6589443 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

見えない悩み New! ラビットらむさん

竹内結子さん死去!… ショコラ425さん

昨日の晩ごはん&シル… okadaiマミーさん

【4個までメール便可… か ず さ かさん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年06月13日
XML
カテゴリ:2010年ドラマ
池田屋事件の夜、京の町で近藤に近付こうとする龍馬を
止めたのは桂小五郎だった。


幕府は薩摩と結託して自分の良いようにしようと考えちょる。

だが、長州は決して屈せん。



攘夷派の残党を新撰組が刈っていると言う噂を聞き、
龍馬は一時、お龍の家に身を隠す事になった。

お龍の家族にあっと言う間に馴染む龍馬だったが、お龍は
なかなか笑顔を見せてはくれない。


お龍は攘夷派でも何でも侍は嫌いだと言う。

お龍の父は医者だったが、攘夷派の侍を助けた咎で
安政の大獄で亡くなった。


家族を放り出して好き勝手やっている人は大嫌い。


そう言いつつ、龍馬を気にしている風なお龍だった。


亀弥太の亡骸を残していくのは心が咎める、と言う龍馬に


志を貫かれたのでしょう。あの人は。

坂本さんは誉めてあげなくてはならないのでは。
よう頑張った。侍らしく死んだ、と。


と、お龍は言う。

その言葉を受けて、龍馬は大阪に戻っていくのだった。


おまんの死は決して無駄にはせん。



   hana1 hana1


大きな政変の影に、それぞれの家族の愛。


中休みのような回だった。


娘が生まれた弥太郎は、今こそ家族と仕事が大切。

後藤から郷周りに戻り、武市に証言させるように
言い渡されるが、武市には武市の意地と信念がある。

一人家に残され夫を思う冨。

その冨を牢獄の中で思う武市。


おまんに辛い思いをさせてすまん。
まっこと、すまん。



それぞれの居場所に飛ぶホタル。

居る所は違っても、心は繋がっている。



それにしても、龍馬がお龍に語る言葉は説得力もなく
ただ口説いているだけに見えてしまう~。。。asease
なんかノンキだよね~。。。




  龍馬伝(1)


  龍馬伝


  NHK大河 龍馬伝 前編


  坂本龍馬その偽りと真実







最終更新日  2010年06月13日 21時17分49秒
[2010年ドラマ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.