6210210 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

シャーロック アン… New! レベル999さん

二人で New! ラビットらむさん

今日の収穫 (10月1… New! BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

ランチと晩ごはん&ラ… okadaiマミーさん

第58回愛媛マラソン ひろっちゃん☆さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年10月03日
XML
カテゴリ:2010年ドラマ
後藤象二郎は、容堂から「薩長と密かに通じるように」命を受け、
長崎で商人達に会う。

しかし、小曽根乾堂やお慶から


坂本さまに頼めばいいじゃありませんか。
薩長両方にお顔が利くのは坂本さまでしょう。


と言われ、話は進まない。

龍馬はその頃、長崎奉行から追われ、小曽根の屋敷に匿われていた。

後藤は弥太郎に、龍馬を捜すように命令した。


殺すがですか?


もう野放しにはできんじゃろう。

わしは大殿さまから任されちょる。
ヤツが使えるやつか、ただ目障りな人間なのか見極めたいだけじゃ。



弥太郎は龍馬を捜すも、皆が口を閉ざして龍馬を匿うのだった。


龍馬は大嫌いじゃが、あいつが目の前で殺されるがは見たくないき!

お元に愚痴っている時、そこに龍馬本人が突然現れた。


後藤さまに会うてもええぞ。
日にちと場所を決めや。



亀山社中の面々は、こぞって反対した。


あいつは武市さんや以蔵さんを殺した仇じゃき。


わしはの、後藤象二郎言う男と顔と顔をつきあわせて
話をしてみたいがじゃき。

土佐を使って大政奉還を成功させるがじゃ。


後藤が昔の事を根に持つような男か、それとも
日本の将来を考える事ができる男か、
わしがこの目で見定めて来るき。



龍馬は清風亭で後藤と会談する事になった。

ふすまの向こうには土佐藩の武士が刀を持って控え、
その後ろには社中の面々が密かに控えると言う緊張した会談。


龍馬が土佐藩のために働いてくれれば、お尋ね者の身を
許してやってもいい、と言う後藤。


土佐と薩長の間の橋渡しをしいや。

龍馬はきっぱりと言い放った。


お断りいたします。


土佐藩に尽くした武市や以蔵を殺した土佐に尽くすつもりはない。と龍馬は言う。

幕府は、もう終わりだ。
大政奉還を迫るなら今だ。

土佐藩は薩長と手を組むべきだ。

と言う龍馬に後藤は呆れた。


幕府が政権を手放すわけがない。

それに容堂公は慶喜と仲が良く、土佐は幕府に忠実だ。
幕府を倒す手助けなどするわけがない。


薩長に近付きたいがですろ。
だったら、がっちりと手を組まんといかんぜよ。

よう考えてつかあさい。
今、わしが言うた事は、土佐が新しい日本を作る要になる言う事ぜよ。

それこそが大殿さまがお望みになってる事じゃありませんろうか。

これほど言っても解らんとしたら、土佐藩も後藤さまも、
とんでもない大馬鹿者じゃ。



まっこと、恐れを知らん男じゃの、おんしは。


誰かに恐れ入っちゅう暇はないですき。




解った。おんしの話に乗ろう。

条件がある。亀山社中は土佐藩に入れや。



その後藤の命に龍馬は、またも驚く事を言う。


土佐藩と対等の立場で良いと仰せになるのなら、手を結びましょう。


部屋に雪崩れ込んだ土佐藩士は怒りの声を上げる。

それを制す後藤。


固唾を呑んで見守っていた弥太郎は、その後、信じられない瞬間を見た。


ええよ。
土佐は薩長を利用する。

坂本、必ず土佐が日本の要になると約束しいや。



龍馬が差し出す手を後藤は握った。

上士と下士が対等になった瞬間だった。



   hana1 hana1


居所を教えてくれや。わしは龍馬の親友じゃき~。

出た。弥太郎節。。。wara
前回はこれが欠けていたんだよね。


緊張感があって面白い話だった。
(小曽根乾堂とお慶は龍馬を匿っていながら、なぜわざわざ後藤の前で
龍馬に頼めばいいじゃんとか言うんだ、とか、
清風亭では、あれだけの人数の亀山社中でよく。。。とか、
細かいツッコミは置いといて~asease


青木崇高さんは元々好きな役者さんだけど、ほんと、凄く良い。
清風亭の対決はゾクゾクする物があった。

福山@龍馬も今までで一番迫力あったかも。

ああ、龍馬って本当にすごい人だ~。。。と思える回だった。


はぁ。。。でも、後藤象二郎がまだまだ何か企みがあるように思えてしまう。

ま。。。暗殺者候補の1人だから仕方ないかwara


さて。。。
来週はついに、ついにです。。。

好きな登場人物が次々と消えていってしまうから大河って悲しい。



。。。龍馬が土佐勤王党の過去を語るとき、いつも「武市さんと以蔵が」
と言うのに若干の違和感を感じている私です。。。
平井収二郎はどうでも良いのか、とasease
元恋人の兄さんでしょasease忘れないであげて~。。。



  にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
 



  龍馬伝(1)


  龍馬伝


  NHK大河 龍馬伝 前編


  坂本龍馬その偽りと真実







最終更新日  2010年10月13日 22時30分56秒
[2010年ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.