557083 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぴょんちゃんの雑記帳

PR

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

ThinkPad

2020.04.20
XML
カテゴリ:ThinkPad
ThinkPad X61 および X61s にWindows 10 (v1909) クリーンインストールしたあとに行う確認&作業。(2020/04/13現在)


​以前作成した「​【備忘録】 ThinkPad X61 / X61s  Windows 10 クリーンインストール後に・・・​」がコンスタントに参照されているようです。

2018年作成と2年以上経過し、最新版のWindows 10では動かなくなった機能しなくなったデバイスドライバーがあるようです。

先日入手したX61で一通り動作検証しましたので必要なドライバーを列挙します。アップグレードの一助になれば幸いです。(2020/04/17に公開した ThinkPad X201 / X201s向けとほとんど同じだったりします・・・)

Windows XP / Vista 時代ににリリースされたモバイル・ノートThinkPad X61 / X61s。
先代のX60 / X60sとともに発売10年以上経ったいまでも根強いファンに支えられているパソコンです。

高解像度SXGA+パネルに変更したり、「ThinkPad X62」というレノボに存在しないものをマニアがつくってしまうほど、このデザインに魅力を感じます。

Windows 10で動くとは言っても、CPUは旧式のCore 2 Duo。Windows7でも重たさを感じるときがあったので、普段使いにWindows10はちょっと厳しいかなー。


---------------------------

Windows 10 新規導入(クリーンインストール)時に自動的にデバイスが導入されます。動作に必要なデバイスドライバーは概ねインストールされます。Windows Updateで追加導入できるものがあるか確認してみてください。

Windows Update後、下記アプリ、ドライバー導入で(たぶん)快適にWindows 10を使えると思います。


【手順】
★クリーンインストール後、自動的に動作に最低限必要なデバイスドライバーがインストールされます

★Windows Update で導入可能なものがあるか確認してみてください。

★Lenovo Vantageを導入 → 「Microsoft Store」から「Lenovo」で検索して導入。​
  ThinkPad X61 / X61s は、サポート対象外ですが、バッテリー情報表示、バッテリーしきい値変更、アクティブ・プロテクション・システム等々が有効になるのは便利です。


【手動インストールするドライバー類】
★レノボ・サポートサイトから、ダウンロードして導入下さい。

(1)BIOS
 → 「2.22」が最終。SATA2解放、Wifi White List化のBIOSがネットのどこかにあります♪


(2)スタンバイからのWake On LAN 有効化パッチ


(3)アクティブ・プロテクション・システム
   → 最新版Verion 1.82.0.20 を導入。
   ※アクティブ・プロテクション・システムは、SSD使用の場合は不要です。


(4)ホットキー機能統合
   ※Windows 7時代に慣れ親しんだものが良いなーという方は旧バージョンで。

  【2020/05/16 訂正】
  → 旧バージョン v3.81を推奨します。
    理由は、最新版ではBluetoothを認識できないので。
    どのバージョンなら大丈夫か実機で再検証しています。

(5)ThinkPad モニター INFファイル
   → 更新しなくても動作に差し支えることありませんが、Windows10向けのファイルが用意されているので、使いましょう! マイクロソフトのMicrosoft Update Catalog に登録されているもののほうが最新版です。 (2020/04/13現在)


​(6)Lenovo 省電力ドライバー
  Windows Updateで自動的に導入されます。「デバイスマネージャー」 > 「Lenovo PM Device」 「Lenovo PM Device」がLenovo省電力ドライバーです。


(7)Lenovo Power Manager
   「Lenovo Vantage」のバッテリー管理に必要な重要なドライバーです。
   Windows Updateで更新できない場合、手動でインストールしましょう。


(8)ThinkVantage 指紋認証ソフトウェアは「×」
   Windows 10の機能に統合されました。


(9)ThinkVantage Access Connectionsも「×」
   ThinkVantage Access Connectionsは便利でしたが、Windows 7まで。Windows 10 v1709あたりまでは、Windows7版のThinkVantage Access Connectionsは使えていたのですが、v1909版では動かなくなったようです。

   2020年4月上旬に確認したところ、レノボ・サポート・サイトからThinkVantage Access Connectionsが削除されてようです。(中国サイトにはあるのでそこから拾えます)


(10) Synaptics ThinkPad UltraNav ドライバー


--------------------------------------------

【リンク・アドレス】
(1)BIOS update utility - ThinkPad X61, X61s, Reserve Edition (Windows 7/ Vista/ XP / 2000) (Ver.2.22-1.03)

 (↓) 直リンク
※(参考)レノボ中国サイト こちら
※SATA2解放版は...ネットを探索してみてください。


(2)スタンバイからの Wake On LAN 有効化パッチ (エネルギー・スター対応) (Windows 10/8.1/ 8/ 7/ Vista/ XP) - ノートブック
https://support.lenovo.com/us/ja/downloads/ds013949


(3) アクティブ・プロテクション・システム
64Bit版 (Verison 1.82.0.20)
Lenovo アクティブ プロテクション システム / インテリジェントクーリング (Windows 10 64bit/ 8.1 64bit/ 8 64bit/ 7 64bit) - ThinkPad
→ ​https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds014892

32Bit版 (Verison 1.82.0.20)
Lenovo アクティブ プロテクション システム / インテリジェントクーリング (Windows 10 32bit/ 8.1 32bit/ 8 32bit/ 7 32bit) - ThinkPad
→ ​https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds101988



(4)ホットキー機能統合 (Windows 10 64bit) - ノートブック v9.1.0.3

https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds031814

(旧バージョン)
ホットキー機能統合 (Windows 8/ 7/ Vista/ XP/ 2000) - ThinkPad (version 3.89.0100)
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds014985

ホットキー機能統合 (Version 3.81.0100) → 直リンク
​​https://download.lenovo.com/mobilesjp/8jvu23wj.txt
https://download.lenovo.com/mobilesjp/8jvu23wj.exe


(5)ThinkPad モニター INFファイル

 (マイクロソフトのMicrosoft Update Catalogに最新版Lenovo - Monitor - 6.14.1.0.が登録されています)
Microsoft Updateカタログ【Lenovo - Monitor - 6.14.1.0】
http://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=lenovo%20-%20monitor%206.14.1.0

ThinkPad モニター INF ファイル (Windows 10 64bit - 6.13.3.0) ThinkPad X1 Carbon向けですが他のThinkPadでも使えるはずです。
https://support.lenovo.com/ch/ja/downloads/DS120380


(6)Lenovo 省電力ドライバー (Windows 10 32bit, 64bit) - ThinkPad

https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds539633


(7)Lenovo Power Manager (Windows 10 32bit, 64bit バージョン1703 以上) - ThinkPad

https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds541411


(8)ThinkVantage 指紋認証ソフトウェア Windows 8 (64bit), 7 (64bit) - ThinkCentre, ThinkPad, ThinkStation

https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds029769


(9)ThinkVantage Access Connections (Windows 7 32bit, 64bit) - ノートブック version 6.25.65

2020年4月、リンク切れになったので、こちらからどうぞ。(直リンク)
http://driverdl.lenovo.com.cn/think/download/driver/8772/AccessCon[gic765ww].exe

​※(参考)レノボ中国サイト こちら


(10) Synaptics ThinkPad UltraNav ドライバー Version 19.0.17.135
https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds103454
→ 導入方法は通常インストール後、デバイスマネージャーを使って手動で。
( 参考URL:​http://kulog.org/pc/software/k8057/​ ​)


​​​​






Last updated  2020.05.16 15:39:21
コメント(0) | コメントを書く


2020.04.17
カテゴリ:ThinkPad
ThinkPad X201 および X201s にWindows 10 (v1909) クリーンインストールしたあとに行う確認&作業。(2020/04/13現在)

以前作成した「​【備忘録】 ThinkPad X201 / X201s  Windows 10 クリーンインストール​」がコンスタントに参照されているようです。

作成から2年以上が経過し、最新版のWindows 10では動かなくなったものがあるようです。

ただ、最近ThinkPad X201の実機でテストしていません。X201よりも古いX61での経験をもとに必要なドライバーを列挙します。アップグレードの一助になれば幸いです。

Windows 7 全盛時にリリースされたモバイル・ノートThinkPad X201 / X201s。Windows XPでも、Windows 10でも使えるつぶしの利くヤツなので大事に使っていきたいですね。


---------------------------

Windows 10 新規導入(クリーンインストール)時に自動的にデバイスが導入されます。動作に必要なデバイスドライバーはだいたいインストールされます。Wndows Updateで追加導入できるものがあるか確認してみてください。

Windows Update後、下記アプリ、ドライバー導入で(たぶん)快適にWindows 10を使えると思います。


【手順】
★クリーンインストール後、自動的に動作に最低限必要なデバイスドライバーがインストールされます。

​★Windows Update で導入可能なものがあるか確認してみてください。

★Lenovo Vantageを導入 → 「Microsoft Store」から「Lenovo」で検索して導入。​
  ThinkPad X201 / X201s は、サポート対象外になってしまったようですが、バッテリー情報表示、バッテリーしきい値変更、アクティブ・プロテクション・システム等々が有効になるのは便利です。
  

【手動インストールするドライバー類】
★レノボ・サポートサイトから、ダウンロードして導入下さい。
(1)BIOS → 2013年6月リリースの「1.40-1.15」が最終
(2)スタンバイからのWake On LAN 有効化パッチ
(3)アクティブ・プロテクション・システム
   → 最新版Verion 1.82.0.20 を導入。
    ※アクティブ・プロテクション・システムは、SSD使用の場合は不要です。

(4)ホットキー機能統合
   ※Windows 7時代に慣れ親しんだものが良いなーという方は旧バージョンで。

(5)ThinkPad モニター INFファイル
  → 更新しなくても使用に差し支えることはないと思いますが、Windows10向けのファイルが用意されているので、使いましょう! マイクロソフトのMicrosoft Update Catalog に登録されているもののほうが最新版です (2020/04/13現在)

(6)Intel マネジメント エンジン インタフェース 6.2 および シリアル オーバーLAN (SOL) ドライバー
  → デバイスマネージャーに「不明なデバイス」が現れていたら、これを導入。BIOSでIntel AMTをOFFに設定するのも手です。
参考URL: ​https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/product_security/PS500104

​(7)Lenovo 省電力ドライバー
  Windows Updateで自動的に導入されます。「デバイスマネージャー」 > 「Lenovo PM Device」 「Lenovo PM Device」がLenovo省電力ドライバーです。

(8)Lenovo Power Manager
  「Lenovo Vantage」のバッテリー管理に必要な重要なドライバーです。
   Windows Updateで更新できない場合、手動でインストールしましょう。

(9)ThinkVantage 指紋認証ソフトウェアは「×」
   Windows 10の機能に統合されました。

(10)ThinkVantage Access Connectionsも「×」
  ThinkVantage Access Connectionsは便利でしたが、Windows 7まで。Windows 10 v1709あたりまでは、Windows7版のThinkVantage Access Connectionsは使えていたのですが、v1909版では動かなくなったようです。

  2020年4月上旬に確認したところ、レノボ・サポート・サイトからThinkVantage Access Connectionsが削除されたようです。(中国サイトにはあるのでそこから拾えます)

なお、モバイルホットスポット(Mobile Hotspot)機能はWindows 10に標準で搭載されています。

--------------------------------------------

【リンク・アドレス】

(1)BIOS アップデートユーティリティ (Windows 8/ 7/ Vista/ XP) - ThinkPad X201, X201i, X201s, X201 Tablet (Ver.1.40-1.15)


(2)スタンバイからの Wake On LAN 有効化パッチ (エネルギー・スター対応) (Windows 10/8.1/ 8/ 7/ Vista/ XP) - ノートブック
https://support.lenovo.com/us/ja/downloads/ds013949


(3) アクティブ・プロテクション・システム
64Bit版 (Verison 1.82.0.20)
Lenovo アクティブ プロテクション システム / インテリジェントクーリング (Windows 10 64bit/ 8.1 64bit/ 8 64bit/ 7 64bit) - ThinkPad

32Bit版 (Verison 1.82.0.20)
Lenovo アクティブ プロテクション システム / インテリジェントクーリング (Windows 10 32bit/ 8.1 32bit/ 8 32bit/ 7 32bit) - ThinkPad


(4)ホットキー機能統合 (Windows 10 64bit) - ノートブック v9.1.0.3

(旧バージョン)
ホットキー機能統合 (Windows 8/ 7/ Vista/ XP/ 2000) - ThinkPad (version 3.89.0100)
ホットキー機能統合 (Version 3.81.0100) → 直リンク
​​https://download.lenovo.com/mobilesjp/8jvu23wj.exe


(5)ThinkPad モニター INFファイル
(マイクロソフトのMicrosoft Update Catalogに最新版Lenovo - Monitor - 6.14.1.0.が登録されています)
Microsoft Updateカタログ【Lenovo - Monitor - 6.14.1.0】

ThinkPad モニター INF ファイル (Windows 10 64bit - 6.13.3.0) ThinkPad X1 Carbon向けですが他のThinkPadでも使えるはずです。


(6)Intel マネジメント エンジン インタフェース 6.2 および シリアル オーバーLAN (SOL) ドライバー (Windows 8/ 7/ Vista/ XP) - ThinkPad
https://support.lenovo.com/at/ja/downloads/ds032027


(7)Lenovo 省電力ドライバー (Windows 10 32bit, 64bit) - ThinkPad
https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds539633


(8)Lenovo Power Manager (Windows 10 32bit, 64bit バージョン1703 以上) - ThinkPad


(9)ThinkVantage 指紋認証ソフトウェア Windows 8 (64bit), 7 (64bit) - ThinkCentre, ThinkPad, ThinkStation


(10)ThinkVantage Access Connections (Windows 7 32bit, 64bit) - ノートブック version 6.25.65
2020年4月、リンク切れになったので、こちらからどうぞ。(レノボ中国サイト・直リンク)
​※手持ちのThinkPadで動作確認を行っていますが、動作を保証するものではありません。自己責任においてインストールを行ってください。​​






Last updated  2020.05.13 11:07:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.12
カテゴリ:ThinkPad
「ThinkVantage Access Connections」

ThinkPad 愛用者には欠かせないツールですよね。
Windows 7 まででサポート終了しているものの、Windows 8.1やWindows 10 でも使うことができて重宝しています。

が、2019年5月にアップデートされた Winndows10 v1903 になってからは、機種によっては動作が怪しくなってきました。

インテル PROSet/Wireless ソフトウェア 「Intel My WiFi」と競合して ThinkVantage Access Connections の Mobile Hotspot を動かすことができなくなりました。(ThinkPad X230 で確認)

Intel MyWiFi をオフにできる方法が見つからず、インテル PROSet/Wirelessソフトウェアをアンインストールしないと Access Connections の Mobile Hotspotが使えないようです。レノボのIntel Wireless LAN DriverにIntel MyWiFiなどインテルPROSet/Wirelessソフトウェア関係が含まれているので、アンインストールするのは得策じゃないのは明白・・・。ああ~。



Intel MyWiFi をオフにしてください、といわれても、できませ~ん(T_T;



確か、Windows 10 v1809 ではOKだったんですが・・・。

v1809 から v1903 にWindows 10をアップグレードしたときに、「ThinkVantage Access Connections」など、のいくつかのユーティリティが引き継がれていなかったので、手動でインストールして動作確認して、あれれ~ということが判明した次第。


てなことで、ThinkPad X230、Windows 10 Pro v1903環境での ThinkVantage Access Connectionsを使うのは諦めました。





ThinkPad X230 / Windows 10 Pro v1903 で、モバイル ホットスポットの動作確認中。


モバイル ホットスポットは、ThinkPadなどノートパソコンをアクセスポイントとして使うことができます。



--------------------------------------------


Windows 10 の使い勝手が向上しているようで、メーカーサポートから引っ張ってこなくてもドライバー類が導入されるようになってきています。


(参考) ThinkVantageソフトウェアのダウンロード・リスト → ​https://support.lenovo.com/ua/ja/solutions/ht037696

【 2020/04/16 update!!! 】
★ThinkVantage Access Connections が、レノボ・サポートから消えてしまいました!
どうしても使いたい・・・という方に、直リンクをお知らせします(^^/
■ThinkVantage Access Connections (Windows 7 32bit, 64bit) - ノートブック version 6.25.65
http://driverdl.lenovo.com.cn/think/download/driver/8772/AccessCon[gic765ww].exe



--------------------------------------------


Windows 7 で動かしているメイン・パソコン、そろそろ Windows 10 に移行させないと・・・。スムーズにWindows 10に移行できるようサブ機のスペックをアップさせました。


2013年リリースのThinkPad X230。
Intel Core i5機、メモリ8GB、Windows 10 Pro v1903 64Bit、SSD 120GB、、、



ThinKPad X230 / Windows10 Pro v1903


酷使し続けている? Windows 7 の ThinkPad X250 より軽快なのは、気のせいかな~(^^;








Last updated  2020.04.16 01:09:16
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.23
カテゴリ:ThinkPad
今月末頃かなと思っていたのですが、5/22に公開されました「Windows 10 v1903」。

ちょうどThinkPad X61など旧式のThinkPadにWindows 10 v1809を導入したときの動作チェックを行っていたので、早速ThinkPad X61に新規クリーンインストールしてみました♪

壁紙やメニュー、設定画面の表情が少し変わりました。動きは軽快になったみたい?
 

















-----------------------------

★いろいろテストしたいことがあるのですが、まとまった時間がとれないまま1か月が(^^;汗

実験機として入手した ThinkPad X61s を、Windows 7 Pro SP1 32Bit からWindows 10 Pro v1903 32Bitにアップデートすることに成功しましたが、Lenovo Vantage導入して起動したところ下記メッセージが。インストールボタンをクリックして再インストールしても同じメッセージを繰り返すばかり。

Windows 7時代のソフトウェア、ユーテリティが悪さしているのかな?

Windows 10 Pro v1809 → v1903 へのアップデートでどんなことになるかは、来月時間とれたらやってみたいです。












Last updated  2019.06.22 17:28:43
コメント(4) | コメントを書く
2018.08.29
カテゴリ:ThinkPad
かねてから無くてもOKな余計なユーテリティと一部で不評なThinkPadのオンスクリーン表示機能。いまやWifiやBluetoothのON/OFF、内蔵マイクのミュートなど無いと困るものになっています。



輝度や音量などの「オンスクリーン表示」機能が鬱陶しいと不評らしいようですが...



いまやWifiやBluetooth、機内モードのON/OFFなど欠かせない機能。
ところが最新の省電力ドライバーを導入すると、この機能が停止して不便!




先日(8/25頃?)、愛用のThinkPad X250(OSは、Windows 7 64Bit)でLenovoのアップデートとドライバーとWindows Updateを更新してからオンスクリーン表示機能が動かなくなりました。

何が悪さしているんだろうと調べたところ、Lenovo省電力ドライバー (バージョン1.67.14.05)をインストールすると、「ThinkPad Power Manager」がスタートアップから消えてしまうのが原因の様子。

停止している4つのサービスを手動で開始すればオンスクリーン表示機能は使えるんですが、スタートアップに無いので都度手動操作しないとダメ。そんな面倒なことやってられません。

(影響を受けているサービスは下記4つ)
・Lenovo PM Service
・Lenovo Hotkey Client Loader
・Lenovo Microphone Mute
・オンスクリーン表示





古いバージョンのドライバー上書きインストールでは解決できず。

サービスやレジストリの変更で解決できるかなぁと試してみましたが、システムのスタートアップに関わることなので、中途半端にいじるとかえって大変なことになりそうなので諦め。

で、辿り着いた方法は、「更新前のシステムに復元する」でした(^^;

コントロールパネル → システムとセキュリティ → バックアップと復元 → システム設定またはコンピュータの回復 → 「システムの復元を開く」 から 「Lenovo Power Management Driver」の最新版のインストールしたより前に保存された復元ポイントに戻すことで機能復活できました。

現在インストールしているLenovo省電力ドライバーは、バージョン1.67.12.24で不具合は無いので、当面このままでOK。



システムの復元で、スタートアップに「ThinkPad Power Manager」が復活!



文章にまとめると、あっけなくサクッと解決できたようにみえますが、あーでもない、こーでもないと徹夜で格闘していました(^^...

あー、ねむい(-_-)zzz

ーーーーーーーーーー

2018/09/08 追記:
肝心なことを忘れていました。

Windows7のThinkPad X250に対して悪さを働いている「Lenovo省電力マネージャー」は、レノボSystem Updateでは重要な更新とされているので、「更新を自動的にダウンロードしてインストールする」のチェックは外しておかないと気づかないうちにインストールされてしまいます。

ボクのThinkPad X250は現状で問題起きていないので、省電力マネージャーの不具合解消改訂版がでるまでSystem Updateは手動でチェックすることにします。。。












Last updated  2018.09.08 02:15:49
コメント(3) | コメントを書く
2018.02.15
カテゴリ:ThinkPad

【2020/04/17追記】

2020年4月13日に確認したWndows 10 v1909向けのものを公開しました。
(2020/04/17)

→ 【備忘録】 ThinkPad X201 / X201s  Windows 10 v1909 クリーンインストール

-----------------------------------------------------------

【2020/04/16追記】

★本記事、Windows10 v1909版では一応動くけど上手くいかない可能性があることが、他のThinkPad(X230やX61)で試して判明しました。ThinkPad X201 / X201s が手元にないので実証実験できないのがもどかしいですが、過去の経験と最近テストしたThinkPad X61、ThinkPad X230を元に近日改訂版を出します。


「ThinkVantage Access Connections」は2020年4月上旬、レノボジャパンおよびUSのサポートサイトから削除されたようです。中国レノボにはファイルがあります。


-----------------------------------------------------------

​【2019/05/22追記】​​

★まもなくWindows10 v1903版がリリースされるタイミングですが、、、


 v1809も下記方法でできていたのですが、5月15日頃リリースの最新のWindows10インストーラーを用いて、予備機のThinkPad X201sにWindows 10 Pro 32Bit版を新規インストールを行ったところ、Lenovo Vantageインストール中にエラーメッセージが出て、バッテリーしきい値変更が表示されない現象が確認されました。(X61も同じ現象が出ています。X230では発生しません。)

試行錯誤していたら「Lenovo Vantage」でバッテリしきい値変更できるようになりました。64Bit版でも同じ現象がでるのか再現性確認のため数日時間かかりそうです。

※アクティブ・プロテクション・システムは、最新版Verion 1.82.0.20 で問題ないことも確認しました。

まとまり次第お知らせします。


-----------------------------------------------------------


ThinkPad X201 および X201s にWindows 10 (v1709) クリーンインストールしたあとに行う確認&作業。(2018/02/14現在)

【前置き】
ThinkPad X201 / X201sは、Windows 7 全盛時にリリースされたモバイル・ノート。Windows XPでも、Windows 10でも使えるつぶしの利くヤツです。

CPUは初期型ですがIntel Core i シリーズですので、2018年になってもまだまだ現役でいけそう。
使い易いWindows 7でも、度重なるWindows Updateで動きが重たくなってきました。

Windows 10 をクリーンインストールすると、あら、思っていたよりもサクサク軽快に動きます。(それは、Core 2 Cuo機のThinkPad X200シリーズやX61シリーズでも同様)

ただ、ドライバー類のサポートは、Windows 7からWindows 8ぐらいまでで終了しているものが多いため、Windows 10に最適化されていないのを騙しながらになりそう。

ドライバーのファイルはレノボ・サポートサイトに残っているようですが、リンクページが削除されたりして見つけるのが困難になりつつあります。


最後の頼みの綱はここかな? (ThinkPad X20やThinkPad T20があるのはすごい)
http://think.lenovo.com.cn/
http://think.lenovo.com.cn/support/driver/mainpage.aspx#ThinkPad


【本題!】

Windows 10 新規導入(クリーンインストール)からWndows Updateで、デバイスマネージャーに「不明なデバイス」などやっかいなことにはなっていません。Windows Update後、下記アプリ、ドライバー導入で(たぶん)快適にWindows 10を使えると思います。

​★Lenovo Vantage → 「Microsoft Store」から「Lenovo」で検索して導入。​
(Lenovo Settingは、Lenovo Vantageに統合されました。)


★レノボ・サポートサイトから、ダウンロードして導入下さい。
(1)スタンバイからのWake On LAN 有効化パッチ

(2)アクティブ・プロテクション・システム
   → 最新版Verion 1.82.0.20 では、X200、X201系はサポートから外されたようなので、ひとつ前の(Verison 1.82.0.17)で。

   ※アクティブ・プロテクション・システムは、SSD使用の場合は不要です。


(3)ThinkVantage Access Connections

   → デザリング機能 / モバイルホットスポット(Mobile Hotspot)の設定できるようになったWndows 10ですが、ThinkPad X201s(ThinkPad X201)は、「ThinkVantage Access Connections」、「コントロールパネルのネットワーク」で設定かけます。

(インテル Centrino Advanced-N6200で動作確認しましたが)設定内容が保持されない問題があるなど動作不安定のようです。なんとかならないかなぁと手を尽くしましたが、(旧型の)Advanced-N6200ではどうもダメのようです。WiFiモジュールによって使える、使えないがあるみたいです。

(4)ホットキー機能統合
   → 最新版では、「オンスクリーン」しか導入されないので、旧バージョンで。


(5)ThinkVantage 指紋認証ソフトウェア
   → Windows 8.1版ですが、Windows 10でも使えそうです。


​(不要と思われるもの)​
※Lenovo 省電力ドライバー
  「Lenovo Vantage」の「ハードウェア設定」→「電源」で設定変更できます。

※Lenovo Solution Center
   同等の機能が「Lenovo Vantage」にあるのでインストール不要と思います。


--------------------------------------------

【リンク・アドレス】

(1) スタンバイからのWake On LAN 有効化パッチ(64Bit / 32Bit)
​​https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X230/downloads/DS013949


(2) アクティブ・プロテクション・システム
64Bit版 (Verison 1.82.0.17) → 直リンク
https://download.lenovo.com/pccbbs/mobiles/n1msk17w.txt
https://download.lenovo.com/pccbbs/mobiles/n1msk17w.exe


(3)ThinkVantage Access Connections (Windows 7 32bit, 64bit) - ノートブック
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds013683


(4)ホットキー機能統合  (Version 3.81.0100) → 直リンク
https://download.lenovo.com/mobilesjp/8jvu23wj.txt​​
https://download.lenovo.com/mobilesjp/8jvu23wj.exe

(参考URL)
http://kotobuki1174takasui.xyz/201508/article_3.html


(5) ThinkVantage 指紋認証ソフトウェア Version 6.0.0.8102
​​https://pcsupport.lenovo.com/uu/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X230/downloads/DS036923







Last updated  2020.04.28 11:50:16
コメント(2) | コメントを書く
2018.02.12
カテゴリ:ThinkPad

【2019/04/20追記】​

Wndows 10 v1909向け版を公開しました。(2020/04/20)
→ 【備忘録】 ThinkPad X61 / X61s  Windows 10 v1909 クリーンインストール

 
-----------------------------------------------------------


【2019/05/19追記】​


★まもなくWindows10 v1903版がリリースされるタイミングですが、、、

 v1809も下記方法でできていたのですが、5月15日頃リリースの最新のWindows10インストーラーを用いてWindows 10 Proを新規インストールを行ったところ、Lenovo Vantageインストール中にエラーメッセージが出て、バッテリーしきい値変更が表示されない現象が確認されました。(X230では発生しません。X201は近日確認します。)

試行錯誤していたら「Lenovo Vantage」でバッテリしきい値変更できるようになりました。再現性確認のため1~2日ぐらい時間かかりそうです。

※Windows 10インストール時に最新のLenovo省電力ドライバー v1.67.16.20 がインストールされていることがわかりました。下記 v1.67.14.04 を追加する必要無いことも今回調べてわかりました。アクティブ・プロテクション・システム、指紋認証ソフトウェア、ThinkVantage Access Conections、Synaptics ThinkPad UltraNav ドライバーは手動インストール必要のようです。


よって、このブログ・エントリーは改訂が必要になりました。対処方法確定しましたらアップデートします。(この記事にレノボさんが気づいて、Lenovo VantageをThinkPad X61対応していただけると嬉しいです(^^ )


-----------------------------------------------------------


ThinkPad X61 および X61s にWindows 10 (v1709) クリーンインストールしたあとに行う確認&作業。(2018/02/12現在)

ThinkPad X61/X61sは、レノボからのサポートはWindows 7まで。Windows 10はスペック的にはぎりぎり対応できそうなレベルです。


レノボからWndows 10用のドライバー等がリリースされていないし、レノボのサポート・サイトから削除されてしまったので「ThinkVantage System Update」を導入しても使いものになりません。 ※ThinkPad X200、X200sやX201、X201sも無くなったみたい(T_T

とは言え、Microsoft Windows Updateで動作に必要な最低限のドライバー類は適用されるので、上手に使いこなせばまだまだ活用の余地あります。


一旦手放したThinkPad X61ですが、ThinkPad X61sの中古を入手してWindows 10(v1709)導入をテストしてみました。


Windows 10 新規導入(クリーンインストール)からWndows Updateで、デバイスマネージャーに「不明なデバイス」などやっかいなことにはなっていません。


その他、下記アプリ、ドライバーの導入で問題無く使うことができます。


★Lenovo Vantage → 「Microsoft Store」から「Lenovo」で検索して導入。
   ※Lenovo Settingは、Lenovo Vantageに統合されました。


★レノボ・サポートサイトから、ダウンロードして導入下さい。
(1)スタンバイからのWake On LAN 有効化パッチ

(2)アクティブ・プロテクション・システム
   → コントロールパネルではなく「Lenovo Vantage」に組み込まれて設定状況の確認ができます。

(3)Lenovo 省電力ドライバー
   → 「省電力マネージャー」は実質Windows 7まで。「Lenovo Vantage」でバッテリーしきい値の変更が可能になります。


(4)ThinkVantage 指紋認証ソフトウェア
   → Windows 8.1版ですが、Windows 10でも使えそうです。

(5) Synaptics ThinkPad UltraNav ドライバー

(6) ThinkVantage Access Connections
   → うっかり忘れていました(あると便利ですよね♪ 2018/04/07追記)


--------------------------------------------
【リンク・アドレス】

(1) スタンバイからのWake On LAN 有効化パッチ(64Bit / 32Bit)
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X230/downloads/DS013949

(2) アクティブ・プロテクション・システム
 64Bit版 Verion 1.82.0.20
https://pcsupport.lenovo.com/uu/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X230/downloads/DS014892


 32Bit版 Version 1.82.0.20
https://pcsupport.lenovo.com/uu/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X230/downloads/DS101988


(3) Lenovo 省電力ドライバー Version 1.67.14.04
https://pcsupport.lenovo.com/uu/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X230/downloads/DS032258


(4) ThinkVantage 指紋認証ソフトウェア Version 6.0.0.8102
https://pcsupport.lenovo.com/uu/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X230/downloads/DS036923


(5) Synaptics ThinkPad UltraNav ドライバー Version 19.0.17.135
https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds103454
→ 導入方法は通常インストール後、デバイスマネージャーを使って手動で。
( 参考URL:​http://kulog.org/pc/software/k8057/ ​)

(6) ThinkVantage Access Connections (Windows 7 32bit, 64bit) - ノートブック
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds013683

※Lenovo Solution Center は、同等の機能が「Lenovo Vantage」にあるのでインストール不要と思います。







Last updated  2020.04.20 00:34:17
コメント(5) | コメントを書く
2018.01.19
カテゴリ:ThinkPad

ThinkPad X240をWindows 10 (v1709) クリーンインストールしたあとに行う確認&作業。
(2018/01/18現在)


(1)ThinkVantage システム アップデート
 → Windows 10 クリーンインストールしたら必ず(忘れずに)導入してアップデートファイルがあるかチェック
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X240/downloads/DS012808

(2)デバイスマネージャーに「不明なデバイス」と表示される原因
は、「Intel スマート コネクト テクノロジー」がWindows 10に対応していないのが原因。 → レノボサポートサイト(​https://support.lenovo.com/jp/ja/solutions/ht103618#t04​)

​Intel スマート コネクト テクノロジー (iSCT) 5.0  / Windows 8.1版 導入で解決​
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X240/downloads/DS038204


(3)以下は、ThinkVantage システム アップデートやWindows Updateで導入されない可能性あるので、必要に応じてインストール


Validity 指紋認証ドライバー

https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X240/downloads/DS103635


Lenovo アクティブ プロテクション システム
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X240/downloads/DS014892


Intel PRO/1000 LAN アダプター ソフトウェア
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X240/downloads/DS103433


Realtek High Definition オーディオ ドライバー
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X240/downloads/DS500596


Sunplus/Realtek 内蔵カメラ ドライバーパッケージ
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X240/downloads/DS035945


Intel HD グラフィック ドライバー
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X240/downloads/DS103422


ThinkPad モニター ファイル
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X240/downloads/DS103610


Intel Collaborative Processor Performance Control (CPPC)
https://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/LAPTOPS-AND-NETBOOKS/THINKPAD-X-SERIES-LAPTOPS/THINKPAD-X240/downloads/DS104086









Last updated  2018.01.19 11:32:57
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.22
カテゴリ:ThinkPad

ひょんなことで、以前手放したThinkPad X240の中古を入手してメンテナンスしていたところ・・・。


最新のBIOS(V2.40)にアップデートしたら、USBメモリに作成したリカバリーメディア(Windows 7 Pro SP1 64Bit)からの起動できない事象が発生。

V2.40より前のBIOS V2.35やV2.22では、USBマウスを挿した状態でも大丈夫なんですが。V2.40にアップしたら、「0xc000014cエラー」を吐き出してにっちもさっちもいかなくなって困っちゃいました。



あー、なんなんだ、このエラー(-_-"



Google先生で調べてもそられしき解決策が拾えないし、いったんV2.40にアップしちゃうと、以前のBIOSに戻せないし。さてはて原因はなんだろうと、あーでもないこーでもない・・・。リカバリーメディアのデータが壊れたのかなと、factoryrecoveryを作り直したりなど、、、あれこれトライしてやっと解決策を発見。


​USBマウスなどのUSB機器を外して、リカバリーデータが入っているUSBメモリだけにすることで解決。




インストール開始画面に変わってくれてよかった♪


------------------------

2018/01/19 追記

2017年末、BIOSがv2.41になったんですが、、、

インストラーが格納されているUSBメモリー以外のUSBデバイスを挿しているとエラーになるのは変わらずです。USBマウスもダメです。







Last updated  2018.01.19 18:53:04
コメント(2) | コメントを書く
2016.06.25
カテゴリ:ThinkPad

Windows 7環境(Windows8.1やWindows 10 環境でも?)で、Cドライブの空き容量が日に日に少なくなっていると感じている方、いらっしゃいますか?

または、操作らしい操作していないのにHDDのアクセスランプが点灯しっぱなしとか・・・。


そんな状態のパソコン、、、もしかしたら、

C:\Windows\Logs\CBS に、巨大なlogファイルが格納されているかもしれません。

クリーンインストール → Windows Updateをやり遂げたパソコンでも、3.5GBくらいのlogファイルがあるかもしれません。(最近OS入れ直したWindows7環境でも、3.3GB程度のlogファイルが入っていました。)


そんな場合、下記リンクを参考に対処して下さい。
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2015/04/15/cwindowstemp-cab_xxx_x-x-37327/


64bit OSでも物理的にメモリー容量に余裕あるようでしたら、RAMDISK(容量設定は2GB程度)を導入して、テンポラリー関係のデータをCドライブ内に蓄積できないよう、TEMPフォルダはRAMDISKに移しちゃったほうが良いかもしれませんね。

 







Last updated  2016.06.25 23:47:02
コメント(0) | コメントを書く

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.