6179234 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

ケアマネージャー New! ラビットらむさん

刑事7人(5) 第… New! レベル999さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

丹後ウルトラマラソン ひろっちゃん☆さん

今夜の晩ごはん&敬老… okadaiマミーさん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年11月21日
XML
カテゴリ:2010年ドラマ
明日、慶喜公が大政奉還を拒まれたら
わしは慶喜公を斬るつもりがです。



龍馬からの手紙にはそう覚悟が書いてあった。

後藤に諸藩の集まりの時に慶喜の説得を頼むと。

山内容堂の建白書を受けて、慶喜の気持ちは揺れていた。

諸藩を集めるも慶喜に決断は出来ず。


龍馬は永井玄蕃頭に会いに行き、徳川家を存続させるためにも
大政奉還は必要だと説く。


久しぶりに勝が龍馬の元を訪れた日、慶喜は大政奉還を決意した。


「ええじゃないか」で盛り上がる京の町の中で龍馬は思う。

勝先生。
大政奉還は長い間、わしの夢でした。

だが、これだけじゃ人々の暮らしは変わらん。



坂本、お前さん、これから何するんだ。


と、勝。

260年続いた徳川幕府の終わりの先に、龍馬はまだ
やらなくてはならない事を見出していた。


   hana1 hana1


大政奉還に揺れる人々の心。

常に龍馬にライバル心むき出しだったのに、結局は龍馬を信じてしまう弥太郎。

龍馬に思い切り働かせたいと支え続ける海援隊のメンバー。

大政奉還の後、思いっきり黒く染まる薩長。

信じていたものの終わりに戸惑う新撰組。


みんなの気持ちがよく見えた、最終回一個前。


新しい日本の夜明けぜよ!

両手を天に差し出す龍馬の喜び。


先が分かっているだけに、切ない回だった。

来週は。。。

この1年間の集大成、になるはず。
先入観なく、楽しみたいと思います。


※来週BSは、最終回にぶっ続けて「坂の上の雲」1回目って。。。まじすか。。。
嬉しいけど何かそういうのって感動が減るよね、どっちもasease
っつ~か、ぶっ続けレビューは無理があるよね。。。



 にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



  龍馬伝


  NHK大河 龍馬伝 前編


  坂本龍馬その偽りと真実







最終更新日  2010年11月21日 22時02分52秒
[2010年ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.