346816 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

motoのいろいろ栽培日記

PR

全643件 (643件中 581-590件目)

< 1 ... 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 >

2010.05.02
XML
カテゴリ:水耕栽培装置
前から考えていた水耕栽培装置を作ってみたいと思います。

発泡スチロール容器を上下に重ねて、水を循環し金属アスピレーターでマイクロバブルを作るというやつです。

材料は、金属アスピレーター


エーハイムコンパクト水中ポンプ


エーハイム ディフューザー(12/16φ)これは吸気部のみ使用


接着剤はこれ、ボンドウルトラ多用途SU
これは始めて使用します。何でもつきそうなのでちょっと高いけど使用してみました。


後は、発泡スチロール容器25L・2Lペットボトル容器などです

 まずは、金属アスピレーター用の空気取り入れ口用のチューブを、電工用のキャップを切ってホットボンドで止めます。
20100502装置00電工キャップ.jpg

20100502装置01.jpg

アスピレーター部を接続しました
20100502装置02アスピレーター接続.jpg


次は、水中ポンプ止め用のセルロイド板(その辺から切ってきたもの)発泡スチロール容器下部に、ホットボンドで止めます。(裏側にキスゴムがついてるため)
20100502装置04貼り付け用セルロイド板.jpg

ポンプを取り付けてみました。
20100502装置05ポンプ仮止め.jpg


ポンプとアスピレーターの稼動テスト
水を入れて、ポンプとアスピレーターの稼動テストを行います。
まーまーって感じですかね
20100502装置06 送水テスト.jpg

空気取り入れ口を絞りきってもマイクロバブルになりません。
泡が大きすぎますね。空気が入りすぎであると思われます。
これは今後空気取り入れ口を再検討します。
20100502装置07バブル空気MAX.jpg


次に根っことか不純物がポンプに入らないように、不織布とペットボトルでフィルターを作ります。
お茶パックを切ったもの(不織布)
20100502装置08不織布.jpg

穴あきペットボトル
20100502装置09ペットボトル.jpg

穴は、この半田ごてで空けてます。
しかし、最近はペットボトルの穴あけとかしか使いません・・
20100502装置10半田ごて.jpg

不織布をペットボトルにホットボンドで貼り付け


20100502装置11ペットボトル2.jpg

これをまたまたホットボンドで発泡スチロール容器に接着
20100502装置12ペットボトル.jpg


送水試験をしてみました。
不織布の抵抗が大きくて、ペットボトルで囲った中の水が先になくなっちゃいます・・・
だめじゃーーん
穴を10倍くらいに変更して、再挑戦!
(むっかーーときて写真取るの忘れた・・・)
20100502装置13送水試験.jpg

次に水位計&排水用の穴を空け、ホットボンドで止めます。
20100502装置14水位計穴.jpg

水漏れ試験
4時間置いて水位が変動しなかったので、こちらは終了
20100502水位計試験.jpg




下のリンクから関連ブログに行けます。クリックしていただけると励みになります。よろしくね
にほんブログ村 花ブログ きのこへにほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へにほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ






Last updated  2010.05.02 20:37:22
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:からすみ
ブリのからすみも2日ほどお酒に漬け込んだので、干し網を手配しないといけません!
いろいろ見て回ったのですが、これがいいかなーと思っているやつ



35cm角と小ぶりなんですが、ファスナーがぐるっと回ってるんで入れやすそう。

もうちょっと大きいのだと、45cm角のこれ


大は小を兼ねるって言いますが、置くところがないとやばそうです
まずは、小さいほうを買ってみるかなー


下のリンクから関連ブログに行けます。クリックしていただけると励みになります。よろしくね
にほんブログ村 花ブログ きのこへにほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へにほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ






Last updated  2010.05.13 08:04:38
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.01
カテゴリ:とうもろこし

結構大きくなってきた味来の苗です。

20100501とうもろこし.jpg

虫がいっぱい付くそうなので、コンパニオンプランツを探していたら、枝豆がいいとのこと

タキイのサイトから引用
「エダマメは耐陰性があるので、トウモロコシの日陰でも十分に育ちます。エダマメはトウモロコシの害虫・フキノメイガを、トウモロコシはエダマメの害虫・カメムシをそれぞれ忌避します。」

おおこれは!いいかも!




それでこの丹波黒大粒大豆を、よく説明を読まないで買ったら・・
なんと発芽温度25度以上って・・・
しまった
まー何とかなるだろうと、赤玉土を入れたポットに撒いて温室へ入れときました

20100501黒大豆2.jpg


下のリンクから関連ブログに行けます。クリックしていただけると励みになります。よろしくね
にほんブログ村 花ブログ きのこへにほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へにほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ







Last updated  2010.05.02 10:35:53
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:なめこ

秋までは出ないと思っていた、なめこが発生しました。
これから気温が上がるので、北側の玄関横に移動しようと思います。
5回目の収穫を目指します!

20100501なめこ1.jpg

直径8mmくらいのかわいいなめこです
20100501なめこ2.jpg


下のリンクから関連ブログに行けます。クリックしていただけると励みになります。よろしくね
にほんブログ村 花ブログ きのこへにほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へにほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ






Last updated  2010.05.01 12:15:19
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.30
カテゴリ:からすみ
 主に食材な備忘録さんに触発されて作り始めた鰤のからすみですが、塩漬けを10日間行いましたので、次の塩抜き工程に移ります。

過去ブログ その1 その2

水分もいい感じに抜けてきました。
20100429ブリカラスミ1.jpg

触ると結構硬い感じ、茹でタマゴより少し弾力がある程度です。

重量は、2つで400g強です。
20100429ぶりカラスミ2.jpg

これを同重量のお酒で塩抜きをします。ちょっと大きいので主に食材な備忘録さんでは1.2倍でやってましたが、同量にしてみました。

ジップロックにいれて、3日ほど野菜室で塩抜きしたいと思います。



下のリンクから関連ブログに行けます。クリックしていただけると励みになります。よろしくね
にほんブログ村 花ブログ きのこへにほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へにほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ






Last updated  2010.04.30 10:43:12
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.29
カテゴリ:葉物類
今日は水菜も収穫しました。
野菜か高いから嫁さんから感謝されるかも!
まずは、わっさわっさの水菜

前回から一回り大きくなりました。
20100429水菜1.jpg

これが収穫した水菜
半分を収穫、30cmのザルがこんなにいっぱいに!
夕食にサラダで食べちゃいます
20100429水菜2.jpg

最後2日くらい肥料抜きしたらよりおいしいって、先輩方のブログに書いてあったのですが、計画性のない私は、無理!

先ほど冷やし豚シャブの下にひいて、食べました。
葉っぱの柔らかさと、茎の程よいしゃきしゃき感がたまりません。

収穫後、少し間引いたところが、これ
20100429水菜3.jpg

結構寂しくなりました



下のリンクから関連ブログに行けます。クリックしていただけると励みになります。よろしくね
にほんブログ村 花ブログ きのこへにほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へにほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ






Last updated  2010.12.29 15:28:05
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:葉物類
サンチュが収穫しすぎて、のっぽになって天井に頭がぶつかったんで撤収
最後の頭のほうを収穫したものがこれ
20100429サンチュ収穫.jpg

ボウルが見えないほどいっぱい取れました
結構おいしそうです

次に、ベビーリーフって種を育てまくって花が咲いたのがこれ
なんじゃーーこれーーってなってしまいました
20100429撤収1.jpg

もう思いっきり花が咲いてるし、徒長しまくりー
元がなんだったのか不明になっております
これで少しスペースが空いたので、次に植えるのを考えなくては


下のリンクから関連ブログに行けます。クリックしていただけると励みになります。よろしくね
にほんブログ村 花ブログ きのこへにほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へにほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ










Last updated  2010.12.29 15:34:24
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.28
カテゴリ:トマト
ちょっと最近体調を崩してしまって、トマトを屋外水耕に出来なかったんですが・・・
こんなに徒長してしまいました。

20100428トマト2.jpg

蛍光灯の遥か上になってしまいました・・
蛍光灯の熱で一部葉っぱも萎れてます
これはもう修復が困難かもしれません。背丈も通常の倍くらいになってます

しかし、そんな中でも実が膨らみかけてるトマトはえらい
なんとかしないとなー

20100428とまと1.jpg

後ろに写ってる葉っぱは、大葉紫蘇です。
茎だけになったのが結構再生してきました。


下のリンクから関連ブログに行けます。クリックしていただけると励みになります。よろしくね
にほんブログ村 花ブログ きのこへにほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へにほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ






Last updated  2010.04.29 00:11:08
コメント(0) | コメントを書く
2010.04.25
カテゴリ:たもぎたけ
やっと発泡スチロールの深いのを手に入れました。
深さ30cm×横40cm×縦50cmで60Lのやつと、25cm×横30cm×縦40cmで25Lの2個です。

これでやっと植えられます。
よかったー

ちょっとケースについて書きたいと思います

発泡スチロールケースを選んだのは、まず原価が0円!
次に、ある程度光を通すので、木漏れ日程度といわれるきのこ栽培には都合がいい
水分を通さないので、湿度の維持が楽
断熱性能が高いので、温度変化が緩やかになる
の4点がいいところですね

欠点は、見栄えが悪い!
柔らかいので劣化が激しい
踏むと割れる・・
ってとこです

加工方法は
ケースは水分が過多にならないように底ぎりぎりのところに、水抜き穴を1つ、横面に30mmくらいの穴を4個開ける。
横穴は空気穴で、きのこも酸素が必要で、二酸化炭素濃度が上がるとうまくないと書いてあったので空けてます。
 又小バエなどが入り込むといやなので、横穴などには不織布を張ってます。まー実際のところはお茶パックを切り開いて使用してます。

20100425発泡1.jpg

20100425お茶パック.jpg

お茶パックは、薄手で通気性が高いので結構良いと思います。
それを、ホットボンドで穴に貼り付けます。

20100425ホットボンド.jpg

20100425穴塞ぎ.jpg

穴はもっとあけたほうがいいのですけど、乾燥も早くなるので、ここいらへんで妥協です。

出来上がったら最初に小のほうの土入れ
20100425発泡小1.jpg

5L以上入りました。
ちょっと重いかも・・

これが完成写真

20100425発泡小2.jpg


次に大のほうの土入れ

20100425発泡大.jpg

20100425発泡大2.jpg

うは25Lも入りました。うーーん
これは総重量、50kg以上になります。動かすと底抜けちゃいますね

置くところがないので、北側の玄関横に並べてあります。
ここだと、ちょっと寒いので、発生が6月になってしまいそうです。

がんばっておいしいタモギタケが出来ますようにと、食いシンボの神様にお祈りしながら、水分を双方で5L補給して完了です


下のリンクから関連ブログに行けます。クリックしていただけると励みになります。よろしくね
にほんブログ村 花ブログ きのこへにほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へにほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ









Last updated  2010.04.25 22:27:48
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:トマト
最初に咲いたトマトの花が落ちました。

20100425トマト1.jpg

トマトの花が落ちました。
振動を与えると受粉を促進するらしいので、ときときペチッと指で弾いてたんですが、どうかなー?
ここの根元が膨らんでいけばいいのかな?

大きな問題は、これ

20100425トマト2.jpg

蛍光灯にくっついちゃいました。
熱いんで、ちょっと横によけときましたが、これじゃーだめだー
速攻で、屋外用に発泡スチロールケースを作らなくては・・
けど撤収ができてないーー
がんばって、今日中に設置したいです

今日も、畑にいけなかった・・・



下のリンクから関連ブログに行けます。クリックしていただけると励みになります。よろしくね
にほんブログ村 花ブログ きのこへにほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へにほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ






Last updated  2010.04.25 10:30:01
コメント(0) | コメントを書く

全643件 (643件中 581-590件目)

< 1 ... 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.