405146 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

遊限公司太陽旅社

2005年09月08日
XML
ポジティブに解釈すると、
ゴールがたぁっくさん見られてよかった(はぁと)
と思えばいいんですかねっ!? えっ、おいっ、どーよ?

行ってきました、ホンジュラス戦。
宮城スタジアムは美し~い建物でした。
建築デザインとしては、他のスタジアムより頭一つ上を行ってる感じです。
座席もたまたまですが、私の席からは見やすくて。
トラックも全く気にならない(日産や長居と大違い)。

今回、自分の足を考慮して、かなり時間の余裕を持って向かいました。
バスに乗り込んだのが、3時45分頃、
スタジアムに着いたのが4時半頃で、
5時45分頃に代表がバスから出てくる映像まで見ることができました。
いつも会社から走って、メンバー紹介ぎりぎりの到着なので、
うれしかったです。
スタッフが先に出て、あとは選手たち。玉は出てくるの早かった。
選手ごとにどよめいたり、シーンとなったり。

試合前に例のブルー・カードPJのミニボードが出てきて、
なんだなんだ?と思ってたら、
ジーコと選手を代表して宮本が、一番熱いメッセージを書いた女の子から、
メッセージの掲載された本を贈呈されてました。
この贈呈式、メイン側に向かって行われたので、
バックスタンドはオーロラビジョンで眺めるだけでしたが。

試合前のウォームアップ。
なぜかホンジュラス選手は出てきませんでした。
中でUPしてたのかな? 
私はバックスタンドだったので、サブの選手がよく見えました。
スタメン組と違い、どこか緩そうなサブ組のアップ。
なんか楽しそうだ。
玉の表情がやや暗かった。

選手および審判の紹介。
第4審判家本にブーイングを浴びせてたのは、何を隠そうこの私。
家本~~~!? なんか試合が荒れそうな嫌な予感。

いよいよ選手入場。
スタメンじゃないんだよな~と思い、双眼鏡を握り締め、
後ろからこそこそベンチに入る選手をチェック(←ミーハー)。
玉は土肥と福西にはさまれた、真ん中よりの席。

ホンジュラスの国歌が終わり、「君が代」。
誰が歌うのかな~と思ったら、佐々木功さんでした。
「宇宙戦艦ヤマト」のような低く朗々とした歌いっぷり。
一緒に歌う私も合わせやすかった! 変にアレンジしないから。
そして、「ヤマト」といったら、レイソルのゴールの歌の元歌!
あの響くバリトンで歌ってほしいなぁ~。
「Goal 柏ゴール! ゴォ~~ル~!!」
佐々木功さん、素敵でした。

そして、いよいよ前半キックオフ。
あれ、DFなんか変? 
加地、宮本、ボンバー、アレの4バックだー!
田中マコはというと、土肥ちゃんと並んで座ってるし。
そうか4-4-2で行きますか、ジーコ。

正直、私はホンジュラスを見下してました。
北中米カリブ海予選敗退だし、こちとら1位で通過したもんねー、と。
試合が始まってすぐにもう、私の予想が完全に覆されたことを感じました。
うまい、うまいよ、ホンジュラス。
中盤からの攻め上がりのお約束がきちんとできている。
ゴールにはたいてい10番が絡んでました。
10番が上がると他のFWやMFが逆サイドをえぐるように走りこみ、
ぱっと横にパスが渡る、そして余裕のある落ち着いたシュート。
その攻撃の流れが失敗した時は2番が仲間達に「ああせい、こうせい」と
指示してました。

素人目から見ても、10番要注意なのにたびたびノーマークってどうよ?
相手が攻撃のお約束をしっかり持っている(悪く言えばワンパターン)、
それに対し、こっちの4バックはなんのお約束事もない。
アレックスは完全にスピードで追いつけなかったし、
宮本の判断の遅さ、高さでは強いボンバーだけどスピードには打つ手なし。
足を伸ばしても届かない場面が何度か。

さらにダブルボランチとDFが間延びしてしまい、
スタメン奪取のために中田浩二は常に前へ前へと上がっちゃうし、
残ってバランスとろうとするイナは、
がむしゃらにスライディングタックルを繰り返すも、
その先にフォローする見方が誰もいなかった。
いつぞやはイナが自分でスライディングタックルをして奪ったボールを、
また奪われ、またスライディング…と
一人で3回スライディングしてました。
イナ、もういいよ、一人相撲のようだよ。
でもって、フォローに来ない味方を怒ってもいいよ。
浩二に「バランス考えろ」と言ってもよかったんじゃないか。
これ、TVで切り取られた画面だけ見ると、
イナが一人で浮きまくってるように(実際浮いてたが)見えるのかも。

ホンジュラスの攻撃パターンを学習できないながらも、
33分にはイナがスピードのあるボールを蹴ったのが、
相手DFにあたり、それに高原が反応。
押し込んでゴール!
あの時、結構ゴール前に相手DFがごちゃごちゃしていて、
その一瞬だけ聖書の「十戒」のエピソードのように、
まっすぐ道が開けたところをイナがタカに送ったように見えました。
が、相手DFに当たってたのね。
他はイナ、いいプレーなかったけど、この攻撃は周りからも
「おお~っ」とどよめきが上がりました。

これで1点差に詰め寄ったぜ!と思った前半のロスタイム、
どうも集中力を切らしてた(としか思えない)ヒデがボールを持つと、
いきなり2人のDFに寄せられ、あっさりボールを奪われた。
しかも、そのボールがゴールに!
3-1に突き落とされました。あーあ。

とはいえ、ヒデは本当によく指揮してるなあ。
プレーが止まるとまずい動きをした選手に寄っていて、
指を立てて指導。
中田のチームだな、これは。
そしてヒデは、中田浩二の飛び出しでスカスカになったボランチの位置まで下がり、
守備をカバー。
これでだいぶDFとボランチの間が詰まった。

俊輔もすぐに軌道修正に走るし、
単なるリーダーシップじゃなく、
判断の速さが海外組と国内組の大きな壁だと思います。

ハーフタイム、飽きた観客席からしつこいくらいウェーブが。
もううんざりでした。
面白くない試合を無理やり盛り上げるつもりだったのか?
足を痛めて、立ちたくない人間もいるんだよ~。
はあ、前半のぬるい試合展開にぶちぎれてたわれ等観戦仲間は、
いくら親善試合でも「応援もぬるい。あの程度のプレーで喜ぶな」と
すでに八つ当たり状態。
困ったものです、私達。大人気ないのう。

そして後半。
2点目の柳のヘディングはバクスタ側から見ると、
え? 宮本?と一瞬思っちゃいました。
重なって見えたので。

そして、3-2になったものの、まだまだ安心できないジーコジャパン。
あっさりと同じ攻撃パターンで、ホンジュラスに決められ4点目を献上。
あのねえ、どんなバカでも同じこと3回されたら、
気をつけるでしょうが!
日本代表、学習能力なさ過ぎ!

そうこうしているうちに、相手の足が止まり始めた。
前日に日本に入ったんだもんね、疲れも出るでしょ。
DFも雑になってくる。
そんな中、ぺナのエリア内で宮本が倒され、PKゲット。
でもこれ、PKもらうほどのものか~?
疑惑のPK、しょせん親善試合だもの。(by みつお)
俊輔が当たり前に決めて、はーい4-3に。

でも、まだまだ不安なジーコJAPAN。
いい加減、新しい人を入れてフレッシュにしたら~と思ってたら、
稲本OUT 小笠原IN
ヒデはボランチに専念か。
小笠原の加入によって、またちょっといい感じになってきました。
そして小笠原が左サイドから出したパスに、柳が反応。
ドリブルでエリア手前に持ち込み、DFを交わしてシュート!
GKの手に当たったけど、弾かれてゴールの中へ!
4-4
これで同点。
小笠原→柳の連係は長年鹿嶋でやってきただけはある、
すごく息のあったものでした。

点を決めたのに、その時はすでに交替の申請をしていたため、
すぐに交替に。
柳沢OUT 玉田IN
あーすごかったですよ、周りの声が。
「おいおい玉田じゃないだろっ! 大黒だろ?」と。
中でも私の後ろにいた関西4人組の男は、
「玉田やないで、出すのんは大黒やろ、大黒や。
灰皿投げたるで、ほんま腹立つ」

とほざいてました。
私は心の中で、
「ほな、投げてみぃ!
 FCサポみたいに実刑判決受けるでアホタレが」
と。
(関西ネイティブの方、稚拙な関西弁でごめんなはれ)

そんなネガティブな声を打ち消してくれよーと思った矢先、
裏をついたアレックスにきれいなスルーパス(ほおお~と歓声が)、
アレがゴール前に飛び出した小笠原に渡り、ゴール!
このときは玉、アレ、小笠原という国内でずっとやってきた選手の
連係のよさを感じました。
3人が抱き合ったままクルクル飛び回るのがうれしかったです。
ここで逆転!

このあとも再三ゴールを脅かすも、前半のような怖さが消えたホンジュラス。
日本はリードを守りきって勝ちました。

この日の玉田は悪くなかった、
よくもなかったけど。

が、私の感想です。
今までに見られたトラップミスやパスミスがないから減点はなし。
最後の点に絡んだパスなどいいところもあったけど、
FWはシュート打ってなんぼのもん。
いくら時間が短くても、シュート0はいただけない。
自分が採点するとしたら、5.5かな。
俊輔のパスが通ったら、絶対ゴール決めてたという保証はないし。
どんな形でアレ、シュートで終わらせるという気持ちでやってほしい。

そして、試合終了後、牛タンを食べるためにバスに急いで向かうわれら。
またバスの車寄せまで遠い遠い。
いくら新幹線増発したって、あの時間に仙台までかえれませんことよ、
JFAのお偉いさん方。

はあ、今日はこれまで!
明日はミーハー編を書きます。。。






最終更新日  2005年09月08日 23時13分21秒
[サッカー(レイソル以外)] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.