040597 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

名演プロムナード

日曜洋画劇場エンディングテーマ曲

淀川長治さんといえば日曜洋画劇場を思い出す。

1998年のお亡くなりになる直前まで、その日の映画を楽しく解説し、いつも最後に「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」と言っておられたのが昨日のことのようだ。
その「サヨナラ」の後に流れていたエンディングテーマ曲がSo In Love。
まるでラフマニノフのピアノ協奏曲かと思われるほど、壮麗で美しいメロディーをもち、きらきら輝くピアノのアルペジョが活躍する曲。
実はこれ、コール・ポーターが作曲したものでアメリカのミュージカル舞台劇"Kiss Me Kate"(1948年)の中の曲である。
私は、この曲が大好きだったのだが、いつも途中でフェードアウトしてしまうので残念な思いをしていた。

以前、林忠男さんがハープでこの曲を弾いたアナログレコード"Finger Trip"を入手し、その演奏もとても好きだったが、昨年モートン・グールド楽団が演奏したCDを見つけ、早速購入。これはTVと同じオーケストラ+ピアノ、というかTVはもともとこれを流していたらしい。途中で日本の演奏に切り替えたそうだが。

モートン・グールド楽団の演奏は磯崎英隆さんが個人で制作されたCD「レコードのムード」に収められている。

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.