1577959 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

趣味は‘散財’!

PR

全192件 (192件中 161-170件目)

< 1 ... 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >

園芸・ガーデニング

2006年12月17日
XML
 
きょうは昼過ぎまでは晴天だったのに、3時ごろからみるみる曇りだし、その後、雷雨・・・。
例年の冬とは違う天気が続いています。
 
去年は‘大寒波’と言ってもいいほどの寒さが続き、庭の山茶花も年明けまで咲きませんでしたが、この冬はホワイトはすっかり咲いて、うっかりしていてピークの画像を撮り損ねてしまいました。(^-^;)
ということで、早い花はもう散っています・・・。
 
 
さざんか_2006_12_16(1)  
 
 
ピンクと違ってホワイトは早くから植えてあったのですが、数年前にチャドクガの幼虫が大発生したときに、いろいろな薬を大量に散布したのと、一部の枝を焼き払ったのとで、すっかり弱ってしまいました。
それに加えて、昨年秋の家の外壁の塗りなおしのときに、業者が勝手に邪魔な枝を無残にあっちこっち折ったので、追い討ちをかけられてしまいました。
 
それでも、今年もたくさんの花を咲かせました。
 
 
さざんか_2006_12_16(2)
 
 
ピンクの方も咲き始めました。
 
この冬は今のところ雨が多く、庭の水遣りをほとんどせずにすんでいるので、その意味では助かっています。
 
あとは、今年初挑戦の花壇のフリージアが春先にきれいに咲いてくれるかが楽しみです。
 






最終更新日  2006年12月18日 01時33分44秒
コメント(0) | コメントを書く


2006年12月03日
 
10月15日の日記に書いたように、その日に植えたフリージアの球根ですが、早いものは1週間も経たないうちに芽を出しました。
5色で合計80球植えたうち、60個以上は2週間程度で芽を出しました。
その後も、「もうダメかな・・・」と思っていたのも遅れて次々と芽を出し、植えてからおよそ1か月半たった今日、よく見て数えてみると、79個の芽が出ていました!
つまり、芽が出なかったのはたった1個ということです。
・・・この芽が出なかった1個は、10月15日の日記に書いておいた、腐りかけたような感じのホワイトのだと思います。
 
数日前の様子です。
 
 
フリージア_2006_11_25
 
 
また、10月22日の日記に書いた山茶花ですが、こちらはつぼみができたのは早かったのですが、なかなか花が咲きません。
毎年、ピンクよりホワイトのほうが早く咲きます。
 
ピンクの方は咲くまであと一歩という感じですが、ホワイトはいくつか花が開きました。
 
下の画像は、そのホワイトのつぼみの状態です。
「これがホワイト?」と思うかもしれませんが、開くとほぼ真っ白です。
もう少し経って‘花盛り’になったら、開いた花の画像を載せようと思っています。
 
 
山茶花(ホワイト)_2006_11_25 
 
 
今年は冬の訪れが遅いと思っていましたが、山茶花の花が咲くと、すっかり冬という感じですね。
 






最終更新日  2009年02月21日 17時15分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年10月22日
 
気温は高めなものの、どんよりした天気の1日でした。
明日は天気が悪く、いよいよ気温が下がり始めるようです。
  
ちょうど1週間前に花壇に植えたパンジーは、今の気温では暖かすぎるのか、つぼみが出て花が咲いてはあっという間にしぼんでしまいます。
これはちょうどパンジーの季節が終わる5月上旬に見られるのと同じ現象です。
暖かいから株が大きく育つかなぁ・・・という期待とはむしろ逆で、全体がだらんとしていて、花は次々と咲くもののこの様子では株が弱ってしまいそうです。
 
また、同時に球根を植えたフリージアは植えてちょうど1週間で、10個ほど芽が出てきました。
芽の色の濃さが違いますが、グラジオラスと似ていると思いました。
 
ところで、2週間ぐらい前から山茶花につぼみが見えてきました。
下の画像は、限りなくホワイトに近いピンクの品種です。
(今年の1月21日の日記の木とは違います。)
  
 
さざんか_2006_10_22
 
 
思い起こせば、5年以上前は毎年今ごろ咲いていました。
山茶花は冬の花だと思っていたので、ホワイトも濃いピンクも、10月から11月にかけて咲いているのを見てそういう品種なのかと思っていたのですが、1年ごとに咲く時期が少しずつ遅くなりました。
特に、おととしや去年は12月末から1月にかけて咲いたので、「ああ、‘普通だ’な」と思ったのを覚えています。
 
今年はこの調子では、いちばん早いものは間もなく咲くと思います。
夏の暑さが咲く時期に関係している(影響を与えている)のでしょうか?
 






最終更新日  2006年10月22日 20時27分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年10月15日
 
先週末に、枯れた夏の草花を抜いてレンガの補修をしておいた花壇に、きょう、冬物を植えました。
 
まず、オルトラン粒剤1kgを一面に撒き、土を耕して、薬を混ぜると同時に土をやわらかくします。
そして、9月16日の日記に書いた「フリージア」の球根を植えました。
ホワイト、ピンク、パープル、レッド、イエローの5色を各16個ずつで、合計80球です。
 
フリージアはまったく初めてです。
正直に言って、どんな花が咲くのかもよく知りません。(^-^;)
とにかく決め手は「3月に咲く」ということです。
 
去年(今年のはじめ)は球根類はまったく植えず、パンジーとストックだけで花壇をいっぱいにしましたが、やはり‘丈’がないので、物足りなく感じていました。
本来はヒヤシンスやチューリップを植えればいいのですが、これも9月16日の日記に書いたように、花が咲くのを楽しみに待っていると苦手な春がやってきて、しかも、花期は仕事がもっとも忙しい時期で、下手をしたらまともに花が見られないまま終わってしまいかねないのです。
それで、おととしまで毎年育てていたチューリップはやめることにしました・・・。
 
 
花壇_2006_10_15 
 
 
フリージアは花壇の中央に4列に並べて植えました。
ただ、ホワイトのうちの1球が腐ったようになっていました・・・。_| ̄|○
一応埋めましたが、芽は出ないと思います。
ということは、最大で‘79球’か・・・。
 
あとは、これは冬の定番「パンジー」を花壇の端に植えます。
色は例年と同じで4色にし、そのうち3色はこれまた去年と同じ色にしました。
去年初めて見かけた「レモンイエロー」は、今年は見かけなかったので、その代わりとして‘中央がブラウンで周りがイエロー’のを選びました。
あとは、中央がパープルで周りはホワイト、薄紫、オレンジにしました。
 
パンジーとしてはオーソドックスだと思いますが、私としては初めて買った色です。
 
 
パンジー_2006_10_15
 
 
10月の、それも中旬にパンジーを植えたのは初めてです。
例年は11月上旬~中旬に植えています。
今年は去年の秋と違って、気分が向いたし(^-^;)、何よりパンフレットにフリージアは9月から10月にかけて植えるように書いてあったので、‘二度手間’を避けて、いっしょに模様替えを済ませました。
 
パンジーは真冬には成長が止まりますが、ちょうど今ぐらいの気温なら成長して大きくなるので、真冬までには株が立派になるだろうと期待しています。
 






最終更新日  2006年10月15日 22時58分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年10月07日
 
きょうは雨で、気温もぐっと下がりました。
すっかり秋ですね。
 
去年は花壇を夏様式から冬様式に変えるのがすっかり遅れてしまい、年を越してしまった(=今年になってしまった(^-^;))ので、今年は早めに準備をしておこうと思って、花屋とホームセンターをのぞいてきました。
 
まず、花屋できれいなピンクのシクラメンを見つけたので、それを買うことにし、その横に並んでいた「アキランサス」も色違いを1個ずつ買いました。
アキランサスは去年初めて買って、まずまず気に入ったものです。
 
9月16日の日記に書いたように、この冬は初めてフリージアを植えてみようと思って、すでに‘大量’に球根が買ってあるので、いっしょに植えるパンジーと併せると、花壇にはスペースの余裕がありません。
それで、シクラメンとアキランサスは、デッキテラスに掛けるハンギング・プランターに植えることにしました。 
 
 
シクラメン_2006
 
 
シクラメンは、微妙に感じの異なる何種類かのレッドのほかはホワイトしか知らなかったのですが、紫っ気なしのピンクを初めて見て、思わず買ってしまいました。
 
考えてみると、チューリップもおととしまで毎年植えていて欠かしたことのないのがピンクだったし、自分の中で‘幻’として追いかけているのが「ピンクのパンジー」だったりして、花はピンクが好きなように思います。
 
こちらはアキランサスです。
 
 
アキランサス_2006
 
 
この2鉢を植えたあとで近所のホームセンターにパンジーを見に行ったのですが、すごい量で入荷していました。
 
去年はパンジーを買うのが思いっきり遅くなってしまって年を越えた(=今年になった)し、おととしは11月初めだったんですが、去年はピークを完全に過ぎてから買いに行ったということでよりどりで選べましたが、逆におととしはピークのときに店に行ったので、客どうしで奪い合うようにして買ったのを覚えています。
しかも、買えたのは花の付いていない小さい苗ばかり・・・。
 
今年はまだパンジーを植えるには早すぎるのか、客もほとんどおらず、いい苗がのんびりと選べました。
ただ、やはり自分の好みは例年と変わらず、ほとんど去年と同じ色ばかりになってしまいました。
4色を6株ずつ、合計24株購入。
 
・・・支払いを終えて帰ろうとすると、レジの近くに大量のピンクのシクラメンが!
それも、さっき買った店より80円も安くて、株が大きい・・・。_| ̄|○
 
パンジーとフリージアを植える予定の花壇は、ひまわりやサルビアを抜いて、芽を出している雑草駆除のために軽く除草剤を撒いたので、整備できるのは来週末以降になります。
 
花壇のほうは今はそんな状況なので、パンジーをきちんと植えたら、画像をアップしたいと思います。
 






最終更新日  2006年10月07日 20時24分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年09月16日
 
時折レポート(?)している、庭の‘悲惨な場所’に植えてある植物(^-^;)ですが、球根植物の「ゼフィランサス」(俗に、「夏水仙」というらしいです)が一斉に咲きました。
 
これは、父がずっと以前に近所に住んでいた人からもらったものを、家を建て直す前の庭に植えていて、その後、現在の場所に植えたものらしいです。
毎年植えっぱなしで、冬にわずかに栄養剤は与えていますが、秋のはじめに真っ白い花を咲かせます。
 
   
ゼフィランサス_1_2006 
 
 
門を入ってすぐのところに少しと、門から玄関へのアプローチに並べて植えてあります。
 
 
ゼフィランサス_2_2006 
 
 
1つ1つの花は数日でしおれてしまいますが、次から次につぼみが出てきて開花するので、結構長い間花が鑑賞できます。
 
ところで、花壇の方ですが、8月26日の日記に書いたように、連日カワラヒワがやってきて、にぎやかにひまわりの種を食べているので、完全に枯れたひまわりはまだ放置してあります。
すずめと奪い合いで、見ていてとてもかわいいです。(笑)
もう少しで種も食べつくされるので、今度は花壇を「冬仕様」にしなければなりません。
 
去年は機を逸してしまって、パンジーなどを植えたのが年明けになってしまいました。(・・・つまり、今年になったということです。。。(^-^;))
 
きょう、近所のホームセンターに行ったら、もう花の付いたパンジーが置いてありました。
シクラメンもあったし、いよいよ冬を感じさせる時期になったという感じですね。
 
球根のコーナーは圧倒的にチューリップが場所を占めていましたが、まだ買う客はいなかったように思います。
他には、ユリやヒヤシンスなどがオーソドックスですが、私はチューリップやヒヤシンスはいまいち好きになれないんです。
 
花としては‘大好き’なんですが、咲く時期が悪いんです。。。
どちらも4月の上旬に咲きますが、その頃が私は苦手なので、秋に植えて、冬に成長していくチューリップやヒヤシンスが咲くのを楽しみにしていると、苦手な4月がやってくる・・・というわけです。
 
それで、考えて、今回初めて「フリージア」の球根を買いました。
‘決め手’は、3月に咲くという点です!
 
5色を16個ずつ、全部で80球買いました。
・・・ちょっと買いすぎたかな。。。(^-^;)
 
もう少しして、気に入った色のパンジーを買ってから、まとめて花壇に植えたいと思います。
 






最終更新日  2006年09月16日 20時52分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年08月26日
 
8月もあとわずかになって、今は庭にいちばん花がないときです。
最近はむしろ真冬の方が何かしら花があったりします。
 
春、夏、秋の花は花期が短いものが多く、育つのは早くていいのですが、その半面、花が咲いたらあっという間に枯れてしまいます。
今は、7月に咲いたひまわりがすっかり枯れて、大きな‘頭’を垂れています。
決してきれいな眺めではないので、抜いてしまおうかと思ったりもするのですが、今月14日の日記に書いた「カワラヒワ」が毎日やってきて、楽しそうにひまわりの種を食べています。
ときにはすずめと同時になって、奪い合いをしたりもしていますが、最近は慣れてきたのか、お互いに譲り合ったりもしているようで、こうやって見ていると、すずめもかわいいなぁ・・・と思います。
いちばん早く種が熟した花は、もう種がなくなってしまいました。
 
ところで、4月8日、16日に書いた「ギボウシ」がようやく咲きました。
・・・というか、ちょっと盛りを過ぎてしまいました。。。
 

ギボウシ_2006_8_25 

 
写真の撮り方が悪く、あまりきれいに見えませんが、限りなく白に近い、わずかに紫がかった花がかわいいです。
でも、植えた年からだんだん白くなっていっているような気がします。
最初(5~6年前)はもうちょっと色が付いていたように思います。
 
また、おととし初めて植えた「クロサンドラ」は、今年も順調に育っています。
「直射日光の当たらない明るいところ」という‘やや難しい’条件を好むのですが、花壇のひまわりの北側の下に植えたのが正解でした。
じゅうぶん明るくてそれなりに日光が当たるし、一方でひまわりの下で葉っぱの影になるので、日中ずっと日光にさらされるわけでもありません。
 
花壇を北東から撮ってみました。
 
 
クロサンドラ_2006_8_25
 
 
手前がクロサンドラ、奥がニチニチソウです。
 
今はギボウシとこの2つが元気に花を咲かせています。
  






最終更新日  2006年08月29日 21時13分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年08月04日
 
庭の‘悲惨な場所’に植えてある植物です(^-^;)が、サルスベリが咲きました。
うちのサルスベリは一斉に咲かずに、あちらこちらの枝でばらばらに咲きます。
一部の枝は先月中旬から咲いていましたし、まだ固いつぼみの枝もあります。
  
 
サルスベリ_2006 
 
 
画像を見てわかるように、うちの花はホワイトです。
3年前(4年前だったかな?)に大阪のUSJに行ったときに、エントランスの前にたくさんのサルスベリが植えてあって、その花がちょうど満開だったのですが、花の色が濃いピンクでとてもきれいだったのをよく覚えています。
・・・あの色はきれいだったなぁ。。。
 
また、4月8日の日記に書いた、ギボウシがようやく花芽を伸ばしてきました!
ギボウシはまず葉っぱがどんどん成長し、その中央から花の枝だけが後からすーっと伸びてきます。
うちのギボウシは何という品種なのかわからないのですが、葉っぱは斑のない比較的濃いグリーンで、花芽は1m以上になります。
ギボウシとしてはかなり大型だと思います。 
 
 
ギボウシ_つぼみ_2006
 
 
この花が限りなくホワイトに近い紫で、花の咲き方がかわいく、真夏の盛りをちょっと過ぎて、意外と花がないころに咲くので、とても気に入っています。
7年ぐらい植えっぱなしなのですが、毎年ちゃんと成長して花を咲かせてくれるのがうれしいです。
  






最終更新日  2006年08月04日 23時04分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年07月16日
 
またまたどんよりとした天気の週末でした。
でも、間もなく梅雨明けですよね。
 
花壇で育ててきたひまわりも、早くに咲いたものは枯れ始め、遅めのものが今咲いています。
「ロシア」はもう枯れ始めました。
「フロリスタン」はまだ咲いていないものも少しあるし、、もう枯れ始めたものもあります。
 
それにしても、「ロシア」も「フロリスタン」も、花がまったく好き勝手なほうに向かって咲いています。
やはり日照不足が原因なのでしょうか・・・。
 
5本ある「ロシア」のうち、1本だけ、花目をたくさん持ち、てっぺんの花のほかに小さい花が脇からも咲いています。
・・・同じ袋の種から発芽したのに、どうしてだろう。。。
 
 
tourne-sol_11
 
 
「フロリスタン」のほうは、花びらの茶色がもっと濃いほうがきれいだと思います。
・・・ちょっと色が薄くて、残念。。。
 
 
tourne-sol_12
 
 
花壇全体の様子です。
 
 
花壇_2006_7_15
 
 
ひまわりは、去年より種を蒔いたのが遅くなったにもかかわらず、花が咲くのは逆に早くなりました。
品種が違うからなのか、妙な天候のせいだったのかは、わかりません・・・。
 
一応、「夏の花壇」の‘目標’だったひまわりがほぼ咲きそろったので、花壇全体の様子はこれで終わりにします。
あとは個別に「こんなものを買った」とか「こんな花が咲いた」とか、書いていきたいと思います。
  






最終更新日  2006年10月15日 18時22分18秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年07月09日
 
またまたどんよりした天気の週末でした。
きのうの夜は一時、ざーっと雨が降りましたが・・・。
 
花壇のひまわりですが、「ロシア」はすべて花が咲きました!
ただ、丈も期待していたよりはず~っと低いし、花の直径もとても小さいんです。
 
台風が近づく可能性もあったので、支柱を立てました。 
 
 
花壇_2006_7_8
 
 
画像、向かって右から2番目のがいちばん背が高くなったんですが、それでも195cmで、2mには届きませんでした。
 
「ロシア」は今年初めて育てた品種ですが、種の袋には「3m以上になる」「花は直径40cmになる」と書いてあったのに、今年は春から梅雨入りまであまり天気がよくなかったからでしょうか・・・。
去年の3mになった「アメリカン・ジャイアント」がよかったな・・・。(^-^;)
 
きょういちばんきれいだったいちばん右のをアップで撮ってみました。
 
 
tourne-sol_9

  
そして、いちばん早く咲いたの(・・・いちばん左)は早くも‘頭’が垂れてきました・・・。
これは毎年思うことなのですが、どうしてひまわりって、自分で‘頭’が支えきれないんでしょう・・・。
毎年、半分ぐらいのひまわりが画像のように頭(こうべ)を垂れてしまうんです。
 

ところで、これも今年初めての「フロリスタン」も9本のうち2本が開花しました!
残りのも明日にでも開花しそうにつぼみが膨らんでいます。
向かって右から3番目のをアップで撮ってみました。
 
 
tourne-sol_10
 
 
「フロリスタン」も1.5mぐらいになると書いてあったのに、せいぜい1m・・・。
小さいのは70cmぐらいしかありません・・・。_| ̄|○
 
でも、丈も花も小さい分、かわいく感じられます。
特に、うちで茶色いひまわりは初めてなので、ちょっと感激です。
 
それにしても、「ロシア」も「フロリスタン」も、水遣りも栄養剤散布も気をつけたのに、思ったほど大きくならなかったことに加え、花が咲くのが予定よりずっと‘早い’というのは、やはり今年の天候不順に原因があるとしか考えられません。
ほかの人のブログや他の園芸関係の掲示板を見ても、多くの人が今年はひまわりの成長がよくないと書いています。
芽を出したひまわりが、天気がよくない(=種をまいたのが梅雨時だと判断した?)し、それほど暑くない(=秋が近づいていると思った?)し、‘夏のうちに’花を咲かせようとでも思ったのかもしれないな、と思っています。
 






最終更新日  2006年07月10日 01時09分08秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全192件 (192件中 161-170件目)

< 1 ... 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.