219433 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

旧ゲーマーの内職道

PR

プロフィール


ja-ja-maru

カレンダー

お気に入りブログ

今日の予想 パワハムさん

A&G ULTIMET P… 2005たかさん
@Peaces トレマ@ミルさん
極刑空間 亀愛好家さん

コメント新着

ja-ja-maru@ ござるござる コメントの返しが遅れてしまい申し訳あり…
紫苑@ …あぁ、もう、燃え尽きました、、、 …たった今、クリアして来て感想を読みふけ…
ja-ja-maru@ Re:相互リンク(10/26) >貧乏兄ちゃんさん 申し訳ありません。…
貧乏兄ちゃん@ 相互リンク もし宜しければ下記サイトと相互リンクし…

フリーページ

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月

サイド自由欄

設定されていません。
2008年06月03日
XML

こんばんは~









先日「G線上の魔王」が終わったので感想を。



top01.jpg



さすがは「るーすぼーい」氏



車輪の国同様、


るーすぼーいさんの作風が色濃く表れた作品ではないでしょうか。


まったく…この方は人が悪い…


プレイヤーをことごとくだまし討ちしてくれますね( ´ー`)y-~~




ネタバレしないで書くのはとても難しいので、感想の内容がひどいです。


それでも極力ネタバレはしないよう頑張ってみてます…


それが俺クォリティ。


滅茶苦茶見にくいなぁ…



・シナリオ(8.5/10)

概要(Gechu.com様より転写)

--命をかけた、純愛--

真冬。粉雪の舞う大都市に"魔王"が出没した。
望みは、無論、人間社会の崩壊である。

主人公・浅井京介は、学園に通うかたわら、養父のビジネスを手伝って、存外な大金を動かしていた。
倣岸な養父に影響を受けた彼は、才能を余すところなく発揮して、ついには有名企業のブレインとしての顔を持つようになっていた。
けれど、彼は普段はクラシックを愛するひょうきんで明るい青年である。
クラスメイトの椿姫と義理の妹の花音、親友の栄一に囲まれながら、楽しい学園生活を送っている。

そんな京介の平凡な日常にも、危機が迫っていた。
花音の出場するフィギュアスケートの全国大会が脅迫され、椿姫はずっと守ってきた家から立ち退きを迫られる。
学園は謎の集団が人質を取って立て篭り、市内でも富裕層の子供たちが次々と失踪していく。
一連の事件はすべて、地下都市を根城とする"魔王"の仕業だという。

そんなとき、一人の少女が訪ねてくる。
少女は、正体不明の"魔王"をあぶりだすべく、頭脳を駆使した心理戦をしかけていった。
流れるような長髪の美少女、宇佐美 ハル。
彼女こそが、京介の忌まわしき少年時代を、ともに戦ってくれた"勇者"だった。

十年ぶりの再会--
いま、命をかけた純愛ドラマの幕が上がる--


-----------------------------------------


正直言って途中まではなんでこんなに高評価なんだろうと思っていました。
「もう一歩…」ずっとそう感じながらプレイしていました。
が、さすがにそれで終わる作品ではありません。
途中でやめてしまうには非常にもったいないでしょう。
最後までプレイして欲しいところです。

プレイ中の日記で、
「魔王の正体のネタバレをしたらひどくつまらなくなるかもしれない」
というような事を書いた気がしますが、そんなものは些細な問題かと。
仮に知っていたとしても十分に楽しめます。
このゲームの真の魅力はそこではないと言ってもいいかもしれないほどに。

このゲームおいて面白い部分は大きく分けて2つ。
魔王との頭脳戦と、ヒューマンドラマでしょう。
もちろん日常パートも面白いです。
金田まひるさんが相変わらずぶっ飛んでいて笑わずにはいられなかったです。
俺だって穴があったら入れたいぜっ!

頭脳戦では、伏線をちりばめていてプレイヤーに色々と想像させてくれます。
ですが、それが裏目に出た所も多々あります。
コンプした後でもイマイチ納得できない箇所や解決出来ていない問題、
テンポが悪い所が時々…
ここぞという所で、たたみかけるような勢いがもっと欲しかったです。
しかし、
アタッシュケースの謎の所など面白かった部分もありますので、
それなりには面白かったですね。

ただ、
本作は頭脳戦に全ての力を入れた作品ではありませんでした。
ヒューマンドラマこそ今作最大の魅力。
頭脳戦はあくまでも途中過程の楽しみ程度に思った方が良いかもしれません。
頭脳戦にプレイヤーの意識を集中させ、油断させる為の布石とでも言いましょうか…
命をかけた、純愛
この言葉の意味を全て終了した後に理解できるでしょう。
最後が本当に良すぎるよ…




・CG (8/10)
原画はいつもの有葉さん。
個人の好みにもよると思いますが、
崩れたりすることなく全て丁寧に描かれていたので好印象。
ピーチクも綺麗だし、私はとても好きな絵です。
129枚と十分な量のCG数です。
立ち絵にしてもウケ狙いの変顔とかもあったりしてプレイ中飽きませんでした。




・音楽(10/10)
今作はものすご~く音楽に力が入っていました。
こんなに曲数が多い作品はなかなかないかと…
原曲が素晴らしいものというものありますが、
それを上手く使いこなせていました。
サウンドモードで聴ける音楽は67曲。
「対決」や「交錯」が熱くて良かったかなぁ。
なんといっても「G線上のアリア」はイイですね。
元々有名なので何度も聞いたことはありますが、
ゲームで流れるとまた嬉しさが…
タイトル画面のBGMがヒロインを攻略する毎に、
チョットずつ変わっていく演出が最高でした。
二人攻略したぐらいでやっと気付いたんですが、
ネットで探してもそこに触れている人があまりいないのが悲しいような…
私の勘違いって事がありそうで恥ずかしいのですが。



・システム(8/10)
特に確認したわけではないんですが動作も軽かった気がしますし、
必要な設定はほぼ完備していたので不満は無かったです。
章立てているゲームなのでシーンスキップが無くても苦労はありませんでした、
けど、出来れば全てのゲームシーンスキップがあると嬉しいなぁとも感じています。

・ボイスカットオフ機能有り
・ウィンドウ透明度調整有り
・右クリック・Spaceキーの設定変更有り
・セーブ108、クイックセーブ有り
・スキップは早め
・シーンスキップはなし




・主人公(7.5/10)
頭の出来が良く、それなりに出来る主人公でした。
ラストはかなり格好良かったですし。
ただ、周りにいる人達が凄すぎたのか印象薄いんですよね。
といっても何にも出来ないダメ主人公タイプではないのでイライラしたりってことはない…はず。
ヤクザの親分に登り詰めるルートとかあったら面白かったかもしれないですね。




・エロ(6/10)
各キャラ2回ないし3回のHシーンがありますが、
あくまでもシナリオ重視のゲームなので特に期待しないくらいでいいでしょう。
普通のエロゲにあるHシーンといった感じで、可もなく不可もないレベルだと思います。




・プレイ時間
ちまちまプレイしてたんで、どのくらいかかるのか想像つかないです。
ごめんなさいm(_ _)m

ただ、それなりに時間はかかりますので、
社会人の方は休日を使ってがっつりやるのがいいかもしれません。
さすがにアホみたいに時間かかるってわけじゃないので安心して下さい。




・全体として(総合87/100)
一本道のゲームとして見るならかなり面白いゲームです。
欲をいえばもう少し某キャラ以外の個別ルートを充実させて欲しい所ではありました。

それにしても福山潤さんが出ている辺りがグッときますね~
やはりあの人は裏のあるキャラが似合います( ̄ー ̄)bグッ!
ルルーシュにしか聞こえないとか、そんな事をいっちゃいけねぇ…

総合点に関してはやや甘めの点数の付け方かもしれませんが、
私は一つでも突出したルートがあるなら高く評価するタイプの人間なので若干高めです。
それでも個別ルートの弱さ、
コンプした後でも色々と納得出来ない箇所があるなどの理由で下げています。

車輪の国と比較して低い評価を付けている方を見かける事がありますが、
私としては切り離して一つのゲームとして評価して欲しいです。
もちろん、比較する事が悪いと言っている訳ではありません。
前作との比較は面白さを測る尺度としては重要なものです。
それでも、そのゲームにはそのゲームの良さというものがありますから、
そこの魅力を存分に味わって欲しいです。
いや…バレバトやった時にあやかしびとと比較されて叩かれていたのを思い出したもんですから…


とにかく最後までプレイすればきっと満足できる出来のゲームのはず!


これからプレイする人は出来る限り事前情報無しでプレイして下さいm(_ _)m
ネット中でネタバレしまくってますからね~



c460245chara5.jpg

ユキのファンディスク、マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン 


hakusyu1_gray.gif

にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ







最終更新日  2008年06月04日 01時47分52秒
コメント(4) | コメントを書く
[エロゲ(シナリオ重視)] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.