462414 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

サッカーと野鳥と音楽 Kick!Fly!Sing!

PR

全236件 (236件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >

その他

2008年01月04日
XML
カテゴリ:その他
 2日は箱根駅伝の応援に行ってきた。
自宅から自転車を20分ほど飛ばして
往路の1区から2区へ中継した直後の鶴見警察署の辺りへ。

 30分前から沿道に人が集まり始める。
ビルに囲まれているので日陰。非常に寒い。
それでも、これを毎年楽しみにしている人が多いようだ。

 昨年の夏に参加したマラソン大会のときに書いたが
走っていて、声援を送られると不思議なほど
力が沸いてくるものだ。せっかく応援してもらっているのに
ダラダラと走れない。苦しくて辛くて仕方ないはずなのに
気持ちが前へ前へ身体を動かしてくれた。

 走者が来るまでは、先日機種変更したワンセグ付きの携帯電話で
経過をチェック。隣にいたオジサンが覗いてきたので
一緒になって見ていた。

ワンセグケータイ

 9時過ぎ、いよいよ走者が近付いてきた。
別に、どの大学を応援しているというワケではないが
20人の走者全てに声援を送りたくなる。

箱根駅伝
トップで通過した城西大。

 前回優勝の順天堂大が1区でのアクシデントで
最後尾になっているが、トップとの差は2分。
まだ諦めるには早い。

 あっという間に全走者が走り抜けた。
ほんの数分間だったが、この日のために昼夜を問わず
全てを注ぎ込んできた走者の姿は
新春の青空の下で疾風のようだった。

箱根駅伝
ここから怒涛の15人抜きを達成した日大のダニエル。

 帰り道は川沿いのサイクリングを楽しみつつ
河原の野鳥をウォッチング。頭が白くなってきたカワウや
キンクロハジロ、ホシハジロなどのカモ類が目立つ。
モズがクルクルと尾羽を回し、民家の庭先では
数羽のメジロが寄り添っていた。

 少し速度を上げてみると、顔を刺す冷たい風を忘れさせるくらい
身体が温まってきた。久々に思い切り酸素を吸い込んだ。
見晴らしの良い場所からは富士山が見える。

富士山

 午後は友人宅にお呼ばれして新年会に参加。
昨年産まれた後輩の赤ちゃんがラブリーだった。
ビールを飲み、豪勢なおせちをいただく。
南信州の名物「おたぐり」も食べた。






Last updated  2008年01月04日 23時51分03秒
コメント(0) | コメントを書く


2007年12月31日
カテゴリ:その他
 いつも読んで下さっている皆様
今年も1年ありがとうございました。

 ブログ生活3年目を迎えましたが
ネタ切れ、力不足、さぼりグセ・・・・
などが理由で更新回数が激減した1年でした。

 一時期はブログの閉鎖も考えましたが
まだ気持ちが残っているので、来年も
のんびり続けていこうと思っています。

 思えば、今年は早く感じた1年でした。
特に下半期。クルマを買い換えたり、長野の叔父が
亡くなったり、そんなに時が過ぎたようには
感じられず、いつの間にか大晦日。

 ただ、今年は沢山の仕事をこなしたのです。
日曜日と祝日を除いて、ほぼ毎日副業してました。
家に帰ると、キーボードと向き合う気力が
残っておらず、完全に思考停止状態。

 それでも、良い年でした。
来年は、もっと良い年になる気がします。
あくまでも予感ですけどね。あとは自分次第。
足りない部分に、どれだけ気付くか。

 あ、来年は料理に力を入れていこうと思ってるんです。
今までは、よっぽど気が向かないと作らなかったけど
最近は自分でも不思議なくらい気合いが入ってます。
昨日は豚の角煮を作ってみました。

角煮

 クックパッドで見つけたレシピを参考。
約1時間で完成。八角やシナモンスティックのおかげで
豊かな香り、落し蓋でじっくり煮込んで驚くほどやわらか!

 いや~、ついつい食べ過ぎちゃうから
せっかく減った体重も、リバウンド間違いないな!

 大急ぎでしたが、野鳥とサッカーの総括も
一緒に更新したので、よろしかったらどうぞ。

野鳥 今年の総括

サッカー 今年の総括

 ちなみに、大晦日のテレビ視聴予定は

ガキの使い    HDD録画
K-1      視聴
桑田佳祐ライブ  HDD録画
ハッスル     ?
紅白       CMのときだけ・・・・。


 それでは、みなさん良いお年を。






Last updated  2007年12月31日 12時26分43秒
コメント(20) | コメントを書く
2007年12月24日
カテゴリ:その他
みなさん、メリークリスマス。聖なる夜は、こんな光景に思わず微笑んでしまいます。

有馬記念の惨敗を忘れさせてくれます。



…って、忘れねーよ。
武、覚えとけよ。



良い子のみんな、本当は
サンタクロースなんていないぞ。



ウソウソ。いるよね。


じゃ、私は渋谷からトナカイで帰りますんで。
ごきげんよう。






Last updated  2007年12月24日 21時49分11秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年12月11日
カテゴリ:その他
 先日オープンしたトレッサ横浜を偵察。
クルマだと10分足らずで着く距離だが
オープン直後で混雑していると予想。
自転車で風を切って向かう。15分で到着。

 トレッサ横浜はトヨタの販売店と
ショッピング・エリアを併設した新スタイルの
商業施設。トヨタの全店舗とダイハツの
クルマが展示され、自由に触れることができる。
現在は北館のみオープンで、来春にはレストランや
家電、スーパーなどが揃った南館がオープン。
合わせると200店舗を超える大型施設となる。

トレッサ横浜

 まずは偵察なので、なるべく散財しないよう注意。
しかし、私の購買意欲を刺激するショップが多く
鼻息が荒くなる。

 スポーツ専門店のゼビオにL.L.Bean、
さらにアウトドア専門店のエルブレスまで入ってる。
非常に危険な施設である。

 リーズナブルな価格のグローバルワークで
シャツを買いそうになったけどガマン。
よし、今日は偵察だけで帰れそうだな、と思ったのも
束の間。最後の最後でサングラスを購入・・・・。
負けた。


 翌日は東京・汐留にあるカレッタ汐留へ。
先日、新聞で見たイルミネーションが
どうしても見たかったからだ。

 雅楽師の東儀秀樹氏が総合プロデュースした
約30万個のLEDによる光の海「BLUE OCEAN」。

 まずは上からみると、スゴイ!
それほど広くないように感じるが
ここまで凝縮していると見事だ。

カレッタ汐留

 光の波が迫ってくるような感覚。
ビル風が吹きつけて非常に寒いが
大勢のギャラリーが波にのまれていく。

 1日に12回、光と音楽がコラボレーションする
スペシャル・プログラムが披露される。
時折、スモークやシャボン玉が舞い
東儀氏の幻想的な音楽と共に光が
次々と色を変えていく。

カレッタ汐留

 やっぱりね、イルミネーションっていうのは
コンセプトが大事なんだよなぁ。
最近は近所の個人宅でもテカテカと光っているけど
どう考えてもデコトラにしか見えないような
キツイのも見受けられる。

 光っていれば良いってモンじゃない。
センスの問題だな。ドゥ―――ン!

カレッタ汐留






Last updated  2007年12月12日 00時42分52秒
コメント(15) | コメントを書く
2007年12月03日
カテゴリ:その他
 先週の木曜日くらいから風邪をひいて
この週末は何も出来なかった。

 私は以前、大きな仕事を終えた後
ひどい風邪をひいたことがある。緊張感があるときは
平気なのに、気が緩んだ途端に風邪をひく。

 今度の風邪は何が原因なのか。
考えてみると、思い当たることは
ただひとつ。それは・・・・

 ヴェルディJ1昇格

 きっとこれだ。
長い時間、ヤキモキして張り詰めていたものが
急に緩んで決壊。ホッとして抵抗力を失い
無防備な状態に陥ったのだろう。
インフルエンザよりも怖い

 ヴェルディ昇格風邪

 まぁ、そう思えば苦しさも和らぐ。
とりあえず、めでたくダルマに目を入れた。

緑達磨

 とにかく喉が悲惨だった。飲み込むたびに激痛。
おかげで、のど飴が主食になった。微熱が続き
全身がダルかった。こんなときは、とにかく寝る!
ヴェルディのシーズン終了報告会に行きたかったけど
さすがに我慢。近所にオープンした
トレッサ横浜にも行きたかったよ~。

 日曜日の夜になると、少しは落ち着いたが
フットサルの練習には参加出来なかった。
チームの皆さん、ごめんなさい。

 そうそう、2年間ヴェルディを率いた
ラモス瑠偉監督だけど、今季限りで勇退が決定。
来季は柱谷哲二コーチが監督に就任。

 せっかくここまで頑張ったんだから
J1でもラモス監督が見たかったけど
ご本人も納得の様子なので、仕方ないか。

 スポーツニュースでもラモス監督の露出が増え
そのフェイスをルックしていたら、誰かに似ているなぁ~と。
ちょっとシンキングしてみた。

 えーと、えーと、あっ!
キャッチ!キャッチ!キャッチ!



ラモルー



 ルー大柴とラモス瑠偉。似てない?
「似てない!」という反対派の人には
この画像を。



ラモルー



 画像をトゥギャザーしてみた。どっちだかわからないでしょ~。
いやー、我ながら、くだらないなぁ。やぶからスティックなネタだった。


 一歩も外に出ない日曜日なんて
ありえないので、深夜にフラっとコンビニへ。

 ジョンデビさんが教えてくれたガンダムくじ発見。
500円で一枚ひいて、ハズレなし。
運が良ければ豪華賞品が手に入る。
ジョンデビさんは湯呑みばっかり出て
辟易している様子。私はクジ運ってヤツがないからね。
こんなの引いても、お金の無駄なんだよ。




 とりあえず2枚・・・・・。



 もちろん引くときの合言葉は
「アムロ、引きま~す!」

 すると、1枚目は「ボール・ペン賞」
激弱モビルスーツ「ボール」の砲撃が
ボールペンになったトホホなグッズ。

ボール

 そして2枚目は「こんなものHUB賞」
これは、かなりマニアックなアイテムだ。
一応、USBを4ポートに拡張するハブなんだけど・・・・。

こんなもの

 劇中、アムロ・レイの父であるテム・レイが
酸素欠乏症になり、久々に再会したアムロに渡した回路。
一昔前の回路を受け取り、父に送り出されたアムロが
悔し涙を浮かべながら

「こんなもの!」

 と思い切り地面に投げつけてしまう悲しい顛末。
賞品の箱には

「これをパソコンの拡張部分に取り付けろ。
すごいぞ、パソコンの拡張性が数倍に跳ね上がる!
持って行け。そしてすぐ取り付けて試すんだ」

 とテム・レイのセリフが書いてある。
当たった瞬間、おぉこれは嬉しいかも!と
喜んだのも束の間、仕様を見たら
今どき珍しいUSB1.1じゃないか。
遅いだろ、これは。

「こんなもの!」

 と投げ捨てたくなるアムロの気持ちが初めて理解できた。
でも、もう1回くらいガンダムくじに挑戦してしまいそうだなぁ。
なぜなら、それは




「坊やだからさ」




 モヤモヤした日曜日が終わった。






Last updated  2007年12月04日 00時51分45秒
コメント(18) | コメントを書く
2007年11月25日
カテゴリ:その他
キックオフまで、あと30分。眩しいくらいの晴天。共に戦い、笑おう。






Last updated  2007年11月25日 12時38分01秒
コメント(10) | コメントを書く
2007年11月23日
カテゴリ:その他
 今日から今年最後の3連休。
天気も良さそうだし、さてどこへ鳥見へ出かけよう?
なんて思っていた初日だが・・・・。

 昨日、テレビが突然壊れ、全く映らなくなってしまった。
そろそろ買い替えようかと考えていたけど
まさか、いきなり壊れてしまうとは予想外。
仕方なく、量販店に出向いた。

 思えば、今まで使ってきたテレビとは
17年半の付き合い。1990年のサッカーW杯
イタリア大会を生中継で見たくて親父に頭を下げた。

スキラッチ
大会のヒーロー、スキラッチさん。背番号19!

 BS内臓で、当時は大型の部類に入るブラウン管。
さすがに、それだけの年数が経つと
それほど大型とも思えないし、主流のプラズマや
液晶と比べたら画質も劣る。
毎日使ってきたし、いつかは壊れるのは仕方ないこと。
よくぞ長い間、頑張ってくれた。
高校生だった私が、とっくに家族を持っても
おかしくない年齢になったんだもんなぁ・・・・。
17年半、変わっていく私の顔を
テレビは見ていたということだ。

 予め価格ドットコムなどで軽くリサーチ。
せっかくの高い買い物だから、後悔したくない。
シャープのアクオスとか、パナソニックのビエラとか
ソニーのブラビアとか、色々あるぞ。
でも、私が決めたのは東芝のレグザ。
新製品のZ3500シリーズ。37インチ。



 フルハイビジョン対応。パワー・メタブレインという
映像エンジンで、動画の描写力が充実。
一番気に入ったのは、USB接続で市販の
外付けハードディスクで録画が出来ること。



 2年間使い続けているHDDレコーダーも東芝だし
まぁ、いいんじゃないの。

 交渉の末、価格もグッと下げてもらい18万円台に。
HDMIケーブルはサービス。購入記念で特製ブランケットも
頂戴して、満足の支払い!

 と思ったら、何やらハッピを着た怪しい人物が。

「あのぅ、お客様は光なんて導入されてますか・・・・?」

「光ですか?いつも卵はヨード卵光ですけど」

「いえ、そうじゃなくて・・・・」

「光GENJIですか?ひかる一平ですか?」

「どっちも違いますね」

 ご存知、NTTのサービス「フレッツ光」の販促である。
今加入すると、今日の会計から2万円引き、さらに
翌月1万円分ポイント還元という甘い汁だ。

 どうしようかな・・・・。
3万円バックは大きいよなぁ。
なんだかんだと、説明を聞くうちに決意。
まぁ、この際だから加入しちゃうかー。

 マンションなので工事の日程も決めなきゃいけないし
今使ってるプロバイダから引っ越すというのも面倒。
でも、ランニングコストや快適さを考えれば
そろそろ脱ADSLで光も悪くない。
良い客だなー、私は。

 あぁ、今年は出費が続くねぇ。
まだ欲しいものがあるんだけど・・・・。



 うん、頑張って働くしかない!
有馬記念も昨年に続いて絶対に獲る!
トトBIGで6億円ってのもアリだな。
(現在キャリーオーバー中)

 ということで、大幅に予定が狂った3連休初日。
夜は副業して、残り2日は完全オフ。
明日は、ちょっと遠出。そして、日曜日は・・・・

東京ヴェルディのJ1昇格を見届けたい!






Last updated  2007年11月23日 22時50分41秒
コメント(19) | コメントを書く
2007年10月17日
テーマ:普通の日記(6640)
カテゴリ:その他
 またもや、ずいぶんと更新が滞っていた。
仕事が忙しくなったのは確かだが
それだけが理由ではない。ここ数日、肉体的には
それほど疲れていないのに、気持ちがなかなか
ついてこない感じだった。
別に大きな悩みを抱えているワケでもない。
なんとも情けない状態である。こんなことだから
小栗 旬要 潤の区別がつかないのだ。
もう、紀元水を一気飲みするしかない。

 それに加え、パソコンの調子がイマイチだった。
4年も使い続けているので、多少のトラブルは
仕方ないことだが、ブログに関わる肝心要の
画像処理が出来ないでいた。現在は知人のアドバイスで
なんとか回復しているが、あまりにも調子が悪いので
いっそのことインプレッサで轢いてやろうかと
思ったくらいだ。でも、今は買う余裕がないしねぇ。

 でも、これから色々と楽しみなことが満載だし
応援する東京VはJ2で快進撃中。J1昇格が見えてきた。
さらに、中日ドラゴンズも日本シリーズ出場を目指して
ジャイアンツと一騎打ちだ。どっちも期待してるぞ。
今年、このままだとパッとしない1年で終わりそうだけど
最後の2ヶ月で大逆転したいものだ。

 あぁ、そうそう!ついでに書いちゃうけど
夜中に私の携帯電話に非通知でワンギリしてくる人!
まったく意味わからないから!どうせなら
2時間くらい徹底的に話し合おうじゃないか。
通話料は負担してもらうけど。
 

 なんとか、書きためていた記事を
まとめて更新したので、よろしかったらどうぞ。

鳥見日記 三ッ池公園

天皇杯3回戦観戦記 東京V対Honda FC


 ハーゲンダッツでも食べるか。

ハーゲンダッツ クリスピーサンド ラムレーズン






Last updated  2007年10月17日 22時28分09秒
コメント(20) | コメントを書く
2007年09月03日
テーマ:愛しき人へ(841)
カテゴリ:その他
 午前5時、長野県の松代PAに着く。
ここから叔父の家まで20分くらいだが
この時間に行っても、みんな寝ているだろうから
少し仮眠をすることにした。



 夜が明け、空の色は刻一刻と変化していく。
さらに、飛び交うセグロセキレイやムクドリを
目で追いかけていると、なかなか寝付けない。
それでも、なんとか30分は熟睡。

 私の気持ちに変化が出てきたのは
長野インターを下りた頃だった。
このまま行けば、目を開けることのない
叔父と会うことになってしまう。

「行きたくねぇな」

 アクセルを踏む足が重く感じる。
しかし、ナビゲーションの導くまま
ハンドルを切り、叔父の家に着いてしまった。
 
 和室の奥に入ると、棺と遺影が見えた。
夏休みに会ったときから、さらに細く
小さくなった叔父の顔が見えた。
花壇の脇にノートパソコンが置いてあり
画面には、今まで撮った沢山の写真が
スライドショーになって映し出されている。

 仕事仲間と杯を交わす満面の笑顔。
愛犬を抱く誇らしげな顔。
海を見つめる後姿。名前入りのバースデーケーキ。
どの写真にも、幸せな時間が刻まれている。

 泣かないつもりで来た。
最後まで笑顔で送り出そうと思っていた。
しかし、様々な思いが駆け巡ると
嗚咽と涙が止まらなくなった。
誰にも見つからないようにクルマに戻り
しばらくひとりで気持ちが渇くのを待った。

 出棺時間が近付くと急に慌しくなり
喪服に着替えた。黒いベルトを忘れてきたので
従兄弟に頼むと、叔父の愛用していたベルトを
貸してくれた。なんだか、感慨深い。

 出棺の際は、地元の人々が大勢集まり
合掌して見送る。それが、この土地の決まりらしい。
総勢100人を超えていただろうか。
生きるも死ぬも、こんな土地が良い。

 火葬場で、喪主となった従兄弟と話す。
私と同じく、29歳で父を失うことになった。

「最後にさ、お骨を木箱に入れるだろ。
それを持つと、まだ温かいんだよ。
それが最後の温もりだから、一生忘れるなよ」

「うん、わかった」

 火葬に入るときが一番辛い。
それでも、なんとか最後は笑顔で
しばしの別れを告げることが出来た。

 その後は葬祭場へ。
大きなホールで立派な祭壇。
これ以上にない法要であった。

 黄泉の国で、私の父と再会し
思う存分酒を飲んでいるだろう。
その前に、祖父と祖母から一喝されたに違いない。

「もう来たのか!まったく・・・・」

 10代後半から20代前半まで
叔父と距離を置いた時期があった。
酒を飲みながら苦言されるのがイヤだった。
それでも、私の父が死んだとき
仕事が忙しいのに、すぐに駆けつけてくれた。
その頃から叔父を見る目が変わり
これから良い付き合いが出来ると思った矢先に病気。
この数年は何度か顔を出し、家族や会社を守る
男の生き様を教えてもらった。
私としては、もう少し恩返しする時間が欲しかった。

 淋しいものだ。
父に続き、腹を割って物申してくれる
存在を失うということは。






Last updated  2007年09月04日 23時07分02秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年08月14日
カテゴリ:その他
画像入れるの忘れました。






Last updated  2007年08月14日 14時49分47秒
コメント(4) | コメントを書く

全236件 (236件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.