163313 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

うす味で、しかし出汁(だし)はしっかりと

April 3, 2010
XML
テーマ:韓国!(14191)
カテゴリ:シゴト
ソウル滞在記3日目。そう、メインのI先生結婚式と帰国の日です。

朝食は、遊び場と化すビュッフェをやめ、部屋で簡単に。娘に買っておいたホテルのパン屋のドーナツ、やはり何口かで食べず……。昨日の高級チャーハンも食べず……(私が食べた)。

少し時間があったのでホテル近くの公園まで散歩し、その後タクシーで式場に向かおうと思ったのですが、娘が散歩をいやがり……、ちょうど来ていた無料シャトルバスで明洞のロッテホテルまで行くことにしました。バスだったら景色も見られるし、運転もあまり荒くないだろうし、それも良いかな、と。

DSCN3832.jpg

乗り込むと、女性の日本人観光客でいっぱい。ここで、印象的な場面に遭遇しました。

日本人の女性2人と、その2人を案内する韓国人の若い女の子が1人という三人組がいました。

この日は2月27日(土)で、その韓国人の女の子がこう言いました。

「今日から韓国は3連休なんです。3月1日が祝日なので」

すると日本の方が「3月1日は何の日なの?」

きたぁ!と身構えると、

「ええと……、普通の祝日です」

びっくりしました。これまではここぞとばかりに三一節についてまくしたてる韓国人を多く見てきましたので。

個人的には三一節について教えてあげて欲しかったですが、それとは別に、外国からきたお客さんにそういった配慮ができる若者が増えてきているんだと思い、ちょっと感動してしまいました。

その女の子は旅行会社のガイドさんのような雰囲気ではなく、個人で案内しているような感じだったので、個人的配慮なのでしょうか。それとも、旅行会社のガイドさんで、そういう教育を受けているのか……。

とにかく、韓国が変わってきたのだなぁ、と思いました。被害者意識を捨て、日本との対等意識が芽生えてきているのでしょう。韓国、韓国人が自信を持ってきているのですね。


さて、明洞のロッテホテルに到着すると……1時間近くバスに揺られ眠くなった娘がぐずぐず。降りるのに手間取っていると、発車されてしまい、転びそうになる私たち。「アジョシ~!!」と叫ぶと、「ハッハッ、居るの気付かなかったよ」って、ちゃんと確認してくれよ~!

ぐずる娘と荷物を抱え、ロビーでなだめます。椅子は空いてないし、ぐずっているときは座るともっと機嫌を悪くするんです。あ~やだやだ。

やっと機嫌が直ってきたので、朝食をあまり食べなかった娘に何か食べさせようと、ロッテデパートのフードコートへ。

そうそう、キンパプ。これなら行けるだろう、と、キンパプを買い、食べさせたところ、美味しそうにパクパクパク……。この旅行で、初めて自分からすすんで食べてくれた食事でした。そうか、キムパプだったのか!!

DSCN3831.jpg

「ママも食べなよ」
「ママ、朝のチャーハンでお腹いっぱいなんだ」←ホント

そうこうしているうちに、そろそろ式場へ行こうか、という時間に。場所は歩くと20分程度のところでしたが、娘もいるし、ロッテホテルの前からタクシーに乗ることに。近くても模範タクシーなら、大丈夫よね……。

私「アンニョンハセヨ?近くて申し訳ないのですが……」

運転手「申し訳ないなら、やらなきゃいいじゃないか」

このドラマのような話、本当です。一瞬血の気が引く私。

運転手「3時間待ってこれだ!あいつら(一般タクシーの運転手)は、並ばないで前でどんどん客を乗せやがる! 行き先はどこだ。ああ、ここか。○○の前じゃないか。ったく」

私「おっしゃっていただければ乗りません」

運転手「オレは乗車拒否できないし……ぶつぶつ」

私「だから乗ったんです。子供がいるので、歩ける距離じゃありません」

運転手「そうとも、言いたいことはわかる。ぶつぶつ」

と荒々しく運転を開始。

娘「ママ…このおじさん、優しい人?」

私「うん、優しい人だよ」

いくら韓国語とはいえただ事でないのが娘にも伝わるらしく、車内、二人で硬直。その間、ずっと愚痴を聞かされ、「そうですか」「そうですね」「ごもっともです」と、気を遣いながら相づちをつく私。どうして韓国はバスとタクシーの運転手にこんなに気を遣わなければいけないんだ~!

タクシーを降りたときは、短時間ながら運転手のおじさんのにんにくの臭いと気疲れでぐったりしてしまいました……(笑)。おじさんの最後の一言「ハングンマル チャル ペウォンネ(韓国語、上手だね)」。

帰ってきてからこの話を当校の韓国人先生方にしたところ、「何てこと!番号を控えて申告しないと!」と言われました。けどまぁ、よくある話かな。タクシーがますます嫌いになりそうな私。

さーて、気を取り直して待ちに待った結婚式の話を。先生の美しい姿と式の盛大さに感動しました。このお話は第二弾をお楽しみに!






Last updated  April 3, 2010 05:25:30 PM


PR

X

Profile


かんこくひろば

Favorite Blog

●尾崎友俐● ◇尾崎'友俐◇さん
胃痛!イトマサのい… チヤイムさん
九州男児的北京交流部 九州男児的北京さん
★宇都宮のシニア日本… 宇都宮のシニア日本語教師さん
韓国語広場 韓国語広場さん

Category


© Rakuten Group, Inc.