094905 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

背が低いなら、高く飛べ -上海激闘編-

PR

Calendar

Profile


けんたろ〜Rev.7

Category

雑記

(88)

(8)

(4)

(6)

(7)

(5)

(9)

(3)

(1)

(1)

告知

(4)

Archives

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09

Recent Posts

Comments

丸さん@ Re:トラウマソング~『日曜日~ひとりぼっちの祈り』~(10/23) さがしてましたが、YouTubeにありました。…
王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…
ドライブ好き@ 風呂入るのメンドクサイ! http://feti.findeath.net/zr-nlh0/ 今日…
チリチリ@ 次は庭で全裸予定w http://kuri.backblack.net/plz8xx2/ ち○…
通な俺@ 愛 液ごちそうたまでしたw http://hiru.kamerock.net/x4mal67/ フ○…

全4件 (4件中 1-4件目)

1

2005.11.03
XML
カテゴリ:
通訳の

ふざけた態度

気にくわぬ



もう一句。



通訳の

言葉遣いに

気死了


お後がよろしいようで。。。


私、あいつ、受け付けません。
なめてんのか?



→→BLOGランキングはこちらから。クリックお願いします!←←






Last updated  2005.11.03 12:06:23
コメント(1) | コメントを書く
2005.10.15
カテゴリ:
--------10/19追記--------
リクエストにより、訳を追加しました。
ニュアンス重視で口語訳してますので適訳かどうかは不明です。
-------------------------


この一週間、まったく知らない人からのショートメールテロを受けてます。
ま、要は



殺す



と宣言されちゃった訳です。
事の始まりは、10月10日 月曜の超早朝。
一本の電話から。


知らない番号だったが、寝ぼけながら「もしもし?」と出ると、相手も「もしもし」と。
その後無言なのでsms4どちら様ですか?と聞くと、
俺が中国語で答えたのが意外だったような反応の後、



sms1
機会があれば、会わない?



と。それも、男が女の声色を真似たような感じで。
はぁ?なんだこいつと思いながら、快眠を邪魔されたいらだちも手伝って、



sms2
寝とんねん!!



と、言い放ち、電話をきる。すると、すぐにまた同じ番号からかかってくる。
今度は出ずに無視。
そして、翌日10月11日 火曜
22時頃からショートメールテロが始まる。。。



sms3
日本の犬野郎。!また人さま傷つけたのか!屠るぞ!!この家畜風情が!



と、一通のショートメールが。。。
前日の早朝かかってきた番号からである。
誰だこいつ、と思い、とりあえず、



sms4
どちら様ですか?



と返信。
すかさず、返事がかえってくる。



sms5
オマエを屠る時に、俺が誰だかわかるわ!!



俺も、ほっときゃいいのに、やられっぱなしじゃ悔しいので、



sms6
これ以上こんなメール送ってきたら、警察に通報しますよ。



と反撃。すると、即TELがかかってくる。
メールの送り主の番号からである。それも、2回も。とりあえず、無視。
俺がTELをとらないと見るや、再びショートメール攻撃がくる。



sms7
通報しろよ。このチキン野郎。



おお。開き直りましたね。
無視を決め込んで、ほっとくと、もう一通。。。



sms8
ちょっと顔出せや。したら、俺が誰だかわかるわ!チキン野郎!



ほほう。。。てか、「孫子」って。。。兵法????
という突っ込みを、グッとこらえて、無視。
。。。
。。。
。。。
また、TELがかかってくるじゃないですか。。。


今度は出てみる。
かなりいらいらしていた俺。出てすぐ



sms9
あんた、誰?



と。
すると、相手、今度はちゃんと男の声で



sms10
俺が誰だかはどーでもいい。オマエが誰だか俺が知ってれば十分!



と。
をいをい。。。何なんですか、この人は。。。
らちがあかないと思い、そのままTELを切る。
その日は、その後何もなく終わる。


そして翌日、10月12日 正午ごろ。
再びヤツからショートメールが。。。



sms11
日本の犬野郎。Japen dog fuck japen dog。



と。。。
ちょっと待て。。。なんだ、この突っ込み所満載なメールは。



Japen?




Japen?




Japen?




爆笑




しかも、このJapenメール、この一通だけでは終わりませんでした。
まったく同じ文面が


12日 夜


13日 夜


14日 午後


と計4通。当然全部




Japen




もう、お手上げです。
こんな恥を露呈しなければ、恐怖の対象ともなり得たろうに。。。
あぁ。。。思いっきり突っ込んであげたい。。。



「Japen?どこの国ですか??」



って。。。
しかし、この手の輩は、甘やかすと付け上がるんで、無視。


この一連の出来事について、中国人の友人にメールを見せたところ、
文面の書き方が上海人じゃないとの事。
電話番号変えたら?とのアドバイスをもらうが、
なんだか、テロに屈したみたいな感じがするので、
とりあえず、このまま無視する事に。


身辺に変わった事もないし、それに、もしコイツが俺の事を本当に知ってる上で
脅そうとするなら、もっと「俺はオマエの事を知ってるんだぞ」という素振りを
見せるはず。(少なくとも、俺だったらそうする。笑)
「オマエの家はドコドコだろ。。。」とか「オマエの名前はXXXだろ。。。」とか。
こんな素振りが全くない所を見ると、一番初めのイタズラ電話で
俺が日本人だって事を知って、イタズラを繰り返してるんでしょう。


しかし、暇人よね。

Japenメール
にしたって、全く同じ文面で、改善が見られないって事は、
発信メール保存して、それを繰り返して送ってるって事でしょ??
まったく。。。なんと言っていいのか。。。


ま、とりあえず無視決め込んで、様子を見てみます。
あまりにもひどくて、状況がおかしくなったら、番号変えるなり
警察に通報するなりします。


この話をTK氏にした時、TK氏曰く
「どっかの出会い系サイトに『H大好き少女です!』とか言って、そいつの電話番号さらしちゃえば?」
って。。。ナイスアイデア!?



→人気BLOGランキング。アジアの面白BLOGはこちらから!←






Last updated  2005.10.19 23:10:37
コメント(13) | コメントを書く
2005.06.24
カテゴリ:
仕事での出来事はあまり書くつもりはなかったのだが、
昨日の出来事は。。。いや、別にビックリするほどの初体験ではないのだが
堪忍袋の緒が切れた。。。というか、呆れのタメ息がどっと出た。。。というか。。。


昨日仕事中、ウチの科の科長(中国人)から



「おい。コレ読んでみそ」(中国語)



と、あるレターを手渡される。
「なになに?」と、見てみると、ウチの財務部からのレター。
先日、財務部からある要求があり、それについて現状を踏まえて
財務部の要求を実践する事の問題点を書いたレターを出したのだが、
どうやらそれに対する回答のようだ。


読んでみて、唖然とした。。。
俺が「はぁ??」と口に出すと、科長がすかさず



「な?面白くないだろ?」(中国語)



と。。。うん。確かに面白くない。
財務の言い分を簡単に書くと。。。



こないだの回答で、ウチの要求を実行できないとか言ってたけどさ、
これは会社の財務なんたら制度で決まってるんだよ。えぇ?
できないとか言ってる割には、なんだよ、オマエのところが出してくる資料はさ!
あの資料のココはこうなってるのは何でだよ?
この資料のココの数字はおかしいだろ?えぇ?
日常業務態度を含めて、オマエらの言い訳を強烈に批判するね!
(かなり意訳。。。でも、大意はかなりピッタリ。)



。。。いや。。。ちょっと待て。。。あの資料のその数字を分配するのは
財務の仕事だろ???
それよりも、日常業務態度を批判???
オマエら何様のつもりだ??????


なんと低レベルな。。。もう、口あんぐり。。。
あまりに呆れ、俺が言葉を失っていると、科長がすかさず



「この資料のココは、ああだから、こうするしかないだろ?
あの資料の数字にしたって、現状から言ったら、こうするしかないじゃないか。。。
それを、アイツら。。。(怒)コレ読んだウチのスタッフみんな、メッチャ怒ってるぜ。。。」(中国語)




と。。。
うんうん。分かるよ。言いたい事は十分分かる。
だって、俺も怒ってますもの。。。ていうか、呆れてますもの。。。
あまりの呆れ具合に、俺がため息をついていると、



「ほら、アイツらは上から下を見てるからね。。。
ウチら下の事なんかどうでもいいのさ。。。ははは。。。」(中国語)




と、科長のメッチャ皮肉な一言。。。



「。。。でも。。。」(中国語)



「でも?」



「。。。この件で、財務担当者と電話で相談した後に、レター出したのに。。。
こんなレター出す前に、集まって打合せすればいいのに。。。」(中国語)




と、科長。。。
俺も全く同感。。。でも、仕方ないね。。。同じ社内の一部門なのに、
自部署が格上だと思ってる 神精病な 方達なんですから。。。
これもそれも、財務部のBOSSが「自分の事を総経理だと思ってる
子供みたいな事しかいえない合弁相手の副総経理」
なんですから。。。


日本人スタッフvs中国人スタッフ、っつー図式じゃなく、
中国人スタッフvs中国人スタッフ、っつー図式だもんなぁ。。。
そしてそれに巻き込まれる日本人スタッフ(俺)だもんなぁ。。。笑


まぁ、このままレターの応酬をしてても、ラチが空かないので、
あたためていた秘策をちらつかせつつ、目立たないように立ち回るしかないですな。。。
(俺が目立った行動をすると、合弁相手にチクられて帰国させられてしまうので。。。笑)


ぉおっと。。。何のオチもない、愚痴になってしまった。。。
こんな事、日常茶飯事なんですが。。。今日は、何となく。。。ね。。。
あしからず。。。


BLOGランキング。明日への活力に、あなたの1クリックを!






Last updated  2005.06.24 09:19:23
コメント(0) | コメントを書く
2005.06.07
カテゴリ:
上海に来てから、腹が立った事、納得できない事、色々ありました。
仕方ありません。ここは日本じゃないし、文化が違うんだから。。。


しかし、あの出来事だけは納得できません。
いま思い出しても腹が立つ。っていうか、あきれ果てる。



ある日、とあるBARで飲んでいた時の事。。。
その日は週末だった事もあり、さほど広くない店内は満席に近い賑わい。
何人かの友人達とカウンターで楽しく飲んでいると、
俺たちの後ろのソファーの日本人客たちのテンションがかなり上がり始める。


やかましいなぁ。と思って目を向けると、男2女2の4人組日本人客。
20代半ば位の男の子と、その上司とおぼしき40代前半くらいの男。
あと、男の子の友達っぽい20代前半位の女の子2人。


その上司とおぼしき年長者に「オマエ、女の子の友達紹介しろよ」みたいに
言われて開かれたプチ合コン二次会みたいな感じ。


その年長者の、得意気な、いかにも女の子達にアピールするような
甲高い大声も、かなりやかましいと感じるが、グッと我慢。
しかし、ちょっとしたら様子がおかしくなってきた。


男の子がかなり酩酊し始め、グラスを立て続けに割ってしまう。
「おいおい。。。」と思ったら、トイレを往復し始め、ついには
なかなか出てこなくなる。しかし、年長者は心配する様子もなく、
女の子達に夢中。アピールトークが更に加速される。


男の子がやっとトイレから帰ってくるも、ついにダウン。
通路に横たわってしまう。さすがに通路は邪魔という事で、
店員さんが抱え上げ、空いているソファーへ。
ソファーに横たえるとき、店員さんが手を滑らせ、男の子の頭がソファーの
ひじかけに激しくヒット。ゴン、という鈍い音が店内に響く。
が、男の子は眼を覚まさない。完全にグロッキー。


この一連のやり取りの間も、年長者は全くお構いなし。
店員さんに「迷惑かけました」の一言もなしに、アピールトーク継続。
この頃から、俺を含めた他のお客さん達も年長者へ疑念の視線を向け始める。


しばらくして、男の子がついにソファーで大噴火。寝ゲロしてしまう。
仰向けでの寝ゲロは危険だ!と店員さんが介抱しようとするが、
店内は満員でてんてこ舞い状態。そこで、俺と友人が手伝い、
外に連れ出すことに。
その時、年長者が信じられない一言を。。。



「大丈夫、大丈夫。そんなのほっといていいから。」



その一言を耳にした、他のお客さんたちの目が点になる。。。
アンタね。。。いくら女の子達との楽しい時間に水を差されるからって
それはないでしょ。。。
一言文句言ってやろうかと思ったが、男の子の介抱を優先。


呑んだくれるのも得意だが、自ら学んだ経験から、介抱するのも得意な俺。
水をいっぱい飲ませて、それを指突っ込んで吐かせる。
そしてまた水を飲ませて。。。を繰り返す、いわば強制簡易胃洗浄を実行。
その間、男の子も意識を取り戻し力ない声で「スイマセン、スイマセン」と。


その頃、女の子の一人が様子を見に外に出てくる。
「かなり酔ってて、一人じゃ立てないから、誰かついて帰ったほうがいいよ」と俺。
「分かりました」と彼女が店内に戻り、程なくして、年長者と女の子達が会計を
済ませて出てきた。


出てきた年長者の視線がおかしい。迷惑をかけたという気は全く感じられず
むしろ「女の子達との楽しい時間を邪魔しやがって」という敵意を感じる。


高ぶる神経をかなり抑えて、俺は年長者に「かなり酔ってて、一人じゃ立てませんから、送って帰ったほうがいいですよ」と伝える。
そこで年長者の一言。。。



「こいつが勝手に酔っただけで。。。
それに誰も介抱頼んでないし。。。」




ブチ。俺の中で何かが切れる。
脳の血圧が下がり、目の前が真っ白になる。


「アンタねぇ!!」と突っかかりそうになる俺を、
友人が後ろから羽交い絞めにする。
友人に制止され、少しだけ冷静になった俺は、制止を振りほどき、
年長者対しちょっと強い口調で



「自分の連れがこんなになるまで酔いつぶれて、お店の人や
他のお客さんに迷惑かけてるのに、それはないでしょ!
おかしいですよ!自分の連れなんですから、自分達で面倒見るのが当然でしょ!!!」




すると年長者



「はいはい。謝ればいいんでしょ?ス・イ・マ・セ・ン・で・し・た。分かりましたよ。送って帰ればいいんでしょ?」



と、「アンタ小学生か?」と言わんばかりの見事な逆切れっぷり。
よっぽど、女の子達との楽しい時間を邪魔された事に腹を立てているらしい。
その場にそれ以上いたら、自分を抑える自信がなかった俺は
店内に戻り洗面所で顔を洗って頭を冷やし、その後飲みを再開。。。
荒れる俺をうまくなだめてくれた友人達に感謝感謝です。。。



俺、間違ってるんでしょうか。。。
俺が介抱した事にお礼して欲しいなんて言ってません。
でも、自分の連れの面倒は自分達で見るのが普通じゃないですか??
周りの人に迷惑をかけたら、一言あるのが当たり前じゃないですか??


若い子なら、千歩譲って「しょうがないか」で済んだとしても、
アナタ大人でしょ?社会的にもある程度の立場がある人でしょ??
上海に来て、なんか自分が偉くなったとでも感じてるんでしょうか?
こういう人が日本人の印象を悪くするんだろうな、と思ってしまいます。
(異論反論はあると思いますが、正直な私の気持ちです。)
自分の言動を再確認させてくれる事件でもありました。


アレから、目撃はしていませんが、アナタの ハゲ頭 顔は忘れません。
もし、今後どこかで再遭遇して、同じような事があったら、
今度は闘気をFULL開放しちゃいますよ(邪笑)



BLOGランキング。どうぞクリックよろしくm(_ _)m






Last updated  2005.06.07 13:26:03
コメント(5) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.