152528 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Upa kero Keroppa!!

フトアゴ等の温度管理・飼育

種類別に最適温度範囲が存在し、範囲外では 正常は生理活動が
行えないのです。(動いていても 食べていても)なので、
ケージ内には 最適温度範囲内の温度勾配(低~高)を再現しましょう^^

最適温度範囲内を再現できるように 保温器具類を設置しましょう^^
温度範囲は、治療中と通常時では異なります。
個体の状況により同一種でも異なります。よく観察する必要があると思います^^

基底温度(ケージ内の最低温度)23~25℃
中間(30℃)最高温度(スポット下)(35~38℃・40℃)
湿度 50%くらい(

高温領域(バスキングライト下から ケージの中間)
(最高温度(昼)28~31.2℃)最低温度(22~24℃)

低温領域(基底温度領域)(バスキングライトの反対側)(湿度計設置)
(最高温度(昼)25~26℃ 最低温度(夜)22~24℃)

生態の状態により 温度は変化させましょう^^
(我が家のカーペットカメレオンの温度(昼)スポット下(30~28℃)
夜(26~25℃)に設定・・・

最適温度を再現する為の器具(ホットスポット作成用)
(バスキングスポットライト、レフ球)

基底温度作成用(低温領域底上げ用、夜間も使用出来るような光が出ない
または 暗光タイプ、放散型)

ナイトライト(暗赤色、暗青紫光)ひよこ電球、セラミックヒーター(カメレオンなどには使用しないほうが よいと思います(火傷の恐れあり)

設置場所により バスキングライトを消した夜間にも ケージ内に
温度勾配が作成でき、動物が温度帯を選ぶ事が可能になります^^

底冷え防止用:パネルヒーターなどは低温火傷防止のため直置きしないほうがよいでしょう^^

夏季に室温が上昇したら エアコン稼動により 室温を下げ低温領域を
適切温度範囲内に維持した上で ホットスポットも点灯させてあげましょう
(温度勾配の維持。均一温度では体温調節が出来ないため)
*日中の過剰高温防止用にサーモスタットの利用(熱中症は死亡の危険性が高いので 注意してあげましょう^^)

紫外線ライトは(爬虫類用)カルシウム代謝に必要なビタミンD3の
合成に必須です^^
直射日光での日光浴の代替手段として 明るさを供給し、体内リズムの維持
食欲、行動などに影響を与えます

メタルハライドランプ(太陽に近い光で最良)紫外線量は照射距離で急激に減弱してします。他の紫外線ライトとの併用がおススメ。
(値段がはる為 我が家は日光浴と紫外線ライトを使用)
*日光浴はガラス・プラスチック越しでは紫外線が遮断され無効)

朝晩の霧吹きは 急激な温度低下を防ぐため 温湯にて実施。
水は飲まなくても 水入れを設置しましょう^^
温浴時 汚染水を口にしないように頭の位置を上げ尾っぽ方向へ
流れるようにする。温度計で図りながら温浴させるとベスト^^

ここでは自分で勉強した事を まとめてます。間違ってる所もあるとは思いますが ご了承くださいm(--)m




© Rakuten Group, Inc.