140957 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

キイロマンの地球観察日記

2019年10月15日
XML
カテゴリ:歴史
大宮の鉄道博物館 
巨大なフロアに、旧車から新車まで、数多く展示されていました
建物は四階建で、見どころ満載でした
 
鉄道博物館

 
とはいえ
私は鉄道にさほど関心がないのでね

懐かしい車両もありましたけど

あずさ
 
 
新幹線は外せないようで
やはり一番人気でした

鼻が伸びる進化論
 
こうして見るとイルカのようだ
車輪もスカートで隠してしまうのですね

妙な顔

イルカの顔


昔懐かしい顔 美形ですね

最初のこの形がいいね

こちらの旧車では、連結シーンも見せてくれます
そのときになると、人が集まります
私も、なにごとだろう、と思って行ってみたのですけど
お姉さんの解説が始まると、前置きの話がやたら長い・・・
この新幹線の型番はわかる人いますか~? 
なんと質問すると 
最前列に陣取った鉄道マニアの子どもたちが
はーい! はーい! と一斉に手を上げてる 
では、そこのお兄さん どうぞ 答えは?
〇〇系! 
正解で~す パチパチパチ
なんてのが始まってしまった

おいおい 
個人的にはちいとも面白くないぞよ・・・
動画を撮ろうと思って、でかいカメラをずっと構えていたのだけど
話がまだまだ続くようだったので
やめてしまったことよ
連結シーンはまだかいな
と思ったけど
ま 別に見なくてもいいか
ということで他へ移動

そんな私でも
鉄道博物館では2、3時間は楽しめましたので
マニアの人だったら一日たっぷり楽しめると思います

個人的にはジオラマが良かったですね
25メートルプール一杯分くらいの広さですよ
とてもよくできてました





さて
ガラリと話は変わり
上野の東京国立博物館で正倉院展を観てきました
何十年間かな
ずっと見たかった2つの品が展示されていたのでとてもラッキーでした
令和になっていいことあるかな、と思っていたのですが
これはほんとによかった
しかも東京で見れるとはね・・・
今回は令和天皇御即位記念の特別展だったらしいけど


一つは螺鈿紫檀五絃琵琶
これは模造品ですけどね
もちろん本物も展示されています
憧れの一品をようやく見れました
奈良で毎年秋頃にやる正倉院展では、いつ見れるかわからないですからね
毎年、少しずつしか正倉院御物は展示されないですから

正倉院御物 螺鈿紫檀五絃琵琶
 
裏の模様が極美です
見ていると頭がくらくらしてきます

正倉院御物 螺鈿紫檀五絃琵琶

もう一つの目玉は蘭奢待です
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%AD%E5%A5%A2%E5%BE%85
歴史に関心のある人だったら一度は見たい品でしょう
思っていたよりでかい・・・
足利義政 織田信長 明治天皇 ときの権力者達が削り取ったところが確認できました

正倉院で特に見たかった2つの品がようやく見れた

見てない人は今のうちに行かれたほうがいいですよ

ミウジアムショップで
正倉院 双鳥柄 の大風呂敷を買ってしまった
風呂敷に使うのはもったいないので
壁にかけております

ネットでも買えます

https://item.rakuten.co.jp/kimononokoto/furoshiki03-06/#furoshiki03-06






最終更新日  2019年10月16日 09時59分47秒
コメント(7) | コメントを書く
https://plaza.rakuten.co.jp/kiiroman/diaryall/

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.