2626817 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

がんは感謝すべき細胞です。

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


健康かむかむ

Favorite Blog

恩師との別れ New! ヨーガ1950さん

Feを摂る New! ごねあさん

消炎鎮痛剤、解熱剤… New! coogoさん

福寿草が咲いた New! maetosさん

え、これが基本方針? 七詩さん

Comments

Actinync@ Best-seller Coronavirus (2019-nCoV) WHO recommends that the interim promine…
Actinync@ Novel Coronavirus (2019-nCoV) On 31 December 2019, WHO was alerted t…
masako kodama@ Re:「乳離れ」は終わってますか?(09/29) 最近の、ミツカン『骨元気』などの納豆菌…
スピリチュアルに破綻していて草はえる@ Re:森下敬一博士の「がん理論」(08/20) スピリチュアルに破綻していて草はえる 詭…
ishiifutoshi@ Re:9日の日記(10/09) 空気の例えは、酸素のOは魂であり、神様…

Freepage List

2009.04.14
XML
カテゴリ:生活
日本列島・桜前線、本日・4月14日は、宮城県周辺でしょうか。
私の住む札幌市は、5月3日辺りに予定とのことです。

我が家の庭には、未だ雪山があります。
仲通りに面しています表玄関前は北向きのため、前庭には、排雪された雪が溶けないで残っております。

自宅の南側の裏庭には、Aさん所有の駐車場に積もった雪が排雪されていて、雪山となっています。
この除雪は、請け負った管理会社が行っていて、本来、除雪した後に、札幌市の指定場所まで運んで排雪しなければならないのものです。
しかし、駐車場の除雪の際、自宅の前の除雪をやっていただいておりますので、裏庭に捨てることを容認しております。

仲通りから車一台が通行できる路地があり、この路地を挟んで、隣家のBさんが住んでおられます。

状況説明は、ここまで。
4月13日、私は裏庭の雪山を少しでも早く溶かす積もりで、雪割をやっていました。
Bさんの奥様から声が掛かりました。

囲い越しに話が進みます。

奥様「お宅の庭にある石を2.3個いただけないでしょうか」
私「いいですよ」
奥様「ありがとう、ご好意に甘えます」
私「どうぞどうぞ」

奥様 囲いのすぐ側にある木を指して「このアカシアの木が枯れてしまったの」
私「普通の状態では枯れることはないでしょう、何かありましたか?」
奥様「そういえば、駐車場の管理会社の人が、囲い付近に雑草が生えているので除草剤を播くといい、了解しました。でも、ここにある花は大丈夫だから」

私「アカシアの木には根が広範囲に伸びているので、除草剤の影響を受けたに違いないですよ」
奥様「根のことは気が付きませんでした。この木はお友達からいただいたもので、大切にしていたのに残念だわ」
私「人間も除草剤や農薬塗れの物を食べさせられているのですから、いずれ、アカシアの木の運命を辿るでしょうよ」
奥様「恐い話ね」

その後、奥様は石を運び終えて、自宅を訪れ「とろろそば」を持参して「賞味期限が迫っていますけど」とのこと。
「ありがとうございます。そばは大歓迎です。賞味期限は気にしません」と私。

早速、神棚にお供えして、昼食は「とろろそば」をいただきました。
付け汁には、生姜の摩り下ろしと「すりゴマ」をタップリと入れました。

裏庭に生えていた「ふきのとう」を豆腐の味噌汁に放って、「蕎麦湯」代わりとしていただきました。

さて、今日の記事は日記風に始まりましたが、問題はここからです。

除草剤を代表とする農薬の影響は、田舎だけではなく、都市部にも被害を与えていることは承知しておりましたが、我が家にまで及んでいるとは露にも思っていませんでした。

隣の駐車場で「除草剤が散布された」というのであれば、当然、我が庭にも、我が家族にも、その害が普及してきます。
家族には今のところ、顕著な異変は見つかりませんが、「庭」については「思い当たるふし」が二、三あります。

昨年は、裏庭の畑で「稲栽培」に挑戦しましたが、駄目でした。
トウモロコシも収穫までには至りませんでした。
裏庭の犬小屋に居住していた「レオ君」の急死。

この除草剤を「真犯人」と断定はできませんが、複合汚染の一つであることは間違いありません。

除草剤は本来「殺草剤」ではあり、直ちに草を殺す毒薬ではあります。
更には、人間を「除々に」殺すので「除人剤」とすべきではありますが、これでは余りにも露骨ですから「除草剤」と呼んでいるのでしょう(これ推測)。

狂牛病の「重要容疑者」は「除草剤」です。
人間の「狂牛病」である「アルツハイマー病」は、認知症疾患の約50%にも達し、その患者数は2005年には約85万人に及び、今後とも大幅に増加するといわれています。

アメリカ合衆国は「狂牛病」を隠蔽しておりますが、急増している「「アルツハイマー病患者」を隠し切れないでおります。

都市部に居住しているかたは、食品に含まれている「除草剤」だけではなく、直接、口や皮膚からも「除草剤」を摂りいれていることになります。

味噌汁に放った「ふきのとう」も心配です。

このように知らず知らずのうちに「毒」が体内に入り込んでいます。
この害を少なくするには「毒消し」をするしかありません。

生命は全体としてバランスが取れています。
毒もあれば、その「毒消し」役が存在します。
ですから、生命全体をいただきますと、「毒消し」が本領を発揮していただき、有害物資を排出していただけます。

生命である「食べ物」を精白しないで、「生命丸ごと」いただきましょう。

唾液は自然治癒力の源であり、素晴らしい「毒消し」効果があります。
この唾液を充分、分泌させるために、一口、最低30回は噛みましょう。
天然の素晴らしい美味を噛み締めましょう。

あらゆる生命に感謝









Last updated  2009.04.14 19:06:13
コメント(1) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.