464780 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

サッカーと野鳥と音楽 Kick!Fly!Sing!

PR

Profile


ペアダ19

Category

2007年07月06日
XML
カテゴリ:サッカー
 久々にサッカーの話を。
書店でサッカー雑誌のコーナーを見る。
ずいぶんと種類が増えたもんだ。
特に、海外リーグの専門誌が目立つ。
そんな中、国内サッカー誌の
「サッカーマガジン」が興味深い
別冊を発行した。

歴代日本代表パーフェクト図鑑
「歴代日本代表パーフェクト名鑑」

 1923年5月のフィリピン戦から
2007年6月のコロンビア戦まで
国際Aマッチとして認定された全517試合のうち
1試合、いや1秒でも出場した選手は合計449人。

 写真と出場記録、プロフィールを網羅した
完全保存版である。
(1920~30年代だと写真が存在しない選手もいる)

 日の丸を付け、君が代を歌い
私達の夢を背負ってピッチに立った449人。
私が現役でのプレーを見たのは約230人。
1983年頃からだ。

 そうかぁ、来年でサッカーとの付き合いも
四半世紀ってことになるなぁ。

 最近、職場に来る患者さんで
もう50代だというのに、草サッカーで
現役のGKをやっている人がいる。
相手と接触して指を痛めた。

 会話すると、往年の名選手のが
バンバン出てくる。

「釜本は点を取るカタチを持っていたね」
「ネルソン(吉村大志郎)は上手かったなぁ」
その他にも八重樫、小城、宮本・・・・

 辛うじて私は釜本の引退試合を見たくらいで
その他の選手は名前しか知らない。

 なんとか、話の流れを引き寄せたいと
私が知っているオールド・プレイヤーを出す。
その中でも、一番話に花が咲いたのは
木村和司のことだった。

 今なら、フリーキックといえば中村俊輔。
しかし、1980年代にも変幻自在のフリーキックを
決めまくった男がいた。

 まぁ、そのことは以前書いたので省くとして・・・
その患者さんが強調したのは、当時と今の
ボールの違いだ。

「今のボールは飛ぶように作られてる。
でも、昔はそうじゃないでしょ。
飛ばないボールにカーブをかけ、落としていたんだよ」

 つまり、木村和司のフリーキックは
どれだけ凄かったのか、ということだ。

 オールタイム・ベストイレブンなんていうのを
考えようとしたが、あまりにもナンセンス。
私には語れないような偉大な選手が多過ぎる。

 なので、私が見てきた24年間から
4つの年代をピックアップして
ベスト・スタメンを組んでみた。

<1985年>

GK 松井清隆
DF 加藤久、岡田武史、松木安太郎、都並敏史
MF 木村和司、宮内聡、西村昭宏、水沼貴史
FW 原博実、柱谷幸一

 森孝慈監督が率いたチーム。
メキシコW杯出場まで、あと一歩と迫った。
サブには森下申一、石神良訓、勝矢寿延、戸塚哲也など。
松井は守護神と呼ぶに相応しかった。
加藤が守備陣を統率し、木村、水沼、柱谷の
日産トライアングルが攻撃をリードした。
原のヘディングはアジアでも恐れられた。
今ならボランチと呼ばれるようになった中盤の底に
宮内という好選手がいたことも忘れてはならない。

<1992~93年>

GK 松永成立
DF 井原正巳、柱谷哲二、堀池巧、都並敏史
MF ラモス瑠偉、森保一、吉田光範、福田正博
FW カズ、高木琢也

 ハンス・オフトが就任した1992年頃から
その終焉、ドーハの悲劇までを戦ったメンバー。
サブには北沢豪、中山雅史、武田修弘、澤登正朗など。
システムは4-4-2のダイヤモンド型。
相手が強敵でも怯まず、格下でも容赦しない
強さを感じたチームだった。

<1997年~1998年>

GK 川口能活
DF 井原正巳、秋田豊、斉藤俊秀
MF 相馬直樹、名良橋晃、山口素弘、名波浩、中田英寿
FW 森島寛晃、カズ

 フランスW杯予選の激闘を勝ち抜いた
主要メンバー。サブには小村徳男、本田泰人、呂比須ワグナー
忘れちゃいけない、あのゴールを決めた岡野雅行。
システムは3-5-2だが、森島は下がり目なので
3-4-2-1ということで。
中田と名波という稀代のパサーを擁していたが
左サイドの相馬、ボランチの山口の存在も
非常に大きかった。

<2001年~2003年>

GK 川口能活
DF 中澤佑二、森岡隆三、宮本恒靖
MF 中村俊輔、中田英寿、戸田和幸、稲本潤一、小野伸二
FW 高原直泰、柳沢敦

 トルシエ率いる2002年W杯日本大会から
ジーコ・ジャパンの黎明期にかけて。
実は、こんなスタメンは実在しないんだけど・・・・
名前だけ並べてみた。
サブには中田浩二、福西崇史、鈴木隆行など。
中盤は共存が難しいとされた黄金のカルテットに
赤いトサカの戸田を組み込む。もう好きにしろっ、て感じ。
今だからこそ、このメンバーなら世界を
凌駕できたんじゃないかと儚い夢を見る。

 この次に作るメンバーが
名実共に、最強になるかどうか。
今はオシムを信じよう。


 日本、3連覇へ。
アジア・カップ、7月7日開幕

(インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム共同開催
日本の初戦は9日、カタール戦)






Last updated  2007年07月06日 22時08分58秒
コメント(18) | コメントを書く
[サッカー] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Favorite Blog

今日の予定 New! gusinさん

鍬形虫現 とりの なくぞうさん

ダニング・クルーガ… バード6787さん

ラベンダー 今年は… こるり*koruriさん

もっと調べてから反… 子犬の太郎さん

Comments

 I like your work!, @ I like your work!, <a href= http://www.dafont.com/profile.php?user=573301#1 >buy I like your work!, &lt;a href= <small…
 Best Wishes, @ Best Wishes, <a href= http://www.dafont.com/profile.php?user=573297 >buy celexa Best Wishes, &lt;a href= <small> <a h…
 Help me to find the, @ Help me to find the, <a href= http://www.dafont.com/profile.php?user=573293 >All Help me to find the, &lt;a href= <sma…
 Best, http://www.twitter.com/buymeridiaonad buy me@ Best, http://www.twitter.com/buymeridiaonad buy meridia online discount, =-[[, Best, <small> <a href="http://www.twi…
 Best Wishes, @ Best Wishes, <a href= http://www.dafont.com/profile.php?user=573289#1 >Only buy Best Wishes, &lt;a href= <small> <a h…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.