000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

KENTの独り言

PR

X

Profile


Kent AOKI

Calendar

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:徹夜で泊まり・・・・(10/24) cialis legal bestellencialis same as ta…
http://buycialisky.com/@ Re:糸魚川ジオパーク(07/30) cialis costcialis performance anxietybu…
http://cialisb.com/@ Re:徹夜で泊まり・・・・(10/24) kann man cialis in spanien kaufencialis…
http://viagraky.com/@ Re:糸魚川ジオパーク(07/30) viagra kamagra wroclaw odbi r <a hr…
http://buycialisonla.com/@ Re:願いのピノ ダブルゲット 連発!(10/19) cialis free coupongeneric cialis bijwer…

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Archives

2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01

Favorite Blog

Windful 鱸萬兆さん
酔眼教師の乱雑日記 学者犬さん
某職員の憂鬱 ライス1223さん
B型人間 日々の小考 B型人間@F大さん
whimsy kumagoro33さん
2007.10.28
XML
カテゴリ:研究・教育関連
昨日の委員会でも議論が出たので,ちょっと整理をしてみます.
10月10日のイギリス高裁で出た判決です.日本ではなかなか全体が報道されていません.んで,ちょっと探してみました.

日本だとこんな感じの記事で報道されていました.消されるといけないのでpdfファイルにして保存しておくか.

参考にしたイギリスの報道はこちら.こっちもpdfファイルにしておきました.


さて,対訳を作って,Kentなりのコメントをつけてみます.
参考にしているIPCCの第4次次評価報告書の政策決定者向け要約(AR4-SPM)の日本語訳はこちらにあります.

 #英語が得意な方,誤訳をしていないかどうか チェックをお願いできませんか???


全体を通した結論とそれに対する感想から言えば,「映画の内容が否定されたのではなく,表現方法に注意が与えられたに過ぎない」ということです.こうした枝葉末節(とはいえ,ドキュメンタリーなのだから注意を払うべきところですが・・・)を取り上げて,地球温暖化による環境影響そのものを否定するような報道やコメントが氾濫していることが気になるところです.ドキュメンタリーとはいえ映画なのだから,ある程度のデフォルメを含んだ表現は許容されるところだろうともおもう.この映画自体は,ゴアの政治的メッセージとして捕らえるべき部分もあるのだから,表現に目くじらを立てても・・・ と思います.


【誤り1】
ERROR: Mr Gore asserted that a sea-level rise of up to 20 feet would be caused by melting of either West Antarctica or Greenland "in the near future".

The judge said: "This is distinctly alarmist and part of Mr Gore's "wake-up call". It was common ground that if Greenland melted it would release this amount of ater - "but only after, and over, millennia."

誤り:ゴアは,「西南極とグリーンランド(の氷床)が融解することにより,“近い将来”海水準が最大20フィート上昇する」と断言している.

判決:これは,明らかに人騒がせであり,ゴアによる“モーニングコール”である.グリーンランド(氷床)が融解すれば,これに相当する量の水が放出されるが,それは,千年以上先のことである.

Kent'sコメント:これは,たしかに判決のとおり.海面上昇量は古い値を用いている(西南極氷床の崩壊を想定したような値).AR4での見積もりでは,21世紀中には最大でも60cmくらいの上昇です(一応,「氷床の崩壊はないとして」という留保はついてますが).しかし,同時にAR4では,南極氷床とグリーンランド氷床の融解が,20世紀後半の海面上昇に寄与した可能性が「かなり高い」としていることにも注意する必要があるだろう.特に,グリーンランド氷床の融解については,さまざまな研究によって指摘されている.



【誤り2】
ERROR: The film had also asserted that low-lying inhabited Pacific atolls "are being inundated because of anthropogenic global warming" - but there was no evidence of any evacuation having yet happened.

誤り:映画では,「南太平洋にある標高の低いさんご島は,“人為的な温暖化によって浸水(inundated)しつつある”」と断言している.

判決:すでに避難が始まっているという証拠はない.

Kent'sコメント:ん~ ERRORとbut以下とがうまく対応していないような.“being inundated”は直訳すると「殺到」なのだが,「避難」とも訳せるのか? いずれにしても,浸水しつつあることは事実であるし,「浸水を直接回避するために避難した人」はいなくても,「浸水によって家族が経済的ダメージを受け,息子がAZやNZに出稼ぎに行かざるを得なくなった」人はいると聞いています・・・出典を確認しないといけないな.NHKの報道なんかでは出ていたが..


【誤り3】
ERROR: The documentary had also spoken of global warming "shutting down the Ocean Conveyor" - the process by which the Gulf Stream is carried over the North Atlantic to western Europe.

The judge said that, according to the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC), it was "very unlikely" that the Ocean Conveyor, also known as the Meridional Overturning Circulation, would shut down in the future, though it might slow down.

誤り:このドキュメンタリーはまた,地球温暖化が“海洋コンベアを停止させる”と述べている.-このプロセスは,メキシコ湾流を北大西洋から西ヨーロッパへと運んでいる.

判決:IPCCによれば,混合循環として知られるこの海洋コンベアは,鈍化することはあっても,将来停止することは“可能性はかなり低い”とされている.

Kent'sコメント:海洋コンベアの停止による影響は,映画「The Day after tommmorow」にしめされたので(これはこれで大嘘なのだが...),知っている人もいるだろう.AR4によると,北大西洋の熱塩循環は,判決のとおり“停止する可能性はかなり低い”とされているが,また同時に,2100年までに25%(0~50%)減衰するとも言われている.これでも十分に大きな影響が生じるはずである.


【誤り4】
ERROR: Mr Gore had also asserted - by ridiculing the opposite view - that two graphs, one plotting a rise in C02 and the other the rise in temperature over a period of 650,000 years, showed "an exact fit".

The judge said that, although there was general scientific agreement that there was a connection, "the two graphs do not establish what Mr Gore asserts".

誤り:ゴアはまた,「過去65万年間の二酸化炭素(濃度)の上昇と気温上昇の2つグラフを示し,この二つが“正確に一致している”」と断言している.

判決:この関係性については,確かにおよその科学的合意が得られているが,“ゴアが断言するほど確立されたものではない”.

Kent'sコメント:第四紀を通じた気温変動と二酸化炭素濃度の変化の間に因果関係が存在していることは,地学的には合意事項である(もちろん,その間の因果律は複雑であり,いくつものフィードバックが存在している).過去65万年間の長期変動と近年の短期的な人為的二酸化炭素濃度変化に伴う気温上昇を単純に同一視させようとしている手法自体には問題はありそうだが,ゴアがグラフで示したこと自体は問題ないはずである.


『不都合な真実』の9つの嘘 その2 に続く!






Last updated  2007.10.28 22:57:16
コメント(2) | コメントを書く
[研究・教育関連] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:『不都合な真実』の9つの嘘 その1(10/28)   shchan_3 さん
 しょうです。大変ご無沙汰しています。
 以前は、拙HPへのリンクをご了解いただきありがとうございました。
 http://sky.geocities.jp/shchan_3/
「大学の教員(氷河や環境の専門家)による分析」の部分です。

 さて、上記の「誤り1」に関連する記事をTBさせていただきます。「氷床の崩壊」についても、メキシコの発見で「少なくとも可能性は否定できない」ということになりそうですね。

(すでにご存知だとは思いますが・・・) (2009.06.14 18:28:16)

Re:『不都合な真実』の9つの嘘 その1   不都合な真実 さん
私が付けたコメントは管理人さんにとって『不都合な真実』だったようで、
削除されてしまったのでもう一度書きます。
「クローズアップ現代」で、温暖化ガス観測衛星いぶきの観測データを基にして作成された動画を見たけど、中国が断トツで温暖化ガスを排出していたぞ。
中国に比べたらアメリカなんか微々たるもんだし、日本に至っては全く排出していなかった。(つまり、公表されている数字は真っ赤な嘘だということ)
それなのにゴアは、「アメリカが断トツの排出国…人間と地球の関係を変えるのはアメリカなのです」と、事実と正反対の売国発言を繰り返している。
こいつは中国の工作員か?
白人はオツムが軽いから北朝鮮に騙され続けているし、政府の中枢に入り込んだ共産スパイに唆されて、共産勢力に対する防塞だった日本を叩き壊しちまったという前科も有るしな。
ところで、全く排出していない日本が、断トツ排出国中国に罰金を払ってるって何の冗談だ?
日本には、資源の無い貧乏国日本が持っている唯一の資源ともいうべき環境技術を、資源が豊富な金持ち国中国に「只で上げろ」などとほざく基地外売国奴が山ほど居る。
もう気が触れて笑いだすしかないわ、アハ、アハハ、アハハハハハ… (2010.07.05 07:14:17)


© Rakuten Group, Inc.