03月28日 21時36分34秒
[2010年ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.