220289 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「デザインとアートとの分水嶺より」

Aug 27, 2007
XML
カテゴリ:アーティスト
DTPの前の時代はデザイナーが必ずイニシアティブをとっていました。それからそのデザインが生きるような製版とそして印刷と順を追って仕事が流れていきました。デジタル化されてからはどないです?特に私の今の位置は印刷とすぐ隣合わせにいるので常に印刷の前工程の覚悟が必要であります。それが悪いとは言いませんが、常に印刷の事を考えての作業になるので正確さと俊敏さとが要求されるわけですが、印刷機の前にひざまずいているような気がしてむなしい時があります。印刷のための製版、製版のためのデータ作り、そのためのデザインという順序で必然的にデザインは印刷のためにあるという図式になってしまっています。ほんまはどないやねん。デザインを実現させるために印刷も製版もあるんとちゃうんかい。本末転倒っちゅうやつやねえ。いや違うかな。大いなる勘違いかもしれませんね。業界自体がそういったシステムになってしまったので仕方がないですが、グラフィックデザインの未来はそう明るいものではなさそうです。樹脂版を焼いてもらうのにはケイの太さが0.5ミリ以上必要とか、細い明朝体は使ってはダメとかそういった制限があるのので、それが私を縛り付けるのであります。より良い仕上がりのために良い準備をするのは当然のことであるというプロ意識も何か危ういような気がしてならないのです。結論を言えば私は自分勝手でわがままなデザインの仕事がしたいだけのことであります。失礼しました。






Last updated  Aug 27, 2007 09:10:11 PM
コメント(1) | コメントを書く
[アーティスト] カテゴリの最新記事


PR

Profile


伝説の美術家

Recent Posts

Calendar

Archives

Apr , 2020
Mar , 2020
Feb , 2020
Jan , 2020
Dec , 2019
Nov , 2019
Oct , 2019
Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019

Comments


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.