6532386 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

東京都知事選、小池… New! ショコラ425さん

悩みは一緒 New! ラビットらむさん

今夜の晩ごはん&テン… okadaiマミーさん

劇場鑑賞「アンチグ… BROOKさん

お墓参り ひろっちゃん☆さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2011年01月11日
XML
カテゴリ:2011年ドラマ
でも暗いから見えるものってあるじゃないですか。

蛍とか。

私にとっては蛍って、特別な物なの。
ある時からね。



停電で真っ暗な家の中、絵里子が用意した緩い明かりの中で
沙希は語った。

1人でミャンマーに旅行した時、蛍の大群を見た、と。
蛍の光は規則的に漂い、その命の凄さに感動したと。

静かに語る沙希の横顔は美しかった。

絵里子の頬をいつの間にか涙がつたっていた。


何か・・・感動しちゃって。


沙希は優しく微笑んだ。


きっと幸せなのね。


火曜はたぶん簡単感想ですが。。。


これは、面白いっっっ!!


1年前、絵里子と慎二の1人息子・駿が、遊んでいる途中で急に姿を消した。
探し回る2人の元に、警察から公園の池から男児の遺体が上がったと連絡が来た。

しかし、亡くなった男の子は駿ではなかった。

駿は高い木に1人で登って下りられなくなり、泣いている所を助けられたのだった。
ホッとする夫婦は「良かった」と口にした。


1年後。

空き家になった隣の家に夫が単身赴任中の女が引っ越してきた。


彼女は、優しく、美しい人だった。




今回は、まだ、沙希の目的は見えません。

駿を木に登らせてみたり、絵里子がくれたお菓子を
密かにゴミ箱に捨ててみたり。。。

そして、大阪で単身赴任中の慎二に近づいてみたり。


夫に近づくって事は、沙希の目的はやっぱり絵里子なのかな。


たぶん。。。。。

1年前、池で亡くなった男の子は沙希の子なんでしょうね。

その時、駿は木に登っていた。

沙希の子供が死んだことと、駿には何か関係があって、
そのことで沙希は復讐。。。しに来たのかな。

駿を木から下ろしてくれたと言う理生が沙希の子供を殺した、とか、
そういう展開もありそうな。。。気がするasease


沙希が無理やり駿を木に登らせるシーンは緊張感がありました。


仲間由紀恵さんと檀れいさんが、まさしく、お2人とも美しい隣人同士で~。。。きらきら

ま、あんな人好きしそうで上品で優しそうな人だったら信用しちゃうかもね。

ちょっと一瞬見逃した所で、絵里子がHPか何かに駿の写真をUPしてた気がした。

だから私は常々言ってるのさ~。
ネットに家族の写真を出したりしてはいかんよ、とasease


今のところ、不満なのはカメラだけかな。

停電。。。「わぁ、真っ暗」と絵里子に言わせているんだから、
明かりが消えた町を引きで見せて欲しいよな。。。

停電の家の中も、もう少し雰囲気出ないかな。
2人のアップばっかりなんだよね。。。

ま、アップだけで絵になる2人だから良いのかも知れないけど雫


とりあえず。。。


今期始まったドラマで初めて「いい!と言う事が出来て良かったwara




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



※キャスト

マイヤー沙希…仲間由紀恵
矢野絵里子…檀れい

相田真由美…三浦理恵子
相田和史…森山栄治
関 加奈…鈴木砂羽
関 彰宏…小林正寛

松井理生…南圭介
真下亜美…藤井美菜
広瀬浩太…青山ハル
矢野駿…青山和也

中牟田 肇…武野功雄
矢野敏郎…左右田一平
筧 雅彦…高知東生
矢野美津子…草笛光子

矢野慎二…渡部篤郎




※「Twitter」ID「kukucoo」です。
やっている方は、よろしくお願いします~heart02








最終更新日  2011年01月12日 01時41分33秒
[2011年ドラマ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.