000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

木彫りの龍

PR

X

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

カテゴリ未分類

2009.02.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
最近、一寸風と日差しが春めいて来たもので、土曜日にはとある物を求めて自転車チャリで都内を駆けずり回っているのであります。ウィンクグッド

大体平均して、35~50km位を1日で走るので、結構良い運動にもなって、脱メタボ予備群にも一役かっていると言う訳。ぽっ

今日は、新宿区の自宅を出発して、早稲田の面影橋⇒神田⇒人形町⇒浅草⇒上野⇒高田馬場⇒新宿⇒自宅と回ってまいりました。

サイクリングの目的は、何れ近い内にご紹介するとして、今日は一寸それとは違う内容を御紹介…

久し振りに浅草に行きましたよ~

浅草雷門.jpg

つくばエクスプレスが開通したからか、結構観光客が凄いね~びっくり

浅草浅草寺.jpg

浅草寺なんかもグルっと見学して、その後も浅草の町をフラフラ…

びっくり流石は下町!!

浅草曙湯.jpg

こんな立派な銭湯もいまだ健在で営業中でしたよ~!!

此方は、浅草の曙湯さんで、屋根の上に絡まった蔓性の植物は藤で、開花時期には藤色の綺麗な藤の花が満開に成るそうですよ。

それにしても立派な造りの銭湯ですね~

此れは宮造りの銭湯で、東京の銭湯の特徴の一つですね~
何故このような立派な銭湯が出来たのかと言うと、第二次世界大戦で空襲を受けて焼け野原になった東京の宮大工達が、職も無かった物で倒壊した銭湯を再建して、その腕を競い合った事から、このような立派な銭湯が出来たそうですよ。

今日は時間が無くて入れませんでしたが、お風呂好きな私としては、今度機会が有ったら、是非入ってみたいものですね~ぽっ

さて、結構走ってお腹も減って参りました…しょんぼりグググ~~~~

で、今日は夜何を食べるか決めておりましたので、迷わず高田馬場に直行ダッシュ歩く人

到着したのは…

とん太.jpg

以前にも紹介した『とん太』!!

でも、今日はトンカツの紹介じゃ~有りませんよ~ウィンク

この時期美味しい食材と言えば牡蠣!!そう!!今日は牡蠣フライをオーダーする事を決めておりました~

とん太牡蠣フライ.jpg

薄いキツネ色に揚げ上がった黄金色の牡蠣フライが実に上品で美しい!!

衣を割って中を見ると…

とん太牡蠣フライ断面.jpg

伝わるかな~…画像じゃ~伝わらないかな~…この見事なまでの寸止め加減が…熱は通っているのだがレアに近い状態で、サックリとした衣をかむと、ジュワッと牡蠣の滋味深いエキスが溢れ出す…
至福にして至高の牡蠣フライなのであります。ぽっハート

冬場にしか味わえないこのメニュ~是非とも皆さんにも味わって頂ければ頂きたいものですな~いや本当に…

そして、他にも牡蠣フライ食べましたよ~ウィンク

東京都大田市場の三洋食堂の牡蠣フライもボリューミーで美味しい!!ぺろり

三洋食堂牡蠣フライ.jpg

三陸赤崎産の大粒の牡蠣をザックリとした衣でフライにした逸品!!プックリとした牡蠣の身と衣のバランスも良くって、あ~~~~~牡蠣食ったな~~~~って感じがしますよ~大笑い
通常は三洋食堂の牡蠣フライにはタルタルソースは付かないんだけど、マネージャーにお願いして『タルタルかけて!!』って、お願いしたら、こんなにテンコ盛りにしてくれました!!大笑い
やっぱり、魚介類のフライにはタルタルが良く合うよね~…メタボは怖いけど…しょんぼり

そして、同じく大田市場の此方は管理棟の中に在る『しぜん館』さんの牡蠣フライ!!

しぜん館牡蠣フライ.jpg

この牡蠣フライの凄さも画像では伝わりにくいかも~…しょんぼり

実は、この牡蠣フライは小さな子供の拳位有る巨大牡蠣フライ!!びっくり

前にこんなに大きいとは知らないで、5個の定食を頼んだら完食成らず…号泣

店長に凄い牡蠣だね~!!何でこんなに大きいの?って聞いたら、何と通常の牡蠣を5~6個まとめて牡蠣フライにしてるんだって!!コリャ~凄いわ!!

でも、味も中々の物で、バクッと齧ると、正に磯の牡蠣爆弾や~~~!!って位に濃厚な牡蠣の味が炸裂!!
流石に3個が私の限界ですね…

以前に5個頼んで完食出来なかった時は、店長に頼んで折り詰めにして貰いましたよ~ウィンク

さてさて、牡蠣が美味しい季節な内に、もっと牡蠣を楽しも~っと。オイスターバーなんかで、シャブリを飲みながらなんて言うのも良いよね~ぺろり










最終更新日  2009.03.02 18:39:52


2007.10.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
只今、自宅のパソコンのネットワーク環境に障害が発生しており、復旧するまで暫く更新とレスをお休みをさせて頂きます。

スミマセン






最終更新日  2007.10.04 10:40:05
2006.08.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
本日は、恵比寿のキムカツに行ってまいりました。

キムカツ6.jpg キムカツ5.jpg

一応キムカツについて説明をすると、ぶた豚の薄切り肉を25枚以上重ねてミルフィーユ状にした物に、パン粉を付けて揚げた物の事である。
したがって、トンカツでもなく、メンチカツでもないと言うのがこの店の売りらしい。

今回が初訪店になったが、実はこの店の近くに在る『俺のハンバーグ山本』に行こうとしたのだが、6組待ちと言うので、とりあえず名前を入れてフラフラと近辺を散策していると、普段は大行列のキムカツに殆ど列が出来ていない事に気付き、予定を変更してキムカツを食べる事としたのである。

最初に運ばれてきたのは…

キムカツ4.jpg

山盛りのキャベツ(お替り自由)である。
このキャベツに特製ドレッシングをかけて食べるのである。このドレッシング不味くは無いのだが、何だか桐箪笥のような香りがする…。(ノ∀`)ンプフ・・・

そして漬物が運ばれて来た。

キムカツ3.jpg

コレも、んま~平均点って感じかな。

そして、メインのキムカツ登場!!

キムカツ1.jpg

キムカツには6種類ほど種類が有り、肉の間にチーズや葱・黒胡椒・梅等を挟み込んだ物も有るが、やはり初めてなのでプレーンで頼んでみた。

確かに肉は柔らかい…が、味わい的には…何だろう…豚しゃぶしゃぶ肉を纏めて食べているような…何とも不思議な感じである。
が、確かにワシ的にはコレをトンカツとは呼べない。
明らかにトンカツとは違う食べ物であるし、アイディアは買うが自宅でも出来そうで、何だか行列を作ってまで?って言うのが率直な感想である。
ワシの個人的な感想は、ココで1,900円位払ってこの内容ならば、高田馬場の『とん太』へ行けば良かったかな~…って、言うのが率直な意見である。

しかし、何故あの料理に行列を作ってまで食べに行く人があれほど居るのかが良く理解出来ない…
ワシって味音痴…?涙ぽろりそれともチーム肉部にはパンチに欠けるのか…?うっしっし

でも、キムカツに付いて来た炊き立て御飯と赤ダシの味噌汁は非常に美味しかったよ!!
コレは評価出来るね!!あれだけきらきらピッカピカきらきらに光り輝く御飯は久し振りに見たよ。びっくり

キムカツ2.jpg

んま~キムカツ自体は別にどうでも良いけど、美味しい御飯と赤ダシを食したくなったら、もしかしたらまた行っちゃうかもね。(ノ∀`)ンプフ・・・

アッ!?でも、行列に並んでまではもう行かな~い。






最終更新日  2006.08.07 09:56:07
2006.07.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は何だか朝から忙しい!!失敗

珍しく日曜日に即売会が3会場も有るので、その準備に追われっぱなしである涙ぽろり

そして、第四金曜日には本社ビルの全体掃除が有るのだ!!
12時半から30分間が清掃時間で、社員全員で社内から庭までお掃除するのである。
自社ビルはテナントビルと違って手間がかかるのである。

てな訳で、第四金曜日はユックリ昼食も取ってられないのである…泣き笑い

そんな時に強い見方になるのが、お馴染み三洋食堂の『ねぎとろ丼』だ~!!うっしっし

ネギトロ丼.jpg

兎に角、飯の上に葱とマグロを乗せるだけだから、他のメニューよりも早いのである。グッド

そんな『ねぎとろ丼』に、本日は温泉玉子をトッピングしてみました~スマイル

黄身醤油って言う食べ方があってさ~って言うか、醤油に黄身を溶いてマグロの赤身なんかを付けて食べると、味わいがグレードアップするのだよ~うっしっし

時間も掃除までに帰れたし満足!満足オーケー

しかし、丼物ばかりで、たまには違うものが食べたいな~って思って、ターリー屋で『ターリー屋定食』を食べました~

ターリー屋定食.jpg

ナン美味い!!しかし、丼の日々は続くのである。







最終更新日  2006.08.01 00:57:22
2006.07.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
軽井沢で購入した御土産達。スマイル

会社帰りに桜新町の『食パンベッカライブロートハイム』でバケットを購入して家へと帰った。

ブロートハイム.jpg

ココのバケットは本当に美味しい目がハート中の生地はシットリで皮はパッリパリ!!そして、程好い塩味とシッカリとした小麦の香が噛むたびに口一杯に広がる。
家に帰るのが待ちきれなくって、車の中で千切って少し食べちゃった!!うっしっしもう最高!!パターもジャムもオリーブオイルもリエットも無くって良いくらい美味しい!!

そして、本日のメニューは…

ソーセージ3.jpg

先日買って来たソーセージとザワークラウト&生チーズです。
ジャガイモを蒸かして、上に生チーズを乗せて塩コショウを振る。
ドイツではサワークリームが添えられるようだが、生チーズの酸味とジャガイモのホクホク感そして、甘味が実に良く合っている。

ソーセージは2種類で…

ソーセージ2.jpg

ミュンヘナーヴァイスヴルスト(白ソーセージ)は茹で上がったら、そのまま食べても良いが、皮を剥いて中身を取り出してスイートマスタードを付けて頂くと、皮付きよりもフワフワの食感が楽しめる。スマイル

そして…

ソーセージ1.jpg

フランクフルターヴルストと言う所謂荒挽きウインナ~
茹で上げた後に、表面の水分が飛ぶ程度にフライパンで表面を焼いて、皮をパリッとさせる。
そして、粒マスタードを付けてパクリ!!パリッと言う音と共に肉汁がジュンジュワ~~~~~っと溢れ出す!!
僕はぶた豚肉で出来てるんだよ~って言うソーセージの主張が、噛み締める度にヒシヒシと伝わってくる。
正に本場ドイツの味わいシャウ!!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )エッセ~ン!!って、感じ!!って、言ってるけど実際はシャウエッセンより遥かに美味いのは当たり前!!目がハート

そして、ソーセージにジャガイモと来たら…

ブラウマイスター.jpg

ビールビールでしょ~~~目がハートってな訳で、本日のチョイスは濃厚&苦み走ったキリンのブラウマイスター!!

このシッカリした味わいのソーセージに、決して負けないこの味わい!!
発泡酒では完全に負けちゃうだろうな~

いや~~~観光地の御土産物とは言え、チョイス次第でココまで美味しく頂けるものなんだよね~
馬鹿にしたもんじゃ有りませんな。うっしっし






最終更新日  2006.07.11 23:46:30
2006.07.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
朝も早くから常務に起こされる…わからん

自慢ではないが、朝は弱い…_| ̄|○|||

月に何回も4時5時起きで仕事に行っているのが、自分からすれば奇跡的にさえ思える…涙ぽろり

そして、朝食にサラダと食パンパンとコーヒーコーヒーを頂き、一段落したところで、今回の目的であるお掃除に取り掛かった。
昨晩は夜に到着したので周囲の雰囲気が暗くて分からなかったが、表へ出てみると天気予報で見たよりも良い天気で、曇りながらもくもり晴れくもり薄日も射していた。

別荘1.jpg 別荘2.jpg

布団を乾したり中の掃除をしたりする室内班と、表に堆積した1年分の枯葉を取り除き雑草を刈る屋外班に別れて作業を開始した。
で、ワシは屋外で駐車場や玄関周りの枯葉を熊手で掻き寄せて、1輪車に乗せて別荘わきの堆肥置き場へと移動させる。
この時期のせいか、枯葉は水分を含んでおり非常に重たい…泣き笑い

昼近くまで、その様な作業を繰り返して腕がパンパンに成る…泣き笑い

で、昼食と夕食分の食材の買出しである。
車車で地元のスーパーまで走り、食材を物色する。

別荘地は浅間山の程近くに有り、標高が高いせいかこの時期の日中だと言うのにカラッと涼しくて実に過ごしやすい。
で、買い物上手なワシがビシッと予算内で買い物を済ませて、別荘へと戻り昼食を作った。
昼の献立は、鮭と梅干のオニギリと金平牛蒡・野沢菜の漬物・浅蜊の吸い物である。
この時期の浅蜊は、身がプリプリに太っていて、実に良い出汁が出るのである。スマイル

更に掃除を続けて、夕方前に全ての掃除が完了した。
今回は、メンバーが良かったおかげか、何時も以上に作業が捗った。

時間が少し出来たので、軽井沢の町へ買い物をしに出かけることになった。

途中でびっくり観光地を発見!!
その名も『白糸の滝』!!名前は聞いた事が有るが、実際に見たことは無い…ってな訳で、車を止めて清流沿いの道をテクテクと歩く…新緑が実に気持ちが良い…マイナスイオン全開でα波出まくりって感じ…

白糸の滝1.jpg

しかし、何故だか関西からの観光客が多く、周りは関西弁のオッチャンやオバチャンでザワザワしている…

やがて上流に滝らしきものが見えてきた…

白糸の滝2.jpg

まだこれは違うらしい…この滝を上から下を見下ろして撮った写真がコレ…

白糸の滝3.jpg

そして、到着したのがコレびっくり!!

白糸の滝4.jpg

そう、コレが白糸の滝である…

思ったよりも規模が小さい…周りの関西人達は『何や!!?この程度か!!』『こんなもんが観光名所なんか!?』『わざわざこんなもん見に山道を歩かせるなよ』『ショボイな~』等と大ブーイング…
確かにショボイ…日本ガッカリ名所ベスト10位に入れて上げたい位のショボさせあった…
でも、関西人達は滝をバックにパシャパシャとカメラ記念写真を撮りまくっていた…(ノ∀`)ンプフ・・・流石は関西人

で、白糸の滝を後にして軽井沢へ到着~

今回の(も)お目当ては『腸詰屋』

腸詰屋.jpg

↓一部の商品は楽天でも買えるらしい…が、実店舗の品揃えはもっと豊富なので、軽井沢へ行く事が有れば、是非お立ちより頂きたいお薦めのお店である。
腸詰屋 カマンベールチーズ詰め合わせcc-70b

腸詰やベーコン・ハム等の専門店で、軽井沢では有名で以前から行くと必ず買っていたのだが、人気が高いせいか、今回行ったら同じ通りにびっくり3店舗も店が出ていた!!大繁盛である。
ここで、相方殿と自分の為にソーセージを買い(レポートは、また後日)、次に向かったのは…

アトリエ ド フロマージュ.jpg

チーズの専門店『アトリエ ド フォロマージュ』である。

ココのお店では、生チーズとスカモルツァを購入した。
スカモルツァは、シチリアのカチョカヴァロに良く似たカンパーニャの瓢箪型のチーズで、そのまま食べても良し、焼いて食べても良しの美味しいチーズなのである。
これまた感想は後日に…あっかんべー

これまた楽天でも買える事をびっくり発見!!

軽井沢人気セット スカモルツァ (140g) 生チーズ(160g) 

しかも、更に更に!!地元近くの目白にも店が在る事が発覚~!!
_| ̄|○|||ガクッ・・・わざわざ軽井沢で買ってこなくても良かった…か…?

そして、別荘地へ戻り、近くに在るホテルホテルグリーンプラザ軽井沢温泉温泉に入りに向かう!!

ホテルグリーンプラザ軽井沢.jpg

ヨーロッパ調の大きく綺麗なリゾートホテルの一角に温泉あさまの湯』と言う温泉がある。
掃除の疲れと汗を洗い流してリフレッシュして、別荘へと戻り夕食の準備に取り掛かる。

兎に角、前述したとおりに、この別荘地は7月だというのに、夜に成るとTシャツ1枚だと震えがくるほど涼しいのである。(寝る時は、ホットカーペットを使用した。)

そんな訳で、今夜も鍋物である。

すき焼き.jpg

今日のお鍋は、すき焼き~☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
何だか、すき焼きなんて久し振り~昔はお客さんが来たりすると良くやってたけど、お袋が亡くなってからはしてなかったもんな~
肉も安い肉だったけど、久し振りのすき焼きって何だか美味しい~スマイル

そして、今日も酔っ払って就寝~ビール目がハート日本酒










最終更新日  2006.07.11 00:01:11
2006.06.02
カテゴリ:カテゴリ未分類
世の中には○×三大△□と言う物が良くある。

例えば…世界三大珍味
     ・フォアグラ
      冷凍 フォアドカナール ブロック エクストラグレード600g/700グラム不定貫

     ・トリュフ
      フレッシュトリュフ 100gTRUFFES FRAICHES

     ・キャビア
      キャビア カスピ海産 フレッシュ ベルーガ 110g

     日本三大珍味
     ・唐墨
      からすみ

     ・海鼠腸
      酒肴 海鼠腸

     ・雲丹
      日本三大珍味の越前雲丹 木箱入 120g

     中国三大珍味
     ・フカヒレ
      専門店の「フカヒレ姿煮」をご堪能できます。フカヒレギフトセット(姿煮入り)50,000

     ・ツバメの巣
      「ツバメの巣」超特大(処理済)0529祭5

     ・干しアワビ
      乾鮑(干しあわび)

     世界三大貴腐ワイン
     ・フランスのソーテルヌ
      シャトー・ディケム [1921]

     ・ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼ
      キートリッヒャー グレーフェンベルク リースリング トロッケンベーレンアウスレーゼ

     ・ハンガリーのトカイ アスー 
      ドメーヌ ディズノクトカイ・アスー・エッセンシア 1993  

って、食べ物ばっかりやないか!! (ノ∀`)ンプフ・・・

では、食べ物じゃないものも…

     世界三大珍獣
     ・オカピ
     ・コビトカバ
     ・ジャイアントパンダ

     日本三大長鳴鶏
     ・秋田県の声良鶏
     ・新潟県の蜀丸
     ・高知県の東天紅
    
     日本三大ガッカリ名所
     ・高知県の播磨屋橋
     ・愛知県の名古屋城
     ・札幌の時計台
     (沖縄県の守礼門や名古屋市のテレビ塔と言う説も…?)

等々、世の中には誰が決めたか知らないが、何時の世にも○×三大△□と言う物が存在するのである。

で、本日ご紹介するのは、東京三大鯛焼きの一つ『四谷わかば』の鯛焼きです。

因みに、東京三大鯛焼きとは…

・四谷・わかば
・麻布十番・浪花屋総本店
・人形町・柳屋

である。

鯛焼きにも本物の鯛と同じように、天然物と養殖物があるのである。

天然物とは何かと言うと、焼き型が一匹ずつ分かれており、一つずつ焼き上げるのが天然物で、型は基本的に全て特注品で、店によって鯛焼きの形が違うのである。

対する養殖物とは、大きな鉄板に何匹も鯛の型が出来ており、量産タイプなのである。
型も基本的に量産品なので、各店毎の型の違い等が余り無い。

詳しくは…

たい焼の魚拓

此方の本に書かれているらしい…欲しいけど、まだ未購入…

で、四谷わかばへ任務終了後に向かう…

四谷の駅前を新宿方面に向かって進み、坂本和菓子店の路地を左に入って少し進んだ所に有る。

わかば4.jpg

↑この看板が目印です。

わかば3.jpg

店に到着したときには1・2人しか並んでいなかったが、帰りになると少し行列が出来ていた。
鯛焼きは職人さんが一匹ずつ丁寧に焼き上げ、焼きあがった鯛焼きの型からはみ出した部分をハサミで綺麗に成形して完成~!!実に仕事が丁寧である。

そして、家族の分とストック分で10個と、お行儀が悪いがその場で食べる分に別に1個購入した。
そして、購入した1個をパクリ…゜+.(o´∀`o)゜+.゜幸せ~
皮は非常に薄くて、焼きたての皮はパリパリサクサクとして香ばしい。香はまるで良く出来た最中の皮のようである。
中の餡子も頭の先から尻尾までとか良く言うが、そんな生ぬるい物ではない。
食べていると合わせ目から餡子が溢れ出す位にビッシリと入っている。
この焼きたての味わいは、その場じゃないと味わえないのである。
残念ながら持ち帰りにすると、シンナリとしてしまう。それでも尚美味しいけどね。

わかば2.jpg わかば1.jpg

そして、店頭に『たいやきの召し上がり方色々』と言うリーフレットが有ったので、内容をご紹介しましょう。

◎ 殿方は頭から、ご婦人は尻尾から、召し上がっておられます。
  (フム…言われれば、確かに頭から食べてるな… でも、兄貴は尻尾からだった…)

◎ 暖め直しは、とろ火で焼いて頂くか、電子レンジで少し温めた後オーブントースターで焼いてください、香ばしく美味しく召し上がれます。
  (なるほど…)

◎夏場、一度冷凍して半解凍で召し上がると、小倉アイスの様です。
 (Σ(;゚Д゚)ビクッ!!マジで!!!?小倉アイスはないやろ~!!今度試してみよ~っと。(ノ∀`)ンプフ・・・)
    

      






最終更新日  2006.06.07 23:30:24
2006.05.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
!注意!!本日の日記は、心臓の弱い方は下までスクロールしないようにして下さい。
今日はスプラッター画像満載です。

今回の日記は、下顎に穴を開けてフックで宙吊りにしたり、皮を剥いだり内臓を引きずり出したり、肉や骨を引き裂いてバラバラにしたり…血も出ています…我ながら、かなり残酷ですしグロテスクです…本当ですからね。

鮒やカエルの解剖で気分が悪くなる程度の方でも、どうぞご遠慮下さい!!


では、本当に勇気の有る方だけ下までどうぞ!!↓





















































































































勇気の有る方ようこそ!!

さて、では本題です。
今日の日記は何かと言うと、魚の解体ショーです。
母の郷里の島根県・隠岐ノ島から魚を送ってきたので、今日は真っ直ぐ家帰宅です。
最近の若い奥様方は、魚も捌けない方が多いと言うお話しですので、何かの参考に成れば幸いです。

↓では、今日捌く魚は、何処のご家庭の冷蔵庫にも有る大型の平目です。
 (※内臓とエラは既に外して送られてきていました)
平目5.jpg ◆築地発!ほんものの新鮮素材◆青森の天然ひらめ約1.5kg×1匹送料無料

↓平目は、普通の鯵鯖等とは違い、3枚下ろしではなく5枚下ろしにします。
 (※3枚下ろしだと、全く身が取れません)
 鱗をこそげ落として、中心部の頭から尾に向けて真っ直ぐに背骨に沿って包丁を入れます。
 中心に切れ目が入ったら、切り開くように骨から身を切り離していきます。
平目4.jpg

↓裏表を同じ要領で下ろしましょう。
平目3.jpg

ハイ!!5枚卸の完成です。

↓さて、5枚に下りたら柳刃で薄く削ぎ切りにして平目の薄造り~!!
平目2.jpg

↓そして、余ったアラは潮汁~
平目1.jpg

どう?美味しそう?えっ!?でもグロく無いって?


では、刺激の足りない貴方に、もう一匹捌いてみましょう。

次にご用意頂くのは、何処の魚屋さんでも簡単に手に入る鮟鱇。
今日ご用意した鮟鱇は、中位の6~7キロクラスでしょうか…

↓ハイ!!鮟鱇です。この鮟鱇を吊るし切りにしてみましょう。
鮟鱇20.jpg アンコウと言えば『鍋』を思いつく人が多いのでは?唐揚げなんかにしちゃっても美味しいんです!...

↓下顎の皮に穴を開けてS字フックでキッチンに吊るしてみました~!!
鮟鱇19.jpg

↓上手く吊るせたら口の周りにグルリと切れ目を入れて、皮を剥ぎ取りましょう。
鮟鱇18.jpg
グロイです…

↓剥いだ皮はブヨブヨで切り難いので、後から出てくる腸や胃と一緒に湯がきます。
鮟鱇1.jpg
1/10位に縮みました。感触的には鼈の甲羅のようなゼラチン質です。

↓次に、関節に包丁を入れて、胸鰭(左)を外しましょう。序に、アンテナも外しました。
 それと、お腹側のハラビレ(右)も同じ要領で外します。
鮟鱇17.jpg 鮟鱇16.jpg

↓エラ蓋の下側(左)を切り取り、中のエラ(右)を取り出します。
鮟鱇15.jpg 鮟鱇14.jpg

↓そして、腹膜(左)を切り開いて最初に出てくるのは『鮟肝』(右)です。この時期にしては、ま~ま~のサイズですね。
鮟鱇10.jpg 鮟鱇13.jpg

↓そして、胆嚢と胃と腸です。
胆嚢は苦いので食べません。本当は食べるのでしょうか…?私は何時も捨てちゃいます。
鮟鱇12.jpg

↓それから、この小さいのが心臓(左)です。そして2個有るのが腎臓(右)。
鮟鱇7.jpg 鮟鱇9.jpg

↓コレは卵巣です。玉子は非常に小さいです。
鮟鱇11.jpg

↓下顎(左)と頬肉(右)です。
鮟鱇8.jpg 鮟鱇4.jpg

↓尾の身です。筋肉質で白身の上質な肉質です。右は細かく切り分けたものです。
鮟鱇6.jpg 鮟鱇5.jpg

↓頭を外した時に、アンテナを動かす為だけに使われる筋肉パーツを発見!!
鮟鱇3.jpg

↓最後に残ったのは…
鮟鱇2.jpg

ハイ完成です!!是非参考にして、明日から魚を捌いてみて下さいね。(ノ∀`)ンプフ・・・


でもって、やっぱり捌いたら食べなくっちゃね。

鍋にしました~!!☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

鮟鱇23.jpg

キノコやセリ・白菜・春菊・水菜・葛きり・豆腐等を合わせました。

そして、今日の特別は、ぽん酢で~す。
森田醤油の『手作り ぽん酢』橙・酢橘・柚子や昆布・鰹節等を使ったマイルドで味わい深い逸品です。
って、言うか普通のぽん酢は酸っぱ過ぎて苦手…むせる…

ぽん酢.jpg 森田醤油手造りぽん酢 6本

そして、鍋と言えば日本酒でしょ~!!ってな訳で、本日用意したのは秋田の銘酒『まんさくの花純米吟醸酒』
鍋に合わせるので、大吟醸だと切れは有るけど、やっぱり味わい深い純米吟醸のほうがワシの好みでしょう。

まんさくの花2.jpg まんさくの花1.jpg まんさくの花 純米吟醸

では、いただきます!!

鮟鱇22.jpg

鮟鱇の身は弾力が有りシットリして旨味もタップリながらも、臭みも無く実に美味しい!!
皮や内臓のゼラチン質もモチモチプルプルシコシコと、楽しい食感を与えてくれる。
そして、鮟肝…フワフワだ…フワフワなのだ…トロリとしてフワフワ…しかし、フォアグラのように脂が強くは無い…フレッシュの鮟肝は味わい深いね…感動的な美味さでした。

そして、まんさくの花をチビリ…最高!! (ノ∀`)ンプフ・・・
フローラル&フルーティーな香とは、相反したかのような辛口の酒で、流石は大吟醸並に米を研いであるって感じだね。コッテリした今回みたいな料理には最適。

そんでもって、最後に締めは…

鮟鱇21.jpg

鮟鱇の雑炊!!

ご馳走様でした。 ((人(-ω-` )






最終更新日  2006.05.31 13:00:34
2006.05.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
どうやらワシには、挽肉の神様が降りてきているらしい…

一昨日は『クア アイナ』で、ハンバーガを食べ、昨日は『ゴールドラッシュ』でハンバーガーを食べた。
当然どちらも挽肉…

そして、本日午前中の会議終了ごに、後輩を車に2人乗せて大田区方面へ…
途中デニーズで昼食を取る事になったが、結構混んでいる…
しかも、後輩は客とアポを取っており、余り時間が無いのである。

ってな訳で、必然的にオーダーは最も早そうな『日替わりランチ』に決定!!

日替わりランチ.jpg

Σ(;゚Д゚)ビクッ!!?またハンバーグかいな…?

しかも、お味的には…微妙…

そして、夜は相方殿と西新宿のターリー屋へ…

ターリー屋1.jpg

本日のオーダーは…

ターリー屋2.jpg

『インド豆のスパイシーサラダ』ピリカラの味付けでなかなかに美味しい…
中に入っている豆はムング豆・ヒヨコ豆・赤豌豆等だろうか…

そして、カレーの登場!!本日のカレーは…

ターリー屋3.jpg ターリー屋4.jpg

キーマカレー(鳥の挽肉)…
挽肉…キ…(-_-)キ(_- )キ!(-  )キッ!(   )キタ(.  ゚)キタ!( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━!!!!

何だか、ここ最近挽肉ばっかりやな~…

肉部としては、たまにはガッツリ塊肉も食いたいッス!!(´・ω・`)ショボーン

でも、出された物はチャント頂くのがワシの鉄則…

相方殿のパラクパニール(ほうれん草とカッテージチーズのカレー)をチョット頂いて、キーマとブレンドして食べる。

ターリー屋5.jpg

このミックスは、中々に美味しいぃぃぃ!!゜+.(o´∀`o)゜+.゜

なんだかんだと、とりあえず満足して帰宅しやした。


話は、挽肉とは関係無いんだけど、相方殿が帰りに1Lの牛乳パックをコンビニで買った…

牛乳1.jpg

ストローが付いてきた…ストローで1Lの牛乳を飲む奴が、この世の中には居るのか…?
牛乳苦手なワシには信じ難い…ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?


って、世の中の不思議を考えながら、ユックリと入浴してから…

ボディントンズ2.jpg ボディントンズ1.jpg

ボディントン・パブエール(440ml)

ころりんチャンお薦めの『ボディントン パブエール』をグビグビ飲んで眠りにつきましたとさ。めでたしめでたし (ノ∀`)ンプフ・・

おっと、ビールのお味は泡がクリーミーで苦味と甘味・微かな酸味がバランス良くって、美味しかったッス。
因みに、おつまみは大粒のマカダミアンナッツでした。香ばしさとビールの旨味が最高~!!






最終更新日  2006.05.19 13:20:32
2006.05.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
を果たすべく、先日訪問して休業だった西武新宿線の新井薬師前駅のほど近くに在る『RYOMA』と言うラーメン屋を訪れた。

RYOMA1.jpg

この店は、ozマガジン『2005年ヌードルオブザイヤー』に輝いたと言うお店で、塩ラーメンがメインのラーメン屋さんである。

店内は、ラーメン屋とは思えないほど清潔でモダンな造りで、店員さん達も皆さん非常に感じが良かった。

っで、本日のオーダーは…

RYOMA2.jpg

トリチャーシューメンで、当然ベースは塩ラーメンなのである。
先ずはスープを啜る…塩はフランス産のゲダンド塩を使用しているらしく、塩自体の味わいは軟らかいが、少しショッパイかな~…?んま~でも、まだOKな範囲ですね。
スープのベースは鶏と野菜のようだが、海老や蟹等の甲殻類が由来するであろうお味と香が少しするような気がする…
麺は細目で腰はそれ程強くは無いが、必要最低限は有る。
何となくでは有るが、四谷に在った『こうや』のラーメンのスープと麺を思い出した。
具は葱とメンマと鶏肉のチャーシューで、メンマは細めで軟らかい。
驚くのはこのチャーシューである。肉の断面の形状から胸肉と思われるが、私的なイメージとして胸肉はモモ肉等に比べてパサパサしている感じが否めないのだが、ココのチャーシューは驚くほどシットリして軟らかい!!生肉に近いような軟らかさだが、色合いからして間違いなく火は通っている…不思議だ…?
中々今までに食べた事の無いタイプのラーメンだったが、満足の行く逸品であった。

麺を食べ終わった後に、『あらいめし』と言う無料サービスが有り、残ったスープに御飯を入れて雑炊風にしてスープまでシッカリと楽しませてくれるそうだが、残念ながら今日は満腹になったので止めておいた。

ココのラーメンを食べ終えて、フッと昔よく行っていた渋谷の中華料理店『White』のネギソバを思い出していた。
明治通りからキャットストリートを原宿方面に歩いて、ピンクドラゴンを越えて暫く行った右側に在るビルの2Fに在ったその店のネギソバ印象的に色白なラーメンで、何処までも澄んだスープに極細の麺と具は青葱だけと言うシンプルな物だが、今まで食べたどのラーメンよりも洗練されて雑味が無く、私の中ではNo.1のラーメンだったのだが、或る日行ってみると、店が無くなっていた…
_| ̄|○|||ガクッ・・・何時の間に…つぶれてしまったのだろうか…?それとも、移転したのだろうか…?
何方か『White』がどうなったのかをご存知な方がいらっしゃったら、どうぞお教え下さいませ。

話しは『RYUMA』に戻るが、本日はラーメンの他に『釜揚鉄板餃子』をオーダーした。

RYOMA3.jpg

釜揚げをした餃子を鉄板でカリッと焦げ目を付けて、最後に少し酸味の利いた特製のタレをかけて完成すると言う物である。
でも、チョット写真の餃子の並び方って不自然じゃない…?
そう、不自然だよね。これは、焼き目を表にするか裏にするかを選ばせてくれるのだよ。
焼き目が下側なら、皮のムチムチ感が楽しめて、焼き目を上にすると、皮のカリッとした感じが楽しめるとの説明を受けるも、なんせ初めてなもので店員のお姉さんに『お姉さん的には、どっちがお薦めですか?』と聞くと『人それぞれなんですよね~』との事…悩む~暫く悩んでいると『じゃ~半分半分とかにしましょうか?』との優しいご提案!!『良いんですか?ではそれでお願いします。』って、我侭を聞いてもらった結果がこの盛り方である。

餃子は、滅茶苦茶熱々で、中には餃子の具と小振りな海老が一匹丸ごと入っており、味も上々ならこの海老のプリプリ感も中々に美味しかった。

リベンジ成功と言う感じだね!!☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

そう言えば、最近お気に入りだった新宿の『えるびす』もビルの改装に伴って閉店してしまったので、気に入ったラーメン屋が新たに発見出来て良かった~゜+.(o´∀`o)゜+.゜







最終更新日  2006.05.14 12:26:39

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.