6065207 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

見取り八段・実0段

PR

日記/記事の投稿

サイド自由欄

楽天のトラックバック廃止に伴い
当ブログでは現在インデックス
のみを更新しています。

また、こちらではトラックバックも
コメントも受け付けておりません。

ドラマの感想は
「ドラマ@見取り八段・実0段」
https://dramablog.cinemarev.net


映画の感想は
「映画@見取り八段」
https://www.cinemarev.net/


の方にぜひお越しくださいませ。

「五行小説」https://story.cinemarev.net

「ブログのblog」https://muryoblog.cinemarev.net

もよろしくお願いします。

お待ちしております。

カテゴリ

プロフィール


くう☆☆

バックナンバー

お気に入りブログ

父の日&バースデー… New! okadaiマミーさん

ほっといて New! ラビットらむさん

オトナの土ドラ『仮… New! レベル999さん

ネタバレ【なつぞら】第… New! ショコラ425さん

劇場鑑賞「ガールズ… BROOKさん

伊賀忍者武術大会 ひろっちゃん☆さん

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2011年01月30日
XML
カテゴリ:2011年ドラマ
天正9年、春。
江(上野樹里)たちは信長(豊川悦司)が開く「馬揃え」に招待され、訪れた京で
明智光秀(市村正親)や娘・たま(ミムラ)と出会う。
圧倒的な華やかさで群集を魅了する馬揃えに感動した江は、ひとり本能寺で信長と対面するが、
「自らが神である」という信長のごう慢さが許せず、怒って寺を後にする。
やがて、迎えた天正10年。信長率いる織田軍は、天下統一への最終局面を迎えるが、光秀は独り焦慮を募らせていた。

(yahoo!TVより引用)


   hana2  hana2


ははははは・・・雫

何かもう~。。。何とも言えないよね。
とりあえず、ゆっくりゆっくり進んでいるようで、やけに早い流れです。

余計なシーンはいっぱいあるが、歴史の流れ的にはチョ~早い。


あれ、こんな大河、何年か前にも見たな~雫


感想も「ははは」しかないので、とりあえず見ながらツブヤいてた事をUP。

・馬ぞろえを本能寺の切っ掛けにする気?

・ミムラ登場(⌒▽⌒)

・はい。頭の弱い子ではありませんよ~wまだ10歳です。大目に見てあげてね♪

・この市は、どうしてこんなに信長に対して頑ななんだ

・「道具」wその考え方が時代感なさすぎ

・もう終わったw次回本能寺の変



茶々は帝の后にする、って良いじゃないか。
当時の女性にとって、最高の道じゃないか。
あの時代の女は男次第なんだからな。

「道具」って発想が、歴史作家にあるまじき貧困な発想。

あと、これは単なる個人的願望だが、信長の意図を浅井輿入れ前から
理解していない市なんて、かなりイヤだ。



初めて兄上と心が通じた気がいたします。

ええ~っ、今さらっ!?って感じ。


そうか、そうか。
信長の考えを全く理解せず、これまで生きてきたんだったら、
浅井攻めもさぞかし不満だったろうよ。

お市がそんなお馬鹿な女だったら、信長はお市に目をかけたり
してこなかったと思うぞ。


ちなみに、明智光秀が本能寺の変を起こした理由には諸説あるが、
もっともっとドロドロした根深い要因がいっぱい詰まっている。

ちょっと人前で叩かれたり、猿の下に付かされたり、そんな事だけではないのです。

■このドラマでは家康は何故かいつも信長の側にいるが、家康は別に
信長の家来ではないので、安土に来る時は最高度の客扱いだった。

光秀は家康の接待を申し付けられた時、大失敗して役を解任された。
この時、光秀は本当に大変な苦労をしてこの接待準備をしていたので、
この件は長きに渡る禍根になった。


■また、光秀は自分の母親を信長によって殺されている。
八上城戦の時、光秀は八上城を救うつもりで自分の母親を人質に差し出した。
しかし、信長はそれを知っていて八上城を攻め、人質となっていた母親は磔で処刑された。


■武田攻めの戦勝祝いの時、「骨をおったかいがあった」と言った光秀を皆がいる前で
足蹴にしたのは、ドラマ内でも取り上げられていた通り。


こんな事がいくつもいくつも積み重なり、光秀は信長への恨みを重ねていった。

このドラマでは、そこが弱い。
だから、えっ。もう本能寺かよっ。と、なってしまうのだ。


まぁ、でも怒りを精一杯抑える市村正親さんの演技と、それを庇う北大路欣也さんのシーンは良かったね。
あそこだけ別のドラマかと思ったよwara

あと、ミムラのガラシャが嬉しい。ちょ~キレイハート(手書き)


おっ。書かないつもりだったけど、すっごい書いたな。あたし雫

次回でトヨエツ@信長と蘭丸くんが居なくなっちゃうよ。


※こんなんも書いてます
・NHK大河ドラマを振り返って楽しむ
・新大河ドラマ「江 ~姫たちの戦国~」を楽しく見る方法




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



※キャスト

江(ごう)…上野樹里
茶々(淀殿)…宮沢りえ
初…水川あさみ

織田信長…豊川悦司
市…鈴木保奈美

浅井長政…時任三郎

須磨…左時枝
ヨシ…宮地雅子
サキ…伊佐山ひろ子
ウメ…和泉ちぬ

木下秀吉(豊臣秀吉)…岸谷五朗
明智光秀…市村正親
柴田勝家…大地康雄
おね…大竹しのぶ
細川たま…ミムラ

羽柴秀長…袴田吉彦
豊臣秀次…北村有起哉

前田利家…和田啓作
佐々成政…中原裕也

森蘭丸…瀬戸康史
森坊丸…染谷将太
森力丸…阪本奨悟

徳川家康…北大路欣也



↓頼むから脚本家もこれ読んでくれ!の、お江主人公名作小説

【送料無料】乱紋(上)新装版

【送料無料】乱紋(上)新装版

価格:700円(税込、送料別)



【送料無料】乱紋(下)新装版

【送料無料】乱紋(下)新装版

価格:700円(税込、送料別)



【送料無料】江(上)新装版

【送料無料】江(上)新装版

価格:893円(税込、送料別)



【送料無料】江姫たちの戦国

【送料無料】江姫たちの戦国

価格:1,000円(税込、送料別)




※「Twitter」ID「kukucoo」です。
やっている方は、よろしくお願いします~heart02

さくらハート(手書き)






最終更新日  2011年01月30日 19時28分52秒
[2011年ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.