000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

けんとまん

日本国際飢餓対策機構

日本国際飢餓対策機構
  世界約50か国で物心両面の飢餓に応え、人々の自立に協力しています。

  ○空腹のまま、1分間に17人が亡くなっています。12人は子どもです。

  ●世界で作られる穀物で、世界の人が食べていけます。

  ○子どもが多いからご飯が足りない、のではありません。

  ●勉強しようとしても、考えることができません。

  ○日本を食べさせるために、世界の水が使われています。

  ●時給46円で、フィリピンの人はバナナを作っています。

  ○飢餓は、人災です。

  ●食べる量は40パーセント減りましたが、穀物の輸入は6倍に増えました。

  ○5800万トン買って、3分の1捨てています。

  ●日本は、世界で最も貧しい国です。

  ○日本の困っている人と共に生きよう。アフリカの子どもたちと共に生きよう。

HPはこちらから


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.