151497 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

うす味で、しかし出汁(だし)はしっかりと

全416件 (416件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >

June 28, 2010
XML
ヨロブン、アンニョンハセヨ?

ここのところブログの更新されてないな~と思われませんでしたか?

そうなんです。ブログの引っ越しを検討していまして、そしてついに引っ越しました。

↓↓↓↓↓
こちら(アメブロです)

ブログの題名などはまだ決めていません。

画像もいろいろ入れて、韓国、中国、アジアンな感じにしたいと思います。

一週間前くらいから始めていますが、iPhoneからもラクラク投稿できるので、かなり頻繁にアップしております!


楽天ブログには2002年の起業のときからお世話になりました。
思い出の詰まったこのブログはしばしこのままにしておきたいと思います。

これからは、新しいブログをどうぞよろしくお願いします!






Last updated  June 28, 2010 12:57:11 PM
May 12, 2010
テーマ:韓国!(12431)
カテゴリ:シゴト
先ほど看板の打合せのために知り合いが来社してくれたのですが、「最近みんなツイッターに流れているからブログ更新していないんだよね~」と言っていました。あら、やっぱり。ブログはブログで、いろんな情報を盛り込めるから良いんですけどね。ということで、私のイチオシ、無料デモレッスンを紹介します。

当校では、初のお昼のグループレッスンを開始することになったのですが、急でごめんなさーい!明後日、無料のデモレッスンを行います

韓国語の中級文法の用法が分かりにくい!ずっと中級をさまよっている……、そんな方はいらっしゃいませんか?そんな方は是非、金成恩先生の魔法にかかってみてください!(魔法に掛かったことのある人は、私の言っていることが誇張でないことが分かると思います……)

   -----------------------------------------------------
    5月14日(金)13時~14時20分 '無料'デモレッスン開催!
   -----------------------------------------------------

・講師:金成恩(キム・ソンウン)先生 
   (韓国文化院「世宗学堂」主任講師、国際基督教大学 非常勤講師
     韓国ソウル「カナタ韓国語学院」勤務歴7年)
・内容:「カナタKOREAN 中級2」(ランゲージプラス)

  
□■予約はこちらから■□
  〔電話〕03-5157-2424
    ※ご案内はあと数席となっておりますので、お早めにご連絡下さいね。









Last updated  May 12, 2010 04:06:32 PM
May 4, 2010
カテゴリ:シゴト
ブログをご訪問の皆様、アンニョンハセヨ?

パソコンの前に座る時間が限られていてなかなかブログを更新できないので、少し前にツイッターを始めました。

ツイッターは140字という字数制限があり、モバイルから気軽に打てて動画も投稿できたり……と、隙間時間を利用してアップすることができるんです。

それに、このブログは韓国語は表示できませんが、ツイッターはOK。外出先でも韓国語で投稿できるように、携帯をiPhoneに替えたりもしました。ある意味激動の?1ヶ月(^^)

比較的頻繁にチェックをし、そして投稿もしています。ハタノの仕事のことや私生活のことなどをつぶやいていますので、お気軽にご訪問ください!

こちら






Last updated  May 4, 2010 08:56:32 PM
April 27, 2010
突然ですが、アイケーブリッジでは中国語講座を始めることになりました!

詳しくは、こちらをごらんください。

そして、本日22時に第一号の記念すべき中国語メルマガ発行予定!

みなさん、ご登録お願いします~!






Last updated  April 27, 2010 03:35:58 PM
April 9, 2010
カテゴリ:シゴト
結婚式の会場はミョンドンの「ラルチェ」。なんでもドラマにも使われた有名な結婚式場とのこと。ロビーはとてもおしゃれで、見たことがないほどの規模、そして豪華さでした。

ロビーにいると続々と生徒さんたちが集まってきます。そう、日本からの当校の受講生、韓国に留学中、もしくは駐在をしている受講生の方々と待ち合わせることになっているのです。総勢10名ほど。

韓国にいらっしゃる方は特に久しぶりにお目に掛かるので、とても懐かしく、近況を伺いながら楽しく談笑。皆さん、本当にたくましいです。そして、韓国にとても合っているようで、なんだか嬉しくなりました。

先生のご両親にご挨拶をしたり、受付を済ませたりしながら式が始まるのを待ちます。

DSCN3837.jpg

いよいよ式が始まります。なんとマジックショーが会場を盛り上げてくれます。

DSCN3840.jpg

アナウンスもまるで韓国のテレビショーのような盛り上げ方!韓国ではいまこういう式が流行っているんですね。

DSCN3841.jpg

新婦(先生)のお母様、新郎のお母様が並びます。お二人とも、すっごく可愛いらしいお母様なんです。なんでもとても仲が良く、親戚づきあいもとても円満だとか。良いですね~。

DSCN3844.jpg

先生が登場!本当に綺麗です~~~~。旦那さんもモシッソヨ!見るのに必死で良い写真が撮れず、ごめんなさい。先生から式の前に撮影された写真をいただいたので、是非こちら↓をご覧下さい……。素敵でしょう!?

image1.jpg


そして、こちらが「チュレ(主禮)」。辞書を引くと「媒酌(ばいしゃく)」とあります。韓国ではこれをどんな方に行っていただくかが両家の大きなトピックになります。
DSCN3845.jpg

先生がご両親に挨拶。感動の場面です。

DSCN3848.jpg

その後、先生の親友がスピーチと歌を披露してくれました。「ウンジュヤ、チュッカヘ(ウンジュ、おめでとう!)」の一言にウルッと来てしまいました。

DSCN3851.jpg

すると風船が来場者に配られました。なんだなんだ……と思うと、新郎新婦の幸せを願い、空に飛ばして、という演出。え?空?

DSCN3853.jpg

そう、なんと天井が空き、青空に風船が吸い込まれていきました!音楽が流れ、鳥肌が立ちました。感動の瞬間!!

DSCN3854.jpg

その後、韓国の伝統挙式、ペベクを見に行きました。「先生、かわいい~~」とみんなでデレデレしてしまいました。新婦がナツメを多くキャッチすれば子宝に恵まれるという言い伝えがあるのですが、先生によるとシオモニ(新郎のお母さん)が多くを投げられず、シアボジ(新郎のお父さん)から本気で怒られていたのだとか(笑)。

DSCN3858.jpg

その後、お食事をいただきに食堂に行きました。こんな大きなレストラン見たことがない!というほどの規模。そしてビュッフェのメニューでした。ものすごいマンモス結婚式場です。長テーブルでなく、円卓でいただきます。ちょうどみんなで座ることが出来、和気藹々と食事をいただきました。

DSCN3861.jpg

実はこのとき私は、朝のチャーハン、旅の疲れ、直前のタクシーのおじさんとのやりとりが元となり体調が思わしくなく、受講生の皆さんが荷物を持ってくれたり、娘と食べ物を取りに行ってくれたり、話しをしてくれたりと随分助けて下さいました。本当にありがとうございました。

お陰でゆっくり幸せな時間を過ごし、会場を後にしました。ミョンドンの地下鉄の駅で皆さんと別れ、私と娘、そしてUさんとでタクシーに乗車。娘が昼寝モードでぐずぐずだったので、娘と一緒に私もタクシーの中で目をつむりました。

ホテルに着き、寝ている娘とソファに倒れ込み?ます。Uさんが荷物を運んでくれました。助かりました!

夜の飛行機だったので、まだ少し時間があるのでソファで休み、娘が起きるのを待ちました。寝起きが劣悪の娘をなだめるのは、気力体力があるときでないと非常に辛く、このときはとてもしんどかったです。が、時とともに娘も私のただならぬ状況をなんとか察知してくれました。

着替えたり荷物をまとめたりしてリムジンバスに乗ります。ああ~楽ちん!リムジンバス。もうタクシーは乗りたくない(爆)!

「○○ちゃん、ママ具合悪いの。寝てていい?」とお願いし、横になりました。娘は渋滞の中、おとなしくしていてくれました。通常だったら45分くらいで金浦に着くはずなのですが、この日は連休初日で大渋滞。1時間半掛かってしまいましたが、逆に空港で時間も余らずちょうど良かったです。

空港で頭痛薬を飲んだりもし、少しずつ気力体力が回復。良かった!成田に着いた頃は、すっかり良くなっていました。

成田に着いたのは夜の10時半頃で、娘が寝てしまうのでは、寝てしまった娘を抱えて出国審査をしないといけないのでは、ということをこの旅で一番心配していたのですが、前日、前々日の「夜更かし」が功を奏し、娘の目はギラギラ(笑)。ロビーに迎えに来ていた夫と「パパー!!」と感動の対面をしました。私もホッとしました。

留守番していた下の娘も夜中何回も起きては泣いていたとのこと。本当に家族の理解なくしては実現しなかった韓国の旅でした。いろいろあったけど、小さい娘と韓国に行って、無事帰ってこれた。これだけでも本当に嬉しい。そして、すごく楽しかった!!

娘にも「韓国の何が楽しかった?」と聞いたら「ぜんぶ!!」と言っていました。子供は社交辞令は言わないので、本当にすべてが楽しかったんだと思います。良かった良かった。二重丸の旅でした。

こんな機会を与えてくれた先生、そして一緒に過ごしてくれた受講生の皆さん、本当にありがとうございました。






Last updated  April 10, 2010 05:53:38 PM
April 3, 2010
テーマ:韓国!(12431)
カテゴリ:シゴト
ソウル滞在記3日目。そう、メインのI先生結婚式と帰国の日です。

朝食は、遊び場と化すビュッフェをやめ、部屋で簡単に。娘に買っておいたホテルのパン屋のドーナツ、やはり何口かで食べず……。昨日の高級チャーハンも食べず……(私が食べた)。

少し時間があったのでホテル近くの公園まで散歩し、その後タクシーで式場に向かおうと思ったのですが、娘が散歩をいやがり……、ちょうど来ていた無料シャトルバスで明洞のロッテホテルまで行くことにしました。バスだったら景色も見られるし、運転もあまり荒くないだろうし、それも良いかな、と。

DSCN3832.jpg

乗り込むと、女性の日本人観光客でいっぱい。ここで、印象的な場面に遭遇しました。

日本人の女性2人と、その2人を案内する韓国人の若い女の子が1人という三人組がいました。

この日は2月27日(土)で、その韓国人の女の子がこう言いました。

「今日から韓国は3連休なんです。3月1日が祝日なので」

すると日本の方が「3月1日は何の日なの?」

きたぁ!と身構えると、

「ええと……、普通の祝日です」

びっくりしました。これまではここぞとばかりに三一節についてまくしたてる韓国人を多く見てきましたので。

個人的には三一節について教えてあげて欲しかったですが、それとは別に、外国からきたお客さんにそういった配慮ができる若者が増えてきているんだと思い、ちょっと感動してしまいました。

その女の子は旅行会社のガイドさんのような雰囲気ではなく、個人で案内しているような感じだったので、個人的配慮なのでしょうか。それとも、旅行会社のガイドさんで、そういう教育を受けているのか……。

とにかく、韓国が変わってきたのだなぁ、と思いました。被害者意識を捨て、日本との対等意識が芽生えてきているのでしょう。韓国、韓国人が自信を持ってきているのですね。


さて、明洞のロッテホテルに到着すると……1時間近くバスに揺られ眠くなった娘がぐずぐず。降りるのに手間取っていると、発車されてしまい、転びそうになる私たち。「アジョシ~!!」と叫ぶと、「ハッハッ、居るの気付かなかったよ」って、ちゃんと確認してくれよ~!

ぐずる娘と荷物を抱え、ロビーでなだめます。椅子は空いてないし、ぐずっているときは座るともっと機嫌を悪くするんです。あ~やだやだ。

やっと機嫌が直ってきたので、朝食をあまり食べなかった娘に何か食べさせようと、ロッテデパートのフードコートへ。

そうそう、キンパプ。これなら行けるだろう、と、キンパプを買い、食べさせたところ、美味しそうにパクパクパク……。この旅行で、初めて自分からすすんで食べてくれた食事でした。そうか、キムパプだったのか!!

DSCN3831.jpg

「ママも食べなよ」
「ママ、朝のチャーハンでお腹いっぱいなんだ」←ホント

そうこうしているうちに、そろそろ式場へ行こうか、という時間に。場所は歩くと20分程度のところでしたが、娘もいるし、ロッテホテルの前からタクシーに乗ることに。近くても模範タクシーなら、大丈夫よね……。

私「アンニョンハセヨ?近くて申し訳ないのですが……」

運転手「申し訳ないなら、やらなきゃいいじゃないか」

このドラマのような話、本当です。一瞬血の気が引く私。

運転手「3時間待ってこれだ!あいつら(一般タクシーの運転手)は、並ばないで前でどんどん客を乗せやがる! 行き先はどこだ。ああ、ここか。○○の前じゃないか。ったく」

私「おっしゃっていただければ乗りません」

運転手「オレは乗車拒否できないし……ぶつぶつ」

私「だから乗ったんです。子供がいるので、歩ける距離じゃありません」

運転手「そうとも、言いたいことはわかる。ぶつぶつ」

と荒々しく運転を開始。

娘「ママ…このおじさん、優しい人?」

私「うん、優しい人だよ」

いくら韓国語とはいえただ事でないのが娘にも伝わるらしく、車内、二人で硬直。その間、ずっと愚痴を聞かされ、「そうですか」「そうですね」「ごもっともです」と、気を遣いながら相づちをつく私。どうして韓国はバスとタクシーの運転手にこんなに気を遣わなければいけないんだ~!

タクシーを降りたときは、短時間ながら運転手のおじさんのにんにくの臭いと気疲れでぐったりしてしまいました……(笑)。おじさんの最後の一言「ハングンマル チャル ペウォンネ(韓国語、上手だね)」。

帰ってきてからこの話を当校の韓国人先生方にしたところ、「何てこと!番号を控えて申告しないと!」と言われました。けどまぁ、よくある話かな。タクシーがますます嫌いになりそうな私。

さーて、気を取り直して待ちに待った結婚式の話を。先生の美しい姿と式の盛大さに感動しました。このお話は第二弾をお楽しみに!






Last updated  April 3, 2010 05:25:30 PM
March 17, 2010
テーマ:韓国!(12431)
カテゴリ:シゴト
ソウル滞在記もまだ途中ですが、表題の件について結構質問を受けるので「せめてこのブログに書いておかなければ!」と思い簡単に書かせて頂きます。

All About 韓国語」の新しい記事がアップされていない状況です。昨年の10月~12月は、サイト上やこのブログに書かせて頂いた通り、『シゴトの韓国語』改訂版執筆のためだったのですが、1月以降は、当該サイトのリニューアルが進められているため、新記事をアップできない?状況なのです……。

予定としては、4月に新サイトがオープンされる予定ですが、かなり「スリム化」する予定とのこと……。これまでのように新記事をほぼ一週間に一度アップすることはなくなりそうですが、変わらず「韓国語ガイド」は続けていく予定ですので、どうぞよろしくお願いします。

そう、サボっているわけじゃないのよ、ということが言いたいのでした(笑)。これからも応援よろしくお願いします~!







Last updated  March 17, 2010 03:31:35 PM
February 27, 2010
テーマ:韓国!(12431)
カテゴリ:シゴト
ロッテワールドはスケールが大きすぎて、そして「着ぐるみ」の存在に気付かれ長居することができなかった私たち。通常ならこの時間は昼寝をしている時間なので、ベビーカーに乗せたら寝てくれるのでは……そしたら私は免税店で買い物ができるのでは……と淡い期待を抱き、ホテルの部屋にベビーカーを取りに行きました。

テレビでバンクーバーオリンピックのフィギュア女子の動向をチェックしたり片付けをしたりしている間は、娘はキャラクタールームの人形や(動かなければ大丈夫)、洗面所で遊んでいます。

さーて、行くか、とベビーカーに乗せて、いざ免税店へ。隣接していて近すぎるのか、この間寝てくれず……。

免税店へ着くものの、「あれやって」「これやって」「ああしたい」「こうしたい」と、とてもじゃないけど品物を見られるような状況ではありませんでした。なので、休憩室で絵本を読んだり、シールブックで遊ぶことに……。

日本から旅行に来た人々なんかと談笑しながら、最初は良いカンジだったのですが、元々おねむモードの娘は不機嫌になってきて、何かの拍子(確かシールの貼り方を巡って)に「ママのバカー!」となり、大泣き。

試練がやってきました。三歳児のぐずり。爆発。何してもダメ。休憩室で読書をする日本人観光客(先ほどの日本の奥様の旦那様。女性陣の買い物を待っている)、仮眠を取る人々なんかがいて、周囲が気になる私は、休憩室を出て、娘を抱っこして職員出入り口の廊下まで……。

しかし、音の響く廊下で泣き声がこだまし、いろんな人(警備員、先ほどの日本人の旦那様)が心配して?見に来る始末。抱っこしてなだめましたが、ダメ。

なんとか落ち着いて、「じゃあ、気を取り直してまたシールブックをしよう」となり、また休憩室へ。少し遊びながら「やれやれ……」と、自販機でコーヒーを買い、すすりました。飲んでいたら「何それ?」となり、「コーヒーだよ」「飲んでみたい」と。

ちなみに、娘はコーヒーのテイストが嫌いでなく、たま~に甘いコーヒーを舐めさせたりしていたのでした。ちょっと味見をさせようと渡したら……ザバッ!

悪夢……。娘の手がすべり、洋服とベビーカー(借りているやつ)にコーヒーがこぼれてしまいました!幸い少量だったものの、コーヒーなので目立つし、においもするし……。私の不注意ながらも、「あ~あ~」と眉間にしわ寄せ、テンションダウン。

まずは、娘の服やベビーカーのコーヒーを出来る限り拭き取り、「そうだ、これは子連れ旅行。自分のことをやろうとしたから(ヨクシム プリョッスニカ)こうなったんだ。免税店の買い物はあきらめよう!」と気持ちを切り替えて、ホテルの部屋へ(このとき、キム・ヨナちゃん、「金」を確認)。

着替えて、次の日の朝にでも行こうと思っていたホテル内のプールに行くことにしました。プールがあることは分かっていたので、水着も持参していました。ブールは普通の20メートルほどのプールと、脇に超特大ビニール製子供用のプール。もちろん、大人用のプールでは泳げず、子供用プールで水遊び。

大はしゃぎの娘。キャーキャー叫びながら、「ママ、あそこ行って!これやって!」と大喜び。免税店に行かずにここに来れば良かったな、なんて結果論ながら考えました。やっぱり、子供がいるときは「子供優先」がその場を楽しく?穏便に?持って行く秘訣なのですよね……(わかっちゃいるが……)

それにしても、寒い!子供用プールなので浅いし、泳いでいるわけでないので、体温がどんどん奪われます。娘は大丈夫なのだろうか……。う~ん、こんなに動いてはしゃいでいたら寒くないのかなぁと思いつつも、風邪を引かしたら良くないし。

「○ちゃん、そろそろ出ようよ。寒くない?」「やだ!!」の繰り返しで、限界まで付き合うことに。

もう良いかな~ってころ、「じゃあ、これこれやったら出ようね」とケリを付け、何とか連れ出しました。シャワー室で娘を洗い(これで、晩のお風呂は省略だ!)、更衣室へ。更衣室には水泳インストラクターの若い女の子が2人いて、娘を可愛がってくれました。支度しながら彼女達とたわいもない話しをして、楽しく過ごしました。

この日は夕方に、家族の関係で知り合った知り合いと食事をすることになっていました。彼女は会社勤めの後、韓国好きが高じて韓国に留学中。数年働いたあと、韓国留学、という流れは私と一緒ですね。彼女とは私の故郷で子供と一緒に会ったこともあったので、慌ただしい子連れ食事の粗相(そそう)は見逃してくれるだろう、とお会いすることにしました。留学中の方からはいろんな情報を教えてもらえるし!

といっても、約束の時間までまだ結構あります(一日は長いなぁ)。「○ちゃん、ママ、お買い物していい?」「うん!」と、プール遊びが楽しく発散できた彼女は快くOK。

先ほど行った免税店に行き、ベビーカーを引きながら買い物を始めると……すーっとすぐに眠りについたのでした。何点か買いたかった化粧品を買っても時間が余りました。危険な状況。衝動買いはしないぞ、と客観的に自分を見つつも、「この機会に何か」という野望(ヨクシム)が沸々と。

「必要なものならいいよね。必要なものってなんだろ」と考えたところ……そうだそうだ、主人の札入れ(→残念ながら私のものではない、笑)。結婚前に私がバレンタインか何かで買ったものをまだ使っていて、それがボロボロなんだった。「何か買おうよ」と言っても「う~ん、高いのはもったいないなぁ(主人)」「けど安物はすぐダメになったりするかもね(主人と私)」となり、踏ん切りが付かずにいたのでした。そうすること1年以上……。

国際電話をして「買う?」と聞いたところでまた「もったいない」となることは分かっていたので、よし、買っていくぞ、と思いました。私のソウル滞在中は次女の夜中の子守もしてくれているしね。そうそう、奮発しよう。3点くらいのブランドを周り、使い勝手も良く、予算の範囲内のものを購入。

免税店がキャンペーンをやっていて、一定額以上の買い物をしたので2万ウォンの商品券をプレゼントしてくれました。まだ期限は先とはいえ、私はいつ来られるか分からない。ということは、また買い物しろってこと!?(しなくてもいいんだけど)

売り場に引き返したらアモーレ化粧品の売り場が。以前、アモーレ社に勤める当校の生徒さんからサンプルを頂戴していて使ってみたところ、気に入った商品が一つあったのでした。良い機会だわ。とその商品を購入。アモーレ化粧品は韓国の会社なので、免税品扱いでなく、その場で商品を渡してくれました。なるほどね。

どうして女性は買い物をすると気持ちが良くなるのでしょうね。不思議です。なんともすっきりした気分で待ち合わせのホテルのロビーへ。娘、爆睡中。

地元でお目に掛かる以来の彼女と会い、ホテル最上階の中華料理屋へ……。娘は寝起きが劣悪。百貨店の食堂など、喧噪の中に行って不機嫌に起きられたりしたら大変です。もう疲れた~ってのもあったし、ホテルのレストランという、サービスが良いところを選びました。それに、中華料理だったら、チャーハンとか、焼きそばとか、子供が食べられるものが多いかな、っていうのもあり。

さすが、ホテルが誇る最上階のレストランだけあって居心地も良く、オーダーにあたっては爆睡中の娘への配慮もしてくれ、とてもサービスが良かったです。

知り合いのSさんと留学生活のお話をいろいろ聞きました。韓国語の勉強はさることながら、貪欲に様々なことにチャレンジしている姿は本当にまぶしく、やっぱり社会人生活を送ってからの留学は味わいがあるだろうな~と思いました。留学生達の生活を聞くと、韓国の若者達の生活をも垣間見ることができ、楽しかったです。そうそう、このときとある韓国語の意味を聞かれたのですが、それについてはメルマガでご紹介しました~。

あれこれ話すうちに、寝起きが劣悪の娘が起きました。すっかり夜が更けていて、そして周りの薄暗い雰囲気にさらに不機嫌に。ここから夕飯を食べさせるまでさらに時間がかかります。しかたなく、料理をパッキングしてもらうことに。

一通り料理が出そろって、私達が食べ終わった頃、やっと娘がニコニコ話し始めました。Sさんは子供をあやすのが上手で、娘とはすっかり打ち解けました。

DSCN3829.jpg

「せっかくロッテワールドホテルに来たのだから、話しのネタにキャラクタールームを見ていって!」と部屋を見学してもらい、ロビーで別れました。Sさん、これからも頑張ってくださいね。

さて、娘に夕飯を……。パッキングしてもらった高級中華料理のチャーハン、エビ料理などなど……娘は少し食べて「いらな~い」。ううう……

そして、「パパに電話する」となりました。私が訪韓中は仕事を早く切り上げて帰ってきてくれることになっています。家に電話するとシオモニ(義理の母)が、「今日、飲んでくるってよ」

なにーっ!?子守が大変だからと思って札入れ奮発したのに、「ケ~ニ サッソ(買うんじゃなかった)!」(←このとき、本当に心の中で韓国語で叫んでた)

「パパに電話する」という娘の願いを叶えるべく、夫の携帯に電話。「はは~ごめんごめん。○○さんがどうしてもってさ」

「も~、おじいちゃん、おばあちゃんに申し訳ないでしょ!せっかく免税店でお土産買ったのに!」「え?まじ?」というアホな会話を国際電話で……。

という長~い一日。二泊三日旅行の中日(なかび)でした。娘にロッテワールドは楽しんでもらえなかったけど、その分プールで喜んでいたし、プラマイゼロとしよう。

そうそう、もう一つのプラマイゼロ。

キャラクタールームの洗面台に、ロッテワールドのキャラクター、ロッティー&ローリーのプラスチックのコップがありました。このコップ、娘がえらく気に入って、廊下ですれ違った掃除のアジュンマに「ホクシ(ひょっとして)……部屋のコップは持って帰ってはいけないのですかね」と聞いたところ申し訳なさそうに「アンデヨ(だめです)」と。「あ、だったら全然構わないんです。カムサハムニダ」というやりとりをしたのですが、なんと、掃除を終えたアジュンマが、ベッドの上に新品の包装がされているコップを置いておいてくれたのです!

「サンタさんかな~!?」と喜ぶ娘。昨日のルームサービスの件は、プラマイゼロとしよう。

この日も就寝は23時。明日は、メインイベントの結婚式、そして帰国の日です。さて、どんな一日になることやら。






Last updated  March 22, 2010 05:13:37 PM
February 26, 2010
テーマ:韓国!(12431)
カテゴリ:シゴト
今回の旅程は2泊3日。最終日がメインイベントの結婚式→そのまま金浦空港から帰国、という予定だったので、そう、中日(なかび)のこの日は一日フリーなのです!

とはいえ、子連れ旅行ならぬ子供’接待’旅行の今回は、韓国語の先生に会いに行くのも、流行のスポットをぶらぶらするのも、屋台でトッポッキを頬張るのもお預け。しかし、隣接している免税店には行きたいな!という野望は持ちつつ……。

そんな訳でこの日の最初のコースはロッテワールド(やはり)。

DSCN3809.jpg
キャラクターフロアのエレベータースペースにいるロッティー&ローリー。ロッテワールドのキャラクターです。この話が出る度に「あのタヌキみたいな」とか「コアラみたいな」とかいう話になりましたが、何なんでしょう!? 何の動物かご存じの方いらっしゃいますか(笑)!?

遊園地でのびのびと走り回る子供の姿……を想像して出向いたものの、うぬぬ、そうなんですね。この場所が最も面白いと感じる年代は小学校高学年~中学生くらいなのでしょう。ど迫力のアトラクション&音&雰囲気に圧倒される娘は、ジャスコの屋上にあるようなコイン式の乗り物にしか興味を示しませんでした(おいおい)。なるほど、その辺は3歳児なんだなぁ……。

DSCN3812.jpg

しきりにコイン式乗り物に乗りたがる娘。両替追いつかず。しかも一万ウォンの両替ができるところが限られている。両替に奔走するが、娘と2人きりなので、娘を置いて両替に行くことも出来ず、モタモタ。

そして、期待通り?何台かに1台は、コインを入れても動かなかったり、コインが戻ってくるが、戻り口に手が入らないなどトラブル続き。ヨクシ~(やはり~)と唸る私。

今回のホテルプランについていたロッテワールドのフリーパスがもったいないな~と、無理矢理ちょっとした乗り物に乗ったりもしましたが……。せめて空飛ぶダンボ(ここにはないか)のようなものには喜んで乗ると思っていましたよ!

そうこうしているうちに昼時に……。早めにお昼ご飯にしようと思ったのでした。というのは、朝、奮発して行ったホテルのバイキングは娘の遊び場になってしまい、あまり食べられなかったのです。お皿を持ちながら「○ちゃんが(食べ物を)取りたい!」と駄々をこねられ四苦八苦したのでした。もう明日は来ないぞ~と誓いながら。

ロッテリアのハンバーガーなら食べるだろう!とプルコギバーガーを注文。しかし……プルコギバーバーは何口か食べるだけで、あとはポテトとチキンをほおばる娘。やれやれ……。

DSCN3816.jpg
記念写真。旧正月後なので「HAPPY NEW YEAR」の文字が

その直後、恐れていたことが。娘は大の「着ぐるみ」嫌い。ロッティーとローリーの動く姿を発見するやテンションダウン。「帰りたい~」となってしまいました。

DSCN3817.jpg
ぽかぽか陽気で気持ちが良い外に連れ出してみるが、気分転換できず……

2月末とはいえ、その日はぽかぽか陽気。ロッテワールドは外も気持ちが良いのだよ~と、なんとかだまして外に連れて行くが、橋の上で写真を撮っても「帰りたい」と。じゃあ、(さっき見た)スケートやってみる?と聞いたところ「うん!」と。

ダメもとでリンクへ行ってみたところ、韓国の歳で7歳から(日本だと5歳ですね)とのことで、余裕でダメ。娘は何とか納得し、少しリンクを見ていました。何とも気分が良さそうな様子。

DSCN3820.jpg
この時、バンクーバーではキム・ヨナ選手と浅田選手が勝負していました!もちろん、観戦できず……

さてさて、ロッティー&ローリーを見て「帰りたい」となったあたりから「おねむ」モード(なのだろう)と踏み、「寝ている間に免税店で買い物がしたい!」という野望がふつふつと……。

ホテルで借りて部屋に置いてあるベビーカーに乗せて動かしていればコテッと寝てくれるかしらん……「○ちゃん、お部屋に帰ろうか」「うん!」(←キャラクタールーム大好き)と、お買い物~♪を目論み、部屋に向かう私でした。果たして免税店での買い物は成功するか。後日レポートします。






Last updated  March 16, 2010 01:54:46 PM
February 25, 2010
テーマ:韓国!(12431)
カテゴリ:シゴト
1年半ぶりのソウル。前回は学会発表というイベントがありましたが、今回は当校I先生の結婚式!

I先生から結婚式のお話しを聞いた瞬間から「行く行く~~!こんなことでもないと行けないもの~」と行く気満々。

チビッコ2人をおいていくことは到底できないので、上の娘だけ連れて行くと数ヶ月前からお願いしていました。下の子はまだ乳離れしていなく、夜中に何回も起きるので家族中(私も)心配でしたが、強行(笑)。

さて当日、出かけようとしたら「羽田空港が濃霧で大混乱」とニュースで報道されているではありませんか! 心配しながら空港に向かいましたが、私の乗るJALソウル便は大丈夫でした。

DSCN3804.jpg
サービスも良く、JALの皆さんのがんばりが伝わってきました。マイレージが温存されて良かった……。けど、NOVAの顧客も救済して欲しかった。関係ないか。

DSCN3807.jpg
娘が初めて撮ったケータイ写真以外の写真。こうして「できること」が増えていくって、すてき。

乗ると離陸前に娘が寝てしまい、隣の韓国人のおばちゃんのおしゃべりに付き合うことに……。子連れ旅行は子供が寝ている間が束の間の黄金タイムなのですが! それにしても、彼らはどうしてこうおしゃべりなんだろう。数時間聞き役に回る私……。おばちゃんの家庭事情、仕事事情、当時熱かったオリンピックの話題。韓国の教育問題など話題は多希に渡り、勉強になったと言いたいところだが、若干疲れてしまいました(笑)。

金浦に着き、リムジンバスでホテルまで。タクシーも良いけれど、KALリムジンバスの方が快適で何より安全!!またタクシーのおじさんのおしゃべりに1時間付き合わされて体力を消耗するのは避けたいし。そう、この旅のキーワードは「体力温存」。まだ娘は1日何回かはぐずる年齢なので、そのときの対応に気力体力残しておかないといけないのです。

ホテルは、ロッテワールドホテル! 楽しみにしていたキャラクタールームです。

DSCN3824.jpg
カワイイでしょう?

娘はとても喜びました。

娘は夕飯の機内食のサンドイッチを一かけしか食べず(けっこう食事には苦労する娘なのです)、夕飯に何かルームサービスを、と思いました。メニューを見ると……「海鮮ラーメン10,000ウォン」。

「○ちゃん、ラーメン食べる?」
「うん!」

注文し、30分後に若者が運んできてくれました。律儀に靴を脱いでくれて……。

さあ、食べよう!と蓋を開けると……やってしまった……なんと、真っ赤っか!!

「○ちゃん、ごめん……辛いわ、これ」
「ふえ~ん、辛いの食べられないよー」

電話をし、事情を話しキャンセルさせてもらうことに。そして「うどん」を頼みました。

「うどん」を運んできたさっきと同じお兄さんはちょっと「ムスッ」とした感じで、今回は靴を脱いでくれませんでした。

「子供向けの部屋のメニュー表には日本語部分に’辛いです’とか書いておいた方が良いのでは……」と遠慮がちに言ってみましたが、「ネ(はい)……」と関心なさそうに返事をするだけでした。

これ、ぜったい私たちのように泣いた人はいるはず。私は韓国語ができるからキャンセルできたけど……。と思いを巡らせながらうどんを食べることに。すると、がーん。中に短い髪の毛が。この時点でもう夜の9時半。娘は普段寝る時間。仕方なしに髪の毛を取り除き2人で食べました。その後、娘とお風呂に入り、就寝。どんな2泊3日の旅になるか、ドキドキワクワクです。







Last updated  March 9, 2010 04:00:13 PM

全416件 (416件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >

PR

Profile


かんこくひろば

Favorite Blog

●尾崎友俐● ◇尾崎'友俐◇さん
胃痛!イトマサのい… チヤイムさん
九州男児的北京交流部 九州男児的北京さん
★宇都宮のシニア日本… 宇都宮のシニア日本語教師さん
韓国語広場 韓国語広場さん

Category


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.