2791844 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Kenken's Garage Life

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

コメント新着

ブルブルムラーノ@ Re:【Z51ムラーノ】 スロットルバルブ洗浄(12/28) こんにちは。 先日スロットルバルブ洗浄を…
rato@ ホイールの外幅について 初めてコメントさせていただきます。 杉山…
kenken3234@ Re[1]:グランドセイコー【SBGR251】9S65の精度(04/26) 幸運兎さんへ コメントありがとうござい…

サイド自由欄

2021.08.21
XML
テーマ:自転車(11420)
カテゴリ:自転車
サイクリング中に雨に降られて、水抜きの為シートポストを抜いて、グリスを塗りなおしてシートピンをしめたら、ボルトなめてしまいました。
昨年は折れる事件が・・・。
https://plaza.rakuten.co.jp/kenken34/diary/202005060000/

トルクが強すぎるのとフレームの長年の使用で、シートピンを差す穴の精度が落ちているようです。
予備を含めて2本買っておきました。
このフレームでのボルトの長さは19mmでした。




スギノテクノ 『Seat_pin_19』シートピン 19mm [0208790002]

カンパニョーロのローレット加工してあるシートピンはとっくに生産中止。
スギノのシートピンですが、回り止めの凸部がついているシートピンになっています。

この間は、ボルト側の凸部を削ったのですが、今回は今後のことも考え、フレームにその凸部が合うように削りました。
電動ルーターとやすりで少し削ってはボルトを合わせてを繰り返して、少しずつ削りました。
長年の使用でフレーム側のボルト受け部が曲がっていたので、8mmのドリルで修正しました。





前方後円墳のごとく、キーが差し込まれるようになっているのがわかるでしょうか?
フレームにやすりを入れるのは抵抗はあるのですが、これで安心して使えます。
ボルトにグリスを塗って締めてみましたが、抵抗感なく締められるようになりました。
12Nm~15Nmが指定トルクですが、シートポストが動かないトルクで調整します。

シートポストがスムーズにフレームに入っていかないので、この後、リーマー掛けすることとしました。
その様子は次回。






最終更新日  2021.10.03 08:24:02
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.