000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

趣味は‘散財’!

PR

プロフィール


Kenji07

日記/記事の投稿

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

 Kenji07@ Re[1]:肩の痛みはキックの練習が遠因かも・・・(11/26)   >> のいろびたんさんへ   こん…
 のいろびたん@ Re:肩の痛みはキックの練習が遠因かも・・・(11/26) 1回に7300とか、すごいですね。 私も板キ…
 snow2017@ Re:プールで泳いだ後は、頭の中は数字でいっぱい(04/10) こんにちは! 海馬が大きいなんて、羨まし…
 snow2017@ Re[4]:立ちっぱなしの翌日の水泳(03/17) kenji07さん 水泳と美術についてのご意見…
 Kenji07@ Re:ありがとうございました(03/17)   >> snow2017さん   こんにちは…

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析
2010年01月31日
XML
カテゴリ:水泳・プール
 
きのうは1日家にいて、とろとろと仕事をしていたのですが、予定の半分もできず、結局、のんびりと過ごした格好になりました。(^-^;)
 
その代わり、きょうはプールに行って、多めに泳ごうと思っていました。
 
来週、天気がよければ、和歌山の山歩きをしようと思っています。(‘山登り’ではありません。(^-^;))
‘歩ける足’を鍛えるには、もちろん歩く練習をすればいいのですが、私は半年前に自分独特かもしれない‘短期習得’の方法を見つけました。(笑)
プールでクロールで「10km」泳ぐのです。
 
「3km」や「5km」では、水泳の長距離の練習にはなりますが、足首が疲れる実感がありません。
ところが、去年の春の終わりに初めて「10km」泳ごうとして、足首が思うように動かなくなったことが1つの原因で、「7500M」でリタイアしてしまいました。
 
その後、ペースに気を配って、無事に「10km」泳げたときも、しばらく足首が言うことを聞かず、水から上がって歩くのに苦労しました。
何度か「10km」を泳いで、わずかでも慣れると、歩くのが楽になりました。
私は長時間歩くのは好きではないので、長時間歩行の‘にわか訓練’にクロールの「10km」はちょうどいいと思うようになりました。
 
これとは別に、平泳ぎの長距離は膝の内側の筋肉を刺激するようで、内股気味の私には歩きやすさを得る意味で効果があります。
平泳ぎの長距離は、できれば「3000M」が理想なのですが、クロールの「10km」と同じ日にはできません。
・・・両方で何時間かかるだろう。。。(笑)
 
それできょうは、平泳ぎで「800M」とクロールで「10km」を泳ごうと思ってプールに行きました。
 
まず、いつものアップでトータル600M。
あいかわらず肩の回りがいまいちです。
 
続いて、平泳ぎで「800M」。
きのう寝たのが朝の5時前になったのがたたって、さっぱり水に乗れませんでした。。。
 
さっさとイージーを泳いで、メインのクロールの「10km」です。
海で泳ぐときは「10km」という認識ですが、プールで泳ぐときは「10000M」という認識になります。(笑)
 
プールでの「10000M」は、長水路と短水路の合計でちょうど10回泳いだことがあります。
前回は11月の末に泳いでいます。
 
きょうはタイムを気にするのではなく、腕よりも多少キックに力を入れるつもりで泳ぎ始めました。
「3000M」のときと比べると、50Mのラップで5~6秒落とさないといけないのが、泳いでいて何とももどかしいです。
 
抑えて泳ぐことに気を配りながら、あっという間に3000Mのターンが来ました。
「10000M」を泳ぐときは、「3000M」と「6000M」と「9000M」でラップを見ます。
3000Mのラップの目安は‘56分’です。
ペース・クロックに目をやると、‘55分40秒’でした。
いいペースというより、むしろ若干飛ばしすぎの感じです。
 
でも、ようやく肩が回るようになり、泳ぐのが楽になりました。
・・・はじめの泳ぎからすると、5km近く泳いでいます。
あいかわらずエンジンが掛かるのが抜群に遅い体です。(笑)
 
6000Mのラップもあっという間に来ました。
タイムは‘1時間51分16秒’。
この3000Mのラップは‘55分36秒’ということになります。
泳ぎながら一生懸命計算しました。(笑)
「最初の3000Mのラップより‘4秒’速い!」
 
その後もしばらくは調子よく泳げましたが、“魔”の‘150往復’あたりになって、肩の感覚がなくなっていきました。
いつも‘150往復’あたりから急に苦しくなります。
 
それでも、入水をできるだけ頭の先のほうでするようにして、何とか姿勢を保ちました。
‘180往復め’はなかなか来ませんでしたが、なんとか頑張って泳ぎ、タイムを見ると、‘2時間47分15秒’。
記憶に間違いがなければ、9000Mのラップのベストです。
家で計算すると、この3000Mのラップは‘55分59秒’。
若干落ちていますが、ここまでいいペースで泳げたわけです。
 
最後の1000Mは‘へろへろ’になるのですが、底力を出して泳ぎました。
無事に「10000M」を終わってタイムを見ると、‘3時間6分1秒’でした。
・・・あと2秒早ければ、3時間5分台だったのに~!(笑)
 
去年の6月末のベストより‘41秒’上回っていました。
最後の1000Mの50Mあたりのラップは‘56.3秒’。
 
最初の3000Mの50Mのラップが‘55.4秒’、次の3000Mの50Mも‘55.4秒’、その次の3000Mの50Mは‘56.0秒’、最後の1000Mの50Mは‘56.3秒’ということで、ごくわずかにペースが落ちていったことになりますが、それでも、この‘稀なる’イーブン・ペース!(笑)
・・・「A型」を象徴していますね。(笑)
 
最後は時間がなくなったので、短めのダウンを泳いで終わりにしました。
 
---きょうのメニュー紹介(^-^;)---
 
「アップ(トータル):600M」
「クロール・平泳ぎ:800M」
「イージー:50M×6」
「クロール・コンビ:10000M」
「イージー:50M×6」
「ダウン:600M」
 
・・・トータル:12600M
 
図らずも「10000M」のベスト・タイムが出たし、トータル距離も記録を少し更新したし、‘どうして’こんなに泳いでしまったのだろうと思います。
肝心の足首はあまり疲れておらず、山歩きが心配です。。。
 
・・・できればもう1回「10km」を泳いでおきたいなぁ。。。






最終更新日  2010年02月17日 00時05分16秒
コメント(2) | コメントを書く
[水泳・プール] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.