6562792 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

刑事7人(6)第2話 New! レベル999さん

2度目のアベノマスク ラビットらむさん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

【半沢直樹(2020年版… ショコラ425さん

晩ごはんと今年の花火 okadaiマミーさん

コロナ感染症の対策… miki285さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年06月09日
XML
カテゴリ:2010年ドラマ
捕まったら終わりです。
あの2人の旅は。



奈緒は継美を連れて伊豆へ行く。
戸籍を手に入れるためだった。

ただの旅行だと思ってはしゃぐ継美。


伊豆の海で奈緒と継美と葉菜は3人で砂の家を作った。


継美の部屋。お母さんの部屋。
そして、うっかりさんのお部屋。


波が来たら流されちゃうかなぁ。


3人で暮らすために。
儚く流されない家族になるために。

戸籍を手に入れる事を決心した奈緒。


室蘭では道木仁美が、警察と玲南が消えた日の駅の防犯カメラを見ていた。

映像は、奈緒の姿を捕らえ、そして怜奈もそこに居た。



警察は、奈緒の実家である鈴原家を訪問。

ずっと疎遠であり、連絡も取っていないと刑事に話す藤子。


果歩が駿輔に事情を話し、駿輔は鈴原家から奈緒の携帯に電話を入れる。


自首する気はある?

ありません。


あの子の目の前で逮捕されるかも知れない。



家族を心配する奈緒のために、駿輔は藤子と電話を代わる。


お母さんは、貴女を誇りに思っている。
まず最初に言って上げなければいけなかった。

誰が何と言おうと娘として誇りに思っている



藤子は、今後何があっても養子縁組解消の届けは出さないと決めていた。

奈緒を応援している果歩は元より、子供を1人で育てる決心をした芽衣も
それに同意していた。


誘拐事件は加害者の親の告訴がなければ事件にはされない。

駿輔は室蘭に仁美を訪ねた。


告訴を取り下げてくれないか?と言う駿輔を仁美は鼻で笑う。

どうして?
もう子供は要らないと言っていたじゃない。



嫌いだからですよ。あの女が。


仁美は、すでに告訴状を提出していたのだった。



警察は、伊豆にまで捜査の手を伸ばし、翌朝、奈緒は
旅館の前で捕まった。


お別れさせて欲しいと言う葉菜の願いは聞き入れられ、

しっかりと継美の手を握る奈緒。



覚えておいて。お母さんの手だよ。

お母さんの手。 
ずっと握ってるからね。

つぐみの手。

ずっと握っているからね。




   hana2  hana2


奈緒が初めて葉菜を「お母さん」と呼んだ。


手。

奈緒が覚えていた母の手。

それを、今、奈緒は継美に伝えようとしている。


電話を通して、鈴原の母の手も確信した奈緒。


この事件は、奈緒にとって幸せを確認する旅なのかも知れない。
とも思わされた。

2人の母が、奈緒を確かに愛していると確信する旅。


現実的な話に入ると。。。


来週、継美(怜奈)は施設に入っている模様。。。

と言うことは、仁美の虐待は立証されたと言う事なんだろうか。

予告がどれほどの時を経ているのかは解らないけれども。。。


この事件、仁美の虐待が立証されて、仁美が告訴を取り下げれば、
奈緒は580万も掛からず怜奈を養女に迎えて、一件落着。。。
と言うのは甘いのかなぁ。。。

学校の先生も近所のおばさんも虐待を証言してくれそうな気がするし~。。。

まぁ、だから攫って良いと言う事にはならないけれども。
ゴミ袋に入れて真冬の夜中に外に捨てた事が立証できないと、
ちょっと辛いのかな。。。
たぶん、子供自身の証言は、あまり参考にしてくれなそうな気がする。


裁判は、もちろんあるのだろうけど、
そこまでやるかしら。

もちろん、本当は、やらなければならないと思うけど。


ここからが、このドラマの正念場と言う気がする。


世間に大絶賛されている芦田愛菜ちゃんだけれども、
年齢を考えたら本当に凄いよね。。。

映画「告白」にも出演していました。

映画の方が等身大の年齢に沿った役割で、私的には好きかも。
スクリーン映えも、なかなかでしたハート(手書き)



キャスト
鈴原奈緒 - 松雪泰子

藤吉駿輔 - 山本耕史
鈴原芽衣 - 酒井若菜
鈴原果歩 - 倉科カナ

加山圭吾 - 音尾琢真
道木仁美 - 尾野真千子
浦上真人 - 綾野剛
木俣耕平 - 川村陽介
道木怜南(鈴原継美)- 芦田愛菜

袖川珠美 - 市川実和子
藤吉健輔 - 田中実

鈴原籐子 - 高畑淳子
望月葉菜 - 田中裕子









最終更新日  2010年06月10日 00時19分34秒
[2010年ドラマ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.