187284 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

橋本健二の読書日記&音盤日記

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全362件 (362件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

2010年07月05日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
次の場所に移転しました。再ブックマークをお願いいたします。

橋本健二の読書&音盤日記






最終更新日  2010年07月05日 19時00分13秒
2009年12月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類
拙著『「格差」の戦後史』の書評が、読売新聞と朝日新聞に出ています。どちらも、好意的な書評です。ご高覧ください。

読売新聞 2009.11.9 

朝日新聞 2009.12.20


「格差」の戦後史






最終更新日  2009年12月27日 07時50分45秒
2009年10月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 河出書房新社の新しい選書シリーズ、「河出ブックス」の第1弾、6冊のうちの一冊です。229ページで1260円はお買い得でしょう。1945年からの日本の経済的・社会的格差の動向を、統計と戦後政治史・世相史の両面から描いてみました。ぜひ、ご一読を。

『「格差」の戦後史』






最終更新日  2009年10月11日 14時23分12秒
2009年06月02日
カテゴリ:お知らせ
 「楽天ブログ」の使い勝手の悪さと、広告やジャンク的アクセス記録の多さに、耐えられなくなってきました。はてなダイアリーのサブアカウントを取得したので、近日中にこちらへ移行します。今後とも、よろしく。

橋本健二の読書&音盤日記






最終更新日  2009年06月03日 13時57分13秒
2009年05月28日
カテゴリ:文学・小説
 三巻本の完結編。三章構成で、「タイトルの妙」「権力は敵か」に続いて、四人の松本清張賞受賞者の小文と、それぞれの推薦作(ただし「地方紙を買う女」は上巻に収録済み)が収められている。

 「支払いすぎた縁談」は、没落豪農の社会的地位への執着が生んだ物語で、どこかで使えそうだ。「骨壺の風景」は自伝的作品で、味わい深い。「鴉」は労働組合役員の一面を突いている。労働組合の活動家に対して「仕事ができないから組合に逃げた」と陰口をたたく連中は昔からいるが、こうした発想がかなり古くからあることが分かる。「菊枕」は、上昇志向の強い女の悲劇。ここでもテーマは、階級構造の中の下降移動だ。

 松本清張というと、私の世代の人間はけっこう身構えて読むところがあるのだが、宮部みゆきは、さらりとユーモアを交えた解説で、別の読み方を教えてくれる。清張に興味を持ち始めた若者にも勧められる。


『松本清張傑作短編コレクション 下』







最終更新日  2009年05月28日 09時02分40秒
2009年05月14日
カテゴリ:文学・小説
 宮部みゆき編集の2巻目。テーマは「淋しい女たちの肖像」「不機嫌な男たちの肖像」の2つ。宮部によると、夢が破れ己の居場所を失ったとき、女は不幸になるが、男は不機嫌になるのだとのこと。淋しいと不幸はちょっと違うが、別のところでは「運命に対して受け身であるがゆえの淋しさ」なんて書いていて、2つあわせて考えれば分からなくもない。

 「式場の微笑」は、傑作だと思う。しかも、男性が書いたのである。宮部もいうように、これほど優しく共感を込めて女性を描くことができるというところに、清張の力量が遺憾なく示されている。「共犯者」は、安部公房にも似た不条理の世界。途中でおかしいと気付いても良さそうなものだが。「カルネアデスの舟板」、こういう人間はいまでもいる。「空白の意匠」、圧倒的なリアリティ。どこで起こっていても不思議ではないお話である。

 人間描写が中心の作品が多いが、その背景に、戦後日本の世相、そして論壇・学会の体質、大手広告代理店の権力が、ちゃんと描かれている。やはり清張は、社会を描く作家だったのである。


『松本清張傑作短編コレクション 中』






最終更新日  2009年05月14日 08時59分49秒
2009年05月08日
カテゴリ:文学・小説
 空き時間を使って、松本清張を少しずつ読んでいる。何といっても、高度成長期を代表する作家だ。

 宮部みゆきの編集したこの傑作集は、全3巻。全短編の中から、いくつかのテーマを設定して配列されたもので、上巻のこの一冊は「巨匠の出発点」「マイ・フェイバリット」「歌が聴こえる、絵が見える」「『日本の黒い霧』は晴れたか」の4部構成。

 松本清張の小説の多くでは、組織あるいは社会の構造のゆえに不遇な地位に置かれている人物が主人公となっている。主人公は、そこから抜け出そうとして、あるいは復讐のために、犯罪に手を染める。多くの場合、読者はこの主人公に感情移入し、復讐を応援したくなる。しかし、やはり多くの場合、復讐は成功の一歩手前で挫折する。こうして組織や社会の構造は、虚しく維持されることになる。読者は、弱者を勝たせてやりたい、強者を滅ぼしてやりたいという思いに駆られるのだが、主人公の企ては失敗に終わる。

 だからこそ、その課題は、読者にゆだねられることになる。その意味では、読者を鼓舞するアジテーション文学であり、一種のプロレタリア文学といえる。

 さすが宮部のセレクション、いずれも読ませる作品ばかりである。ただし「昭和史発掘」と「日本の黒い霧」は、全巻通じて読むべきものだろう。


宮部みゆき責任編集『松本清張傑作短編コレクション 上』






最終更新日  2009年05月08日 11時03分17秒
2009年04月29日
カテゴリ:都市論・東京論
 昭和ブームのせいか、こんな本まで出版された。世田谷区各地の古い地図と写真を集めて、当時の地域のようすを解説したもので、全159頁。

 自宅の付近の写真も多く、経堂駅、すずらん通り商店街、農大通りなどの鮮明な写真がある。いまも営業している和菓子屋や電気屋がある。最近になって閉店した食堂が、昭和25年には旅行者向けの外食券食堂だったというのは驚き。

 世田谷区は23区でいちばん人口が多く、83万人。人口の少ない100万人程度の県でも、郷土史の本や写真集は数多く出版されているから、こんな本が出ても不思議はない、といいたいところだが、大多数が定住者である地方の県と特別区とでは事情が違う。昭和ブームであること、高齢化と同時に定住者が増えてきたことが背景だろう。どこの区でも成立する企画とは思えないが、これからはいくつか出てくるかもしれない。地元の書店では山積みになっている。







最終更新日  2009年04月29日 16時44分44秒
2009年04月22日
カテゴリ:芸術・文化
 この世には、乗り越えることの不可能な著作というものがしばしば存在するが、本書などその典型というべきだろう。

 合計すると、約1600頁。1巻から3巻までが年代別の通史で、19世紀の単純な写し絵から説き起こして、2005年までをカバーしている。とくに戦時下の植民地・占領地における映画工作についての記述など、よくこんな映画まで見たり調べたりすることができると感心する。一般向けの映画だけでなく、教育映画やドキュメンタリーなども丹念に追っており、たとえ長年にわたって毎日のように映画館に通っていたとしても、これだけ映画を見尽くすことは難しいだろう。第4巻は、テーマ別・撮影地別と、別の視点から書かれたいくつかの節と、年表・索引である。

 現代の部分は、新しい視点からさらに優れたものを書く著者が現れるかもしれないし、テーマ別・撮影地別の部分は、たとえば川本三郎など、これ以上のものを書くかもしれないが、全体としてみれば、これ以上の通史があらわれるとは考えにくい。しかも、日本と東アジアの関係、差別問題、階級間格差などにもそのつど触れられていて、著者の高い見識を感じさせる。全部揃えると16800円にもなるが、映画好きならその価値はある。


日本映画史(1(1896ー1940))増補版

日本映画史(2(1941ー1959))増補版

日本映画史(3(1960ー2005))増補版






最終更新日  2009年04月22日 05時41分53秒
2009年04月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 居酒屋めぐりが好きな者にとっては、神様みたいな存在になってしまった太田和彦だが、実は日本映画通でもあることはあまり知られていない。

 この本は、戦前の映画を中心に、一九五〇年代前半までの日本映画を論じたもの。居酒屋を論じるときの観察眼、そしてデザイナーらしく画面構成の特徴を見抜く眼が、遺憾なく発揮されており、ストーリーのさわりの部分を紹介するときの語り口も、なかなか素晴らしい。当代一の居酒屋通としての片鱗も随所にみられる。たとえば稲垣浩の「お祭り半次郎」では、「昔の大工が丹精込めた古い店に親父のつくるシブイ肴。遠く聞こえる祭囃子。──これですよ」という具合。巻末の一〇〇頁ほどは名画座めぐりの記録で、三軒茶屋で成瀬巳喜男の「驟雨」をみたあと、銘酒の品揃えで有名な「赤鬼」に入ったりする。

 太田ファンで、少しでも映画に興味があるなら、必読。


シネマ大吟醸






最終更新日  2009年04月16日 07時12分28秒

全362件 (362件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.