2010年04月08日

英語リスニング能力の限界を知らされた瞬間

カテゴリ:アメリカ
今回アメリカでひしひしと「実感」させられたことがあります。

それは、私の「英語リスニング力の限界」を知らされた瞬間でした。
静かな衝撃でした。

私が本気でやり直し英語を始めたのは、ジョンが英検2級に合格してからです。だから3年前。
英検準1にも一発合格し、TOEICの最高点は840、リスニングは毎回420-430取れるようになりました。
ジョンの英語の先生が話している英語もほぼ聞き取れますし、
cnnなんかを見ていても、7-8割は内容がわかります。まあニュースの見出し単語などにも助けられながらですが。
だから、「まあある程度は話の内容もわかるわね」と思っていたのです。

が!このたび気付いたことは…

「予期せぬことを予期せぬ時にナチュラルスピードで話されるとさっぱりわからない。」ということです。

結論から言えば、ジョンはすべてわかるのです。
そして、いずれも、要領を得ない私の雰囲気を察知して、ほぼ同時通訳で、丁寧に説明してくれました(T_T)


シーン1.

「ワシントンDCのホワイトハウスビジターセンターにて」

アムトラック・アセラ(アメリカの新幹線)で、その日ニューヨークに向かうつもりでしたが、トラブルがあり、予約してお金も払っていた10時発の新幹線にほぼ乗れないことが判明しました。私は焦りまくり、半ばパニック状態。
ジョンにあたり散らし、どこにキャンセルや変更の電話をかければよいのかもわからず、路上で(^_^;)あたふたとしておりました。
それを見た、センターの警備員女性二人(いかにも、ホワイトハウスのセキュリティって感じで屈強!なビジュアルでした)が、助けてくれようとしました。
センター内のインフォメーションで予約センターに電話をかけてくれて、ひとまず10時には乗れないから変更したい、などなど話してくれました。

で!一通り電話で話をしたあと、電話を保留にし、私の顔を見ながら、早口で何かを尋ね始めました。
急に振られたので、心の準備もできておらず(^_^;)え?え?って顔をしていたら
ジョンが冷静に

「あのね、チケットの変更料は二人分で46ドルだって。で、次のアセラは11時と12時の両方、席が空いてるけど、どちらの時間でも、変更料は同じ値段。今、この電話で予約をしてもいいし、どちらかすぐに決められないのであれば、駅まで来てその時点で乗れる方を決めて、駅にある予約の機械で手続きをすればいいって。」

この間、一言もセキュリティのひとに再確認などすることもなく、この複雑な内容を私に伝えてくれました。
(ちなみに、アセラという新幹線は、日本とは違って乗る列車の時間帯等によって料金が大きく異なるのです)


うーむ。そ、そんなことを言ってたのか。もっとも気になっていたキャンセル料の部分、「46ドルが余分に掛かる」というのだけは私も何とかわかりましたが(^_^;)



☆シーン2

4月3日、アメリカでiPadが発売されました。私は知人から「アメリカで購入してきて」と頼まれていたので午前9時からの発売で予約をしました。店に着きましたら50人位のひとが並んでいましたので、その最後に私たちも並びました。

しばらくすると、アップルストアのスタッフが、列で並んでいるお客に向かって大きな声で呼びかけ始めました。

??って表情の私。列にきちんと並べって言ってるのかなあ、なんてぼんやり。

するとジョンが、

「あのね、iPadとiPodの充電器はコネクターの形状がすごくよく似ているから間違えないようにって。iPadとiPodは電圧が全然違って、iPad用の充電器をiPodに差し込んで充電するとiPadのほうが電圧が高いので、故障してしまうかもって。逆にすると、電圧が低いから弱すぎるって。だから注意して、絶対に間違えないようにしてくださいって言ってるよ」

へ、へえーーー(^_^;)??

iPadという一言だけはわかったんだけどなあ。

そんな話をしていたのかあ!


ジョンもね、わかっているんだと思います。
だからなにも言わず静かに、恩を着せることもなく、母を助けてくれるんだねえ。
「自分がちゃんと聞いとかないと、大変なことになる」って感じで、ある意味彼にとっては危機管理のひとつなのかも(^_^;)。

ありがとねー。

今回はこのシーン1,2のほかに、数回このようなシーンに遭遇しました。


それにしても、私は何でこんなに「予期せぬ英語」がわからないのか?

英検準1級のリスニングパート2ってのが、このような状況に少し近いかもしれません。
でもあれもまあ、「さあこれから始まる!」と構えて待っているわけですし、選択肢の内容から、なんとなく、こういう話が始まるな、ってのもわかります。

そしてそれらは、人生経験や社会経験を駆使して正解を選ぶことができた部分が多大にあったのでしょう。

いえもちろん、克服することはできるでしょうけれどね。

それにしても!
今これを書いている時間は午前5時!

時差ぼけなのか、通常の不規則生活なのか?
ジョンは明らかに時差ぼけ状態だけど、私は何なんだろう。
明日から学校が本格的に始まります。
部屋の大掃除もしなくては。

そして日曜日は数検だ~













TWITTER

最終更新日  2010年04月09日 05時06分42秒
[アメリカ] カテゴリの最新記事